L's room. さん プロフィール

  •  
L's room.さん: L's room.
ハンドル名L's room. さん
ブログタイトルL's room.
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/leo0511
サイト紹介文Lions blog!! No Limit 2017!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供299回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2016/03/30 13:58

L's room. さんのブログ記事

  • 2017.11.22. たまらん新人王。
  • 大方の予想通り、2017シーズンのパ・リーグ新人王は源田に決まりました。得票数もぶっちぎりで、新人王はとると思ってましたが、まさかここまで大差が付くとは思いませんでした。源田がまさかここまでやるとは思ってなかったですし、今シーズンは本当にこれ以上ない結果だと思いますね。来シーズンの打順がどこになるのか気になるとこですが、本人も言っていたように、エラーの数が一桁になればなと感じます。それでも、今シーズン [続きを読む]
  • 2017.11.20. 勝者のメンタリティ
  • ヤング侍ジャパンの初陣となるアジアチャンピオンシップは日本が見事にストレート勝ちで初優勝!山川が初戦で追撃の2ホーマーを放てば多和田は流れを相手に渡さない2イニング無失点の好投野田はリリーフとして大会期間中はフル回転そして、全試合通じて打撃好調だった外崎が大会MVPと若獅子達の活躍が目立った試合が続きました。外崎のMVPはライオンズファンからすると本当に感慨深いですし、来シーズンも楽しみですね逆にルーキー [続きを読む]
  • 2017.11.15. 所沢からは移転しないぞ!宣言をしたライオンズ。
  • 本日、ライオンズファンの誰もがビックリしたニュースが飛び込んできましたね。40周年アニバーサリーになにかしら大掛かりな投資をすると、確か昨シーズンだか一昨年だかに後藤オーナーがポロっとコメントしてたのが記事になりましたが、その後連れてくる助っ人は相変わらず使えない選手ばかりな上に、FAによる相次ぐ選手の流出で「結局、口だけじゃねーか」と、怒り心頭どころか呆れていた我々ライオンズファン。しまいには清宮 [続きを読む]
  • 2017.11.15. 年俸バランスを調整するよい機会
  • さて今シーズンも野上FAでまたしても投手が抜けるライオンズ。よく言われているのがライオンズは野手の年俸が上がりやすく投手の年俸は上がりにくいと言われてます。プロ野球データFreakさんより拝借今シーズンのライオンズの年俸上位者。上の6人はみんな野手で7位にやっと牧田がランクイン。メヒア5億におかわり4億に比べると牧田はたったの1億。ただ、今シーズン一番年俸貰ってる二人が役立たずでしたので、メヒアは複数年もして [続きを読む]
  • 2017.11.14. 今年もやっぱりFA流出するライオンズ。
  • 注目のFA権行使の選手についてついに、結論が出ました。牧田は国内FA権行使せずにポスティングでのメジャー移籍。球団側も容認な上に、譲渡金にもこだわりないみたいなので、ナカジの時のように交渉決裂することなくメジャーですね。非常に痛いですが仕方ないです。牧田は入団してからいきなり色んなとこで投げさせられなかながら、新人王獲得から、先発では二桁勝てますし、中継ぎでも抑えでもどこでも結果出してきたのでライオン [続きを読む]
  • 2017.11.12. リーグの戦力均衡について考えてみる。
  • 泣いても笑っても11月14日までがFA宣言期間の期限となりますので、ライオンズファンは今年もそれまでは落ち着かない日が続きます。おかわりの残留がほぼ確定的とのことですが、それ以外には牧田がポスティングでのメジャー表明、野上は全く音沙汰無し。銀仁朗は明日(11月13日)にもどうするのかを決めるそうです。普通に考えて、野上も銀仁朗もここまでさんざん球団を待たせておいて「FAします」と、なったら「君たちがハッキリす [続きを読む]
  • 2017.11.11. シンガリ部隊の足跡。
