STREET・F さん プロフィール

  •  
STREET・Fさん: STREET・Fの世界に出よう!season1
ハンドル名STREET・F さん
ブログタイトルSTREET・Fの世界に出よう!season1
ブログURLhttp://sekainideyou.seesaa.net/
サイト紹介文アジアをメインに旅行記録。 基本ノンフィクションですが、記憶が間違っている場合もあります。
自由文タイナイトライフ、フィリピンナイトライフ、韓国ナイトライフ
外国でのデート、詳しい写真は写真館に、

珍しいインドのカルカッタの記事はhttp://sekainideyou.seesaa.net/category/24150656-1.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/03/25 20:55

STREET・F さんのブログ記事

  • 再びブログの紹介
  • 一度書いたのですが。ブログの紹介は降順になっていたのでもう一度。このページがトップになるので新たに紹介文を書きます。20歳から海外旅行を始めた、海外旅行大好きな者です。個人的に日本からの発着ツアーはフリープランも含め。一切利用しません。20歳の初めての海外旅行“オーストリア・チェコ一ヶ月の旅”の時からすべて個人旅行でした。ちなみに働き始めてからこのブログは掲載しています。大学生の時とフリーターだった時 [続きを読む]
  • 変更終了
  • 変更が終了しました。2014年GWのパタヤでのMとのデートをすべてアフリカンデートとしてまとめ。その分間2つ分のカテゴリをseason2からseason1に移動しました。よってseason2は"Dとの攻防"から始まる形になります。カバー画像を変えようかどうか迷ったのですが、season1はナナプラザ、season2はプーケットだがプーケット旅行がseason1に移行した。ただしナイトライフも載せているブログとしてナナプラザは外せないので、そのま [続きを読む]
  • 帰国日に連続トラブル
  • チェックインカウンターが開く前に空港に付きブラブラ。エアポートレイルリンクが出来て本当に便利になった。空港と市内の間の移動にわざわざタクシーを使わなくていいし、スワンナプーム空港はバンコクとパタヤの中間にあるためにここから直でパタヤにも行きやすい。パッヤタイとスワンナプームは両方ともエアポートレイルリンクの終点なので、間違える心配もない。しかし2時間前のチェックインカウンターは開く前から100人近い行 [続きを読む]
  • バンコク最終日
  • 昼前に起きてホテルは12時にチェックアウトの予定。しかしチェックアウト10分ほど前に電話が鳴り、ホテルのオーナーから本日チェックアウトだが大丈夫か?という連絡がわざわざ来た。部屋を出るタイミングだったので、大丈夫と言うと。メイドがチェックするのでそのまま部屋で待つように言われる。しばらくしてメイド(普通のタイ女性しかも普通の格好)が来て、部屋内をチェック。と言っても使っている物や冷蔵庫の中などは空けず [続きを読む]
  • 最後の夜はアフリカン
  • バンコクにもう一度夜が訪れる。ホテルの窓から見た風景。で夜10時以降に開きだすオープンバーでアフリカンと話した。暗いバーに行くより、やはりスクンビットのほうが、明るくて顔や外見もよく見える。以前知り合っていたBと再会した。よって彼女を連れ帰る。コスさせる前に私服で撮影。知り合いだからか笑顔を見せる。アフリカンにしては細みで胸が小さい女性。こんな彼女の体が自分は大好き。メイドよりもアリスが似合いそうな [続きを読む]
  • アラビアン・ナイト
  • いつものようにバンコクの夜はスクンビットをフラフラ歩く。もはや最近はGOGOには足を運ばない。パタヤなら別だがやたら値段が高く。「連れ帰れ、連れ帰れ」言われてうるさい。唯一、バスタブショーやレズショーがあってダンスがしっかりとしている3階にあるビルボードがゆっくり楽しめたが、最近はどうなっているかわからない。わざわざ高いGOGO嬢に限らなくても、路上にフリーランスは溢れているし。soi3のアラブ街を歩き。ケバ [続きを読む]
  • タダで教えます、アフリカンバーの場所と行き方
  • 地球の遊び方のメンバーサイト(課金制)にアフリカンバーのことが書いてあるそうですが、自分はメンバーで無いのでよくわからない。お金を払って、情報を売り買いするというスタンスが嫌いだし、そのように金を得ようとする人間性も嫌いだ。まだドリームノートがあったころ、一時、発案者がほぼ無条件でパスを大量に配布した時期があった。その時期に地球の遊び方管理人から、大量に「メンバーが減った」という苦情がドリームノー [続きを読む]
  • Airbnbの無料クーポン
