タイニーハウス東京 さん プロフィール

  •  
タイニーハウス東京さん: タイニーハウス東京
ハンドル名タイニーハウス東京 さん
ブログタイトルタイニーハウス東京
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tiny_house_tokyo
サイト紹介文東京でタイニーハウス暮らしを実現する。ホームメイドの木製キャンピングトレーラーの自作にチャレンジ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供346回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2016/04/01 19:30

タイニーハウス東京 さんのブログ記事

  • 諸作業 続き② タイダウンベルト用緩衝パッドの製作 後編
  • ベランダの清掃作業が終了したので、次にタイダウンベルト用の緩衝パッドの製作を再開します。昨日は時間がなかったので芯材を準備するところまでで終わっていました。今日はテント生地を使ってカバーを作ります。先ず防水のためビニール袋に入れてテープで押さえます。そしてテント生地を裁断し…縫製して行きます。これをスケールでひっくり返し…このカバーの縁にゴムバンドを縫い付け…先程ビニールで包んだ芯材を入れて行きま [続きを読む]
  • ベランダ工房の後片づけ 続き②
  • 昨日の作業の続きです。長尺物の木材を薪として使えるように短くカットします。丸ノコを使おうかと初めは思ったのですが、騒音もあるし運動にもなるので手引きでカットして行きます。この大きさなら麻袋にも収まります。未だ使用できそうな木材は纏めて邪魔にならないように物置の側に収納しました。薪用の廃材は麻袋で二袋になりました。二回分の焚き火用に充分な量です。最後に作業台を撤収してベランダの清掃は一応完了です。次 [続きを読む]
  • イタリアンで赤ワイン
  • 友人との一ヶ月ぶりの飲み会です。場所は池袋でなのですが、何時もの本格中華屋さんではなく今晩は余り似合わないイタリアンで赤ワインを頂きます。最近は飲み過ぎて家内から叱られることが多いので、今晩はほどほどにしようと思います。関連動画;自作トレーラーの関連動画はYouTubeにアップしてあります。宜しければご覧ください。     https://www.youtube.com/watch?v=z-eC-Jokxhw&t=25s [続きを読む]
  • 諸作業 続き② タイダウンベルト用緩衝パッドの製作
  • 極めて慎重な性格もあり(反面おっちょこちょいでもありますが…)、過剰なほどシャーシとキャンパーシェル の固定には拘っており、キャンピングトレーラーを移動中は念のためタイダウンベルトも掛けています。ところが、運転中の振動などで擦れてしまい屋根の防水シートに損傷を与えてしまうので、これまでは5mm厚のゴムベルトを屋根のコーナーに噛ませていましたが、運転中にこの緩衝材がなくなってしまうことが度々ありました。と [続きを読む]
  • ベランダ工房の後片づけ 続き①
  • 今日は大変良い天気ですが湿度は60%程度なので比較的作業日日和です。午後二時から作業を開始しました。先日のキャンプでかなりの廃材を燃やしたものの未だ残っています。次回の焚き火用に整理して、一部は廃棄します。木材は最初に未だ使えそうなものと処理するものに分類します。処理する木材で小さなものは麻袋に詰めて…大きなものは切断するために纏めます。鋸で切って適当な大きさに短くする作業は明日の午前中に行う予定で [続きを読む]
  • 運動不足
  • 昨年末に手術を受けてから、それまで毎日行っていたジョギング+散歩を控えていました。そのため運動不足により体重が3キロほど増えてしまっており、先日の人間ドックでも各数値とも余り良い結果ではありませんでした。担当の先生の先日の診断では副鼻腔手術による傷跡もすっかり癒えているとのことだったので、本日から運動を再開することにしました。いきなりジョギングするのは危険なので、先程九時半頃から一時間ほど散歩に出 [続きを読む]
  • 諸作業 続き① ガスダンパーのブラケット変更
  • 先日の報告の中でも記述したようにガスダンパーを取り付けたものの、車体側の壁面と少し干渉していました。このままだと移動時の振動などで天幕材が摩耗して擦り切れてしまうので、取り付け位置を少し内側に移設したいと思っています。問題はビスが効く屋根のフレームが縁から40mmしかないので、現状のブラケットの形状では実現が不可能です。そのためブラケットを支えるステーを自作して取り付けることにしました。材料は加工が容 [続きを読む]
  • 快適化改造計画 固定式ベンチの改造 (1)
