NOB さん プロフィール

  •  
NOBさん: NOBのArduino日記
ハンドル名NOB さん
ブログタイトルNOBのArduino日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/nobita_rx7
サイト紹介文Arduinoを中心とした電子工作とバイク(WR250X)・ラジコン(CR−01)のブログです
自由文私の趣味変遷(バイク、車、自転車、ラジコン、電子工作が入り混じってます)
○ビーノ→ジャズ→ビート→カプチーノ→タミヤラジコン→エブリィ→ジムニー→バンディット400V→スターレットグランツァS→101トレノ→ランサーターボ→VMAX→エブリィ→ジャイアントMTB→ゲーリーフィッシャーMTB→ミニベロ→スコットロードレーサー→KDX125→WR250X→CR-Z→散歩→タミヤCR-01で散歩→Arduino でラジコン制御→電子工作(←今ココ)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供384回 / 365日(平均7.4回/週) - 参加 2016/04/03 09:16

NOB さんのブログ記事

  • Processing(SerialLibraryes:last関数の使い方)
  • SerialLibraryes:last関数 Serialライブラリ※1のlast関数は、受信した最後のバイトを返します。使用可能なものがない場合は-1を返します。以下補足です※1:シリアルライブラリは、一度に1バイトずつ外部デバイスとの間でデータの読み書きを行います。このライブラリは、カスタムマイクロコントローラデバイスと通信し、それらを処理プログラムの入力または出力として使用する柔軟性を備えています。シリアルポートは、多くのPC上 [続きを読む]
  • 動物園!その1
  • 息子と二人で動物園に行って来ました!「ジェフロイクモザル」器用なシッポですねインコ突然のジャンプ密林って感じです鴨猿山マナヅルハゴロモツルライオン!アジアゾウ20年?ぶりの動物園でテンション上がってしまいました励みになりますのでよければ 下さい(^o^)/?目次に戻る [続きを読む]
  • Processing(SerialLibraryes:bufferUntil関数の使い方)
  • SerialLibraryes:bufferUntil関数 Serialライブラリ※1のbufferUntil関数は、serialEvent関数を呼び出す前まで、特定のバイトをバッファに設定します。以下補足です※1:シリアルライブラリは、一度に1バイトずつ外部デバイスとの間でデータの読み書きを行います。このライブラリは、カスタムマイクロコントローラデバイスと通信し、それらを処理プログラムの入力または出力として使用する柔軟性を備えています。シリアルポートは [続きを読む]
  • Processing(SerialLibraryes:buffer関数の使い方)
  • SerialLibraryes:buffer関数 Serialライブラリ※1のbuffer関数は、serialEvent関数を呼び出す前にバッファリングするバイト数を設定します。以下補足です※1:シリアルライブラリは、一度に1バイトずつ外部デバイスとの間でデータの読み書きを行います。このライブラリは、カスタムマイクロコントローラデバイスと通信し、それらを処理プログラムの入力または出力として使用する柔軟性を備えています。シリアルポートは、多くのPC [続きを読む]
  • Processing(SerialLibraryes:readBytesUntil関数の使い方)
  • SerialLibraryes:readBytesUntil関数 Serialライブラリ※1のreadBytesUntil関数は、ポートから、特定の文字までのバイトのバッファに読み込みます。 文字がバッファにない場合、nullが返されます。 byteBufferパラメータを持たないバージョンでは、興味のあるバイトまでのすべてのデータのバイト配列が返されます。 これは効率的ではありませんが、使いやすいです。 byteBufferパラメータを持つバージョンは、メモリと時間効率が向 [続きを読む]
  • Processing(SerialLibraryes:readStringUntil関数の使い方)
  • SerialLibraryes:readStringUntil関数 Serialライブラリ※1のreadStringUntil関数は、readBytesUntil関数とreadString関数の組み合わせで文字列を返します。 探しているものが見つからない場合はnullを返します。以下補足です※1:シリアルライブラリは、一度に1バイトずつ外部デバイスとの間でデータの読み書きを行います。このライブラリは、カスタムマイクロコントローラデバイスと通信し、それらを処理プログラムの入力または [続きを読む]
  • Processing(SerialLibraryes:readString関数の使い方)
  • SerialLibraryes:readString関数 Serialライブラリ※1のreadString関数は、バッファからすべてのデータをStringとして返します。 使用可能なものがない場合はnullを返します。 このメソッドは、入力文字がASCIIであることを前提としています。 Unicodeデータを転送する場合は、最初に文字列を選択した表現(つまりUTF8または2バイトのUnicodeデータ)でバイトストリームに変換し、バイト配列として送信します。以下補足です※1:シ [続きを読む]
