佐藤昌司 さん プロフィール

  •  
佐藤昌司さん: 佐藤昌司の「商売ショーバイ」
ハンドル名佐藤昌司 さん
ブログタイトル佐藤昌司の「商売ショーバイ」
ブログURLhttp://creationconsulting.co.jp/showby-showby/
サイト紹介文小売業・飲食店・サービス業の集客、売上拡大、人材育成に繋がる記事を主に配信していきます。
自由文佐藤昌司 店舗経営コンサルタント。立教大学社会学部卒。12年間大手アパレル会社に従事。現在は株式会社クリエイションコンサルティング代表取締役社長。企業研修講師。セミナー講師。店舗型ビジネスの専門家。集客・売上拡大・人材育成のコンサルティング業務を提供。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供432回 / 365日(平均8.3回/週) - 参加 2016/03/22 20:42

佐藤昌司 さんのブログ記事

  • ボージョレ解禁し、小売り各社が売り出し
  • 11月16日木曜日、フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」の販売が解禁されました。小売り各社が販売に力を入れています。イオンリテールは16日、解禁となる午前0時に合わせ、イオンスタイル品川シーサイド(東京・品川)でカウントダウンイベントを開きました。ボージョレの公式コンクールで最高金賞を受賞したワインや、特定地域のブドウでつくられたワイン、発泡性のワインなどを取り揃えています。全国のイオン系スー [続きを読む]
  • ファミマ、「忖度」を商品化へ。ツイッター投票で決定
  • ファミリーマートは「忖度(そんたく)」にちなむ商品を開発することを、11月13日に、ツイッターの公式アカウント上で明らかにしました。「忖度」は2017年の流行語大賞の候補にもなりました。その「忖度」と、同じく流行語大賞の候補にあがったアニメ作品「けものフレンズ」のどちらを商品化して欲しいかをツイッターで意見を募って決めると告知していました。「忖度」がいいと思う場合はツイッターの「リツイート」で、「けものフ [続きを読む]
  • 販売員が劇的に売れるようになる、4つの「販売の極意」
  • 販売員が活用できる、4つの「販売の極意」があります。活用することで劇的に売れるようになるでしょう。1.「No」と顧客が言う余地がないように質問する 例えば、「商品Aがお似合いです」だけでは、顧客がそう思わない場合に「No」と言われてしまいます。「それとも商品Bの方がお好みですか?」を加えることで「No」が出づらくなります。2.「価格」や「コスト」という言葉を使わない 「投資」という言葉を使うようにすると良いです [続きを読む]
  • 無印良品、2400品目を値下げ
  • 無印良品が値下げを実施するようです。11月14日付日本経済新聞は「衣料雑貨店『無印良品』を運営する良品計画は2018年1月から、全体の4割に当たる約2400品目の商品を値下げする。対象は家具や生活雑貨が中心で、同社として過去最大規模の価格改定となる」と報じました。「来年1月から順次売り出す春夏商品の価格を見直す。生活雑貨は約2300品目値下げし、売れ筋のマットレスは3万5000円から2万9900円にする」「食品ではカレーやお [続きを読む]
  • 丸井、水戸店を18年秋に閉店。地方の商業施設の閉店が相次ぐ
  • 丸井水戸店が閉店します。10月10日付日本経済新聞は「丸井グループは9日、JR水戸駅近くにある丸井水戸店(水戸市)を2018年秋に閉店すると発表した。客足が振るわず、アパレルや雑貨などの販売苦戦が主因だった」と報じました。地方都市にある商業施設の閉鎖が相次いでいます。3月に三越千葉店(千葉県千葉市)と三越多摩センター店(東京都多摩市)が閉店し、8月にパルコ大津店(滋賀県大津市)が閉店しています。来年2月に西武船 [続きを読む]
  • アリババ、約2.9兆円を11月11日の「独身の日」セールで売り上げ
  • アリババ集団が11月11日に実施した「独身の日」セールは、この日だけで取引額は約1682億元(約2兆8800億円)を記録しました。昨年の1207億元(約1兆8900億円)を大きく上回っています。開始から2分1秒で10億ドル(約1130億円)に達し、100億ドル(約1兆1300億円)に達したのはわずか1時間6分9秒といいます。《アリババ、「独身の日」セールに2分で1130億円》アリババを筆頭に中国ではネット通販が活況を呈しています。経済産業省に [続きを読む]
  • 幸楽苑、52店を閉鎖