  • 内装に関しては、先日車体左側の固定式ベンチを取り除き可動式家具に替えて、その床面にはタイルカーペットを追加で敷きつめました。これに加え、右側のベンチも多少のお化粧や使い勝手の向上のため改造を加えたいと思います。ポイントは以下の通りです。①ベンチ側面にパンチカーペット貼り 現在はベンチ側面は下地の合板剥き出しで見栄えが良くないので、左側内壁と同じパンチカーペット素材を貼って綺麗にします。②ベンチ座 [続きを読む]
  • 諸作業と室内の様子
  • この数日時間を見つけては簡単な作業を行っていますので紹介させて頂きます。先ずガスダンパーを付け戻しました。今回蝶番を付け替えたことは先日触れましたが、そのお陰でガスダンパーなしでも持ち上げられるのですが、女性でも気軽に屋根の展開が出来るように付け戻すことした次第です。とても軽く重宝しています。但し、屋根側のブラケットが壁と多少干渉するので付け方を変更しようとしています。また、屋根の上げ下ろしをスム [続きを読む]
  • ベランダ工房の後片づけ
  • 大きな改造作業もひと段落したので筆者の工房と化して散らかりまくっていたベランダを整理し始めました。未だ完全には整理しきれていませんが、これでも先日のキャンプのため薪として相当な廃材を持ち出して片付けた後の状況です。燃えないアルミ複合材や発泡スチロールのようなものは小さくカットしてゴミに出そうと思っています。家内に以前から整理清掃を督促されているのもありますが、筆者が住んでいるマンションでは今年大改 [続きを読む]
  • 快適化改造計画 給水システムの改良 (3)
  • 昼休みの間に、本当は今週の車中泊キャンプで実施する予定だった給水システムのテストをしました。今回の改良で二つの清水タンクの両方に給水ホースを繋いだのですが水道の水の出が気になります。もし不調なら給水ポンプをシンクの下からタンクの側に移設するつもりですが、その場合は手元スイッチを取り付けてあるため、その配線も変更しなければならず露出配線で余り格好良くありません…出来れば避けたいと考えています。さて、 [続きを読む]
  • 学校橋河原で久し振りのキャンプ
  • 久し振りの車中泊キャンプしようと計画していたのですが、荷物を積み込み出発する段になってキャンパーに付けたリア左側のコンビネーションランプが点灯しないことに気が付きました。キャンパーシェルをベーストレーラーに積み込み再連結したのは物凄く寒い時期だったので、作業がかなりいい加減だったようです。多分アースの接続不良かと昼から二時間ほど対策をしてみましたが全く効果なしです。拉致があかないのでキャンピングト [続きを読む]
  • 快適化改造計画 給水システムの改良 (2)
  • このプロジェクトで何をしようとしているのか纏めて見ました。一年前の昨年4月に給水システムを変更して清水タンクも車体後部に移設しました。これにより水を積んだ状態でもヒッチ荷重を改善するのが目的だったのですが、一つ問題がありました。それは、ポンプの位置が従来通りシンクの下に取り付けたまま変更していなかったのでポンプと清水タンクの間が空いてしまい、水の出が余り良くないのと、その関連で負荷が大きいポンプの [続きを読む]
  • 快適化改造計画 収納スペースの改善 (1)
  • 実施前から分かっていましたが、左側のベンチを固定から可動式に変えたので収納スペースが圧倒的に少なくなりました。そのため収納の工夫をして行こうと思っています。細々とした作業ですが、今後も適宜報告させて頂きます。今日はタオル掛けと屋根下の収納場所としてネットを取り付けて見ました。先ずタオル掛けですが、一応シンクの引き出しの取手を兼ねた布巾掛けはありますが、お風呂のタオルなどをかける場所がなく困っていた [続きを読む]
  • 快適化改造計画 給水システムの改良 (1)
  • 先日、今後の改造計画で触れた「給水システムの改良」ですが、先ずは暫く使っていなかったので清水タンクの清掃をしたいと思います。最初にタンク置場の蓋を外して…外部からの給水管も外します。給水ポンプに繋がるコネクターを外し、更に給水バルブを閉めます。少しだけ水が溢れましたが問題ありません。無事、キャンパーシェル外に取り出せました。次に、キッチンで内部を丁寧に洗って綺麗に濯ぎます。取り敢えず、清水タンクの [続きを読む]
  • 今後の改造計画
  • 自作キャンピングトレーラー の運用を2016/8に開始して1年9ヶ月ですが、その中で使い勝手や利便性を追求して、これまで改造を続けて来ています。実際に使うことよりも作る方が好きかも知れませんし、知人からも時々そんな風にからかわれます。一昨日、総括させて頂いたように昨年暮れの横転事故等による損傷を中心に修理作業、そして併せて快適化のための改造作業を続けてきましたが、現時点ではある意味ひと段落となりました。未 [続きを読む]
  • キャンパーシェル修理 ドア網戸の改良 (3)
