すみれ さん プロフィール

  •  
すみれさん: 断捨離と筋トレ
ハンドル名すみれ さん
ブログタイトル断捨離と筋トレ
ブログURLhttp://smile1002.seesaa.net/
サイト紹介文無駄をなくしてシンプル&筋トレ生活を探求中。 いい夫婦の日に離婚しました、そのことも少し。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2016/04/04 08:59

すみれ さんのブログ記事

  • 私の人生で一位、二位を争う大きな断捨離と捨てない気持ち。
  • お久しぶりのブログ更新となります。今年お初。気になってはいたんですが、前ほど手放す物がなくなったというのが正直なところです。しかしながら、題名にもある通り、この度私はこれまでの人生でとても大きな断捨離を行いました〜!代り映えのしない日々がどんなに幸せなのか、改めて噛みしめている今日この頃です。^^『断捨離』という言葉ですべてを片付けるつもりはありませんが、私の大きな断捨離、それは子宮を摘出したことで [続きを読む]
  • 今までの分をこれから取り戻す。人間関係において気づいたこと。
  • なんとまぁ私はこれまでの自分の時間とお金を無駄にしてきたことか。最近こう思うことが増えてきました。「他人の目を気にしすぎ、気を使いすぎ」気にしすぎるあまり、お金も使う。例えば誰かにお土産を貰ったとする、お返しをしなければならない。お土産のお返しってなによ?笑。お土産はみんな気持ちで買ってきてくれるもので、端からお返しなんて期待してません。今はそんな当たり前のことがわかるようになってきたのですが、人 [続きを読む]
  • 社食苦手な人は、他人の目を気にしすぎ。一匹オオカミ決め込むといい。
  • 仕事が充実していて自分に自信があれば、社食に一人は気にならない。一人で食べようが、時にはみんなの輪に混ざろうが、自分が思ってるほどまわりは気にしてないです。とにかく一人になりたければ、壁を作ってしまえばいいし、それが嫌だったら、仲間に入れてもらえばいい。そんな煩わしいことさえ嫌というなら、外食だったり、自席で済ませればいいこと。外食や自席が無理だったら、ダイエットを兼ねてもう食べないと決める。笑。 [続きを読む]
  • なんでもやり過ぎは禁物です。新人さんの仕事の向き合い方。
  • 私、今の仕事をもう10年もしています。新人さんを教育する立場にあるのですが、ついつい自分でやったほうが早いからと、横から手を出しそうになります。でも、そこをグッと我慢しています。それは新人さんの教育にならないからです。関連記事:自分の幸せが最優先でいい。自己犠牲が美しくない理由。我慢しているのですよ、我慢。笑派遣なので、長く務めたからって新人さんと立場は同じです。雑用ももちろん同じくします。ただね、 [続きを読む]
  • 人間関係のいざこざに巻き込まれない方法。時にはライオンになれ。
  • 職場でまた人間関係の摩擦が起きています。私、他人の色んなことが気になっちゃって、機嫌の悪い人や落ち込んでいる人がいると、そういう人の感情に引っ張られて、自分も同じ気持ちになってイライラしたり、どんよりしちゃうんです。別に自分はいつも通りにしていればいいのに。笑。人に振り回されないようにするために、「無関心」先日記事にしました。あともうひとつ、「自分はみんなより上」と思うことです。自分が少しでも上に [続きを読む]
  • 結局は高くついた。ポイントに振り回されてしまった失敗談。
  • 3年前の今と同じ頃主人が腕時計を購入しました。我が家にとっては高額な支払い。そこで普段は断っているポイントカードを作りました。ポイントとはいえ数千円分のお買い物ができると喜んでいました。ポイントがあることを忘れてはいなかったんですが、少し前にそのポイントの利用期限が今月末とお知らせがあり、「そのうち使うだろう」と思っていたのも束の間、あっという間に期限が迫ってきて、みすみす捨てるのはもったいないか [続きを読む]
  • 無駄なものにお金をつかいませんよね?人間関係も同じこと。
  • みんな無駄なものにお金を使いませんよね?欲しいものがあっても、すべてを手に入れることって難しいですよね。いくらお金があっても足りません、破産しちゃいます。人間関係も同じじゃないかって思うのです。誰でも苦手な人、関わりたくない人、生理的に受け付けない人がいると思います。そんな人達にまで気を使っていたら、心身ともにボロボロになります。万人に好かれようなんてそもそも無理なのです。そうやって、他人に気を使 [続きを読む]
  • 染めない選択。私は自分のカラー(白髪)を出していく。
