oneafter909asama さん プロフィール

  •  
oneafter909asamaさん: デカセギおやじの軽井沢落書帳
ハンドル名oneafter909asama さん
ブログタイトルデカセギおやじの軽井沢落書帳
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/oneafter909asama
サイト紹介文半年軽井沢住民。耳にした事、目にした事等、軽井沢を中心にブログります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/03/28 22:10

oneafter909asama さんのブログ記事

  • 自然の妙に恵まれなかった今年の軽井沢紅葉
  • 軽井沢の紅葉はとびっきり鮮やかに美しいはずなのですがその鮮やかさを生み出す昼と夜の寒暖差が今年はありませんでしただから・・・ほとんどの木が鮮やかな赤を飛び越して、焦げた茶に、これも、自然のなせる業なのでしょう写真は褐色しなかった南軽井沢の紅葉です来年はいつものように    自然の妙が軽井沢に訪れてほしいものです [続きを読む]
  • 2018レイクニュータウン音楽祭終了
  • 2018レイクニュータウン音楽祭・野外ライブすべての日程が終了しました。  そして、短かった「ぼくたちの平成最後の夏」も終わり、 何故かライブ中は、私めは肺気腫さえも忘れハジケておりました 雨の中、ライブを盛り上げていただき、感謝しております。ありがとうございました!   又、来シーズン2019レイクニュータウン・野外ライブをよろしく・・・ [続きを読む]
  • 六義園 人気NO.1の大岩橋 「渡月橋」
  • 「和歌の浦、芦辺の田鶴の鳴声に、夜渡る月の、影ぞさびしき」の歌から、「渡月橋」と名付けられた石の橋です厚みのある大岩が真ん中で2枚クロスしていますこの大岩の重量感は明媚な大名庭園の雰囲気を一変し、あたりの景観をを引き締めていますこの橋から池に落ちる人が多いため、イベント時期には警備員が配置され、時差片側一方通行となります。 [続きを読む]
  • 六義園 「もうひとつのしだれ桜」
  • 徳川5代将軍綱吉の娘「鶴姫」が花見をたのしんだ「吟花亭跡」に咲いています高さ13mありますが、幅は10mくらいでしょうか、縦にスーとのびて、しだれてくる感じで、良き趣のあるしだれ桜かと思います。 こちらは、メインのしだれ桜に隠れて、あまり知られていませんが、六義園 奥の方にあります。人も少なく、ゆっくりと鑑賞できます [続きを読む]
  • 染井吉野桜記念公園:よく目にする普通の桜物語
  • この公園では4/1開催の桜イベントのための旗がなびいております。  さくらのはなびらとは対照的なこの太い大木です。  都会の中のさくらには必ずビルが添えものに・・・・ここまでは朝の写真です。時間をずらして、午後3時の 逆光さくら です今は静かです、4/1は桜まつりで、このあたりは屋台がでたり人出もいっぱいになりますが   かんじんの桜はどうなってるのでしょうか????すでに満開に近いです。 [続きを読む]
  • 六義園のしだれ桜のライトアップ始まりました
  • 樹齢約60年、高さ約15m、幅約20mのしだれ桜、早くも満開を迎え見頃です。しだれ桜のライブカメラは下記よりhttp://teien.tokyo-park.or.jp/contents/camera031.html人出は今週末の24日25日がピークかと思われます。 大きな枝振りから、花びらが沸き上がり咲き誇っています。 幻想的な光に包まれ、空から流れるように降ってくる感じです。 ライトアップ は3月21日(祝)〜4月5日(木)となっています。 [続きを読む]
  • 駒込:国登録文化財・旧丹羽家の蔵に
  • 当時(昭和初期に建てなおした際)としては珍しい、鉄筋コンクリート造りでありながら扉上部と両脇の柱に大理石が貼られ、  外壁はモルタル下地に大理石の砕石粒出し仕上げになっています。と、記されております。  さほど、有名度はなく、わざわざ訪ね来る人もいないようです。  駒込地元では、蔵のある公園と呼ばれており、公園の片隅にポツンと位置しています。染井通りのさらに裏の小道にあり、「文化財」というものは、 [続きを読む]
