めのめの さん プロフィール

  •  
めのめのさん: 心が幸せになる生活
ハンドル名めのめの さん
ブログタイトル心が幸せになる生活
ブログURLhttp://menomenokokoro.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文自分らしさを大切に。自分の心を大切に。そういう生き方で毎日を過ごせば、幸せを感じられるはず。
自由文過去のどんな経験を乗り越えて、自分らしい生き方に改めようと決意しました。
他者に惑わされず、自己犠牲しすぎないように。
自分の手の中にある、あたり前で普通の幸せに目を向けて生きていきたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 108日(平均0.8回/週) - 参加 2016/03/23 17:32

めのめの さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自分の心を大切にする
  • 自分の心の状態が安定していると、生きやすいだろうと思う。この半年ぐらいでみるみる調子が良くなって来た。半年前までは変に親切の押し売りっぽいことをされ、以前の状態に引き戻されそうになることも何度もあった。でも、近頃は落ち着いた。DVから逃れるために環境を改善し転居した後、自分が心を取り戻しつつあるのと並行して、以前から「人」対「人」の関係であった大切な方たちとの付き合いが戻ってきた。自分の心が蘇るにつ [続きを読む]
  • 今年のNHK杯フィギュア
  • 試合前からショッキングなニュースで始まった今年のNHK杯フィギュア。欠場選手が複数出て、胸が痛んだ。でも、スランプだった選手が調子を戻してきた。けがなど諸事情で試合から離れていた選手が戻ってきた。実際の試合は個人的にはとても喜ばしいことがたくさんあり、励まされることが多かった。特に、男子の演技と結果には感動。心が揺さぶられ、涙が出た。長年応援し続けてきたベテラン3選手がメダル。4回転跳んで当たり前の今 [続きを読む]
  • 創作意欲
  • 心の調子が良くなったら、ブログに自分の気持ちを書く欲求が失せてきた。多方面において、ある意味創作意欲が失せた。ブログに書きたい内容も日常生活で感じる心の内側を書いているのは同じだが、実際に書く内容はなんとなく変化。子どもの頃から、空想する時も言葉を選んで考えるようなところがあった。その延長で、文章を書くのも好きだった。ある時失業して、職安の職業訓練でホームページの作り方を学んでから、脳トレと勉強の [続きを読む]
  • 自分で自分の心を縛らぬように
  • 人間は環境で変わる。人間は周囲の人との人間関係で変わる。最近、また家事をしたくない気持ちが起きてきた。日本の大学などの授業の少ないダラダラのやり方に合わせて、娘たちは不規則な生活になり、隣は相変わらずの身勝手で不規則で嘘つきな生活が続く。それに合わせたり、気を使ったりするために自分のペースが狂い、疲れが溜まってくると、強要されて一番辛かった嫌いな家事が心の負担になる。そういう時には、自分を怠けもの [続きを読む]
  • 今回も投票率は低かった
  • 選挙が終わった。またしても低い投票率。大型台風の影響も否めないが、いつものように「どうせ投票しても同じ」「投票したい政党や候補者がいない」という無関心な態度の表れだろう。とても悲しい。自分の国の政治、つまり国の運営に参加しない国民の多いことは、世界の中でも恥ずかしい気がするのは自分だけだろうか。国際政治の中でなめられても仕方がないのではと感じてしまう。テレビのインタビューで、投票に行かなかった人が [続きを読む]
  • 投票に行こう
  • 投票日が近づき、選挙カーも走る。ネット広告でこちいらの意にかかわらず勝手に流れる党首の言い分。時代は変わり、ひと昔前のようには選挙カーは走らないが、テレビやネットで自動的に目に触れさせられる。映像の宣伝効果を考えると少々気味が悪い。当然だが、勝手な主張を拒否することもできず聞かされ続ける。テレビショッピングみたいなものだ。日常の報道も一部を取り上げ、全体は取り上げないこともあるし、それぞれの主張を [続きを読む]
  • 仕事がしたい
  • 体は治せるところは通院できている。治せないところもあちこちだが、そこはそれ、仕方のないことと受け入れる。心は簡単にはいかない。それでもひたすら自己反省をして客観的に見直して、自分の心を自分で踏みにじらぬようにできるようになってきた。ごく平凡な人としての権利がなかった過去。「○○たい」ことは我儘だと教わり、嫌がらせや報復が来るために自重していた。そうやっていたら結果として心を押し殺すことになり、心を [続きを読む]
  • ドタバタな感じの選挙
  • 衆議院が解散。準備期間も無くやってくる選挙。候補者も政党もドタバタ。どうしたらいいのかわからなくなりそうだ。国民はみんな個人の意見で投票に行くのが原則。個人の意見を届けるために候補者を名指しで投票する。(当選したら「党の方針」での数の論理で動かれてしまう)そして比例区で党への投票もする。(数の論理のさらなる後押し)なぜなら民主主義だから。数が多いほうが勝つ。政党に属さないと資金が得られない。大企業 [続きを読む]
  • ルネッサンス
  • ある程度物理環境での自由を手に入れて一年半が過ぎ、芸術系の刺激を得たり、かつての付き合いが戻ったり、新しく勉強を始めたりと能動的になりつつある。しばらく前に久しぶりにルネッサンス期イタリアの作品を鑑賞。作品に囲まれているとなんと心地良いことか。自分の周りの邪気がすうっと昇華していくような、ある種の清々しさを感じた。表現は無論、心に何かを感じることも困難なほど追い詰められていた頃は、あれほど居たたま [続きを読む]
  • 「人」でありたいので
  • いつも現場の人たちと考え方が違うことが多かった。学校で学ぶ時も、社会で働く時も、家で家族をする時も。勉強は他者を蹴落として上に行く。できないから投げ出して将来を諦める。教師に追従して評価を上げてもらう。自分が得するように働く。楽して儲ける。他者を陥れて地位を手に入れる。依存、執着する。便利屋として使い、使われる。自己犠牲。どれもついて行けなくて理解もしたくなくて。そういうそれぞれの枠組みでの汚いル [続きを読む]
  • 人は心でできている
  • 子どもの頃からずっと奥底で思っていた。人は心でできている。けれど、他者の心が優先で、自分が後だと言い聞かせられて育った。自分の思いを出すことは我儘だと叱られ続けた。自分の存在はただ他者(家族)のため、自分の人生は他者(家族)のために奉仕するべきで、自分のやりたい事、好きな事を欲するのは我儘だ、と。頑固な自分は奥底で思っていた。表面だけ服従していればいいさ。自分の心を外に出さなければいい、奥底で使う [続きを読む]
  • ブログ整理にかかるので
  • さて、その後の自分は調子がいい。お陰様でこのブログもほとんど更新することなく来ている。人間関係が発端で一つ問題が発生しているが、今月中には片付けるつもりだ。決意して前へ進もうと思うと、後ろへ引き戻す輩が現れる。ここにきて、またぞろ…。しつこく引っ張られるが、そこを突き抜けてこそ。人間関係を悪くさせないようにしながらも、自分の意を伝えられたら、本格的に自分を取り戻せる自信になる。そうしたら、このブロ [続きを読む]
  • 過去の記事 …