  • 網戸の開閉については大分改善しましたが、ドア網戸の上の方に大きな隙間が空いています。その他、細かなところ含めて、もう一つ工夫してみたいと思います。先ず、カーテンレールの取り付けですが、上の方の隙間が小さくなるように、ステーを使わずドア枠の上に直付けしてみます。ステーを外して…カーテンレールがドア枠に収まるようにカットします。また、折角追加で取り付けたカーテン網戸の上の磁石を邪魔しているカーテンフッ [続きを読む]
  • キャンパーシェル修理 ドア網戸の改良 (2)
  • 一昨日の続きですが、ドア網戸を使いやすく改良します。先ず、隙間のあく上の方にマグネットを追加します。合わせ部分の当たりはかなり良くなりました。更に、合わせ部分をカバーするフラップを作り本体に縫い付けます。左右の合わせ目にベルクロテープを取り付け、磁石だけではどうしても開いてしまう部分をカバーします。そして、カーテンレールに取り付けるフックを準備して…それを取り付けるための布をカーテン上部に縫い付け [続きを読む]
  • キャンパーシェル改造の総括
  • 今回の改造は昨年の春に続き二回目の大掛かりな改造作業でした。決算や税務処理のため半ばで二ヶ月ほど中断しましたが、昨年末から実施した一連の修理・改造作業に関して、従来と何が変わったかを今回改めて纏めてみたいと思います。1) 屋根の天幕材更新関連 ①軽量化 横転事故の修理に併せて天幕材を防炎シートからテント生地に変更した。幕の重さが1.9kgから300g弱に低減、僅かではあるが減量となった。また、破風板を取り [続きを読む]
  • キャンパーシェル修理 ドア網戸の改良 (1)
  • 先日仮付けして見たカーテン式網戸は少し気になったところがあります。ドアが小さいのでカーテン網戸の丈が短く幅も狭いために、ドア枠に固定すると大変窮屈で出入りする度にカーテンが引きつってしまい場合によってはドア枠から取れてしまう可能性があるのです。また、左右のカーテンの合わせが悪く上の方が少し隙間が空いてしまいます。この二点を改善したいと思います。午前中の仕事の序でに、近所の100円ショップで必要になり [続きを読む]
  • キャンパーシェル修理 新しい天幕材の取り付け (2)
  • 天気予報によると今日の昼前後から雨模様とのことだったので、早朝6時半から作業を再開しました。どんよりとした曇り空でいつ雨が降ってもおかしくない空模様です。急いで作業を進めます。最初に屋根側から取り付けますが、防水UVシートの下に横側からアルミの押え金具で取り付けて行きます。一旦防水シートを取り外して…防水シートの下に現れた緩衝用ラバーベルトの上に両面テープで仮付けしてからビスで取り付けます。そして、 [続きを読む]
  • キャンパーシェル修理 新しい天幕材の取り付け (1)
  • 今日は風がそれほど強くなかったので、仕事が終わった後の夕方5時半頃から作業を開始しました。昨晩完成した新しい天幕材の取り付け作業です。先ずは、現在取り付けてある防炎シート製の天幕材を取り外します。大凡順調に作業は進みましたが、最終段階でポップアップ屋根の支点側の押えが上手く外せないことが分かりました。と言うのも、以前は屋根の周りに破風板があったため一旦上方に動かしてから開く動きをする多関節の特殊な [続きを読む]
  • キャンパーシェル修理 天幕材更新 (11)
  • 午前中の作業の続きです。残り三箇所の窓の周囲にシームレステープを融着させて防水加工を施します。最初に生地が小さくて扱い易い妻側の二つ目の三角形です。融着温度が分かっているので比較的簡単です。そして、側面の大きな生地を相手に…次の作業は、最後に三つのパートを縫い合わせ一つにします。また、布地と格闘しながらの作業になります。…窓の周囲に加えて延長して繋いである部分も防水加工します。最後に、これら三つの [続きを読む]
  • キャンパーシェル修理 天幕材更新 (10)
  • 今日は朝から久し振りの晴天で、湿度も低く清々しいお天気です。病院下の公園の緑が濃く目に沁みます。さて、今日は一日病院での検査ですが朝の診療が早目に終わったので、一旦家に戻り早速作業を始めたいと思います。最終的に、この三つの部品を縫い合わせて繋げるのですが、その前に大事な作業があります。それは、縫い目の防水加工です。繋げてしまうと大変なので、バラバラの内にシームレステープとシームグリップを使って加工 [続きを読む]
  • キャンパーシェル修理 天幕材更新 (9)
  • 仕事で時間がなかなか取れないのと加工の工程が想定以上に時間がかかるため、計画より三日以上進捗が遅れています。…と言うことで、日程挽回のため今晩は少し夜なべ仕事をしました。先程、窓カバーと本体側にベルクロテープを縫い付けましたが…今度は窓カバーを本体に縫い付けますが、結構な大きさの布地なので場所によっては縫い難い部分もあり、布地と格闘しながら作業が続きます。先ず、側面を加工して…次に、妻側の三角形の [続きを読む]