  • 3.19  「染井吉野」発祥の地 駒込 : 桜開花しました
  • ソメイヨシノ 発祥の地 駒込は江戸時代は染井村と称されており、そこからこのさくらの名前がついております。 駒込染井吉野桜記念公園。 正確には、昨日夜に咲き始めました。 あいにく天候は曇り、青空はありませんがかえって、空の青さに左右されないでさくらの素のピンクを感じることかできます。今日のところ、まだ数本しか咲いていませんが、日ごとに咲き始めやがて、満開を迎えることになります。 [続きを読む]
  • 冬薔薇の憂い
  • 遠いあの日の哀しみを包むかのように、於き去りし思い出の横で、なぜ、冬の薔薇は、ひっそりと咲いているのでしょうか(白乙女) (太郎冠者)(虞美人) 陽だまりを避けるように、なぜ、冬の薔薇は、ひっそりと咲いているのでしょうか [続きを読む]
  • 香りとともに白もくれんが開花いたしました
  • 春の訪れですね、白もくれんが咲き始めました。花が開くと、こころが和むように、上品な香りがただよっています。開花時には、葉っぱをつけません・・・不思議、白もくれん。(とはいえ、桜もそうですね・・) 軽井沢でよく目にしますこぶしの花と似ていますが、白もくれんは、はなびらが完全に開ききらず、        ナナメ上に向かって花を咲かせます。それ故でしょうか、花言葉の 『気高さ』 は・・・・ [続きを読む]
  • 帰路、磯部温泉へ
  • 妙義山、奇なる岩を横になめると、やがてのどかな田園風景が視界に飛び込んできました。磯部温泉着、足湯しながら、読書ing方に日帰り温泉の場所を尋ねました。 この小さな竹林のひだり横に「恵みの湯」料金はなんと500円!(貸タオルはなく、販売タオルはなんと2700円)このギャップ差には驚きましたが、湯は最高でした!ネットリ感が肌に揺らいで、まさに温泉を満悦しました。近場の人がウラヤマシイ [続きを読む]
  • 駒込界隈の方、カフェ見つけました
  • ちょっと裏をぶらぶらしていました、白い一軒家が・・・普段は通らない道なので、いきなりおしゃれな建物にビックリ道の右側が谷底のようになってて山手線が走っています。   「桜キッチンカフェ」まだ、開店前、営業は10:00〜19:00<月曜定休>私の仕事た完全にカブってしまう、行ってみたくても、行けない」・・・駒込駅から線路沿い細い裏道にちょっと入ったところ、去年春にOPENしたらしい・・・です生産者さんから食材を [続きを読む]
  • 100円玉と10円玉が光って区別がつかない、、
  • 寒い毎日が続いています。駒込の今日の雲です。   毎日、毎日が、はっきりしない雲の多い空です。パンをかいに行く途中です。   雲の向こうにばんやりと太陽がぼやけてました   しだいに雲が薄くなり、チョイ眩しいくらいに   このあとすぐパンを買いに行き、驚きました !支払時に、なんと、100円玉と10円玉の区別がつきません・・・コインが全部光って見えるのです。年をとりますと、ばやけた太陽でも見続ける [続きを読む]
  • 昭和の建物への郷愁、なぜか昭和に揺心
  • 最近やたらと、古き昭和のモノにこころ奪われます。そうそう、ツタで覆われた住居もいっぱいありました。ブリキに、木の塀、町裏の光景、いたるところでこんな感じでした寄合住宅、今でいうシェアーハウスはここからの進化からかもしれませんね?そして昭和の定番は、アパートもちろん、私も学生時代も、アパート生活でした・・・ [続きを読む]
  • 2/2 朝、都内は再び雪・・・
  • 昨夜 10:00頃より、雪が降り始めました。けっこうな降りでしたが前回のように、積もってはいません。朝9:00 はこんな感じの降り具合です。脇道も前回の雪が目立ちますが、通園の親子さん楽しみながら普通に歩いています駒込駅周辺は風もあり、かなり降っているように見えます。六義園まで行ってみましたが、門の前はこんな感じです。園内地図に昨夜からの積雪が薄くかかっています。今回の積雪、幹線道路には交通に支障はなさそ [続きを読む]