ぶらぶらアフリック さん プロフィール

  •  
ぶらぶらアフリックさん: ぶらぶらアフリック
ハンドル名ぶらぶらアフリック さん
ブログタイトルぶらぶらアフリック
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nbote
サイト紹介文アフリカ・プロモーター、ンボテ飯村がお送りする100%アフリカ仏族ぶらぶらトーク!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2016/03/19 13:59

ぶらぶらアフリック さんのブログ記事

  • 映画'Mörbayassa - le serment de Koumba'を見てきました〜産み落とした実娘への償い
  • 先般、エール・フランスの機内で、おきまりのアフリカ映画を鑑賞しようと、リストを眺めていたところ、一本の映画が新たにリストに追加されていることに気づく。'Mörbayassa - le serment de Koumba'(モルバイヤッサ〜クンバの誓い)あれ?この作品、映画評をアップさせていただいたこちらの映画、映画'Il va pleuvoir sur Conarkry〜そしてコナクリに雨は降る'を見てきました!これと同じのシェイク・ファタマディ・カマラ監督 [続きを読む]
  • 2018年アフリカはこうなる(1)〜選挙カレンダー
  • さて2018年がスタート。恒例企画「今年のアフリカはこうなる!」、まずは主要選挙日程から見て行くことにしよう。(Afrik.comより)大統領選挙予定シエラレオネ 3月コロマ大統領二期満了、後継は?!※国民議会選挙、地方選挙同時マリ 7月IBK再選なるか?治安・秩序維持と国民再統合への評価はいかに?※11月 国民議会選挙、4月 地方ジンバブエ 7月?ロバート・ムガベ引退に伴う後継者選。カメルーン 9-10月超長期政権ポール・ビヤ [続きを読む]
  • 『ぶら★アフ』年賀状2018〜新年のご挨拶
  • 新しい年の幕開けを迎えました。2018年がアフリカにとってよい一年でありますように。アフリカに平和と安定が根付く年になりますように。 紛争やテロが減って、安心した社会になりますように。移民となって危険なジャーニーに身を投じる必要のない、人々にとって暮らせるアフリカになりますように。船や列車や道路であまりに凄惨な事故が繰り返されませんように。太陽が照って、雨がそれなりに降って、たくさん作物の取れる豊作な [続きを読む]
  • 「アフリカ長期政権・38年限界説?!」〜ンボテの大胆直感理論
  • 昨日の記事では、2017年に政権移行を経験した長期政権について、三様の行く末を概観した。長期政権を去った独裁者たち2017〜ガンビア、アンゴラ、ジンバブエのそれぞれところで、アフリカの長期政権に関し、大胆な直感を描いてみたいと思う。それは「アフリカの超長期政権の限界は38年」というもの。現在、最長は赤道ギニアのオビアン・ンゲマ大統領で38年6ヶ月に渡る政権を今も継続している。そのほかには、まだこれだけの現役長 [続きを読む]
  • ハルマッタンで花粉症?〜アビジャン歳時記
  • 半月ほど前からハルマッタンの風が当地コートジボワールにもやってきた。かるかサハラ砂漠からやってきた砂で白く煙るアビジャン。この季節に体調を崩す現地スタッフも少なくない。「今日は目がチカチカして。」「鼻風邪でくしゃみが止まらない。」「なんか頭が重い、、、。」いってみれば、西アフリカの「花粉症」笑。かくいうンボテも日本では花粉症。気づくと、去年くらいから、この季節にくしゃみが止まらない。ええ?まさかア [続きを読む]
  • Joyeux Noël! 2017〜楽しいアフリカのクリスマス?!
  • ことしもクリスマスがやってきた。サンタの国にも、ヨーロッパにも、中南米にも、クリスチャンの少ない日本にも・・・そしてアフリカにも!アフリカのクリスマス?・・・『ぶら★アフ』でもなんどか話題にしてきたが、常夏アフリカでのクリスマスは、北半球の国とは趣が違う。アフリカのクリスマス事情2016(2)〜宗教を超えたホーリーナイト ?!アフリカのクリスマス事情2013〜ンボテが過ごしたノエル・アフリカンショッピングモ [続きを読む]
  • 映画'Il va pleuvoir sur Conakry'〜そしてコナクリに雨は降る
  • ギニア・コナクリを首都にした映画、'Il va pleuvoir sur Conakry'(ンボテ訳「そしてコナクリに雨は降る」)をみる機会があった。(Allôcinéウェブサイトへ)新聞社の風刺画を手がけるジャーナリストBBは、旧態とした政界や宗教界を鋭く批判し、自らは自由な恋愛や若者の文化を謳歌していた。しかし彼はイマムの息子として生まれ、父の強い意向から、サウジアラビアのコーラン大学への留学を迫られていた。そんな中、ミスギニア [続きを読む]
  • 西アフリカ経済共同体首脳会議〜西アフリカの今が見えるサミット
  • 16日、西アフリカ経済共同体(CEDEAO、英語名ECOWAS)の第52回首脳会議が、本部のあるナイジェリアのアブジャで開催された。いつもに増して話題満載のサミット。ポイントをいくつか眺めてみよう。まず重要決定事項に委員長選出があった。それまでトップを務めたベナン人のマルセル・ソウザ委員長に変わり、コートジボワールの産業・鉱業大臣ジャン・クロード・ブロウ氏の就任が決定した。2018年3月から四年間の任期にあたる。同氏 [続きを読む]
  • 億万長者の国、サントメ・プリンシペ?〜通貨信用とデノミに揺れる島
  • ギニア湾に浮かぶ小さな島国、サントメ・プリンシペ。人口わずか19万人の極小国家だが、独立通貨「ドブラ」を有している。「サントメに来ればキミも億万長者だよ」と地元の人は話す。それもそのはず、現在1ユーロは24500ドブラ。48ユーロ持ってれば百万長者、50万円ちょっと持ってれば億万長者だ。この通貨をめぐる改革について、外電が伝えている。サントメ・プリンシペ財政当局は、来年1月から「ドブラの3桁のゼロを取り払う措置 [続きを読む]
  • 塗り変わるアフリカの航空絵図(2)〜トーゴ・ロメの台頭
  • セネガルに新しく開港したブレーズ・ジャーニュ国際空港(AIBD)。超最新鋭(ultramoderne)の施設と機材を揃え、西アフリカのハブ空港たる地位を狙う。しかしセネガルには肝心のあるものがない。それはナショナルフラッグとなる航空会社の欠如だ。 塗り変わるアフリカの航空絵図(1)〜ダカール新国際空港は地域のハブとなりうるか?すでに三度の倒産・精算を重ねてきたセネガルのナショナルフラッグキャリア。その希望は尽きず、 [続きを読む]
  • 『ぶら★あふ』突然おやすみ、すみません〜【付録】旅路のスナップ
  • いつもアフリカブログ『ぶらぶら★アフリック』をご愛読、ありがとうございます。先月末より、たくさんのお仕事と地方部出張、その他やんごとなき事情などなど笑で、ブログの更新に手が回りませんでした。心配でメールをくださった皆様も多数いらっしゃり、感謝に絶えません。大丈夫です!時間と気合いさえ戻ればブログは継続、再開です!少し休んでいる間にも、アフリカとおいしい(?)ネタがいくつも過ぎて行きました。もったい [続きを読む]