hanajiji さん プロフィール

  •  
hanajijiさん: 野の花・山の花 見た撮った
ハンドル名hanajiji さん
ブログタイトル野の花・山の花 見た撮った
ブログURLhttp://hanamitatotta.blog.fc2.com/
サイト紹介文山歩き・ウォーキングで見た、野の花・山の花を紹介していきます。
自由文北海道オホーツク圏で、週に1-2回の近郊山歩きとウォーキングで毎日7-8km歩きながら、季節の花々を切り撮って紹介するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供287回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2016/03/25 16:37

hanajiji さんのブログ記事

  •  トチノキ 2018
  •  樹木の花としてはけっこう大きな花と言えるじゃろう。 樹高では25mにもなったり、木の葉が50cmもあったりと、派手と言えばハデかのぅ。 今日の「見た撮った花」は... 『トチノキ』 じゃ。    同じ仲間では「マロニエ」、「ベニバナトチノキ」、「アカバナトチノキ」などがある。 花後の実も面白いといえばオモシロイのぅ。 北海道から九州にかけて、ほぼ全国で見られる樹木の花じゃ。    公園などでも見かけるが、 [続きを読む]
  •  ツボスミレ 2018
  •  たくさんありすぎて、判別に悩む「スミレ」の登場じゃ。 比較的数が少ない白いものを取り上げてみたんじゃが・・・ 今日の「見た撮った花」は... 『ツボスミレ』 じゃ。     北海道〜九州、樺太・朝鮮・中国・樺太などアジアに広く分布しておるスミレじゃな。 坊さんの持つ如意に似ているから「ニョイスミレ」とも呼ばれておる。 白い唇弁に紫の筋が目立つのが特徴かなぁ。 葉は丸っこく、基部は深く心形になるので [続きを読む]
  • ハルザキヤマガラシ 2018
  •  さて、1日休んだし雨も降っていたので元気のでるビタミンカラーで行こうかのぅ。 いかにも「アブラナ科」らしい花とも言えるじゃろ。 今日の「見た撮った花」は... 『ハルザキヤマガラシ』 じゃ。      この花は外来種で「ヤマガラシ」は在来種になる。 害となる外来種に指定されるも、すでに野でも山でも帰化・野生化しており駆除はできんじゃろ。 双方の区別は難しく、現物を見ながら説明せんと理解できんじゃろう [続きを読む]
  •  オオアマドコロ 2018
  •  今までは「ユリ科」として分類されておったが、最近の分類では「キジカクシ科」なんじゃな。 北海道ではそこらじゅうで見かけるが、似たものも少なくない。 ホウチャクソウ、ワニグチソウ、ヒメズイ、ナルコユリ etc.. 今日の「見た撮った花」は... 『オオアマドコロ』 じゃ。     普通の花のように花びらが開くタイプではないのぅ。 「アマドコロ」より大きく、1メートルを超えるものも多い。 茎には6本の稜があり [続きを読む]
  •  フデリンドウ 2018
  •  背丈が小さく、見逃されたり踏み潰されたりされがちな花じゃ。 「可愛い」とのことで、山では人気の花じゃな。 今日の「見た撮った花」は... 『フデリンドウ』 じゃ。     ほとんどが5cm前後で、日当たりの良い場所を好むからして登山道脇などにも多い。  よって踏まれたりすることも多いんじゃな。 小さいがしっかりした花で、日差しが無い時は萎むが、紫色は綺麗に隠れてしまうんじゃ。  薄い紫色で、近似種で [続きを読む]
  •  クリンソウ 2018
  •  昨日は黄色、黄色、黄色だったんでな、今日は濃いピンクの花にしたぞ。 草だらけの中でも、この花は本当に目立つんじゃよ。 今日の「見た撮った花」は... 『クリンソウ』 じゃ。      サクラソウ科の中ではかなり派手な花かもしれんのぅ。 実際は色にもバラツキがあり、薄いピンクの他に「白花」もあるようじゃ。 (花爺は白のクリンソウはまだ見ていない)   名前では「九輪草」と書くが、数段に重なる姿が仏閣 [続きを読む]
  •  ヤエヤマブキ 2018
  •   「ヤマブキ」という花は黄色じゃが、「シロヤマブキ」という品種では白い花じゃ。 そして花の部分が八重咲きになる種類もあるんじゃな。 今日の「見た撮った花」は....『ヤエヤマブキ』 じゃ。      色ごとに名前があり、八重咲きにも別名がついておるわけじゃな。 同じ仲間なれど、この八重咲きには種ができないんじゃよ。  雄しべが八重の花弁となり、退化してしまったためじゃな。 「ヤマブキ」の品種改良によ [続きを読む]
  •  コンロンソウ 2018