  • 今回は10000円分の無料クーポンをキャンペーンで押さえたためにAirbnbでバンコクに一泊押さえた。パタヤでもいいのだが、どうやらパタヤはほとんどジョムティエンビーチとかノースパタヤとかが多いらしく、Airbnbもどうも1泊2泊の短期滞在者でなく、一ヶ月とかの長期滞在者のために貸している部屋のようだった。なので借りた部屋にもキッチンが付いていて、部屋の鍵がちょっと特殊。さらに部屋はエレベーターで14階まで登る。ただ [続きを読む]
  • パタヤバスターミナルへ20バーツで行く方法
  • Dと別れた後、もう一度部屋でゆっくりして12;00ぐらいにホテルをチェックアウトして出る。セカンドロードへ行くと、いくつかのソイテウに声を掛けられたがとりあえず放っておく。自分は大きいキャリーを引きずって歩いているのでおそらくパタヤのバスターミナルへ行くソイテウの客引き。安く交渉すれば100バーツほどで行ってくれる。セカンドロードの近くにいる初老のファランに話しかけてみる。彼はセカンドロードを回り、ビー [続きを読む]
  • 早朝の電話
  • 次の日の朝、快調に目が覚める。チェクアウトは12:00までなので、それまでの間は部屋でゆっくりし、パタヤのバスターミナルからエカマイへ行き、バンコクで2泊。そのあとに帰国だ。などと考えて早朝にシャワーを浴びた。シャワーを浴びている途中に電話が鳴る。しかし濡れた状態で携帯を取りたくないので放っておくと、再び電話が鳴る。仕方ないと思いながら体をふきつつ、電話を出ると、Dからの電話だ。開口一番、文句を言われ [続きを読む]
  • 年始の影響
  • 真っ暗になったビーチロードをsoi6からsoi8まで歩いて帰ることにした。人影もほとんどいないのはお祭り騒ぎと言うことでWS近辺に人が集まるからだろう。soi6からsoi8と言えば数的には近い感覚だが実際は違う。soi6とsoi7の間には大きなセントラルロードがあり、セントラルフェスティバルなどの大きなショッピングモールもあり、広大な土地にホテルを建てているハードロックホテルがある。なのでWSから離れたsoi6近くのビーチロード [続きを読む]
  • ヘタレ
  • 次の日、1月1日と言うことでパタヤで新年を迎えた。年末年始はヨーロッパに比べアジア圏でしかも新年に神社に参りに行く日本を除けば、あまり関係がないということで、どこも開店開業しているらしい。さらに中国やベトナムはテト(旧正月)のほうが盛大に盛り上がり、あちこちで何発もの爆竹が鳴り響くらしい。そういう文化が伝わっているのかどうか、soi6に行ってもバーガールに爆竹を投げられる。と言っても連なっている連鎖的に [続きを読む]
  • 花火
  • タイトルはカウントダウンだが、何処かで秒読みするわけではない、大勢の観光客がライブ会場のように一体になってカウントダウンを期待していたがそうではないようだ。多少早い時間にソイ・ブッカオ、やWSを歩いて回ってみたが、やはりビーチロードに人は集中している。WS内のトルコ料理屋でハンバーガー等を食べて、腹ごしらえをしてから、WS入口付近のデッキがある場所へ行ってみた。皆花火を見ようと、大量の人がデッキに [続きを読む]
  • 見逃す
  • 12月31日、この日は年末。この日の夜は年末年始のため、大盛り上がりするだろう。そのためか昼はやることがない。昼に時間が余ったのであちこちブラブラしてみることにした。セントラルフェスティバルという名前の大きなショッピングモール。入り口に行くと大きなツリーがあった。雪をかぶったかのように白いものがあちこちにあるが、よく見ると全部スヌーピー。樹の足元にも大量にスヌーピーがある。バーの下にいる猫。バーにはた [続きを読む]
  • どぼんゲーム
  • 夜のビーチロードは飲み食いするのに最適だ。年末年始をタイで初めて迎えたが、パタヤがこうなのだ。バンコクはもっと盛り上がっているのだろうか?路上には珍しくイチゴを売っている屋台もある。果物でもマンゴー、パパイヤ、スイカ、パイナップルはどの時期でもよく見るが、イチゴはあまり見ない。というかタイではシェーク屋以外で初めて見た。ビニールのコップに入れられているので、ミキサーにかけてシェークにするのかもしれ [続きを読む]
  • ミニーマウスのパジャマ
  • Sを帰したあと、自分は部屋で優雅にお昼寝。夜になり、暗くなってから、さて今日もビーチロードを歩きながら、食べて飲んで楽しもうと思っていた。年末年始のパタヤはお祭り騒ぎ。服を着て部屋から出ようと準備していると、携帯に電話。誰かな?と思い、電話に出てみると、向こうから懐かしい声が。2012年の5月に初めて会ったDだった。会いたい会いたいと思って再会できたのが2014年の5月。どうやら昨夜あったMは約束を守ってく [続きを読む]
  • けだるい感
