種村威史 さん プロフィール

  •  
種村威史さん: 歴史研究者の雑感記録
ハンドル名種村威史 さん
ブログタイトル歴史研究者の雑感記録
ブログURLhttps://ameblo.jp/takashi-x11r/
サイト紹介文江戸時代を研究する過程で、発見したこぼれ話や、当方担当の講座の告知などをするものです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/04/02 21:36

種村威史 さんのブログ記事

  • 必ず誰かが見てくれてます
  • 以下の記事。まだまだ、こういう人と人との繋がりが残っている。そんなうちは人間社会は安泰です。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000007-kobenext-l28 ちなみに、私の経験。勉強に熱心だったけれど、しかし満足に本も買えないくらいな時期がありました。 そんな自分を見ていた、足長おじさんが、ある時、多額の無償の奨学金をくださりました。 そんなことがあり、必要な文献の購入が出来、さらには史料調査に [続きを読む]
  • 【駅そば愛好会 活動報告】田舎そば かさい さんで食べた
  • 東京は中央線、中野駅北口前の「田舎そば かさい」の田舎そば大盛。太目の田舎麺、適度に辛口の味わい深い汁、途中でかければ最高な味変になる、備え付け生姜。なにからなにまで最高です。ワンオペですべて店を切り回す店主さん(笑)。定員は、カウンターのみ7人。...自分の両手が広がる範囲でお客様をもてなす、という何気ない、店主の心遣いが伝わります(*´∀`)♪ 私にとっては、ここのお蕎麦を頂くことは、最高の贅沢なのです( [続きを読む]
  • 【古文書インストラクターの呟き】
  • 私は複数のカルチャーセンターや市民講座で古文書講座をしております。で、受講生の感想で、先生の講座は面白い、古文書解読だけでなく、歴史の話を聞けるのが楽しい、説明が丁寧、と仰っていただくことが、ままあります。勿論、予習は自分なりにし、かつ、自分のこれまでの研究成果を取り込むようにしていますが、講座の進め方は、基本は、大学、大学院でお世話になった、指導教官のやり方と一緒。くずし字を読みとき、一字一句 [続きを読む]
  • 【昨日の食事】府中市の東秀さんと、餃子の王将さんで食べた
  • 昨日は府中市でお仕事。その昼食と帰りの夕食、中華(?)料理三昧でした。 昼は府中市の大国魂神社近くの「東秀」さんで、生姜焼き定食(630円+税)を。生姜焼き、甘くていいよなぁ。幸せな気分になれます。腹八分目にはちょうど良いボリュームでした。 夜は、仕事帰り、府中本町駅前の「餃子の王将」さんで夕食。実は、初めての王将体験でした。まず、餃子6個を頼み食す、あっさりしていて、こういう餃子も良いなぁと。で、本 [続きを読む]
  • 【一昨日の夕食】会津喜多方ラーメン 小法師 渋谷並木橋店 で食べた
  • 一昨日は、午前は、蕨市の学びあいカレッジの方々と、古地図を見ながら、三田〜高輪辺りを巡見。長松寺や細川邸跡、泉岳寺などのスポットも訪問しました。道や寺院街など、古地図通りなところも多く残るところで、ちょっとした江戸散策にはよいかも。ただし、坂はけっこうありますよ。2時間程度の巡見、楽しく歩けました。 午後は、渋谷の母校の図書館で、ちょっとお仕事。その後、母校の近くの、標記店でC定食で夕食。ラーメン [続きを読む]
  • 【食事ネタ】また日高屋さんで食べた
  • 昨日は、流山市立博物館の古文書講座ののち、お腹がやたらと空いたので、新松戸駅前にて… 日高屋さんにて、夕食を。朝、昼兼用でおにぎり2個しか食べてなかったしね。気分が良かったので、まずキムチや枝豆をツマミにビールや熱燗を。で、食事は、初のダブル餃子定食(ご飯大盛、620円)+味噌ラーメン(500円)。ダブル餃子定食には唐揚げ2個のサービス。 いゃ、食い応えありました…。大盛ご飯、何気に量ありますね。 お料理が [続きを読む]
  • 【講座はじまりました!】流山市立博物館の古文書講座
  • 前年度に引き続き、今年度も担当します。で、今日が今年度、初講座。 、何でも、申し込み開始日即日に、定員を満たし、申し込み終了とか( ; ゜Д゜)今年度は、前期4回は近世前期の幕政や社会を垣間見ることができる、後期4回は、現流山市域に残る、それぞれの古文書を解読します。で、本日が初日。鎖国令を読みながら、幕府の対外感や対外貿易の具体像を学ぶ、との目的でしたが、半分くらいしか読めず、次回に繰り越し…。最初な [続きを読む]