  •  北海道から九州、朝鮮・中国・シベリア東部に分布する多年草で、 「いかにもアブラナ科」というような白い花をつける。 今日の「見た撮った花」は... 『コンロンソウ』 じゃ。     コンロンと言えば...当然『中国の崑崙山脈』などを思い浮かべるのぅ。 一説では「白い花を崑崙山脈の雪に見立てた」ともあるが...はて真偽の程は不明じゃ。 似たものが多いアブラナ科の中では、比較的わかりやすい花かもしれんのぅ。  [続きを読む]
  •  クルマバソウ 2018
  •  葉が車の車輪のように「輪生」しているから名づいたんじゃろうな。 小さいが、しっかりした花で、花冠が4つに裂け、漏斗(ろうと)形になっておる。 今日の「見た撮った花」は... 『クルマバソウ』 じゃ。     比較的群生が多いように思われる花じゃな。 簡素な造りで、花径は3〜5ミリくらい、雄しべは4本ある。   輪生する葉の数はばらつきがあるようじゃな。(6-10枚程度) 花後の実はイガイガとなり、動物や [続きを読む]
  •  ヤマモミジ 2018
  •  この花はあまり見ることも無い人が多いかもしれんのぅ。 花より団子...いや、花より『葉』を眺めることが多いからじゃよ。 今日の「見た撮った花」は... 『ヤマモミジ』 じゃ。     山歩きをする人は春に登山道に落ちているものを見ることもあるじゃろう。 花爺が見る北海道での時期は5月の中旬〜下旬にかけてじゃ。 この花は雌雄同株で、一つの花序に「雄花」と「両性花」の両方をつける変わり者じゃ。       [続きを読む]
  •  オドリコソウ 2018
  •  皆んな輪になって踊っている・・・の様子を例えた名前のようじゃな。 確かに踊り子さんが輪になっているようにも見えるのぅ。 今日の「見た撮った花」は... 『オドリコソウ』 じゃ。     花はいかにもシソ科という面構えじゃな。 白またはピンクの花をつけるが、この踊り子さんは毛むくじゃらなんじゃよ。 同じ仲間である「ヒメオドリコソウ」や「ホトケノザ」と同様、地面を埋めるように群生する。    下から見 [続きを読む]
  •  ムシカリ 2018
  •  またの名を「オオカメノキ」と言い、紫陽花に似たような花をつける。 葉が大きくシワが深く、赤い実は最後に黒く熟する。 今日の「見た撮った花」は... 『オオカメノキ』 じゃ。    花が咲く時と、実が熟するとき以外は目立たないとも言える。 北海道から九州の山地で見られ、大きさは4m前後じゃ。    花序には柄はない。花序の中心部には小さな両性花が集り、そのまわりに直径2〜3cmの白い装飾花がつく。 装飾花 [続きを読む]
  •  シロツメクサ 2018
  •  これを知らぬものはおらんじゃろう。 別名=クローバー 全国に分布するも、本来は外来種で、オランダから献上されたガラス製品の包装に  緩衝材として詰められていたようで、「詰め草」の名前の所以じゃ。 今日の「見た撮った花」は... 『シロツメクサ』 じゃ。       日本に入ってからの繁殖の凄さには驚くものがあるのぅ。 最初は1846年とも言われるから、それから170年ほど...全国に広がっている。 今ではク [続きを読む]
  •  アメリカスミレ サイシン 2018
  •  今日もスミレじゃが、名前から言ってアメリカから渡来した? (北アメリカ東部に自生するものらしい) とにかく繁殖力も強く、日本では帰化しているようじゃな。 今日の「見た撮った花」は... 『アメリカスミレサイシン』 じゃ。      近くの公園内で数カ所に群生していたものを、植物に詳しい人に名前を確認した。 とにかく増え方が凄いようじゃな。  明治以降に園芸植物として導入されたものが、北海道から四国 [続きを読む]
  •  マルバスミレ 2018
  •  白いスミレは周辺ではあまり多くはない。 その白いスミレじゃが、この種は本州以南に分布するとの図鑑が多いようじゃ。 現実に北海道で野生化しておるし、花爺の利用する図鑑では掲載されておった。 今日の「見た撮った花」は... 『マルバスミレ』 じゃ。     この「マルバスミレ」とそっくりな花で、葉に毛が多いものを「ケマルバスミレ」と呼ぶようじゃが... 一部の図鑑ではこの2つを同じに扱っているものもあった [続きを読む]
  •  バイカイカリソウ 2018
  •  既に掲載の「イカリソウ」の仲間じゃな。 多くの花図鑑ではイカリソウと同様、北海道には分布しないことになっておる。 今日の「見た撮った花」は... 『バイカイカリソウ』 じゃ。     日本の固有種であるバイカイカリソウは、近畿以西に自生する花だとされておる。 まぁ持ち込まれた経緯は別として、北海道の寒冷地でも不通に適応しているということじゃ。     不通の「イカリソウ」との違いは、花を見るとすぐ [続きを読む]
  •  ズダヤクシュ 2018
