TINTIN さん プロフィール

  •  
TINTINさん: 英語・フランス語・ポルトガル語な日々
ハンドル名TINTIN さん
ブログタイトル英語・フランス語・ポルトガル語な日々
ブログURLhttp://trilingual.hatenablog.com/
サイト紹介文ポルトガル在住。3か国語を使う毎日です。毎日が頭の体操。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/03/26 05:26

TINTIN さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • さて、ドイツ語の発音は?
  • 昔から音の響きが好きだったドイツ語(理解されないことが多いが…)。一つ一つの発音は日本人にはそんなに難しくないと思われる。特に英語でbとvの違い、hとfの違い、lとrなどがすでに分かっていれば恐らく英語やフランス語よりも発音しやすい…と思う。その理由はまず母音の数が英語やフランス語より少ない(ちゃんと数えたことはないが)。フランス語やポルトガル語のような鼻母音が無い。発音の通りに表記する。ドイツ語特有の [続きを読む]
  • Fica descansado
  • 公共の場でここのポルトガル人が良く使う表現、Fica descansado (フィカ・デシュカンサドゥ)意味は英語で文字通り、Be relaxed.銀行で住所変更を頼んで向こうから一言、"Fica descansado."仕事で必要な包装材を注文して向こうから一言、"Fica descansado."水漏れがあるから修理を依頼し向こうから「明日の朝、行くから」と言って最後に一言、"Fica descansado." 日本語で言えば「万事問題なし。安心して」というような意味で [続きを読む]
  • Mylène Farmer ~Souviens-toi du jour~
  • 今回、紹介したいフランス人の歌手はMylène Farmer(ミレーヌ・ファルメール)です。日本で全く知られていない存在ですが、本国フランスでは30年のキャリアを誇るベテラン、フランスに住んでいるフランス人なら彼女の曲の一つや二つは必ず知っている、そういう存在です。僕が彼女の歌を知ったのは21世紀に入ってからだったけれど、彼女がデビューした当初は歌そのものよりもその中性的な見た目、トーンの高い声(歌詞はかなり [続きを読む]
  • フランス語での名言集
  • フランス人なら誰でも知っているものから、僕が耳に挟んだものまで。書き留めていきます。(随時更新)La culture, c'est comme une confiture. Moins on en a, plus on en étale.教養とはジャムのようなものだ。少なければ少ないほど、薄く広く伸ばそうとする。Point n'ait besoin d'être beau. Il faut le charme.容姿はどうだっていいの。魅力が無ければだめ。On ne fait pas d'omelette sans casser les oeufs.卵を割 [続きを読む]
  • ちょっと変わったポルトガル語の曜日の表現
  • ポルトガル語での曜日表現です。これは他の近隣の言語と全く違う言い方します。月曜日・Segunda-feira(セグンダ・フェイラ)火曜日・Terça-feira  (テルサ・フェイラ)水曜日・Quarta-feira (クアルタ・フェイラ)木曜日・Quinta-feira (キンタ・フェイラ)金曜日・Sexta-feira (セイシュタ・フェイラ)土曜日・Sábado  (サバドゥ)日曜日・Domingo  (ドミング)feira とは「市、定期市、縁日」のことです。そ [続きを読む]
  • フランス語の歌を聞いてみる Patricia KAAS / Je voudrais la connaître
  • 何か言葉を勉強する時には、色々な方法、また個人個人に合った勉強の仕方があると思うけれど、僕が最もフランス語を勉強していた時期にやっていたこと。それは、自分がいいな、と思うフランス語の歌、または歌手を見つけてその歌を覚えること。これは自分にとってはとても大きな効果があったと思ってます。 当時、フランスに住んでいた僕は、何か耳に残る歌を聞いたとき、すぐに友人のフランス人に、これは誰が歌っているのか、 [続きを読む]
  • フランス語・接続法 (Subjonctif)現在形、不規則動詞
  • フランス語に限らず、どの言語でも良く使う動詞ほど、不規則活用する確率多し。この不規則活用はもう覚えるしかありません。代表的なフランス語動詞の接続法・現在の活用です。●être : 基本中の基本。接続法過去でも使われるので覚えること必須です。~ que je sois~ que tu sois~ qu'il soit~ que nous soyons~ que vous soyez~ qu'ils soientIl faut qu'il soit malade pour ne pas être venu.●avoir : もう一つの基本 [続きを読む]
  • フランス語・接続法 (Subjonctif)現在形の活用
  • 規則動詞の接続法・現在形接続法・現在形の規則動詞の活用はそんなに難しくありません。接続法・現在形の活用の基本になるのは、直説法・現在形の三人称複数(ils/elles)の活用形です。-er動詞(例)travaillertravailler の ils の活用は ils travaillent。この travaille-の部分が語幹となり活用していきます。~ que je travaille~ que tu travailles~ qu'il travaille~ que nous travaillions~ que vous travailliez~ qu'i [続きを読む]
  • フランス語・接続法 (Subjonctif)
  • 接続法です。フランス語で"Subjontif"(スブジョンクティフ)と言います。フランス語では、この接続法には、現在(Présent)、過去(Passé)、半過去(Imparfait)、大過去(Plus-que-parfait)の4つの形が存在します。が、このうち半過去(Imparfait)、大過去(Plus-que-parfait)は事実上、口語では99%使われません。この2つの活用が見られるのは今ではほぼ文語体のみです。それゆえ、参考書や教える人によっては、おぼえる必要 [続きを読む]
  • ポルトガル語・序数
  • 序数・1番目から20番目1番目・primeiro(a)「プリメイル・プリメイラ」2番目・segundo(a)「セグンドゥ・セグンダ」3番目・terceiro(a)「テルセイル・テルセイラ」4番目・quarto(a)「クアルトゥ・クアルタ」5番目・quinto(a)「キントゥ・キンタ」6番目・sexto(a)「セイシュトゥ・セイシュタ」7番目・sétimo(a)「セッチム・セッチマ」8番目・oitavo(a)「オイターヴ・オイターヴァ」9番目・nono(a)「ノーヌ・ノーナ」10番 [続きを読む]
  • フランス語・一体誰が誰を許すのか?Je m'excuse.
  • 近頃、頻繁に聞かれるようになった謝罪の言葉 "Je m'excuse."しかし、本来これは全く謝罪の言葉になっていないので注意しよう。もし、自分に落ち度がある時に迷惑をかけた相手に謝る時は、Je vous prie de m'en excuser.Je vous demande pardon.Excusez-moi.などを使おう。Je m'excuse. は英語でIexcuse myself.「自分で自分を許す。」謝っているつもりがとても尊大な態度を取っていることになってしまいます。 [続きを読む]
  • ポルトガル語数字・101から上
  • 100から1000100 cem (セン)101 cemto e um/uma(セントゥ・イ・ウン/ウマ)102 cemto e dois/duas(セントゥ・イ・ドイシュ/ドゥアシュ)103 cemto e três(セントゥ・イ・トレシュ)200 duzentos/as(ドゥゼントシュ/ドゥゼンタシュ)201 duzentos e um/uma(ドゥゼントシュ・イ・ウン/ウマ)202 duzentos e dois/duas(ドゥゼントシュ・イ・ドイシュ/ドゥアシュ)300 trezentos/as(トレゼントシュ/タシュ)400 quatro [続きを読む]
  • 過去の記事 …