daikimatcha さん プロフィール

  •  
daikimatchaさん: 日本の農業で世界へ〜起業の記録〜
ハンドル名daikimatcha さん
ブログタイトル日本の農業で世界へ〜起業の記録〜
ブログURLhttp://daikimatcha.hatenablog.com/
サイト紹介文製菓会社の社長として経験した経営再建や、米国MBAでの気づき、農業/食分野での起業準備の記録
自由文京都大学農学部卒業、外資戦略コンサル、IT会社役員を経て、製菓会社の社長として経営再建を経験。現在、米国MBA留学中で起業準備を行っている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/03/20 02:56

daikimatcha さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • MBA留学 ⑫ アメリカの保険事情 その1
  • オバマケアアメリカの保険制度は、日本の社会保険と随分と異なる。元々”自己責任”という考え方が強い国なので、そもそも国民皆保険、という制度自体が存在していなかった。そこに、聞いた方も多いと思われる”オバマケア”という制度をオバマ大統領が導入したのである。 www.huffingtonpost.jpオバマケアについては、様々なサイトで説明されているが、端的にいうと、元々所得が低く、一切の保険に入っていなかった人が数千万人 [続きを読む]
  • MBA留学⑪ バブソン Japan Trek 名古屋編
  • トヨタ自動車訪問名古屋への訪問は、トヨタ自動車訪問のためでした。現社長の豊田章男社長は、バブソンMBAのご出身です。豊田章男 - Wikipedia卒業生ということで、多数の学校がトヨタ自動車を訪れる中、我々には毎年特別にさまざまな趣向をこらして頂いております。トヨタ創業の歴史が残る、鞍ヶ池記念館、そして工場見学、自動車博物館など、盛りだくさんであり、中でも、我々の訪問をコーディネートして下さり、付き添って頂 [続きを読む]
  • 経営再建⑱ 〜工場移転(後編)〜
  • 工場移転の方針 デットラインが決まり、「自社製造」か「OEM製造」かを迫られるなか、私が判断したのは、その両方である。当該製菓会社の製造ラインは主に2種類あった。より人手と手間がかかるイースト系の商品Aと、冷凍耐性があり機械での作業がある程度可能な商品Bである。イースト系の商品Aは自社での製造、商品Bを別会社にOEM製造を依頼。また、移設する時期を2回に分けることで、買収当初に起きた混乱を少しでも分散する方策 [続きを読む]
  • 経営再建⑰ 〜工場移転(前編)〜
  • 苦悩夏場の施策新規店舗は上手くいかず、裁判にも追われ、元々製菓が売れ辛い夏季に突入したということもあり、この時期は本当にシンドイ時期だった。店舗展開をして気づくのだが、打つ手が無いのである。新規施策をどんどん打ってそのPDCAを廻すという方法が、店の設計上新規施策の実行ができないのである。例えば、駅ナカの持ち帰り店だと、お店の構造上、飲み物の取り扱いができない、、暑い夏に製菓しか売れないのでは難しい。 [続きを読む]
  • MBA留学⑩ バブソン Japan Trek 京都編 その2
  • 京都観光(神社仏閣など)伏見稲荷大社伏見稲荷大社は、tripadvisorの人気ランキングで首位。圧倒的な鳥居のインパクトに日本人、外国人問わず、魅了される。www.tripadvisor.jp大社全体が山となっており、各人が好きなスポットを探せることも、外国人が楽しんでいる要素の一つだっだ。皆通行人が入らない場所を目指してひたすら頂上を目指していた。一緒に同行した何人かのfacebookのプロフィール写真が伏見稲荷に変更されてたこ [続きを読む]
  • MBA留学⑨ Japan Trek 京都編 その1
  • 京都への訪問京都は本当に評判が良かったです。案内する身としても圧倒的に楽しかったです。 京都には数百年も続く老舗企業が多くその経営哲学は所謂アメリカ流のものとは大きく異なりその持続可能な経営に強く感嘆している生徒も多かったです。京都は実は起業や世界企業が多い地域です。様々な企業が限られた場所に集積しているとともに、京都大学を始めとした数多くの教育機関が犇めいており、産学連携がとても盛んです。伏見稲 [続きを読む]