  •  花の姿も名前も面白いと思った花じゃな。 漢字では『喘息薬種』と書くが、喘息=ズダと呼ぶのは信州地方の方言だったとか。 薬種=民間薬として古くから喘息の治療に使われていたそうじゃ。 今日の「見た撮った花」は... 『ズダヤクシュ』 じゃ。     北海道から九州まで見られ、森林内、林縁などに自生する。 高山では山裾の方で見られる花じゃな。 花は早めに咲き終わるが、それから種ができるまでも形が面白いん [続きを読む]
  •  ツバメオモト 2018
  •  ユリ科の花じゃが、花爺の好きな花の一つでもある。 奈良県以北〜北海道に分布するが、レッドリストに指定されている県もあるようじゃ。 今日の「見た撮った花」は... 『ツバメオモト』 じゃ。    春は真っ白な花を咲かせ、夏〜秋には紫色の実で楽しませてくれる。 葉にはフラボノイド、果皮にはアントシアニンが含まれておるそうじゃな。    花はクリーム系の白ではなく、純白な花なのがいい! あまり日当たりの [続きを読む]
  •  ヤマブキ 2018
  •  最近は和風な色名があまり使われなくなってきた。 「山吹色」と言えば黄色でもオレンジでもなく、まさに「ヤマブキ色」なんじゃな。 紺色とか藍色とか、漢字で表す色がカナ文字(英語等)に変わっていくのは残念じゃな。 今日の「見た撮った花」は... 『ヤマブキ』 じゃ。     バラ科のヤマブキ属の花じゃが、細く柔らかい低木なので、よく垂れていることがある。 北海道から九州まで広く分布し、中国等でも見られる [続きを読む]
  •  サクラマンテマ 2018
  •  この花の白いものが多く見られるが、マツヨイセンノウ、アケボノセンノウ、ヒロハマンテマ等と呼ばれる。 ピンクの花と色違いでもあるが、こちらは色がピンクなので「サクラ」の名前が付いておる。 今日の「見た撮った花」は... 『サクラマンテマ』 じゃ。    別名を「フクロナデシコ」とも呼ばれる花じゃ。 原産地は地中海と言われ、観賞用に明治時代の中期に渡来したようじゃな。 萼筒がふくらみのある円筒形で、先 [続きを読む]
  •  ミヤマオダマキ 2018
  •  オダマキは品種も多く、海外からも様々なものが入っておるようじゃな。 日本に自生しているこの花の「基準標本」は利尻礼文に咲くものと言われる。 今日の「見た撮った花」は... 『ミヤマオダマキ』 じゃ。     近年は園芸用での交配も進み、野生のものとの区別も難しくなってきたようじゃな。 色や形もどんどん変化しておるが、やはり野生の花は美しいものじゃ。    高さ10〜20cmの多年草で、下向きに鮮やかな青 [続きを読む]
  •  ミチタネツケバナ 2018
  •  前回に続いて、厄介な「アブラナ科」の花じゃ。 細かな解説は省くが、普通の「タネツケバナ」との見分けも難しい。 今日の「見た撮った花」は... 『ミチタネツケバナ』 じゃ。      アブラナ科の白い花は、どれを見てもそう変わらんのぅ。 区別するには広がり方とか、葉の付き方などの詳細を見る必要があるんじゃ。  ミチタネツケバナ(路種浸け花)は外来種で、タネツケバナやオオバタネツケバナとは異なり  やや [続きを読む]
  •  タカネグンバイ 2018
  •  このアブラナ科の花は北海道固有種なんじゃ。 アブラナ科の花は似たものも多く、これは「エゾノイワハタザオ」に似ておるぞ。 今日の「見た撮った花」は... 『タカネグンバイ』 じゃ。     アブラナ科グンバイナズナ属の多年草で、漢字だと「高嶺軍配」と書く。 相撲の軍配に似た果実の形から名づいておる。 北海道固有種だと知らぬ北海道人も多いはずじゃな。   花の形はアブラナ科共通の形と言えるじゃろう。  [続きを読む]
  •  タチツボスミレ 2018
  •  日本だけで約50種、世界では400種とも言われるのがスミレ属じゃ。 日本産のものは全て草本で背は低く、葉はハート型か、それを伸ばしたような形が多い。 近年は園芸種で改良もされ、交配が進んでいるため判別もつかないほどに増えているんじゃ。 今日の「見た撮った花」は... 『タチツボスミレ』 じゃ。     「タチツボスミレ」にも仲間がおってなぁ「オオタチツボスミレ」「アイヌタチツボスミレ」「エゾノタチツボス [続きを読む]
  •  クルマバツクバネソウ 2018
  •  この周辺だと5月中〜下旬に見られる花じゃが、花爺はあまり好かん花じゃ。 何故か? 花の中央にある黒い子房が「蜘蛛」に見えるからじゃよ(笑) 今日の「見た撮った花」は... 『クルマバツクバネソウ』 じゃ。     黒い子房と黒く長い雌しべが、パット見た時に蜘蛛に見えてしまうんじゃな。 花爺は蜘蛛が嫌いなんじゃよ。(山を歩くんでそうも言っておられんがな) 黄色いトゲ状のものは雄しべ、すぐ下の葉のような [続きを読む]