エイプリル さん プロフィール

  •  
エイプリルさん: 怪しい英語学習法
ハンドル名エイプリル さん
ブログタイトル怪しい英語学習法
ブログURLhttps://ameblo.jp/eigo-tips/
サイト紹介文ダイエット法と英語勉強法は、どちらも
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/04/03 21:17

エイプリル さんのブログ記事

  • コミュニケーションのための英文法
  • > 日本語で書かれた「英語学習書」でいくら勉強しても絶対に英語が使えるようにはならない!中学校や高校の英語教師は英語を使って生計を立てています。いくらマスコミから叩かれても、中学高校の英語教師は勝ち組です。安定した職業ですから、マイホームを購入する際に、ローン審査で落とされることはありません。結婚前に相手の両親に会う時でも、学校で英語を教えていますと言えば、それなりの信頼を得ることができます。中学高 [続きを読む]
  • 地震
  • 大阪で大きな地震があり、死傷者が出た模様です。午前8時前なので、駅は通勤者でごった返していると思います。余震による被害が無ければ良いのですが。明日は雨なので、土砂災害にも注意が必要です。 The Japan Timesの記事で気になった単語を調べてみました。 abnormality … 異常be feared dead … 死亡したとみられるbooth … 切符売り場cautious … 注意するcome to a halt … 止まるcommuter … 通勤者disrupt [続きを読む]
  • 中学の英語テキストを音読
  • 2017年「週刊ダイヤモンド」12/2号に究極の省エネ英語という特集があります。その省エネ英語の取扱説明書(30ページ)には以下の5項目が挙げられています。1. 無駄におカネをかけない2. 無駄に時間をかけない(→ TOEICは目指さない)3. 無駄に負荷をかけない4. 中学レベルで結構イケル5. 独学できる 32ページで、「中学の英語テキストを音読」を勧めています。中学校の英語教科書の音読は、英語上級者のブログやウェブで何度か見 [続きを読む]
  • 胡散臭い茶番
  • 少し古くなりますが、2017年の「週刊ダイヤモンド」12/2号に究極の省エネ英語という特集がありました。その40ページに「3語の英語を完全マスター」という解説記事がありましたが。 そこに、3語の英語の例が示されていますが、、、、I need this book.I can find a job. これらは、3語の英語ではありません。中山裕木子は数字の3と4と5の区別がつかないようです。 I need this book.とI can find a job.は3語の英語ではな [続きを読む]
  • 小学生の英語ドリル
  • 最寄りの本屋さんに「覚えておきたい英語の文(小学生の英語ドリル)」という学研の本が平積みされていました。小学校で学習する重要英文が身につくCD付きドリルになっています。 基本的な英文はすべてCDに収録されているので、読む、書く、聞く力が身に付くように編集されています。全95ページで文字が大きく、小学生が使うにはちょうど良いボリュームだと思います。CD付きで税込み918円なので、お手頃価格と言って良いでしょう [続きを読む]
  • 会話もメールも 英語は3語で伝わります
  • 最寄りの本屋に中山裕木子の「会話もメールも 英語は3語で伝わります」が置いてありました。手にとってみると、最初のページ001に4語からなるフレーズが目に留まりました。 Simple English for Everyone 英語は3語で伝わりますというタイトルの本の最初のページに4語のフレーズです。この時点で、この本の化けの皮が剥がれました(苦笑)。 ページ007に、「3語の英語」を基本にした会話と称してAさん: What do you do?またも [続きを読む]
  • 映画英語アカデミー学会
  • 映画英語アカデミー学会が監修している「先生が薦める英語学習のための特選映画100選 中学生編」という本があります。本題に入る前に、この団体の名称について違和感があります。Academyという英単語には学会という意味があります。ですから、「アカデミー学会」は学会学会という意味になります(笑)。理事会には多くの大学教員が名を連ねていますが、アカデミー学会という重複表現が変だと気付いていないのでしょうか。日本の英 [続きを読む]
  • アウトブレイク 洋画
  • 「先生が薦める英語学習のための特選映画100選 中学生編」という本があります。この本を監修している映画英語アカデミー学会は、日本の英語教育における外国映画の活用を推進する産学協同の組織だそうです。 映画英語アカデミー学会公式ホームページの会長挨拶を引用すると教室にいながら、さまざまな出来事を世界の美男、美女たちと疑似体験できる映画は、若者の英語離れが指摘される今の時代に最も必要な教材であり、英語教育の [続きを読む]
  • 8つの教訓