  • ガラパゴス諸島へ ダイビングクルーズ  2016年8月 
  • 2016年8月、念願のガラパゴス諸島へ、ダイビングクルーズに参加してきました。ガラパゴスはとても人気なので、2月に最後の1席をぎりぎり予約できた状態でした。ダイビングクルーズはこちらのGalapagos Sky。16人乗りで当初からダイビングを想定して作られた船です。(結構Galapagosには漁船を改造したダイビング船も多い)www.galapagossky.comガラパゴスでのダイビングは、下記地図の北にあるDarwin島とWolf島がメインです。1 [続きを読む]
  • MBA留学⑧ Japan Trek (東京編)
  • Babson Japan Trekとは Babsonでは、毎年夏の時期に2週間程日本を訪れ、entreprenershipに関連する企業や官公庁などを訪れて、日本のentreprenershipについて学ぶという授業があります。2016年は、東京、名古屋、京都、熱海を訪れる内容でした。参加定員は15名ですが、毎年その4倍以上の申し込みが来る超人気授業です。Babsonの日本人教授である、山川教授が引率されます。私は、2016年にTA(ティーチングアシスタント)として参 [続きを読む]
  • 南米コロンビアへ 2016年8月
  • コロンビアに行こうと考えたきっかけ親戚がかつてコロンビアで働いていたことがあったが、当時「誘拐されて危険だから、絶対行ってはいけない」きつく言われていた。しかし、その親戚は本当にコロンビアが気に入り、死ぬときまでコロンビアにいたため、いつかいってみたいと思うようになった。Babson Collegeに行くことになり、コロンビア人の友人もでき、現地の詳細な紹介をしてもらえる状況ができたこと、情報収集する中で、過去 [続きを読む]
  • 経営再建⑯ 〜裁判出廷(後編)〜
  • 弁護士との相談 2回目の訴訟に際しても、新会社としては、絶対に負けられないし最後まで闘い抜く必要があった。われわれは、買収時に純資産以上の金額で新会社を買収したのであり、旧会社の債務を負うのであればその分ディスカウントした価額で買収していただろう。我々が支払った買収金額を、正当に債権者間で分けて頂きたい、という想いだった。絶対勝つため、親会社のI社長と相談して、新たに実績にある弁護士さんに話をして、 [続きを読む]
  • 経営再建⑮ 〜裁判出廷(前編)〜
  • 2度目の訴訟会社を経営している間に2度も訴えられることになるとは思ってなかった。前回は、国税から旧会社への差押え通知であり、国税と当社で旧会社の資産を巡り争ったのだったが、今回は、旧会社の複数の債権者達が、我々新会社を訴えてきた。もちろん我々は法を犯してなどいない。旧会社の債権者に対する不誠実が招いたことだった。2度にわたる裁判を経験し、私は人として誠実であることの重要さを強く認識した。詐害行為民 [続きを読む]
  • 経営再建⑭ 〜販売施策の失敗(後編)〜
  • 売上施策の結果 商品サイズ・価格の変更によって、お客様が挙げていた不満を2つも解消できた、と私は思っていた。しかし、商品のサイズ変更は大失敗だった。理由は2つ。第一に、サイズが小さくなり、25%安くなったとしても競合他社に比べれば依然として割高であり、新たな顧客層を獲得できるほど魅力がなかったこと。第二に、今までいたコアなファン層を失ってしまったことだ。サイズを小さくしたことで以前よりも食感が悪くなっ [続きを読む]
  • 経営再建⑬ 〜販売施策の失敗(前編)〜
  • 売上を向上させるというのは、思った以上に非常に難しいものだった。自分で良かれと思って行った施策も裏目に出ることもある。以下は、自分が行った施策の中でも、学びの大きかったものの一つだ。新規店舗の売上 一斉に出店を行ったのち、どこの店舗も初月は快調だった。予算も大きく超え、発注数が足りなくてデベロッパーから怒られるなど、嬉しい限りだった。しかし、翌月5月も後半にさしかかったころには売上が落ち始めた。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …