佐藤昌司 さん プロフィール

  •  
佐藤昌司さん: 佐藤昌司の「商売ショーバイ」
ハンドル名佐藤昌司 さん
ブログタイトル佐藤昌司の「商売ショーバイ」
ブログURLhttp://creationconsulting.co.jp/showby-showby/
サイト紹介文小売業・飲食店・サービス業の集客、売上拡大、人材育成に繋がる記事を主に配信していきます。
自由文佐藤昌司 店舗経営コンサルタント。立教大学社会学部卒。12年間大手アパレル会社に従事。現在は株式会社クリエイションコンサルティング代表取締役社長。企業研修講師。セミナー講師。店舗型ビジネスの専門家。集客・売上拡大・人材育成のコンサルティング業務を提供。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供545回 / 365日(平均10.5回/週) - 参加 2016/03/22 20:42

佐藤昌司 さんのブログ記事

  • ドンキ流のファミマ、売上高1.5倍に
  • 7月20日付SankeiBizは「ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)は19日、ドンキホーテHDとともに進めるファミマの2カ所の共同実験店舗について、ドンキのノウハウ採用が奏功し、実験開始から1カ月間で売上高が約1.5倍に増加したことを明らかにした」と報じました。両社は6月1日から東京都立川市と同目黒区のファミリーマート2店舗でドンキの売り場づくりの手法を採用して運営する実験を行っています。《ドンキ流のファミマ [続きを読む]
  • スシローが期間限定のスイーツ専門店を表参道にオープン
  • 回転ずし最大手のあきんどスシローは東京・表参道に7月20日〜29日の期間限定で、スイーツとドリンクのみを提供する新型店舗「スシローカフェ部 表参道スイーツテラス」をオープンします。同社は昨年11月にスイーツ開発プロジェクト「スシローカフェ部」を発足し、スイーツメニューの強化に着手、若い女性を中心とした新規客の獲得と顧客の満足度の向上を図っています。販売するのは、抹茶味のマカロンに抹茶ムースとあん、白玉を挟 [続きを読む]
  • 品川にある「しながわ翁」の「もりそば ざる」が絶品
  • 「ミシュランガイド東京」でお勧めの店であることを示す称号「ビブグルマン」に選ばれたこともあるそば店「しながわ翁」。京急本線の北品川駅から徒歩4分、JR線の品川駅から徒歩10分のところにあります。とある平日の昼時、2人の行列ができていました。乗降者数が多い品川駅からは遠く人通りが少ない閑散とした場所にあり好立地とはいえませんが、それでも行列ができています。店舗はやや年季が入っていますが、店内は清潔感があり [続きを読む]
  • 17年のホームセンター販売額は0.4%減の3兆2941億円
  • 経済産業省が6月29日に発表した《商業動態統計》によると、2017年のホームセンター販売額は前年比0.4%減の3兆2941億円でした。2年ぶりに減少となっています。インテリアやカー用品・アウトドアが不調でした。近年の販売額を確認します。16年が3兆3090億円、15年が3兆3012億円、14年が3兆3451億円です。店舗数は、17年が4304店、16年が4273店、15年が4209店、14年が4124店となっています。商品別の販売額を確認します。DIY用具・素 [続きを読む]
  • 「チーズキーマカレー」が絶品。神宮前の「MOKUBAZA」に大行列
  • 東京メトロ副都心線・北参道駅から徒歩6分、JR山手線・原宿駅から徒歩9分のところに「チーズキーマカレー」が名物の「MOKUBAZA(モクバザ)」があります。同店は閑静な住宅街の一角にあります。業態はバーとなり、夜遅くまで営業しています。「夜に食べても胃にもたれない」ことをコンセプトに作っていたカレーが話題となり、ランチタイムにも営業するようになったといいます。店舗の外観はスタイリッシュでおしゃれです。とある週 [続きを読む]
  • 「人形町 兎屋」のラーメンが濃厚で絶品
  • 東京メトロ・人形町駅から徒歩3分のところにラーメン店「人形町 兎屋」があります。とある平日の昼時、約6人の行列ができていました。店内はベージュを基調色としています。L字型のカウンターに10席が設けられています。やや手狭な印象です。スーツ姿の男性客で賑わっていました。店員さんが元気よく愛想よく接客していました。主力メニューは「ラーメン」と「つけめん」で、量によって値段が変わります。「ラーメン(小)」(税込 [続きを読む]