  • 【食事ネタ】一度復活すると…
  • 現金なもので胃の消化が活発になり、かつ容量が拡大するのだろうか。あれだけ食べても、深夜にお腹がすきだし、グゥーグゥー、とお腹がなるとか…( ´△`) 吉牛の牛丼、特盛とか、お鮨、何十貫とか欲しいわよ…、とかお腹がいっているわけです…( ´△`)あいにく、あなたを喜ばせる時間でもないし、そんな経済力もないのよ…わたしゃ…、と心で反芻すると、胃が落ち込んでいるのが、まるわかり(T_T)これ、喜ぶことでもあれ、 [続きを読む]
  • 【食事ネタ】わたしゃ、フードファイター?
  • 一時期(割りと長期間)、全くなかった(食べることができない日々もあった)食欲を取り戻しつつあります。で、一昨日と昨日は、仕事帰り、遅い昼食兼夕食を兼ねて、「熱烈中華食堂、日高屋」さんへ。一昨日は半チャーハン+餃子セット(味噌ラーメン込み、計970円)を、昨日は生姜焼き定食(ご飯大盛、700円)に中華そば(390円)。私は、割りに早食いな癖があるので、両者とも、完食するのに、10分かからない。で、私が食べてい [続きを読む]
  • 【高校野球ネタ】吉田輝星投手のこと
  • 進路がなかなか決まらない、吉田投手。私は、プロに行くべきだと思います。実力、才能。高校として一級品なのは間違いありません。ルックスなどからスター性はもちろんですが…。変化球や、考えた投球のペース配分も良いが…なにより。あの打者の浮き上がるストレート。あれで観客を大興奮に誘う高校生投手、最近では、そういないでしょう。あくまで個人的な希望。吉田投手には、大学に進学し、実績を稼いでからよりも、一早くプ [続きを読む]
  • 【拡散大希望】十六世紀史研究学会のご案内
  • 以下、研究者仲間の渡邊大門さんの研究会のご案内です。お時間があれば是非!ホッとな若手研究者による、ホッとな研究報告です。なお、周囲にご興味の方、いらっやいましたら、拡散くださいませ。(以下渡邊氏の案内文) 【これだけ全員リツイートしてください!】十六世紀史研究学会のご案内。日時:2018年7月28日(土)15時00分、場所:市川市男女共同参画センター 研修室E、報告者:岩田康志氏、タイトル:「戦国大名今川家 [続きを読む]
  • みなさま、ご自愛を
  • 震災、豪雨、猛暑・・・さまざまな自然の脅威が、我々を一気におそっている、この7月。夏風邪も罹患も見られるようです・・・。みなが協力し対応できることは、協力し合い、なんとか乗り越えていきたいものです。そして、まずは、みなさま、ご自愛を。このうち続く猛暑ですから、無理のないようなご活動、祈念しております。 [続きを読む]
  • 【近世史研究余禄〜江戸時代の土佐の名物〜】
  • 1.、山内家の書状を読んでいると、近世の江戸時代初期のものに 「酒盗(しゅとう)」 という言葉が出てきます。 言うまでもなく、我々が大好きな、鰹の腸を和えた酒のつまみ。国許より江戸藩邸に送ったりしていたようです。 ちなみに、Wikipediaの「酒盗」の項では、「正徳2年(1712年)頃の出版とされる百科事典、和漢三才図会にすでに酒盗という名称がみられる。」と記述していますが、山内家の書状での記述は、これより相当、遡る [続きを読む]
  • 【近世史研究余禄〜土佐の宝永大地震と記憶・記録〜】
  • 記録に残る大地震のうちでも、最大級とされる、宝永4年(1707)10月の南海沖の大地震(宝永の大地震)・ 数年前、高知の旧土佐山内家宝物資料館(源 高知県立高知城歴史博物館)にて、震災関係のとある記録を閲覧していて。 その大地震と津波は、白鳳時代以来の大災害と認識されていた記録を発見。相当な衝撃だったんですね。 しかし、あのなぁ…土佐は本来、石高、50万石余だったが、白鳳時代の震災により、30万石余りが損耗し [続きを読む]
  • 【近世史研究余録〜江戸時代の殿様のはなし〜】
  • 土佐藩二代藩主 山内忠義って、いかにも、初期の殿様らしく、なかなか豪快な人なよう。特に酒の話題には事欠かない。例えば、 ・大名たちと飲み会やって(江戸城うちだったかな)あげくの末に、ひっくりがえり、高いびき・これもどこかの席で、飲んだ末に、豪快にもどしちゃって。で、そのブツを小姓が口ですすって処理したというオチ( ; ゜Д゜)・国許家老には、たまに、これからはひかえますよっと( ´△`) などと、わざとらし [続きを読む]