ミトラ さん プロフィール

  •  
ミトラさん: ミトランブログ 古墳と日常
ハンドル名ミトラ さん
ブログタイトルミトランブログ 古墳と日常
ブログURLhttp://www.mitrablog.com/
サイト紹介文古墳、旅、投資、食べ物、話題のできごと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供333回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2016/04/02 01:26

ミトラ さんのブログ記事

  • 十津川村の谷瀬地区
  • 吊り橋の向こう側へ十津川を渡って谷瀬の吊り橋の反対側(西側)に出ると谷瀬地区に出ます。栄えている東側は上野地地区で、郵便局や派出所や美容室や旅館、商店もありました。谷瀬には観光シーズンだけ、吊り橋の横に商店があるが、あとは傾斜に農地と農家があるだけです、谷瀬地区では「かかし」や水車で観光客サービスをしているが、観光客が来るメリットは良く分からない。上野地地区と違って土産物屋や旅館などはなく、観光 [続きを読む]
  • 谷瀬の吊り橋と谷瀬地区(十津川村)
  • 谷瀬地区を見て回る9月2日に十津川村を目指して国道168号線を南下したが、例によって途中の集落などに寄り道して進まない。旧大塔村の辻堂や宇井、清水地区を通ってやっと中間目標の「谷瀬の吊り橋」がある谷瀬地区に来ました。朝の9時30頃だったが観光客がちらほら居て、数人ずつ橋を渡っていました。吊り橋を渡る気はないので集落を歩いてみると、古い地割りが残されている。平地が少ないので石垣を積んで坂の上に立てている家 [続きを読む]
  • 十津川村へ 宇井から清水橋へ
  • これは清水橋宇井と清水橋五條市大塔村の辻堂という集落を出て国道168号線を十津川村方面に進むと宇井という集落があります。駐在所や老人ホームの他は小さな農地や建設会社の資材置き場があるだけですが、数十件の住宅がかたまっています。清水橋という吊り橋が天ノ川にかかっていて、床部分が板張りなので見た目が古風でスリル感がある。宇井の先は大塔温泉で大きなホテルがあり、向こう岸には清水という集落がある。国道168号 [続きを読む]
  • 五條市大塔村辻堂のダムと集落
  • 砂防ダム下の村9月初めに十津川村にバイクで出かけ、最初の予定では一番奥まで行く予定でした。だが走っていると例によって気になる場所でうろうろし始め、グダグダになっていきます。9月4日には台風21号が直撃し、6日には北海道で地震が起きますが、この時は台風前の晴れ間でした。国道168号線沿いの「道の駅 吉野路大塔」を過ぎて猿谷ダムも過ぎると左側に小さな集落が見えてきます。五條市に合併する前の大塔村辻堂地区で、郵 [続きを読む]
  • 写真の本を買いましたが
  • 光がない場所で色は撮れない買ったのはアイドルの写真集ではなく写真の構図解説の本で、中古なので送料込み2冊で1000円でした。カメラをコンデジのIXY640から高級コンデジRX100に買い替えて、今までより鮮明な写真になりました。今までは「写っている」だけで満足だったのが写真が鮮明になるとアラが目立ちます。「ハイビジョンになって皺が目立つようになった」と言った女優がいましたが、それと同じ原理です。以前から困ってい [続きを読む]
  • 林道せの谷線(河内長野市)を走る
  • アブの猛攻撃をかいくぐる今回も林道で大阪府河内長野市の「林道せの谷線」という道です。行ったのは8月29日でしたが最高気温はまだ35度で、この頃には疲労が溜まって日中遠くまで行く気力がなくなってきました。7月の最初のころは気温35度でも琵琶湖とか京都の山の方まで行っていましたが、大阪府内で済ませるようになりました。大阪から奈良にはどこを通っても山越えですが、国道310号線の大阪側になります。この辺りに林道は [続きを読む]
  • 葛城山周辺をうろうろ
  • 葛城山登山道から金剛山を見る水越峠は通行止め林道ウスイ谷線を出て奈良側に少し移動すると、葛城登山口バス停があり集落を通って山に入ります。そのまま細い道を抜けると葛城山への登山道になっていて、途中で階段になっていたのでバイクでは走れませんでした。虫が居なくなったころにこの辺の山を登ってみたいと思っています。調べて見ると金剛山、葛城山、二上山とつながっている山々は、どれも片道1時間ほどで山頂に着くよ [続きを読む]
  • 林道ウスイ谷線(千早赤阪村)を走る
  • 虫は暑さに弱いのか直射日光が当たる場所では少ない夏の林道は虫との闘い8月終わりに大阪千早赤阪村の林道ウスイ谷線を走りました。国道309号線を大阪側から奈良側に進み、グーグルマップで「ビューティードア」という会社がある場所から入ります。このビューティードアは国道にハートマークの看板があって、少し気になるポイントです。例によって暑さを避けるため6時ごろ出発し7時前に林道に入りました。7月からずっとこのパタ [続きを読む]
