Miyamoto さん プロフィール

  •  
Miyamotoさん: 50代から学ぶ英会話
ハンドル名Miyamoto さん
ブログタイトル50代から学ぶ英会話
ブログURLhttp://my-tc.com
サイト紹介文思えば、英語は中高年から学ぶのがいいのではないか? じっくり英語に付き合う時間もある。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/03/27 11:47

Miyamoto さんのブログ記事

  • 9月は英語でSeptember
  • 9月は英語でSeptember気がつくともうすでに9月。英語で9月は September ですね。September というと、歌を思い浮かべるのは僕だけでしょうか?竹内 まりや のSeptember・ジャズの古い歌で September Song、、、そうそう September in the rain なんてスタンダードもありましたね。暑い8月が終わり、9月は少し雨の匂いを連想させます。ちょっと古い歌だけど、 September in the rain をチェックしましょう。数多くのジャズプレー [続きを読む]
  • 青森で英語を
  • 青森で英語をお盆休みは恒例の青森避暑ツアー、、、と言えば聞こえはいいが、実態は自分の車の中で寝泊まりする放浪者状態なのだ。休みに入る前、青森の旅行の話を知人にしたら、「それって大学生みたいだね」と一言。大学生だと放浪旅行もカッコいいけどね。こちらは何と言っても年寄りだから、放浪者じゃなくて浮浪者に間違われないように注意せねばならぬ。でもですよ、こんな旅行をしていると出会うんです。軽自動車(ワゴンタ [続きを読む]
  • 稟議という意思決定
  • 稟議という意思決定このところ仕事で契約書に関わることが多いのだ。契約書というと何とも重苦しい感じだけど、日本人であれば、皆そんな感覚じゃないかな。事細かく内容を吟味して、些細な事でも、最悪のことを考慮しなければいけないのでしょう。はっきり言って僕は苦手です。さてこれが海外の企業相手だと、増々ややっこしい事になる訳です。契約の内容だけじゃなく、英語表現が妥当かどうかも確認しなければならないですからね [続きを読む]
  • 幸運の女神は準備している者にしか微笑まない
  • 幸運の女神は準備している者にしか微笑まない今年の関東は、とっても早く梅雨明けになったけれど、またちょっとぐずついた日が続いています。そんなすっきりしない先週末の金曜日、とある宴席で素敵なスピーチを聞きました。その宴は、いわゆる祝勝会だったんですが、この結果は、昨年からの皆さんの努力・猛練習の賜物です。パスツールの言葉に「幸運の女神は準備している者にしか微笑まない」とあります。才能ではなく、努力して [続きを読む]
  • 英語を話してありがとう
  • 英語を話してありがとう僕の仕事の仲間は、まあ英会話が達者な人が多いんです。ですから、50近くになって英会話を始めた僕としては、いつもなんかこう劣等感があるんですね。特に最近仲間に加わった若い同僚たちは、よく聞くと親と共に海外で過ごしたことのあるいわゆる帰国子女なんですな。そういった人たちと仕事をしていると、「いつまでも上手く話せない自分が、ちょっと情けない」感じが常につきまとっているんです。ところが [続きを読む]
  • 幸せとは
  • 幸せとは英会話学習でも言えることだけど、上達している実感がないことが一番つらいことだと思います。自分としては、目標は高いところにあるけれど、一向に近づけないような気がして滅入ってしまう。実は、「目標に届くようなレベルには行けそうにないこと」を薄々気が付いている自分がいる・・・なんてこともあるように思います。でも逆説的だけど、そんな高い目標レベルに到達してしまったら面白くなくなるんじゃないか? とい [続きを読む]
  • ポーランドのスープ ジュレック
  • ポーランドのスープ ジュレック先日の出張では、僕にとって初めての国であるポーランドを訪問しました。短い期間の訪問でしたが、ワルシャワの料理店でポーランドのメンバーとディナーを共にしました。多分地元の名店なのだと思いますが、素晴らしい料理でビックリしました。イケるオードブルから始まり、美味しいワインが出てきたところで僕の満足レベルはかなり上がっておりました。その後、ウオッカなる強いお酒の一気飲みが始 [続きを読む]
  • ムーミンチョコレートの不可解な日本語
  • ムーミンチョコレートの不可解な日本語今回の出張では、イタリアで冷や汗のプレゼンをした後、ポーランドのワルシャワを訪問しました。航空チケットの関係から、フィンランドのヘルシンキを経由して、ヘルシンキ→ミラノ→ワルシャワ→ヘルシンキと移動したんです。本来ならミラノあたりでお土産を買うべきだったんですが、、、いつもの事ながらバタバタして、夜はワインで酔っぱらっていたので、結局お土産は必然的にヘルシンキ空 [続きを読む]