  • 日経ビジネス2017年12月4日号に「英語公用化の虚実 TOEIC 500点で生き残れるか」という特集がありました。そのPart 2で「楽天、ユニクロはどうなった? 英語偏重の副作用 先達に見る8つの教訓」という記事がありました。その教訓とは (1) 職場の雰囲気が悪化(2) 人材の草刈場に(3) 拍子抜けの現場(4) 方針がブレまくる(5) はしごを外される(6) 気がつけば外資傘下(7) ミイラ取りがミイラに(8) 英語が堪能でもつら [続きを読む]
  • 英語の教科書ガイド CD
  • 英語上級者の中には、中学校の英語教科書を暗唱すれば良いと勧める方がいます。英検1級合格者にも教科書暗唱を実践しているブロガーがいました。 暗唱は非常に辛い勉強法ですが、確かに効果があると思います。その教材として教科書が良いかどうかは別として、正規の教科書というのは入手困難という先入観を持っていました。 ところが、教科書ガイドのCDが近所の書店で購入できることを発見しました。確か2400円ぐらいだったと思 [続きを読む]
  • NHK英語テキスト2018 フル活用BOOK
  • 3月になると、来年度のNHK英語テキストが書店に並びます。その中に「NHK英語テキスト2018 フル活用BOOK」という無料冊子が置いてありました。それをパラパラめくって見ていたら、 あの薄っぺらいテキストが今では1冊450円もするのです。税込み486円です。しかも、「おもてなしの基礎英語」「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」「おもてなしの基礎英語」は1冊500円、税込み540円です。1年12ヶ月購入したら [続きを読む]
  • sで終わる名詞
  • 「日本人にありがちな英文法誤用辞典」を読んでいます。日本人英語の間違いを指摘する本は、そこそこ市場があって儲かるようです。書店に行くと、びっくりするほど多彩な品揃えがありますね。デイビッド・セインはこれで食っているのではないかと思うほどです(笑)。 Television provides a means by which people discover what is happening in the world. ほとんどの名詞の複数形が-sで終わるので、意味が複数でも単数でもsで [続きを読む]
  • concernとconcerned
  • 「日本人にありがちな英文法誤用辞典」の続きです。知っている事柄が多いのですが、迷う二択もあります。We both have come to England to improve our English.We have both come to England to improve our English.下側が正しいです。We travelled on the 8.45 Leeds to London express.I flew back to Singapore on a British Airways 737.手段を述べるとき、車や電車で行くときはby car/trainと言いますが、特定(具体的)の [続きを読む]
  • 英文法誤用辞典
  • 「日本人にありがちな英文法誤用辞典」を借りて読んでいます。Nigel Turton著の「ABC of Common Grammatical Errors」から特に日本の英語学習者に有益な部分を抜粋し、日本語に訳した本です。デイビッド・セインの漫画本より落ち着いて読めます。なにより、奇をてらった項目が一切無く、読んでいて頭に来ることもありません。 ネイティブがよく使う表現を知っておくのも良いことですが、まず英単語の基本的用法を身に付ける方が先 [続きを読む]
  • フィットする
  • 動詞fitという単語は日本でもすっかりお馴染みです。「フィットする」という表現は様々な場面で使われていますが、英単語fitの使い方には注意が必要です。動詞のfitは、to be the right size and shape forという文脈で用いられることが多いです。衣服や手袋など身に付ける物が自分の体に合うときに使います。 英語の“fit”は形や大きさが合っている時しか使いません最近、あるブログで上記の事が書かれていましたが、それは間違 [続きを読む]
  • 1月31日は皆既月食
  • Blue Blood Moon: Super Rare Lunar Eclipse on January 31, 2018Lunar Eclipse: 月食ecliptic plane: 黄道面umbra: 本影penumbra: 半影partial lunar eclipse: 部分月食total lunar eclipse: 皆既月食1月31日の夜は皆既月食です。理論上は日本全国で見ることができますが、観察には生憎の天気になりそうです。日本海側ではたぶん無理でしょう。太平洋側ではもしかすると雲の切れ目に見れるかもしれません。 「電車が混む [続きを読む]
  • Language Learner Literature Award
