healthyeater さん プロフィール

  •  
healthyeaterさん: 減塩、低たんぱくの食事を実践中
ハンドル名healthyeater さん
ブログタイトル減塩、低たんぱくの食事を実践中
ブログURLhttp://healthyeater.info
サイト紹介文低糖質の商品はいろいろありますが低たんぱくの食事はなかなか難しいですね
自由文低糖質の食品っていろいろラインアップが 充実してますが、減塩はまだしも 低たんぱくの食品は探すのがなかなか難しいです。 このブログでは僕が食べている減塩の食品、低たんぱくの食品を 紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/04/05 12:34

healthyeater さんのブログ記事

  • 冬に食べたい、低たんぱく低脂肪の食べ物とは?
  • 寒い冬にはどうしても温かい食べ物が恋しくなります。鍋だったり、おでんだったり・・・ただ、どうしても脂質やタンパクが多くなってしまいます。そんな僕でも比較的安心して食べられるので、最近、僕が週一のペースで食べているのが、焼き芋です。ボリューム感があるのもうれしいポイントですが、外出先で焼き芋を買い、家に持ち帰るときに上着のポケットに忍ばせておくとカイロの代わりにもなってくれます。最近はコンビニ等のレ [続きを読む]
  • 味覚が研ぎ澄まされてくると・・・
  • 塩分、脂肪分、タンパク質が制限されると、食べられるものがかなり限定されてしまいます。そこで、毎食毎食同じようなものを食べる事になってしまいます。そうしているうちに、味覚がどんどん研ぎ澄まされてきます。たとえば、素麺ですが、それぞれの製品ごとに食感やのど越しがかなり異なります。製品ごとの違いもですが茹で方によっても味わいが変わってしまいます。原材料は小麦と塩で共通しているのに製造方法によるんでしょう [続きを読む]
  • 夏のおすすめは何といってもこんにゃく系の冷たい麺
  • こんにゃく系の商品は低カロリーな上に低脂肪の物が多いので独特な臭いが大丈夫であれば毎回の食事のメニューのバリエーションがかなり広がると思います。特に夏の時期は・・・各社からこんにゃく麺のいろいろな商品が出ているのでこんにゃく麺の使用した食事を一日に1食は食べてます。今回紹介するのはローソンの「バリューライン」の「こんにゃく麺の冷やし中華」ですがこのシリーズ、他に韓国風冷麺やうどんもあるのでトッピン [続きを読む]
  • 炒めずに和え物として作ればナポリタンも低脂肪で食べられます
  • ナポリタンスパゲッティはフライパンで炒めるのでどうしても脂肪分が多くなりがちです。また、風味を出すためにバターなどを使用すればさらに高脂肪高カロリーになってしまいます。そこで、僕は炒めずに市販のナポリタン用ソースを使用して和え物としてナポリタンを作ってます。パスタは普通に茹で、冷凍食品のミックスベジタブルと刻み玉ねぎを使用します。ノンオイルのツナ缶かカツオ缶を使用。塩分も脂肪分も少な目。たんぱくは [続きを読む]
  • おろしたての大根のピリリとした味わいを楽しむ梅おろしうどん
  • これから、夏に向けての楽しみは「冷たい麺」のバリエーション。今回は「梅しそごはん」の素を使用して梅おろしうどんを作ってみました。天かすは脂肪が多いのでスキップ。その代わりに大根おろしを大量にトッピングします。塩分が多めなので使用するのは半分にします。「梅干し系」はどうしても塩分が多めになってしまいますね。今回はシンプルにこのまま食べましたが、刻み海苔やカイワレ大根等を追加しても良いかもしれません。 [続きを読む]
  • コシの強い「讃岐風」のうどんが手軽に食べられます
  • うどんはコシを強くしようとするとどうしても塩分が多くなってしまいます。また、コシの強いうどんは茹で時間がどうしても長くなってしまいます。塩分量と茹で時間の長さがコシの強いうどんを食べるときのネックになってしまうんですね。今日、紹介する調理済みのうどんは・・・東洋水産(マルちゃん)の『讃岐風うどん』。「風」の字がついてるのがポイントです。冷食の麺のように電子レンジで加温して食べられるようにします。「 [続きを読む]
  • ダシを上手にブレンドして味のバリエーションを
  • 食べ物に制限があると、どうしても「味」が単調になりバリエーションが無くなってしまいます。そこで、味の源となる「ダシ」にちょっとこだわってみました。先日紹介した茅乃舎のダシばかりではなく、最近、多用しているのが「やくぜん」のダシ。動物系ではなく、植物系がベースになったダシなので味わいがかなり違います。この「やくぜん」ダシを単独で使用したり、昆布ダシやカツオダシとブレンドして味を変化させてます。もちろ [続きを読む]
  • ここまですれば減塩も完璧でしょう!