  • ラーメンチェーン大手の幸楽苑ホールディングス(HD)は11月10日、全店の1割弱にあたる52店を閉鎖すると発表しました。現在、全国32都道府県に出店していますが、人件費の高騰や原材料の値上がりなどで採算が悪化しているといいます。店舗閉鎖に伴い、5億3000万円の特別損失を計上します。同日発表した2017年4〜9月期連結決算の最終損益は6億4000万円の赤字(前年同期は5億6000万円の黒字)となりました。18年3月期通期の業績見通 [続きを読む]
  • アリババ、「独身の日」セールに2分で1130億円
  • 中国のネット通販最大手のアリババ集団(浙江省)が11月11日に行う「独身の日」セールで、開始から2分1秒で総取引額が10億ドル(約1130億円)に達しました。100億ドル(約1兆1300億円)に達したのは1時間6分9秒といいます。今年は14万以上のブランドが1500万点以上の商品を取り揃えています。昨年のセールの総取引額は前年比32%増の1207億元(約1兆8900億円)でしたが、今年はこれを大きく上回るとみられます。アリババは同セール [続きを読む]
  • 孫正義氏による「無料」のススメ。喫茶店は繁盛し、ヤフーBBは広く普及
  • 「無料」ほど強力な集客手段は他にありません。「タダより安いものはない」と言いますがまさにその通りです。消費者にとってこれほどありがたいことはありません。「無料」は人を惹きつけます。そのため、「無料」をビジネスで活用しない手はありません。無料の効用について《コメダの事例とチョコの実験で分かる「無料」の効用》で少し詳しく述べていますので、よろしければご覧ください。無料の効用について、面白い新聞記事があ [続きを読む]
  • 「すき家」が牛丼の値上げを検討。人件費の高騰が経営を圧迫
  • すき家の牛丼が値上がりするようです。11月9日付日本経済新聞は「ゼンショーホールディングスは8日、人手不足による人件費高騰を理由に牛丼チェーン店『すき家』で牛丼を値上げすることを明らかにした。大盛りやサイドメニューで値上げを検討する」「値上げは2018年3月までに実施する」と報じました。すき家の牛丼は並盛りが350円、大盛りが470円、特盛りが580円です。一方、競合の吉野家の牛丼は並盛りが380円、大盛りが550円、特 [続きを読む]
  • ユニクロ、世界中の全商品にICタグを導入。瞬時にレジ精算が可能に
  • ファーストリテイリングが傘下のユニクロなどで取り扱っている全商品にICタグを取り付けるようです。11月7日付日本経済新聞は「国内外で約2000店を展開するユニクロを含め全3000店でICタグを利用する。1年以内をメドに導入し、初期投資は数百億円規模とみられる」と報じました。ICタグとは小さなIC(集積回路)チップを内蔵した荷札のことで、非接触で商品の識別や管理を行うことができるものです。例えばレジでは、バーコードを読 [続きを読む]
  • ヤマダ電機、100万円を切るEVを発売
  • ヤマダ電機は2020年までに電気自動車(EV)の販売を始めます。EVの設計や開発を手掛けるFOMM(フォム、川崎市)と資本・業務提携を結び、FOMMの小型EVを店舗で販売します。10月31日付日本経済新聞は「組み立ては船井電機に委託。1台100万円以下に抑え、ヤマダが全国の店舗やネット通販で販売する。保守などサービスは他社と連携する」と報じています。ヤマダは店舗でバッテリー充電やカーシェアリングなどのサービスを計画していま [続きを読む]
  • くら寿司、「インスタ映え」する「竹姫寿司」を発売
  • 回転ずし店「くら寿司」を運営するくらコーポレーションは、「インスタ映え」を狙った、写真に撮りたくなるようなすし商品「竹姫寿司」シリーズを11月3日から提供すると発表しました。竹をモチーフにした緑色のカップに入れたすしで、「いくら」「えびマヨ」「たら白子ジュレポン酢」「ねぎまぐろ」「まぐろユッケ」の5種類をそれぞれ税込み108円にて全国約400店のくら寿司で販売します。「竹取物語」が商品名の由来で、「かぐや姫 [続きを読む]
  • ファミマ、「24時間営業」の見直しを検討
  • ファミリーマートが24時間営業の見直しを検討しているようです。10月31日付毎日新聞は「営業時間の見直しを検討するために、一部店舗で深夜など来店客の少ない時間帯に限り、一定時間店を閉める実験を進めている」と報じました。ファミマは全国約1万7800店のうち、オフィスビル内や鉄道駅構内を除いた約95%が24時間営業しています。人手不足が深刻化するなか、外食産業などで営業時間を短縮する動きはありますが、24時間営業してい [続きを読む]