  • Extensive Reading Foundation(ERF、国際多読教育学会)は、英語学習者用に作られた読本(graded readers)の中から文学賞(Language Learner Literature Award, LLL Award)を毎年選定しています。そこで、過去5年間の受賞本と最終選考に残った本のうち、特にやさしい本を紹介します。 教育者が選んだ本が生徒にとって必ずしも面白いとは限りませんが、作品全体の質が高く特に優れていると評価された本です。全く論外というリス [続きを読む]
  • やさしいgraded readers
  • 多読王国は個人が運営している読書管理コミュニティです。活発・不活発な読者も含め、計3000人以上が参加しています。その中で、難易度がPenguin Readers EasystartまたはOxford Bookworms Starterで既読者数が多い本を紹介します。読者数が多ければ面白い本とは限りませんが、5段階評価で概ね3以上(★★★)です。「まぁ正直つまらん」という本をわざわざ紹介しても、誰の役にも立たちませんし、無意味ですから。 ◎◎Penguin [続きを読む]
  • 英語に「テスト」がある
  • > 日本人が英語ができないのは、英語に「テスト」があるからです。> これは学校の定期テストも、入試も、検定も全部含みます。 一個人がブログで何を書こうが構わないでしょ、、、と言ってしまえばそれまでです。しかし、現役の高校英語教員がこんな的外れな事を書いているのは、端から見ていて恥ずかしいです。1. 日本人がヒンディー語ができないのは、ヒンディー語に「テスト」があるからです(戯言)。ヒンディー語を読んで、聞 [続きを読む]
  • 単語暗記法ですか
  • > 私もいつも英語の先生にこういう話をするんですが、ほとんど理解してもらえません。理解してもらえないのは当然です。間違ったことを言っているからです。「この人、分かってないなー」と疎まれているのでしょう(苦笑)。 > 単語帳とにらめっこして単語覚えるのって効率が非常に悪くないですか?Paul Nation教授の引用を再掲します。if you are not doing deliberate learning through using bilingual word cards, but instead [続きを読む]
  • 入試の9割を占める長文読解
  • しかし、文法問題集をいくらやっても、入試の9割を占める長文読解の力はつきません。 センター試験 英語【筆記 200点】第1問(14点) 発音・アクセント第2問(44点) 文法・語法/対話文/語句整序第3問(41点) 意味類推/不要文指摘/意見要約第4問(35点) 図表問題第5問(30点) 陳述読解問題第6問(36点) 長文読解問題【リスニング 50点】 計250点のうち、長文読解問題の配点が全体に占める割合は36 ÷ 250 = 0.9に [続きを読む]
  • 学生数ランキング
  • とあるサイトで、大学の規模の指標として、学生数ランキングを掲載していました。それによると、国内で学生数が最も多い大学は日本大学で、その数は6万人以上だそうです。多ければ良いというわけではありませんが、確率から考えると、将来どの企業に就職しても日本大学卒業生がいる可能性が高いと言えます。人脈形成という意味では有利かもしれません。 日本大学の公式サイトには入試英語の過去問が公開されています。平成28年度一 [続きを読む]
  • 楽に読める
  • > 普通に考えたら入試レベルの文章を読むことができれば小説くらい楽に読めるはずなんですけどね。 学習指導要領によると、中学と高校あわせて3000語程度の単語を学習することになっています。平成16-28年に実施されたセンター試験の英語問題では約4900個のユニークな単語が使用されていたそうです。過去12年間のセンター試験の英語を「必死で勉強して合格した人」は、シャーロック・ホームズとワトスンが初めて出会う推理小説「緋 [続きを読む]
  • ニュース原稿
  • ドナルド・トランプ氏が大統領になるとは全くの予想外でした。イギリスのEU離脱も驚きでしたが、ヒラリー・クリントンの敗北は私にとって大きな衝撃です。2016年は世界が大きく揺れた年ですね。まだ、あと2ヵ月弱残っていますが、大きな事件が起こらないことを望みます。 CNN Student Newsで、トランプ氏がアメリカ国民に向かって団結を呼びかけるスピーチをしていました。しかし、前途多難な気がします。 CNN Student Newsで [続きを読む]
  • 単語力増強法
  • > ただ「読みながら覚える」のが鉄則です。単語だけ取り出して暗記するのは時間がもったいなさすぎるからです。以下の英文はPaul Nation教授の引用です。if you are not doing deliberate learning through using bilingual word cards, but instead are spending time doing a variety of vocabulary related exercises, you are likely to be learning vocabulary at less than half the rate that you could easily achieve.> [続きを読む]