  • 奈良県平郡の農村めぐり避暑ツーリング
  • 朝8時ごろ、大阪は既に地獄だが奈良県側は涼しい3時間だけ灼熱の大阪脱出8月22日に奈良県の平郡という場所に行ってきました。ここは前に書いたフラワーロードがある場所で、周りが山や農地なので割と涼しいです。この日は大阪で今年の最高気温38度を記録し、10時にはもう立っていられないほどの暑さでした。5時半に起きて6時に出発しましたが、大阪市内は6時にすでに暑くなりかけていました。市内を出て大和川を奈良側に上ると [続きを読む]
  • 滝畑ダム周辺を探索3(神社とバーベキュー場)
  • ダム湖の神社滝畑ダムの中間あたりの藁ぶき民家「滝畑ふるさと文化財の森センター」を下りて上流に進むと神社があります。府道61号線わきに目立つ鳥居が建っていて、階段を上がって行くと天神社という神社があります。上がって行く階段からはダム湖が見えて綺麗ですが、樹木が成長したため上に上がると隠れてしまいます。例によって創建は不明で1300年代に最初の記録があり、以前は大梵天王社という名前だった。神社はダムに沈 [続きを読む]
  • 滝畑ダム周辺を探索2(藁ぶきの民家)
  • 藁ぶき民家はお勧め滝畑ダム沿い道路の真ん中あたりに、上に上がる道があり「藁ぶき民家入場無料」と書かれていたので上がってみました。ダム周辺で上に上がる道は、ダムを見下ろせることが多いので、何もなくても上がる価値ありです。坂の突き当りは「滝畑ふるさと文化財の森センター」という場所になっていて確かに古い藁ぶき民家が保存されていました。しかも民家の中に入ると「どうぞお上がりください」と書かれていて、中で [続きを読む]
  • 滝畑ダム周辺を探索(河内長野市)
  • 幽霊のメッカ?お盆過ぎに大阪府河内長野市の滝畑ダムに行き周辺の集落などを見てきました。例によってコンクリートの放射熱を避けるため、近くで山奥の条件を満たす場所を選びました。河内長野市は平野部は都市化しているが大部分は山間地で「村」と言ってよく、ダム周辺は以前は村でした。どうせなら山道を通ろうと思い府道221号線で岩湧山の峠越えをしました。府道とはいうものの林道のようになっていて、途中は自動車のすれ [続きを読む]
  • 千早赤阪の林道足谷線を走る
  • 豊かな山村お盆頃に千早赤阪の集落から林道足谷線を走ってきました。この頃は連日37度以上で奈良県側まで行く気力がなくなってきて、近場を走るようになっていました。カメラをソニーRX100に変えたので、森の中の暗い場所で試したかったというテストの意味もありました。前のカメラは森の中が苦手で、暗い場所を勝手に補正して明るくしてしまい、全部白ボケになっていました。千早赤阪は奈良県南部の山村に比べると廃屋はほとん [続きを読む]
  • 宇陀市慶恩寺の盛り地蔵
  • 山のように地蔵たちを盛ってある100円を拾い地蔵に渡す12時過ぎに道の駅 宇陀路大宇陀について団子などを買い、暑いのですぐ大阪に戻るべきだったが、ここでまた悪い癖が出た。道の駅には古い民家が並ぶ通りの絵が書かれていて、すぐ近くに実在するらしい。「どうせ帰り道だし」(まったく反対方向)と思い寄り道して「重要伝統的建造物群保存地区 松山」を通りました。ここは明治以前からの建物を保存したり移築したようで、綺 [続きを読む]
  • 宇陀市を訪問 田園風景などを撮る
  • 寄り道して花とかを撮り、その後灼熱地獄に叩き込まれるうだる暑さで宇陀(うだ)市へ最高気温が連日35度以上だったお盆前に宇陀市に行ってきましたが、最初は山間地や鉱山跡や遺跡にも行こうと考えました。だが6時に出発しても到着は8時過ぎと予想でき、すぐ帰っても大阪に戻るのは11時ごろです。そのころには気温35度+放射熱+コンクリートの蓄熱で合計50度になると有り難い気象庁が予想していました。気象庁が測っているのは [続きを読む]
  • ネットで文章を書いていると攻撃的になる
  • 話題になったACジャパンのCMも、ネット炎上を批判して注目を集めている画像引用:https://pbs.twimg.com/media/DEGCCztUAAA6Sv6.jpgネットの99%はヘイトスピーチネットで文章を書くのに「元ネタ」を探してよく巡回しますが、大手であれ個人であれ内容の99%は何かを批判しています。大手のニュースサイトでも個人でも対象がなんであれ、まず「敵」を設定してそいつをやっつけるスタイルが多い。敵はなんでも良いのだが、 [続きを読む]
  • カメラをIYYからRX100に買い替えた結果