  • 近年のライオンズはとにかくリリーフが弱く、先発陣が粘りのピッチングで好投するも、終盤の継投策で失敗し、逆転負け、競り負けることが多いのが特徴でした。黄金時代は鹿取、橋本、潮崎その後は森慎二、豊田と鉄壁のリリーフを要していた時代もありましたが、引退、FAも重なり徐々に弱体化。そして、小野寺、大沼といった「俺達」全盛期が訪れ、ネットではネタにされる始末。特に大沼はそんな俺達軍団の「総帥」とまで呼ばれ、一 [続きを読む]
  • 2017.11.10. 第二次戦力外通告期間終了。残るはFA戦線のみ。
  • 日本シリーズに出場した2チームの2017シーズン第二次戦力外通告期間も終了し、「そろそろクビかも…」と不安に思っていた選手やその家族はひとまずほっとしたことでしょう。が、そういった選手はただ1年延命したに過ぎないので、また不安な1年が続くと思うとそれもそれで酷なもんです。選手にはなんとか戦力外になる前にもう一花咲かせたいところです。ライオンズの今シーズンの戦力外は御覧の通り。捕手上本→引退・ブルペンキャ [続きを読む]
  • 2017.11.8. リーグ拡大とライオンズの今後を考えてみる。
  • 先日、リーグ拡大してもいいんじゃないかの提案をしてみましたが、本日はその補足について。このままのチーム数でNPBがいくら地域密着を掲げようと、せいぜい47都道府県のうち11都道府県しかカバー出来ていないので、もっと細かく地域をカバーしているJリーグやBリーグに観客取られるだけでなく、競技人口の面でも牌を取られてしまいますよ?というような内容でした。今回はその補足。みなさまご存じの通り、日本は人口減少時代に [続きを読む]
  • 2017.11.6. ぜんぶ出ていきそうだ。
  • 本日からFA宣言期間がスタートしました。他球団でも初日からFA宣言をする選手のニュースが流れていますが、ライオンズの選手もまぁ明日とかにはポコポコでてくるでしょう。まずは野上噂ではベイスターズやタイガース、ホークスなどが調査中だとか。嫁さんが大の虎党ということで、タイガースか?との噂もありますが、地元枠のホークスという線も捨てきれません。いつになったら「地元の球団に行きたい」と言ってライオンズに来る [続きを読む]
  • 2017.11.5. このままでいいのかNPB
  • 今年の日本シリーズはホークスの劇的なサヨナラ勝ちで2年ぶりの日本一に輝き、長かったような短かったような2017年のプロ野球も全日程が終了しました。昨日はテレビで観戦してましたが、まぁ最後はサファテが気合の3イニング跨ぎで「これは今日勝たないとホークスあかんなぁ」と、思って見ていました。さらにはベイスターズのエスコバーの登板を見ながら「ファイターズ時代はノーコンだったのになぁ。たいしたもんだ」と、感心して [続きを読む]
  • 2017.11.2. ライオンズの球団運営について考えてみる①
  • まずは助っ人の動向から。球団発表でウルフとの来シーズンの契約がまとまったとのことです。と、同時に退団が噂されていたシュリさんはやはりリリース。ウルフについては元気だった前半戦の安定感は抜群でしたので、1回登板10休みの「一勤十休」ぐらいで使ってあげれば通年安定した投球をして貰えるかなと思います。10日に1回の調整が難しいようであれば、今シーズンのように前半戦は飛ばして、貯金を稼いでもらって、後半戦から「 [続きを読む]
  • 2017.10.31. ライオンズ2017シーズンを振り返る 〜終盤戦〜
  • 今シーズンのライオンズの戦いを振り返る連載ラスト。最後は8月からシーズン終了まで。7月終わり、つまりオールスター開けてからは一進一退の攻防が続いておりましたが、7月下旬にあったビジターでのホークス戦で情けない敗戦が続きました。特に北九州での試合はホークスのキャッチャー甲斐にボコボコに打たれてさすがのライオンズファンも「あぁ。今年も優勝無理だな」と誰もが思ったところでした。が、この敗戦の次の試合から炎 [続きを読む]
  • 2017.10.29. 捨てる神あれば拾う神あり。
  • 各チーム、第一次戦力外通告もひと段落し、さらにドラフトも済んだことで、追加の人員整理も行われています。ライオンズについては、10/29時点で戦力外通告を受けた選手は下記の通り渡辺直人内野手→イーグルスが調査木村昇吾内野手→現役続行希望鬼崎裕司内野手→引退・2軍育成コーチ上本達之捕手→引退・ブルペン捕手大崎雄太郎外野手→引退岩尾利弘投手→引退・打撃投手就任佐藤勇投手→未定田代将太朗外野手→未定キャンデ [続きを読む]
  • 2017.10.27. 来る人、去る人。