  • ウォルマート、西友売却へ。「毎日お得」に限界
  • 7月13日付日本経済新聞は「米小売り大手ウォルマートが傘下の西友を売却する方針を決めた」と報じました。西友が日本市場で苦戦を余儀なくされているほか、日本市場は少子高齢化や人口減少などで大きな成長が見込めないと判断し撤退を決めたとみられます。売却額は「3千億〜5千億円になるとの見方がある」(同記事)といいます。ウォルマートは2002年に西友と資本提携を結び、08年に完全子会社化しました。バブル期の多角化路線が [続きを読む]
  • 17年のドラッグストア販売額は5.8%増の6兆579億円
  • 経済産業省が6月29日に発表した《商業動態統計》によると、2017年のドラッグストア販売額は前年比5.8%増の6兆579億円でした。店舗数が増加したほか、食品やビューティーケア(化粧品など)が好調だったことが寄与しました。店舗数は同6.1%増の1万5049店となっています。近年の販売額を確認します。16年が5兆7258億円、15年が5兆3608億円、14年は4兆9374億円です。店舗数は、16年が1万4190店、15年が1万3547店、14年が1万3069店とな [続きを読む]
  • 出光・昭シェル、19年4月に経営統合へ
  • 石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油は7月10日、2019年4月に経営統合することで合意したと発表しました。統合に反対してきた出光の創業家が取締役2人の推薦などを条件に賛成に転じたことから、経営統合が実現することになります。両社は10月に株式の交換比率を決め、12月の臨時株主総会を開きます。株主の承認を経て19年3月末に昭シェルが上場廃止となり、4月1日に株式交換による経営統合で新会社を発足します。新会社の社名 [続きを読む]
  • 下北沢の「旧ヤム邸 シモキタ荘」のカレーが絶品
  • 大阪で人気のカレー店「旧ヤム邸」が17年7月に東京に進出する形で、小田急線・京王井の頭線の下北沢駅から徒歩7分のところに「旧ヤム邸 シモキタ荘」をオープンしました。とある平日の昼時、4人の行列ができていました。店舗の外観はレトロな佇まいです。店内も同様にレトロです。昔ながらの壁掛け時計があったり、漫画が置いてあったりし、純喫茶のような雰囲気を醸し出しています。メニューはシンプルで、3種類あるキーマカレー [続きを読む]
  • しまむら、ZOZOTOWNに初のオンラインショップを出店
  • カジュアル衣料大手のしまむらは7月9日、初のオンラインショップとして衣料品通販サイト「ZOZOTOWN」に「ファッションセンターしまむら ZOZOTOWN店」を出店しました。実店舗がない地域に住む消費者などに向けて、プライベートブランド(PB)の「CLOSSHI(クロッシー)」など2400円前後の商品を中心に販売します。オープンに合わせ、ZOZOTOWNのトップページはしまむら一色となりました。特別ページでは「転校生はしまむらクン」と題 [続きを読む]
  • 串カツ田中、禁煙化で6月既存店売上高が2.9%減。会社員・男性は6%減
  • 居酒屋の串カツ田中ホールディングスは、6月1日から9割の店舗で実施している全席禁煙化が経営に与えた影響を分析し公表しました。《串カツ田中、全国160店で全席禁煙。6月から》6月の既存店客数は前年同月比2.2%増と伸びた一方、客単価が5.0%減と大きく減少したことから、売上高は2.9%減となりました。6月1〜14日に串カツ全品を税込み108円で提供するキャンペーンを開催したほか、22〜30日にはドリンク全品を同216円で提供するキャ [続きを読む]
  • 17年の家電大型専門店販売額は3.1%増の4兆3115億円
  • 経済産業省が6月29日に発表した《商業動態統計》によると、2017年の家電大型専門店販売額は前年比3.1%増の4兆3115億円でした。パソコンやゲーム機が好調だったほか、エアコンや洗濯機、冷蔵庫などが引き続き堅調だったことが寄与しました。店舗数は同2.3%増の2529店となっています。近年の販売額を確認します。16年が4兆1829億円、15年が4兆2466億円、14年が4兆5311億円です。店舗数は、16年が2472店、15年が2432店、14年が2443店 [続きを読む]