  • Processing(SerialLibraryes:list関数の使い方)
  • SerialLibraryes:list関数 Serialライブラリ※1のlist関数は、使用可能なすべてのシリアルポートのリストを取得します。 println関数を使用して情報をテキストウィンドウに書き込みます。以下補足です※1:シリアルライブラリは、一度に1バイトずつ外部デバイスとの間でデータの読み書きを行います。このライブラリは、カスタムマイクロコントローラデバイスと通信し、それらを処理プログラムの入力または出力として使用する柔軟性 [続きを読む]
  • Processing(SerialLibraryes:clear関数の使い方)
  • SerialLibraryes:clear関数 Serialライブラリ※1のclear関数は、バイト、文字、int、バイト[]、文字列をシリアルポートに書き込みます。以下補足です※1:シリアルライブラリは、一度に1バイトずつ外部デバイスとの間でデータの読み書きを行います。このライブラリは、カスタムマイクロコントローラデバイスと通信し、それらを処理プログラムの入力または出力として使用する柔軟性を備えています。シリアルポートは、多くのPC上に [続きを読む]
  • Processing(SerialLibraryes:write関数の使い方)
  • SerialLibraryes:write関数 Serialライブラリ※1のwrite関数は、バイト、文字、int、バイト[]、文字列をシリアルポートに書き込みます。以下補足です※1:シリアルライブラリは、一度に1バイトずつ外部デバイスとの間でデータの読み書きを行います。このライブラリは、カスタムマイクロコントローラデバイスと通信し、それらを処理プログラムの入力または出力として使用する柔軟性を備えています。シリアルポートは、多くのPC上に [続きを読む]
  • Processing(SerialLibraryes:stop関数の使い方)
  • SerialLibraryes:stop関数 Serialライブラリ※1のstop関数は、このポートのデータ通信を停止します。 シリアルを終了したら接続をシャットダウンするのに使用します。以下補足です※1:シリアルライブラリは、一度に1バイトずつ外部デバイスとの間でデータの読み書きを行います。このライブラリは、カスタムマイクロコントローラデバイスと通信し、それらを処理プログラムの入力または出力として使用する柔軟性を備えています。シ [続きを読む]
  • Processing(SerialLibraryes:readBytes関数の使い方)
  • SerialLibraryes:readBytes関数 Serialライブラリ※1のreadBytes関数は、バッファからバイトのグループを読み込み、使用できない場合はnullを読み取ります。 パラメータを持たないバージョンでは、バッファ内のすべてのデータのバイト配列が返されます。 これは効率的ではありませんが、使いやすいです。 byteBufferパラメータを持つバージョンは、メモリと時間効率が向上しています。 バッファ内のデータを取得し、渡されたバイト [続きを読む]
  • Processing(SerialLibraryes:readStringUntil関数の使い方)
  • SerialLibraryes:readStringUntil関数 Serialライブラリ※1のreadStringUntil関数は、readBytesUntil関数とreadString関数の組み合わせ。探しているものが見つからない場合はnullを返します。以下補足です※1:シリアルライブラリは、一度に1バイトずつ外部デバイスとの間でデータの読み書きを行います。このライブラリは、カスタムマイクロコントローラデバイスと通信し、それらを処理プログラムの入力または出力として使用する柔 [続きを読む]
  • Processing(SerialLibraryes:readChar関数の使い方)
  • SerialLibraryes:readChar関数 Serialライブラリ※1のreadChar関数は、バッファ内の次のバイトをcharとして返します。 何もない場合-1または「0xffff」を返します。 以下補足です※1:シリアルライブラリは、一度に1バイトずつ外部デバイスとの間でデータの読み書きを行います。このライブラリは、カスタムマイクロコントローラデバイスと通信し、それらを処理プログラムの入力または出力として使用する柔軟性を備えています。シリ [続きを読む]
  • Processing(SerialLibraryes:read関数の使い方)
  • SerialLibraryes:read関数 Serialライブラリ※1のread関数は、バッファで待機している次のバイトの0から255までの数値を返します。 バイトがない場合は-1を返しますが、データが利用可能かどうかを調べるためにavailable関数を最初にcheackingすることで回避する必要があります。 以下補足です※1:シリアルライブラリは、一度に1バイトずつ外部デバイスとの間でデータの読み書きを行います。このライブラリは、カスタムマイクロコ [続きを読む]
  • Processing(SerialLibraryes:available関数の使い方)
