もも さん プロフィール

  •  
ももさん: ある医学生の気ままなブログ
ハンドル名もも さん
ブログタイトルある医学生の気ままなブログ
ブログURLhttp://www.aikb.info
サイト紹介文社会人を経て医学生になった者の学生生活や考え、医学部の再受験の勉強ことなどを気ままに紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/03/21 12:57

もも さんのブログ記事

  • あと145日
  •  現6年生が受験する第113回医師国家試験が施行される日が2019年2月9,10日となりましたので、正確にあと145日です。ついこないだまで「あ〜あと1年かぁ」とか「あ〜あと半年かぁ」などと思っていたのですがクリクラやマッチングの試験を受けたりしていたらあっという間に月... [続きを読む]
  • 中学教師の嘘
  •  クリクラで双胎児の妊娠を見る機会がありました。お母さんが小柄な方だったこともあったせいか、お母さんの体の大きさに対して明らかにお腹が普通の妊娠よりも尋常じゃなく大きく張り出していました。それを見るだけで双胎妊娠の大変さが伝わってきました。これが三つ子と... [続きを読む]
  • 寝苦しい夜は…
  •  梅雨は明けましたが寝苦しい夜が続いてます〜(>_<) 私は暑さには強いんですが(真夏に外で走り回って汗だくびしょびしょになるのがたまらなく好き♪)、その反面非常に寒がりで、特にエアコンによる人工的な寒さに対して貧弱すぎるのです。ポリクリでは学生控え室にエアコ... [続きを読む]
  • 医学生向け奨学金
  •  久しぶりのブログでちょっと緊張してます笑 やっぱ6年生ともなると精神的なプレッシャーが大迫並に半端ねー感じですね。ブログを書く精神的な余裕もだんだんなくなってきた感もありますが、自分の貴重な情報発信の場所ですので、細々と続けていければと思います。 さて、... [続きを読む]
  • 病気がみえる
  •  医学生のバイブル「病気がみえる」シリーズは人気ですねー。こんだけ売れてたら著者はいくらくらい印税もらえるんだろうと勘ぐってしまいます。確かにイラストがふんだんに盛り込まれていて分かりやすい!どちらかといえばあまのじゃくな私もこれに関しては熱心な愛読者で... [続きを読む]
  • 小雨 に煙る大学で
  •  今日は小雨模様の天気でした。 その雨の中で傘もささずに重たそうな荷物を両脇に抱えて大学病院の方に歩いている人を見かけました。私は業者の方か患者さんかなと思いましたが、もはやそんなことはどうでもよく、純粋にこれはお手伝いしてあげなければと思い、声をかけま... [続きを読む]
  • 新入生現る
  •  4月に入り、新1年生が入学してきました。 といっても私たち6年生とは基本的に関わりはありません。 ただ部活の新歓に顔を出しましたら初々しい顔の新入生がわんさかいました。しかし新1年生の中にも再受験生や多浪生も混ざってて上級生と実は年齢は変わらないもしくは上... [続きを読む]
  • 2017年度おわり
  •  今年度もあと数日で終わりですね。 長い冬もさすがにもう終わりかと思いきや、今週一気に気温も高くなり、春を通り過ぎて初夏の陽気です。春夏秋冬を均等に欲しいんですけどね、やっぱ夏と冬がやたらと長くないですか?? 大学の生協に用事があって行ってきたんですが... [続きを読む]
  • 肩透かし
  •  今週救急車実習というのがありました。 消防署に滞在させてもらって、救急車が呼ばれたら同乗させていただけるという貴重な体験です。 朝礼では全員が「気をつけ!」の姿勢を取られている中で自己紹介をしまして、「今日は寒いし天気悪いから多分多いよ」との言葉に... [続きを読む]
  • もうすぐ春
  •  もうすぐいよいよ二次試験ですね。 いまだにこの時期は私もなんとなくそわそわします。 まだ寒い日が続いていますが、数週間前と比べると寒さが和らいできました。春が確実に近づいてきてるんですね。そういう待ち遠しいようなものがあることも相まってそわそわ感が亢進... [続きを読む]
  • センター試験満点!?
  •  今年度の東大入試の足切りの点数が発表されましたね。 理Ⅲでも630点ですか、たいしたことないですなー(いやいや違うでしょ) ん?理Ⅰの最高点900点!? センター試験全科目満点!(゚Д゚) ヤヴァイですね〜。 ちなみに理Ⅲの最高点893点と最低点630点で実に263点の差... [続きを読む]
  • 寒中お見舞い申し上げます
  •  先週末は久しぶりにずっと勉強してました。 土日の丸48時間、一歩たりとも部屋の外に出ませんでした(^^;) 勉強に専念するためというよりも寒くて外出する気にもなりませんでした。これ引きこもりというんでしょうか。 1日中暖房つけっぱなしなので、電気代がすごいこと... [続きを読む]