  • 昨日のドラフトの熱気も冷めぬうちに、ライオンズの情報がどどーんと報道されました。まずは、東スポさんなので信ぴょう性がまだ低いですが、戦力外になった直人をイーグルスが拾うとかなんとか。ちょっとまだ飛ばしの可能性が高いですが、可能性としては無くはないですし、イーグルスぐらいしか行く可能性がなさそうなので、続報が気になるところ。そして、入れ替わりでライオンズに戻ってきそうな稼頭央が正式にイーグルスを退 [続きを読む]
  • 2017.10.27. ドラフト2017結果。
  • 今年も無事にドラフトも終わりまして、あとは日本シリーズ残すだけになりました。ライオンズはご覧の通り、6名プラス育成2人の計8人の交渉権を獲得。ポジションの内訳が支配下登録で投手4外野手1内野手1育成で投手1捕手1となりました。注目の田嶋はバファローズにかっさわれ交渉権獲得ならずでしたが、同じ左腕の明治大の齋藤を外れ1位で単独指名。動画少し見ましたが、左のサイドに近いスリークォーターで、パワーピッチャーとい [続きを読む]
  • 2017.10.24. ライオンズ2017シーズンを振り返る② 〜中盤戦〜
  • セリーグのCSも先ほど決着しまして、リーグ3位のベイスターズがリーグ優勝のカープを破って19年ぶりの日本シリーズへ。カープは2位に10ゲーム差離して優勝しながらここで敗退。いろいろ誤算はあったと思いますが、とにかく打線が打てなかったのが痛かった。対照的にベイスターズはCSファーストステージからタイガース相手にバカスカ打ち込んでましたので、打線は好調でした。これに加えてラミちゃんの采配も面白いぐらいに成功して [続きを読む]
  • 2017.10.22. ライオンズ2017シーズンを振り返る① 〜序盤戦〜
  • ヌルデータ置き場さんより拝借ヌルデータさん…もうすぐ閉鎖されてしまうのが本当に悲しいです。プロ野球観戦のまさにバイブルでしたので…一応、まだ閉鎖されていないのでギリギリまで活用させていただきます!!と、いきなりライオンズの月別成績表をドーンと掲げて始まりましたが、2017シーズンのライオンズの戦いを振り返るシリーズの第1回です。今シーズンは3・4月〜5月の序盤戦を振り返りたいと思います。開幕してからの序 [続きを読む]
  • 2017.10.20. 毎年言われるCS制度についてひとこと。
  • CSファイナルステージは両リーグとも3位チームが奮闘しており、なかなか白熱した展開が続いてますが、毎年この時期に言われるのが「現在のCS制度について」です。今シーズンはそもそも両リーグともに2位に10ゲーム差以上離しての優勝で「10ゲーム差以上離れたらCS開催しなくていいでしょう」であるとか「アドバンテージを1勝増やせばいい」であるとか色んな意見が出ます。仮にこのまま両リーグともに3位チーム同士で日本シリーズな [続きを読む]
  • 2017.10.18. ストーブリーグはじまる。
  • セ・リーグのCSもファーストシリーズが終わり、リーグ戦3位のベイスターズさんがタイガース破ってファイナルシリーズ進出。セ・パ両リーグで3位チームが勝ち抜けるという珍しいシーズンになってしまいました。それでも今日からのファイナルは優勝チームは表ローテぶつけられますが、ファーストシリーズ戦ったチームは裏ローテでですからねぇ。イーグルスの予告先発が塩見ってそれはそれでせつないですよねさて、ライオンズのストー [続きを読む]
  • 2017.10.16. CSファーストステージ イーグルス3回戦
  • と、いうわけで…なんとも残念な敗戦となりました。今日は初回の攻防がすべてでしたかね…野上は舞い上がって四球から崩れ、せめてはノーアウト3塁から無得点。結局このシリーズ、先制したチームが勝ってますので、まぁ短期決戦の怖さです。しかも初回に点取ってますからね。勝ったチームは投手陣はなんとか踏ん張ってましたがシュリさんがなぁ…調子は良かったんですが、ウィーラーにフルカウントから強引に勝負にいってし [続きを読む]
  • 2017.10.15. CSファーストステージ イーグルス2回戦
  • 昨日は雄星の圧巻のピッチングに打線が応えて快勝今日も勝って連勝で決めたいですね十亀先発で昨日3安打猛打賞と爆発した銀仁朗はお休みで岡田がスタメン岸くん相手にまずは粘って球数投げさせたい初回モーギーにいきなり初球打ちホームラン。狙われたな…藤田は良い当たりもライトフライ。ちょっと捉えられてるな…銀次には昨日と同じようにレフトへ流し打ち。この人は流し打ちしか狙ってないかのようなバッティングペゲ [続きを読む]