  • 次の日も昼過ぎぐらいにsoi6へ。やっぱりパタヤの昼はここに来てしまう。soi6に入る前に角にあるバーで一休み。ここsoi6にあるバーは、全てフリーwifiが通っているので、ここでゆっくり過ごそうとする人は増える。自分もその一人。全てのバーの壁にはこうある。soi6を歩き、一つのバーの表に気になる女がいた。こんな感じ。明るい金髪に、歯には強制器具。何処かけだるい不思議な感覚がする。他のバーガールはそろいの衣装なのに彼 [続きを読む]
  • 女の子の繋がりを使う
  • フリーランスの女の子はコーヒーショップの前やマックの前で立つことが多い。なぜならそこではフリーwifiが飛んでるから。店の中に入り、何か注文しないとパスワードは教えてくれないが、女の子同士で話したり教えあったりできるのだろうか?日本より何倍も安い料金の携帯電話代さえ払えない女の子がそれを利用していたりする。そんな場所で見知った顔を探していたが見つからない。そこでこんな女の子が声をかけてきた。好みではな [続きを読む]
  • 夜はWSへ。
  • マッサージを受けた後にそのままあるいていける距離にあるWSへ。中に入って中国人の団体に会うのも嫌なので、と言うか見るのも嫌なので、入り口からビーチロード沿いでイカ焼きなどを食べる。イカの足。イカゲソが好き。明かりのせいかとても辛い味付けのように見えるが、実際に辛い。たまにノーソースと言うと、ソースをつけずに塩と胡椒だけで食べる場合もある。しかしナマ物は辛く香辛料で味付けして当たらないようにするのが [続きを読む]
  • たまにはマッサージでも
  • パタヤのマッサージ店は癖がある。大体どんなとこにも店はあるが、ビーチロードにはWS近くにしかなく、セカンドロード沿い。さらにビーチロードとセカンドロードの間にあるsoiにもあるが大体そこは手だけのサービス。SEXしたい人はさらにサードロードまで行ったりsoiブッカオという斜めに走った道沿いに行った方が良い。soiブッカオでもWS近くへ行くと大勢のマッサージガールが表に座って客引きをしている。そこはソイテウも通って [続きを読む]
  • soi6まで歩いてみた
  • イースティニープレイスの部屋はスタンダードだが広く、明るく、快適な部屋だ。レセプション近くには立派な錦鯉が何匹も飼われている。日本通なのだろうか?昼間のパタヤは年末年始は雨季ほど暑くはなく、気持ちいい。清涼感がある海風も体にべたつき感がない。昼間に空いている場所はsoi6なので、そこまではソイテウで10バーツが簡単だが、味気ないので、何気なく海岸沿いを歩いてみることにした。海岸には欧米系の観光客がいっぱ [続きを読む]
  • soi8のバーにいたLB
  • soi8に戻ってきて疲れたのでホテル近くのオープンバーで座ってコーラを注文。バーは年末年始のにぎわいで客も多い、バーガールもお客を呼び込もうと熱を帯びている。可愛い子も何人かいるが、自分は休みたいだけで壁に取り付けられているファン(扇風機)の近くに座った。付いたのはカウンタータイプの机。食事をしたいならビーチロード沿いが良いが、ちょっとコーラを飲んで一涼みしたいだけなので、soi8のバーに入る。女の子を見 [続きを読む]
  • 年末年始のパタヤ、ビーチロード
  • 夜のWSへのビーチロードを歩く。さすがに年末年始だけあって路上も店も多く、大好きなイカ焼きも安い店が見つかる。しかし店の数が多すぎて、夜から立ち出す立ちんぼさえも見つからない。それほど人も店もひしめきあっている。以前のまま20Bのイカゲソ。ビーチロードの中ほどにはビーチに向かってDJブースが設けてあり。そのビーチで踊り狂う大量の人までいる。普段はこんなものはできないが、年末年始のお祭り騒ぎのためにでき [続きを読む]
  • 海外では必須、SIMロック解除の仕方
  • 翌日。その日は昼ぐらいにエカマイからパタヤへ行くことは確定。しかしその日の朝のうちにやるべきことがあるので、部屋はチェックアウトして、荷物だけをホテルへ預ける。自分は身軽なサブバックだけでとりあえずタクシーでMBKへ。BTSでナショナルスタジアム駅まで行き、そこからMBKへ行っても良いのだが、スクンビットsoi4からスクンビットナナ駅まで行くにはかなり歩く必要がある。この日はパタヤ移動なのでそこまでの余裕もな [続きを読む]
  • バンコクで定番のアフリカン
  • バンコクでは定番でアフリカンの女性を拾う。いつものようにマックの前のオープンのテーブルに付くと。その時オーナーはいなかった。だがアフリカンの女性は大勢いる。ほとんどは立ちっぱなしだと疲れるので、オープンの机にある安っぽいプラスチックの椅子に座っているのだがマック前の壁に隠れるように立っている女性もいる、気になったのでその子を拾った。交渉するときに写真撮影の許可は得たが、彼女は顔がNGなようで、顔が映 [続きを読む]