H(^_-)M さん プロフィール

  •  
H(^_-)Mさん: 時に長さがあるなんて・・・記憶への通い路
ハンドル名H(^_-)M さん
ブログタイトル時に長さがあるなんて・・・記憶への通い路
ブログURLhttp://nazo.but.jp/ara/
サイト紹介文ふと足をとめて、記憶の通い路を彷徨う自分を眺める。悟りとは無縁の未熟を楽しむ・・・。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供201回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2016/04/01 16:10

H(^_-)M さんのブログ記事

  • 谷山浩子
  • 谷山 浩子(たにやま ひろこ、本名:中西 浩子(なかにし ひろこ)(1956年8月29日〜 )。シンガーソングライターである。東京都杉並区高円寺で生まれ、神奈川県横浜市で育った。お茶の水女子大学附属高等学校を卒業。中学校時代にキングレコードに曲の持ち込みを始め、ベイビーブラザーズ(後のフィンガー5)のシングル『白い天使』(1970年11月20日発売)のB面に『僕たちの秘密』が採用される。当時、14歳だった。本来は作曲家志 [続きを読む]
  • 谷山浩子
  • 谷山 浩子(たにやま ひろこ、本名:中西 浩子(なかにし ひろこ)(1956年8月29日〜 )。シンガーソングライターである。東京都杉並区高円寺で生まれ、神奈川県横浜市で育った。お茶の水女子大学附属高等学校を卒業。中学校時代にキングレコードに曲の持ち込みを始め、ベイビーブラザーズ(後のフィンガー5)のシングル『白い天使』(1970年11月20日発売)のB面に『僕たちの秘密』が採用される。当時、14歳だった。本来は作曲家志 [続きを読む]
  • マルタ・アルゲリッチ
  • マルタ・アルゲリッチ(Martha Argerich, 1941年6月5日 〜 )アルゼンチンのブエノスアイレス出身のピアニスト。現在、世界のクラシック音楽界で最も高い評価を受けているピアニストの一人である。外交官の家庭に生まれ、2歳8ヶ月からピアノを弾き始める。5歳の時にアルゼンチンの名教師ヴィンチェンツォ・スカラムッツァにピアノを学び始める。 1949年(8歳)、公開の場でベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番ハ長調作品15を演奏し [続きを読む]
  • マルタ・アルゲリッチ
  • マルタ・アルゲリッチ(Martha Argerich, 1941年6月5日 〜 )アルゼンチンのブエノスアイレス出身のピアニスト。現在、世界のクラシック音楽界で最も高い評価を受けているピアニストの一人である。外交官の家庭に生まれ、2歳8ヶ月からピアノを弾き始める。5歳の時にアルゼンチンの名教師ヴィンチェンツォ・スカラムッツァにピアノを学び始める。 1949年(8歳)、公開の場でベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番ハ長調作品15を演奏し [続きを読む]
  • マルタ・アルゲリッチ
  • マルタ・アルゲリッチ(Martha Argerich, 1941年6月5日 〜 )アルゼンチンのブエノスアイレス出身のピアニスト。現在、世界のクラシック音楽界で最も高い評価を受けているピアニストの一人である。外交官の家庭に生まれ、2歳8ヶ月からピアノを弾き始める。5歳の時にアルゼンチンの名教師ヴィンチェンツォ・スカラムッツァにピアノを学び始める。1949年(8歳)、公開の場でベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番ハ長調作品15を演奏した [続きを読む]
  • 中山ラビ
  • 中山 ラビ(なかやま らび)。シンガーソングライター。東京都生まれ。詩人の中山容が訳詞したボブ・ディランの歌でライブ・デビューし、その後、大きな影響を受けたため、女ボブ・ディランといわれた。「中山」姓も中山容にちなんだもの。東京都国分寺市の喫茶店「ほんやら洞」のオーナーを務めながらライブ活動を継続している。年齢・本名非公表。1972年12月、ポリドールから1stアルバム「私ってこんな」でメジャーデビュー。は [続きを読む]
  • 中山ラビ
  • 中山 ラビ(なかやま らび)。シンガーソングライター。東京都生まれ。詩人の中山容が訳詞したボブ・ディランの歌でライブ・デビューし、その後、大きな影響を受けたため、女ボブ・ディランといわれた。「中山」姓も中山容にちなんだもの。東京都国分寺市の喫茶店「ほんやら洞」のオーナーを務めながらライブ活動を継続している。年齢・本名非公表。1972年12月、ポリドールから1stアルバム「私ってこんな」でメジャーデビュー。は [続きを読む]