  • 「この白髪が綺麗に染まっていたら2、3歳は若く見えるかも」と、毎度毎度鏡を見ながら、染めちゃおうかな〜という誘惑と戦っています。なんか、ごま塩で汚らしいって言えば汚らしいし、年相応でナチュラルでかっこいいと思えばかっこいいような気もするし。今朝も鏡を見ながらそんな思いがグルグル。泣。一度染めたらこれからずっーーーと染めることになる。関連記事:中途半端に手を出すなら、初めから手を出さない。老いを受け [続きを読む]
  • 人間には相性がある。だから好かれようと嫌われようと自然体が一番。
  • 久しぶりに誘われた会社関係の飲み会。私、嫌われる勇気を持ってから会社の飲み会は、即答でお断りしています。笑。それでも誘ってくれる人がいるのだからありがたい。今回は気心の知れた人たちなので、「久しぶりに行ってみようかな〜♪」って気分になったので、参加しました。知っている人たちだけと思っていたら、数人増えて初めましての人が中に...。人見知りだから初対面の人はちょっと苦手。でも、もう私はいつでも自然体な [続きを読む]
  • 他人のうわさ話や批判に耳を貸さない。それもダメな時私は貝になる。
  • 嫌いな人の一人や二人は誰にでもいる。その嫌いな人の陰口や文句を言ってまわりが賛同してくれると、「自分は正しいことを言っているだ!」と気分がよくなる。しかし、自分の評価も下げたのだ。まわりから見れば、言っているほうも言われているほうも同じ穴のむじな。誰かの批判を聞かなきゃいけないケースって日常に多々あると思うけど、身内以外の他人の話には耳を貸さない。主人と酒の肴に上司の文句を言うけど、それはまた別← [続きを読む]
  • 人間関係で私が図々しさを出していること。これでだいぶラクになりました。
  • 私が「話しかけるなオーラ出して食事している」って言ったら、同僚が驚いていた。前回の続きになりますが、社食で安くて美味しい食事がとれるのに、食事中に気を使いたくないという理由で毎日外食にしている人がいます。(うんうん、気持ちはすごーくわかる。)違う部署の人たちもいるし、やたらと話しかけてくるおばちゃんとかいるから、気を使いすぎる彼女には耐えられないんでしょう。食事くらい気を使わずゆっくり味わってした [続きを読む]
  • 自分の幸せが最優先でいい。自己犠牲が美しくない理由。
  • まずは自分のことを完璧にできてから誰かのお手伝いなんです。小さな親切と思って他人の仕事に手を出す人がいますが、私はそれは間違っていると思うのです。気持ちは大変ありがたいのですが、先日も職場で本来なら一人でやる仕事に別の人が自分の仕事も片付いてない状態で横から手を出し、それによって大きなミスに繋がりました。お手伝いをするのは、助けを求められたり、困っているときだけで十分なのです。子供が洋服のボタンを [続きを読む]
  • 我が家の守り神と浄化石になった甥っ子くん作のシーサー。
  • うちの姉はずるいんです。甥っ子くんが描いた絵や工作で作った作品を私に押し付けてきます。普段は「要らない」と断る物でも、甥っ子くんが作った物なら話は別です。先日はこんな立派なシーサーを頂きました。結構大きい。汗。貰っちゃったはいいけど、これは絶対に捨てられない。我が家の守り神としてそばに置いていく覚悟を決めました。だけどただ単に置いておくんじゃつまらない。「守り神なんだから働いてもらおう!」と思いつ [続きを読む]
  • 保険ってありがたい。ジャストな保険選びで医療費も保険料も安く抑える。
  • 病気になってしまったものは仕方がない。自分が手術なんて受けるなんて想像もしてなかったけど、40年以上も生きてきてるからひとつやふたつ、調子の悪いところもある。(参照記事:お久しブログ。昨年に続いて大きな断捨離第二弾を行ないます!)「こんなに保険払ってるけど、結局病気になんてならないんだよねぇ」って思ってましたけど、いざ病気になると、「入っててよかった♪」と思います。^^保険料は高くないものです。高い [続きを読む]
  • 先月の上の甥っ子くんに続き、下の甥っ子くんの誕生日パーリーーーーー♪
  • 下の甥っ子くん小学校6年生で、今月12歳のお誕生日を迎えました。早速お祝いですよ。甥っ子くんのリクエストで蟹を食べに行ってきました。私と似ていて甲殻類が好きなのよねぇ。^^コースで頼んであったのに、甥っ子くんはサラッと追加でタラバ(爪の部分のみだけど)を頼んだ!!(オバサン泣きそう。だってこれ2500円也)まぁいいんです。甥っ子くんが喜んでくれるのが私の生きがいなんですから。これがなかったら、なんの [続きを読む]
  • お久しブログ。昨年に続いて大きな断捨離第二弾を行ないます!
  • 昨年末大きな断捨離としてロングヘアーをバッサリ切ってヘアドネーションをしましたが、それに続き私の人生において大きな断捨離がまたやってきました。(参照記事:今年を締めくくる大きな断捨離。それはヘアドネーション!!)それは...子宮を取ることになりました。若い頃から子宮筋腫を育てて、とうとう子宮丸ごと摘出しなきゃならない大きさになっていました。年齢的に子供を持つことは半分諦めてはいたけど、やっぱり子宮を [続きを読む]