  • 厳正な試験を望む
  •  受験直前のこのシーズンに、昨年度の大阪大学の出題ミスやら今度は京都大学も出題ミスかも?みたいな事例が続いてますね。対応の仕方も何様やねんという教授。 私はふとあの時の面接を思い出してしまいました。ずっと前にこのブログにも書いた、医学部後期試験の面接です... [続きを読む]
  • 足切りを考察②
  •  前回紹介した岐阜大学のように二次重視の試験のため二次で十分逆転可能であっても足切りされてしまう例もあるのですが、通常は足切りがある場合には、合格の可能性が低い受験生の受験を避けることができます。受かる可能性が1%でもあれば受験したいという受験生もいるとは... [続きを読む]
  • 足切りを考察①
  •  2011年度の入試で岐阜大学医学部が後期でなんと98.8倍(ほぼ100倍!)という倍率をたたき出したことがあります。このときは足切り設定がなかったため、受験生が殺到して近隣ではホテルを予約することも難しかったと聞きました。実際には何人が受験したのかは分かりませんが... [続きを読む]
  • 超高倍率の場合
  •  私は以前、出願は他の受験生の出願状況をじっくり見て、倍率の低いところを狙ってはどうかとこのブログに書きました。それは私自身の苦い経験から得た教訓でもあります。 しかし今回、倍率が高いことが必ずしも合否の難易度に相関しない場合があることを検証してみます。... [続きを読む]
  • 2018年
  •  新年あけましておめでとうございます(^_^)/ 受験生(医師国家試験やセンター試験)の皆さん、いよいよラストスパートですね。 今日6年生の先輩を見かけましたが、壮絶な猛勉生活を物語ってるのが分かるくらいにはそれが顔ににじみ出ていました(゚Д゚) しかし「明日は我が... [続きを読む]
  • よいお年を
  •  医学生になって5回目の冬休みを迎えました。 もう5年も戦ってきたのかぁとしみじみ思います。 振り返ってみれば5年生が一番楽勝でした(まだ終わってないけど笑)。 クリクラのレポート作成も大変ですが、それ以上に1年間テストがないというのは精神衛生上よろしい... [続きを読む]
  • 相談
  •  先日、このサイトを通して医学部再受験を考えておられる方から相談があり、初めてスカイプで小一時間ほど直接お話しました。将来を見据えて進路変更のようです。 真剣に将来を考えている人の相談にのるのは私にとっても良い刺激となり嬉しいことでした。また例年だと今の... [続きを読む]
  • 過労
  •  ある中堅クラスの医師が「私はここんとこ平均300時間くらい残業してる」とおっしゃっていました。 本来は1日8時間労働×週5日×4週で160時間ちょいが残業なしの場合の労働時間です。この医師は460時間労働しているので、土日も出勤したとして逆算すると1日x時間×週7日×... [続きを読む]
  • オペ看
  •  急に寒くなってきました。人肌恋しい季節ですね笑 大学病院は若い看護師さんがたくさんいるのでついつい目移りしてしまいます(*ノωノ) マスクをしていて目だけが見えている姿はみんななんとなく可愛らしいっぽい感じに見えるのですが、これがマスク効果なんでしょうか。も... [続きを読む]
  • 再受験生のメリット
  •  医学部再受験はどうしてもデメリットばかりに目がいってしまいますが、デメリットだらけでもないですよ。数は少ないかもしれませんが私がクリクラで臨床医と接することが多くなってから最近感じ始めたメリットを1つ紹介します。ただ今回のはあまり正しくないかもしれません... [続きを読む]
  • マッチング2017②
  •  私の仲の良い先輩たちはみな市中病院を第一希望に出しまして、中間発表ではどの先輩の病院も定員を超えていたのですが、見事全員第一希望の病院にマッチすることができました。1人再受験生でだいぶ年齢が高い先輩がいてどうなることかと見守っていましたが第一希望で決まり... [続きを読む]
  • マッチング2017①
  •  先週、現6年生の初期研修病院を決めるマッチングの結果が出ました。大勢としては大学病院離れと市中病院人気が一段と進みましたね。大学病院と臨床研修病院のマッチ者数の比率の推移は以下の図の通りです。 大学病院の割合、すべり台のように下がり続けてますねー。今年は... [続きを読む]
  • 神在月
  •  先週末は夏のような暑さでしたがもう10月なんですね。医学部再受験の時、たいして興味もなかったのに勉強しなければならなかった古典のことをふと思い出しました。センターの国語の点数は結局最後の最後まで安定しませんでした。特に古典と漢文は最初に「〇〇の意味を次の... [続きを読む]