  • ミラノでの英語のプレゼン
  • ミラノでの英語のプレゼン新緑のイタリア・ミラノで英語のプレゼンをしました。2年前にドイツでプレゼンしたのが、僕にとっては最初だったから、これで2回目です。前回は、カッコつけてプレゼンのスライドに文字を入れなかったんです。スティーブジョブズのプレゼンも文字は書かれていませんよね。でも日本語のプレゼンと違い何も文字が書かれていないと、ちょっと僕には厳しかった記憶があります。今回は、キーワードをきちんと書 [続きを読む]
  • 英語のプレゼンとコロケーション
  • 英語のプレゼンとコロケーション重要なプレゼンをしなくてはならない時、、、今の僕がまさにその状態なんですが、やはりきちんと準備しなきゃいけませんね。普通プレゼンをする際には、前もってテーマについて何を話すか考えて、パワポ(Power Point)でスライドを作ることになりますよね。ところが、気が小さい僕としてはそれだけじゃ足りないので、プレゼンする気構えみたいなものを吸収しておきたいんです。そういった意味で、 [続きを読む]
  • モチベーションを上げるには
  • モチベーションを上げるには英会話は、口で言うほどやさしくありませんね。英語学習にしても、いつまでもやる気を保つのは難しいもの。僕も最近は壁にぶつかっていて、ブレークスルーするだけのモチベーションを上げることができずにいる感じです。英会話上級者への道は厳しいですなぁ、、、ボヤいてばかりでは、モチベーションも上がらないですよね。こんな時は、その道のプロの意見を聞くのが一番。そんな思いで、本屋をうろつい [続きを読む]
  • 会話の終わりをスマートに
  • 会話の終わりをスマートに会話の始まりは、挨拶からですね。初めてお会いする人なら、Nice to meet you.から始まるのが一般的ですね。以前会ったことのある人なら、How are you ?と相手の様子を気遣う。あるいは、遠くから日本に来ていただいたことに感謝してThank you for coming all this way.などと話したりします。そして名刺交換などをして、会議や行事を行うわけです。その辺りまでは、一応予習しておく場合が多いでしょう。 [続きを読む]
  • 英会話は大阪のオバチャンに学べ
  • 大阪のオバチャンに学べ先日 本当に久しぶりにバスツアーを楽しんだんです。新宿を7時に出発し、静岡の久能海岸近くでイチゴ狩り・新金谷駅から大井川鉄道のSLに乗り満開の桜見物・焼津の魚市場でマグロ三昧の食事 といった内容でした。ツアーは僕達の会社の社内旅行として参加しました。参加する前は、「バーロー、今の若い奴は社内旅行の幹事もわかっとらんのか!」というオジサンたちの意見も多かったけど、(そりゃ単純に旅行 [続きを読む]
  • 心を動かす話し方
  • 心を動かす話し方英語のプレゼンが近づいてきました。前回のプレゼンの前には、カーネギー 心を動かす話し方 を読みました。あの時はあまり時間が無かったので、プレゼンは飛行機の中で最終的な仕上げをし、この本も飛行機のシートに揺られながら読みました。今 読み返してみると、とても興味深い部分があったので、その部分を引用してみましょう。これまで、人前で話をするのを逃げてきたゲント氏が、イギリス首相を招いて演説し [続きを読む]
  • Lucky Number
  • ラッキーナンバー「イヤー暑かったよ。そんな中で地鎮祭大変だった。とにかく9に関係する時間になるまで待たされるので、進みが悪くてねぇ」先日タイに出張してきた僕の上司がつぶやいておりました。どうやらタイでは9が幸運の数字のよう。お昼の一番暑い時間におこなう地鎮祭のスケジュールは、11時29分から始まった神事の次は11時49分から行い、またその次は11時59分に執り行うみたいに、 9に関係する時間まで いちいち待たされ [続きを読む]
  • 英単語帳を作ってみる
  • 英単語帳を作ってみる英語はとてもボキャブラリーが豊富ですが、文化の違う日本語のもとで育った僕らには憶えるが大変です。でもやはり最後はボキャブラリーをいかに増やすかが、英語学習のポイントなんでしょうね。遠い昔の学生時代には、単語帳なんかを使って単語の意味を憶えたもんです。いわゆるカード状になっていて、表に英語を書き込んで、裏に日本語を書く。ペラペラめくって、単語を憶えたか確認する・・・僕はハッキリ言 [続きを読む]
  • オバマからトランプへの手紙