  • 上がRX100で下がIXY640おまかせでシャッターを押した写真ソニーRX100無印は超お買い得8月にカメラをキヤノンIXY640からソニーRX100に買い替えて今回のブログから新カメラになります。IXY640は中古を1万円で買って1年以上使いましたが、限界が見えてきていました。室内で料理を撮ったり晴れた日の風景写真は良いんですが、曇りや日陰だと悲惨な出来具合になっていました。曇りだと画面全体がぼんやりしてしまうし、森の中では妙に [続きを読む]
  • 再びフラワーロードを走る 奈良県生駒郡
  • 暑さを避け近場でツーリング以前奈良県生駒郡のフラワーロードを走りましたが、良さそうな場所に再度訪問しました。というより本当は日中の暑い時間を避けるために、大阪市から短時間で行ける場所を選びました。生駒郡平群町あたりは2時間以内で行けて周囲は山と畑の田舎なので、アスファルトやコンクリやガラスの照り返しを受けない。標高はあまり高くないし日陰も少ないが、大阪市内にくらべれば涼しいのです。まず東大阪市か [続きを読む]
  • 黒滝村奥地の集落 中戸地区
  • 水難を恐れて不便な土地に住んだ人々黒滝村の河分神社は名前の通り川の分岐点で、右側の県道48号は神社わきの集落の中を通ります。乗用車がやっと通れるほどの道幅で、道沿いには黒滝川に合流する細い川が流れている。集落の長さは200mほどしかなく、道はすぐ杉林になって森林地帯に続いている。山に囲まれているので集落の幅も狭く、しかも川があるので増水したら冠水してしまう。もっと数百メートル下流側には平地があるの [続きを読む]
  • 黒滝村の河分神社は戦前の面影残る
  • 時代から取り残された神社黒滝村の河分神社は役場や学校がある場所より奥地にあり、昔はその辺が中心部だったのではと想像します。川と山に挟まれた狭い場所に、とりつくように数十件の民家があるが、半数ほどは空き家です。明治以前は神職5人がいたそうですが現在は無人で、15世紀以前の歴史は分からなくなっている。林業や炭つくりが盛んだった頃が黒滝村の全盛期で、木材や炭は高値で売れました。しかし明治維新後は石炭や石 [続きを読む]
  • 黒滝村に再訪問 ミステリースポット多し
  • 黒滝村は謎スポット多い前回黒滝村に行ったときに気になるスポットがいくつか在ったので、8月に再訪問しました。国道309号線で「道の駅 吉野路黒滝」に行き県道138号線に曲がり、村役場から県道48号線に曲がりました。前回は天川村から黒滝村にに入って国道309号線で帰ったので、ちょうど逆回りになります。8月に入ると暑さが最大の問題になっていて、なんと4時50分ごろ出発して涼しいうちに帰る作戦を建てました。ですがちょっ [続きを読む]
  • 西吉野の山中を走る
  • 台風12号をぬってツーリング台風12号が日本を駆け抜けた7月末、晴れ間をぬって西吉野の山間部に行ってきました。予報では雨は降らない筈だったが金剛山を超える309号線で土砂降りになり、トンネル内の待避所で休憩しました。突然雨が降るのも考えて奥地には入らず、平野部に近い西吉野方面を選んだ。御所市から一の木ダムを通り、以前行ったことがある西吉野で別ルートを探した。適当に山中を走っていると「西吉野小中学校」とい [続きを読む]
  • 奈良フラワーロードを走る
  • 信貴山から暗峠付近に続く奈良県の三郷町から生駒市にかけての約7キロの道路はフラワーロードと呼ばれている。季節になると花が咲くからだと思いますが、今回この道を選んだのは大阪から比較的近いからです。7月終わりになると連日37度以上になり午前10時には耐えがたいほどの高温になります。なので行き帰りを計算すると大阪市から1時間で行ける範囲に行動が限られてしまう。奈良県の西側は大阪市中心部から1時間半ほどなので、 [続きを読む]
  • 谷奥深から富貴、桑原垣内に行く
  • 桑原垣内富貴から桑原垣内谷奥深から県道732号線に戻って南に進むと富貴という地区にでますが、この周辺では最大の集落です。といっても簡易郵便局すらないのだが、商店や学校や駐在所など多くの施設が揃っている。富貴はゲストハウスが多く、周辺を観光する拠点にするのに良い。富貴の先を山側に曲がると桑原垣内という地区があり、ゲームの箱庭のような棚田風景が広がっている。アルプスの少女ハイジとかが歩いていそうだった [続きを読む]
  • 谷奥深は谷の奥深くだった
  • 山中に孤立する家奈良県の県道732号線を通って五條市から野迫川村に行ったとき、山の向こうにある建物が気になりました。山は樹木に覆われて道路がないように見え、周囲から孤立してポツポツと家が建っていました。あそこはいったいどんな場所で、どんな状況なのか後日確かめることにしました。県道732号線は奈良県ですが一部が和歌山県高野町になっていて、見た場所はどうも和歌山側のようでした。奈良県側の県道ですら限界に近 [続きを読む]