yatagarasu さん プロフィール

  •  
yatagarasuさん: 新宮ネット
ハンドル名yatagarasu さん
ブログタイトル新宮ネット
ブログURLhttp://shingu.net/
サイト紹介文和歌山県新宮市について情報を発信することにより同窓生をはじめすべての新宮人同士の交流を計るサイト。
自由文世界に住んでいる新宮人が故郷の状況や友人の消息などの情報を知ることができます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供418回 / 365日(平均8.0回/週) - 参加 2016/03/23 12:47

yatagarasu さんのブログ記事

  • 用意周到な”偶然”
  • 6月10日、カメラマンの野村成次さんを招いて講演会が開催されました。講演を快諾していただいた野村さんには改めてお礼を申し上げます。また、お昼前というお忙しい時に時間を割いて参加していただいたみなさん、ありがとうございまし ... [続きを読む]
  • 野村成次写真展⑥
  • 友人の野村成次さんは、産経新聞社所属のカメラマンとして長年活躍され、2年ほど前に退職後、近所の風景などを気ままに撮影されています。6月10日の講演会で作品の一部を見ながら撮影時のポイントや裏話を聞かせていただきました。 ... [続きを読む]
  • 野村成次写真展⑤
  • 友人の野村成次さんは、産経新聞社所属のカメラマンとして長年活躍され、2年ほど前に退職後、近所の風景などを気ままに撮影されています。6月10日の講演会で作品の一部を見ながら撮影時のポイントや裏話を聞かせていただきました。 ... [続きを読む]
  • 野村成次写真展④
  • 友人の野村成次さんは、産経新聞社所属のカメラマンとして長年活躍され、2年ほど前に退職後、近所の風景などを気ままに撮影されています。6月10日の講演会で作品の一部を見ながら撮影時のポイントや裏話を聞かせていただきました。 ... [続きを読む]
  • 野村成次写真展③
  • 友人の野村成次さんは、産経新聞社所属のカメラマンとして長年活躍され、2年ほど前に退職後、近所の風景などを気ままに撮影されています。6月10日の講演会で作品の一部を見ながら撮影時のポイントや裏話を聞かせていただきました。 ... [続きを読む]
  • 野村成次写真展②
  • 同じマンション在住の野村成次さんは、産経新聞社所属のカメラマンとして長年活躍され、2年ほど前に退職後、近所の風景などを気ままに撮影されています。6月10日の講演会で作品の一部を見ながら撮影時のポイントや裏話を聞かせていた ... [続きを読む]
  • 野村成次写真展①
  • 6月10日(日)、私の住むマンションでカメラマンの方の講演会が開催されました。「されました」というより「しました」という方が正解かもしれません。というのもこの企画を立案し主催したのは、このところ度々お伝えしている、マンシ ... [続きを読む]
  • 表彰状
  • 私が自分の住むマンションのホームページ・リニューアルに関わっていることをお伝えしたことがありますが、そのホームーページで4月に実施した「フォトコンテスト」の結果発表及び表彰式が昨日行われました。 「住民参加型」を標榜して ... [続きを読む]
  • セカンドオピニオン
  • 少し前から巷で、「セカンドオピニオン」という言葉をよく耳にするようになった。あなたもきっとどこかで聞いた覚えがあると思う。特に自分や家族が何かの病気で悩んでいる場合などには身近な言葉になっているかもしれない。世論調査によ ... [続きを読む]
  • 雨の呼び名について③〜夏の雨
  • 雨に関する言葉で夏と聞いて誰もがすぐに思いつくのは「夕立」ですよね。夕立という現象は、気象学的には驟雨、にわか雨、雷雨、集中豪雨といった現象にあたり「夕立」という独立した現象があるわけではない。ただ、通常の驟雨などに比べ ... [続きを読む]
  • 雨の名称について
  • 今年は梅雨入りが早いだろうとの予測でしたが、どうやら今週中は何とか免れそうで、来週あたりからになりそうです。ところでみなさん、雨と聞くとどんなことを思い出しますか? 「あめあめふれふれ母さんが・・・ピッチピッチチャップチ ... [続きを読む]
  • 雨の呼び名について①〜春の雨
  • 今年は梅雨入りが早いだろうとの予測でしたが、どうやら今週中は何とか免れて来週あたりからになりそうです。ところでみなさん、雨と聞くとどんなことを思い出しますか? 「あめあめふれふれ母さんが・・・ピッチピッチチャップチャップ ... [続きを読む]
  • おお、怖っ!〜YOU
  • 私の書くものには、よく通勤時のことが出てくる。 見ず知らずの者が否応なしに同じ空間に詰め込まれて、ともに時間を過ごす。もしかしたら、一番自分勝手で、一番動物的な面を見せるひとときかもしれない。 数日前、終業のチャイムと競 ... [続きを読む]