  • 中山ラビ
  • 中山 ラビ(なかやま らび)。シンガーソングライター。東京都生まれ。詩人の中山容が訳詞したボブ・ディランの歌でライブ・デビューし、その後、大きな影響を受けたため、女ボブ・ディランといわれた。「中山」姓も中山容にちなんだもの。東京都国分寺市の喫茶店「ほんやら洞」のオーナーを務めながらライブ活動を継続している。年齢・本名非公表。1972年12月、ポリドールから1stアルバム「私ってこんな」でメジャーデビュー。は [続きを読む]
  • 小椋佳
  • 小椋佳の歌詞は言葉が実に綺麗だ。彼の歌詞を聞いて,日本語の美しさを知ったような気がする。若い頃、彼に完全に嵌った。彼の歌詞を聴きながら甘く切ない青春の一時期を過ごしたような気がする・・・。 「白い一日」の歌詞の中に,「真っ白な陶磁器を 眺めては飽きもせず・・・何もせず一日が過ぎ て行く」と言うフレーズがあるが・・・。毎日が日曜日の今、改めてこのフレーズを聴くと,何とも不思議な気持ちになる自分がいる・ [続きを読む]
  • 小椋佳
  • 小椋佳の歌詞は言葉が実に綺麗だ。彼の歌詞を聞いて,日本語の美しさを知ったような気がする。若い頃、彼に完全に嵌った。彼の歌詞を聴きながら甘く切ない青春の一時期を過ごしたような気がする・・・。 「白い一日」の歌詞の中に,「真っ白な陶磁器を 眺めては飽きもせず... [続きを読む]
  • 小椋佳
  • 小椋佳の歌詞は言葉が実に綺麗だ。彼の歌詞を聞いて,日本語の美しさを知ったような気がする。若い頃、彼に完全に嵌った。彼の歌詞を聴きながら甘く切ない青春の一時期を過ごしたような気がする・・・。 「白い一日」の歌詞の中に,「真っ白な陶磁器を 眺めては飽きもせず・・・何もせず一日が過ぎ て行く」と言うフレーズがあるが・・・。毎日が日曜日の今、改めてこのフレーズを聴くと,何とも不思議な気持ちになる自分がいる・ [続きを読む]
  • 小椋佳
  • 小椋佳の歌詞は言葉が実に綺麗だ。彼の歌詞を聞いて,日本語の美しさを知ったような気がする。若い頃、彼に完全に嵌った。彼の歌詞を聴きながら甘く切ない青春の一時期を過ごしたような気がする・・・。 「白い一日」の歌詞の中に,「真っ白な陶磁器を 眺めては飽きもせず・・・何もせず一日が過ぎ て行く」と言うフレーズがあるが・・・。毎日が日曜日の今、改めてこのフレーズを聴くと,何とも不思議な気持ちになる自分がいる・ [続きを読む]
  • 小椋佳
  • 小椋佳の歌詞は言葉が実に綺麗だ。彼の歌詞を聞いて,日本語の美しさを知ったような気がする。若い頃、彼に完全に嵌った。彼の歌詞を聴きながら甘く切ない青春の一時期を過ごしたような気がする・・・。 「白い一日」の歌詞の中に,「真っ白な陶磁器を 眺めては飽きもせず・・・何もせず一日が過ぎ て行く」と言うフレーズがあるが・・・。毎日が日曜日の今、改めてこのフレーズを聴くと,何とも不思議な気持ちになる自分がいる・ [続きを読む]
  • ちあきなおみを聴く!
  • ちあき なおみ(1947年〜)元歌手、女優。東京都板橋区出身。3姉妹の末っ子。米軍キャンプ、ジャズ喫茶やキャバレーで歌ったり、演歌歌手としての修行をしたり、下積み時代の10代は芸名を変えながら、いわゆるドサ回りで全国を回る。橋幸夫やこまどり姉妹などの前座歌手も務める。実力のあったちあきは既に、一家にとって大黒柱的存在になっていた。日本コロムビアのオーディションを受け保留となり、作曲家鈴木淳の元で1年4ヶ月レ [続きを読む]
  • ちあきなおみを聴く!
  • ちあき なおみ(1947年〜)元歌手、女優。東京都板橋区出身。3姉妹の末っ子。米軍キャンプ、ジャズ喫茶やキャバレーで歌ったり、演歌歌手としての修行をしたり、下積み時代の10代は芸名を変えながら、いわゆるドサ回りで全国を回る。橋幸夫やこまどり姉妹などの前座歌手も務める。実力のあったちあきは既に、一家にとって大黒柱的存在になっていた。日本コロムビアのオーディションを受け保留となり、作曲家鈴木淳の元で1年4ヶ月レ [続きを読む]
  • ちあきなおみを聴く!
  • ちあき なおみ(1947年〜)元歌手、女優。東京都板橋区出身。3姉妹の末っ子。米軍キャンプ、ジャズ喫茶やキャバレーで歌ったり、演歌歌手としての修行をしたり、下積み時代の10代は芸名を変えながら、いわゆるドサ回りで全国を回る。橋幸夫やこまどり姉妹などの前座歌手も務める。実力のあったちあきは既に、一家にとって大黒柱的存在になっていた。日本コロムビアのオーディションを受け保留となり、作曲家鈴木淳の元で1年4ヶ月レ [続きを読む]