  • オバマからトランプへの手紙先日のNHKラジオ、高校生からはじめる「現代英語」では、 White House Note from Obama to Trump というニュースを扱っておりました。アメリカ大統領は、任期の最後に次の大統領に宛てて手紙を書き、執務室の机の引き出しに入れてホワイトハウスを去るのが伝統だとか。オバマ前大統領が、ホワイトハウスを去る時のトランプ大統領への手紙が明らかになったという内容でした。そのニュースの中で、手紙の [続きを読む]
  • オノマトペを英語で
  • オノマトペを英語で先日、イタリアのお客さんと東京で会食する機会がありました。今回のメインは、天ぷらだったんですが、板前さんがテーブルの横で揚げた出来立ての天ぷらは美味しかった。イタリアの皆さんも大満足でした。家庭で天ぷらを揚げるとこうパリッと揚がらないんです。「パリッと揚がらない」のパリッみたいな言い方は、擬音語って言うんでしょうけど、日本語には多いですよね。でも意外と英語に訳しにくいじゃないです [続きを読む]
  • Bucket List
  • Bucket List毎日を時間に追われて過ごしていると、あっという間に時が過ぎ去ってしまいます。気がつくと50代も終わり60代に、、、棺おけに入るのも近づいてきました。ちょっぴり焦り気味な僕ですけど、久しぶりにジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが演じた「最高の人生の見つけ方」のDVDを見てみました。この映画は、ガンで余命半年と宣言された二人が bucket list を書いてそれを実現していき、人生の喜びを見い出して [続きを読む]
  • 感無量を英語で
  • 感無量を英語で少し前の「高校生からはじめる現代英語」では、「New Tsunami Blocking System in Northeastern Japan」というニュースを取り上げていた。内容は、岩手県沿岸に津波警報が発令されると自動的に閉まる水門の運用が開始されたというもの。その背景には、東日本大震災で水門を閉める活動に当たっていた48人の消防団員が津波で犠牲になったことがある。このニュースの中で消防団長は、「感無量です」「ついに人命を守る [続きを読む]
  • 焼酎とspiritとパイチュウ
  • 焼酎とspiritとパイチュウ先週、極寒の日本を離れて中国に出張してきました。広州と上海に行ったんですが、どちらも今年は寒いそうな。広州といえば、香港の裏?ですから、暖かいように思いますが、皆さんコートを着ておられる、、、そして会う人は皆、「今年は寒いですねぇ」と挨拶されていました。さて、海外出張の際には機内誌をチェックする僕ですが、JALのskywardでは焼酎を取り上げていました。焼酎は、まだ日本酒に比べて海 [続きを読む]
  • 永遠の王 The Once and Future King のマーリンの言葉
  • 永遠の王 The Once and Future Kingのマーリンの言葉僕もとうとう60代に突入してしまいました。時の流れるのは本当に早いもの。「50代から学ぶ英会話」も「60代からボヤク英会話」にサイト名称変更すべきだろうか、、、「いやいやまだまだ」と言う気持ちでサイト名はそのままにしておきましょう。と言いながらも、これからの人生を考える節目の歳になりました。そんな訳で僕の部屋の片隅に置きっぱなしにされた、「自分のための人 [続きを読む]
  • 英語のプレゼンとジョーク
  • 英語のプレゼンとジョーク2年ぶりに英語でちゃんと?プレゼンする機会がありそうなんです。2年前にドイツでプレゼンした様子は、以前ブログで書きました。その時の心残りは、ジョークを完全に言いきれなかった事なんです。それでも、あのプレゼンを行った後に、「いいアイスブレイキングでしたよ」などと言われました。Ice breaking座をなごやかにするもの、緊張をほぐすものですね。逆に、日本の伝統的なスピーチでは、「僭越です [続きを読む]
  • 控えめな表現
  • 控えめな表現食事をしようとレストランに行くと、ウエイトレスさんやウエイターさんが注文を聞きに来ますね。いわゆるオーダーを取りに来ると言うやつです。僕が行くような庶民的なレストランは、アルバイトのウエイトレスの子も多いんじゃないかな。料理のオーダーに関してビジネス英語の杉田先生は、料理を運んできた時に、「ビーフステーキのお客様はどちらですか?」 などとオーダーしたお客と料理の内容が記憶できていないウ [続きを読む]
  • 初詣と成田山新勝寺
  • 初詣新年が明けました。今年も英会話力向上を目指していきましょう。ところで、初詣はいかれましたか?僕はまだなんです。じゃあ何時迄に行けばいいのか?と疑問に思いますが、まあ遅くとも松の内には行くべきなんでしょうね。僕は営業なので、大切なお客様のところに 新年のご挨拶に伺うのは、松の内に行くべしと思っています。なので初詣も同じと考えましょうか、、、松の内はいつまでなのか?じゃあ松の内はいつまでなのか? [続きを読む]