  • SerialLibraryes:available関数 Serialライブラリ※1のavailable関数は、使用可能なバイト数を返します。 以下補足です※1:シリアルライブラリは、一度に1バイトずつ外部デバイスとの間でデータの読み書きを行います。このライブラリは、カスタムマイクロコントローラデバイスと通信し、それらを処理プログラムの入力または出力として使用する柔軟性を備えています。シリアルポートは、多くのPC上に存在し、USB経由でエミュレート [続きを読む]
  • Processing(SerialLibraryes:Serial関数の使い方)
  • SerialLibraryes:sirial関数 Serialライブラリ※1のSerial関数は、シリアル通信プロトコルを使用してデータを送受信するためのクラスです。 以下補足です※1:シリアルライブラリは、一度に1バイトずつ外部デバイスとの間でデータの読み書きを行います。このライブラリは、カスタムマイクロコントローラデバイスと通信し、それらを処理プログラムの入力または出力として使用する柔軟性を備えています。シリアルポートは、多くのPC [続きを読む]
  • MARGセンサーから三次元姿勢推定!(Processingで3D表示?編)
  • Processing 3 先日使ったMARGセンサー(xyz角速度・xyz加速度・xyz地磁気の計9軸)から得られたデータを元に、相補フィルターの一種Madgwickフィルターを通してドローンの現在の姿勢を推定する実験中です。 得られた情報は「Processing 3」を使ってリアルタイムに3Dオブジェクトに反映させたいのですが、いきなりプログラムを作るのも大変なのでNETで検索した所「MadgwickAHRS/extras/Visualizer/Visualizer.pde」と言う少し手を加え [続きを読む]
  • Processingの使い方(色々な関数リファレンス編)
  • Processing 3 processingで使う各種関数について調べてみました! 覚える事が盛り沢山でしたプログラムの基本Arduino IDEの使い方(ダウンロードとインストール編)1. 構造() (かっこ), (カンマ). (ドット)/* */ (複数行コメント)/** */ (ドキュメントコメント)// (コメント); (セミコロン)= (割り当てる)[] (配列アクセス){} (中括弧)catchclassdraw()exit()extendsfalsefinalimplementsimportloop()newnoLoop()nullpopStyle()priva [続きを読む]
  • Processingの使い方(インストール編!)
  • Processing 3 先日使ったMARGセンサー(xyz角速度・xyz加速度・xyz地磁気の計9軸)から得られたデータを元に、相補フィルターの一種Madgwickフィルターを通してドローンの現在の姿勢をリアルタイムに推定しようと作ってますが、かれこれ2週間以上どっぷりハマってます過去最長のハマリで心が折れそうです(;_;) 今までArduinoUNOで取得したセンサー情報はEXCEL VBAでリアルタイムに視覚化(グラフ化)していましたが、正直三次元姿勢の [続きを読む]
  • EXCEL VBA(sin関数の使い方)
  • sin関数 sin関数は角度(ラジアン※1)から正弦※2を計算する三角関数※3です。 EXCEL VBAで使用するsin関数の使い方は以下の通りです。 試しにこのマクロをVBEで実行すると、図2の様にインプットボックスが表示されます。 インプットボックスに「90」度と入力し、「OK」ボタンをを するとsin(90)が計算され「1」とメッセージボックスに表示されます。Sub test() deg = InputBox("角度を入力してください") Rad = deg / [続きを読む]
  • EXCEL VBA(複数CSVファイルの連続処理マクロ)
  • 複数CSVファイルの連続処理マクロ EXCEL VBAで複数のCSVファイルをEXCELファイルに一覧化するマクロです。 複数の試験データを一覧化したり、さらにデータ処理を加えたい場合に便利です。 EXCEL VBAで使用する「複数CSVファイル連続処理」マクロを図1に示します。 図1「Sub ContinuousProcessing()」内の行にカーソルを合わせた状態でVBE「」ボタンを押すと図2の様に開くファイルを選択する画面が表示されます。 図3の様な連続処理 [続きを読む]
  • EXCEL VBA(アルファベット→数値変換関数)
  • 「アルファベット→数値」変換関数 EXCEL VBAでRange関数で指定する列記号を、Cells関数で指定する列番号に変換します。 Range関数で使用している列記号をCells関数に渡す場合に便利です。 例:「A→1」「B→2」「C→3」…「Z→26」「AA→27」 EXCEL VBAで使用する「アルファベット→数値」変換関数を図1上側に、使用例を図1下側に示します。 図1下側「Sub test()」内の行にカーソルを合わせた状態でVBE「」ボタンを押すと図2入力 [続きを読む]
  • EXCEL VBA(数値→アルファベット変換関数)
  • 「数値→アルファベット」変換関数 EXCEL VBAでCells関数で指定する列番号を、Range関数で指定する列記号に変換します。 Range関数内の列記号に変数を使用しなければならない場合は便利です。 例:「1→A」「2→B」「3→C」…「26→Z」「27→AA」 EXCEL VBAで使用する「数値→アルファベット」変換関数を図1上側に、使用例を図1下側に示します。 図1下側「Sub test()」内の行にカーソルを合わせた状態でVBE「」ボタンを押すと図2入 [続きを読む]