  • 食塩ゼロの蕎麦やうどんを使用して減塩のダシの素で作ったダシで通常の希釈率よりも薄めにすればかなりの減塩になると思います。さらに徹底的に減塩するために・・・使用するめんつゆの量を少なくします。いくらつゆを減塩にしてもたっぷり使ってしまえば摂取量は増えてしまいます。塩分摂取量はダイレクトに血圧に反映されるので充分に気を付けたいです。寒い季節は特に・・・。 [続きを読む]
  • ダシを上手に使ってめんつゆも減塩
  • せっかく食塩を使用していない蕎麦やうどんを食べるのならば、麺ツユの方にも気を配らないと減塩の効果は半減してしまいます。そのために減塩のだしを使って・・・濃縮3倍のめんつゆを7倍くらいに希釈してそばやうどんを食べます。ただ、かなり薄味になってしまうので、フリカケを使用して適度に風味を加えます。食塩不使用のそばやうどんと併せて食べるとかなりの減塩になること間違いなしです。 [続きを読む]
  • 「食塩ゼロ」の4文字がうれしい生蕎麦
  • コンビにで見つけた生そばです。「食塩ゼロ」の文字が目に飛び込んできたので迷わず購入しました。実際、蕎麦そのものの塩分量はそれほど多量では無いそうですが「ゼロ」をアピールされると食指が動きますね。脂質も少なめです。実際、蕎麦を食べるときに気をつけたいのはツユの方の塩分量。こちらに関してはダシ汁を自作しているので近いうちに紹介したいと思います。【スポンサーサイト】/a>にほんブログ村糖質制限ダイエット ブ [続きを読む]
  • 「食塩ゼロ」の4文字がうれしい生蕎麦
  • コンビにで見つけた生そばです。「食塩ゼロ」の文字が目に飛び込んできたので迷わず購入しました。実際、蕎麦そのものの塩分量はそれほど多量では無いそうですが「ゼロ」をアピールされると食指が動きますね。脂質も少なめです。実際、蕎麦を食べるときに気をつけたいのはツユの方の塩分量。こちらに関してはダシ汁を自作しているので次回の更新で紹介したいと思います。【スポンサーサイト】/a>にほんブログ村糖質制限ダイエット [続きを読む]
  • 気軽に手軽にたくさんの野菜を摂取するならスムージーが一番!
  • 最近、スーパーやコンビニの飲料売り場でよく目にするのが『スムージー』。ちょっとしたブームになってますね〜。もちろん、僕のマイブームも、スムージーです。僕が気に入ってるのは・・・カゴメさんの「ごちそうスムージー」。低カロリーで食物繊維がしっかり摂取できます。これも、ベジタブルファーストですよね!【スポンサーサイト】糖尿病や腎臓病、高血圧などで食事制限が必要な方のための気配り宅配食! ウェルネスダイニ [続きを読む]
  • 気軽に手軽にたくさんの野菜を摂取するならスムージーが一番!
  • 最近、スーパーやコンビニの飲料売り場でよく目にするのが『スムージー』。ちょっとしたブームになってますね〜。もちろん、僕のマイブームも、スムージーです。僕が気に入ってるのは・・・カゴメさんの「ごちそうスムージー」。低カロリーで食物繊維がしっかり摂取できます。これも、ベジタブルファーストですよね!【スポンサーサイト】糖尿病や腎臓病、高血圧などで食事制限が必要な方のための気配り宅配食! ウェルネスダイニ [続きを読む]
  • 夏の涼味と言えば欠かせないのは・・・冷やし中華ですね(^_-)
  • 暑い季節にどうしても食べたくなるものと言えば冷やし中華なんじゃないでしょうか?でも、具だくさんの冷やし中華はカロリーもたんぱくも脂分も塩分も多くなりがち。そこで、先日紹介したわかめ酢を冷やし中華にも応用してみました!ベースに使用するのは市販の冷やし中華。きゅうりと玉子焼き、ハムの千切りの具が入ってますが3分の1位に減らします。その分、わかめ酢をトッピング!さらに・・・かに風味かまぼこで彩を添えます。 [続きを読む]
  • 低たんぱくで低脂肪、暑い時期には毎日でも食べたい涼味と言えば・・・
  • 食欲が減退しがちになる夏に毎日でも食べたくなる、低たんぱくで低脂肪、低カロリーの涼味を紹介しますね。塩分は1グラム弱ですが、タレを残せばもう少し摂取量は減らせると思います。その食品とは・・・わかめ酢です。僕はぶっかけ冷やしソバのトッピングにわかめ酢を利用してます。冷やし中華だとどうしてもたんぱくや塩分、脂肪分が多くなってしまうので、冷たいソバが食べたいときにはわかめ酢冷やし蕎麦がお勧めです。にほん [続きを読む]
  • 塩分控えめが嬉しいパンです
  • パンは塩分量が多めなのでどうしても食べる機会が制限されてしまいます。ホームベーカリーで減塩パンを自作するのが一番良いんでしょうけど・・・。そんなパン食ですが『デイプラス』の「天然酵母パン」シリーズは・・・塩分がかなり少なめです。その分、カロリーが高めなので食べ方に気を付ける必要がありますがひとつ一つのサイズが大きめなので満足度はかなり有ります。種類もいろいろあるので選ぶ楽しみも!塩分を気にせずに [続きを読む]