tori-onna さん プロフィール

  •  
tori-onnaさん: トリおんな(25)の研修医日記
ハンドル名tori-onna さん
ブログタイトルトリおんな(25)の研修医日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/tori-onna/
サイト紹介文医者1年目。あたふた研修医ライフをマイペースに綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2016/04/06 01:51

tori-onna さんのブログ記事

  • さーたり先生・デルぽん先生・たきい君とのオフ会レポ
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ 前回記事で予告した、「ビッグな予定」とはこちら。じゃん。医師ブロガーの先生方とのオフ会!!学生時代から大ファンの、消化器外科医・さーたり先生と皮膚科医・デルぽん先生、さらに(出身大学は違いますが)同学年で仲良しの研修医・たきい君。元・KOKUTAI FREE(※惜しまれつつ終刊)編集担当の皆さまのご厚意で、私の学会出張に合わせてお食事会を企画していただきました。本当にありがとう [続きを読む]
  • 波乱の?!学会デビュー
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ とある全国学会で発表するため、東京へと行ってまいりました。じつは、私にとってこれが初めての学会発表。前泊のため半休を頂き、スーツケースを転がしながら病院を出るところを仲良しの看護師さんに呼び止められ「あら、トリ先生。ご旅行?」「いえ!学会です」「あ〜〜。学会という名の、ね〜〜(笑)」確かに「学会という名の旅行」は「医者あるある」ですが……研修医の私に、そんな心の余 [続きを読む]
  • 内視鏡動画はR-18指定?!
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ 消化器内科ローテ中のこと。全国津々浦々の病院をネット中継で結び、内視鏡の動画を観る機会がありました。(Webカンファレンスという、製薬会社主催のイベントです)たまたまインターネット環境が悪かったのか、肝心の内視鏡動画が途切れ途切れになり、画質も残念なことに。指導医の先生「あらぁ〜、なんかモザイクがかかってるね」同期研修医「ですねー。これじゃあ何も見えない(汗)」トリ「モ [続きを読む]
  • スマイル三段活用
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ 先日、うちの病院では職員向けに「接遇講習」なるものがありました。講習の内容は、ひと言でまとめるなら「笑顔が大事だよ〜!」ということ。(←だいぶ端折ったけど)講師の先生(なんと、元・芸人さん!)によると、この世には「3段階の笑顔」があるのだとか。第1段階は、「口角を上げてほほ笑む」第2段階は「声を上げて笑う」そして、第3段階は……?!なんと。「手を叩いて笑う(!)」そん [続きを読む]
  • 悲劇のメロディ@ER
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ 当直中、ついやらかしがちなこと。患者さんが途切れず忙しい日は、日付が変わったあとになってようやく当直室で仮眠を取れることも。翌朝の引き継ぎの時間帯に合わせて枕元のスマホにアラームをセットして、泥のように眠ります。でも悲しいかな、そんな日に限って、院内PHSの着信音ですぐに叩き起こされるのです。まだまだ寝ていたいけれど、急患は待ってくれません。眠い目をこすりながら、取 [続きを読む]
  • 勃発!お●ら事案
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ 患者さんの治療について、消化器内科の先生と話していたときのこと。まだ話の途中なのに、先生がおもむろに立ち上がりました。トリ「?」先生「トリ先生ちょっとゴメン。俺、オナラしてくるわ〜」トリ「?!?!」扉を開けて先生が出て行った直後、ぷぅ〜〜っ外から、それらしき音が。先生は平然とした顔で部屋に戻っていらしたので、内心の驚きを顔に出せないまま会話を再開した私。びっくり [続きを読む]
  • そわそわ?ドクターコール
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ勤め先の病院から夏休みをいただいて、母と国内旅行に来ています。わーいわーい。医師免許を取った後、飛行機に乗ったのは今回が初めてでした。座席に着いたあと、ふと気になり始めたことが。トリ「ねぇ。もしフライト中に『この中にお医者さまはいらっしゃいませんか?』って言われたら、私出ていかなきゃいけないのかなぁ?」母「え〜。トリちゃんじゃ、たいして役に立たないんじゃないの?( [続きを読む]
  • ソコは難易度高いです…
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ 勤務中、PHSの呼び出し音が鳴ったときは、カンファ中であろうと回診中であろうと、いったんは電話を受けます。緊急の用件かもしれないからです。(ちなみに、PHSが鳴るとかなり困るタイミングの一つは、昼食後の歯みがきの最中。←洗面台にダッシュして口の中の歯みがき粉をペッとして電話に出なきゃいけないからです。笑)さて。私はいつもPHSをスクラブの胸ポケットに入れて、その上から白衣を [続きを読む]
  • ハリーコールDASH!
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ ハリーコール。患者が急変したときに流れる、院内放送のことです。「ハリー先生、ハリー先生。〇階**病棟◇号室までお願いします!」こんな放送が流れたら、病院内にいる医師全員が目の前の仕事をとりあえず放っぽり出して(※外来中、オペ中を除く)急変現場へと駆けつけます。現場には医師がワンサカ集まって、超・人口過密状態に。人手を集めて、蘇生や検査など、必要な処置を施します。(た [続きを読む]
  • 髪はオンナの命です…⁈
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ先輩ドクター(女性)の先生とおしゃべりする機会がありました。先生の髪型は、おしゃれなボブカット。明るめのカラーリングで、垢抜けた雰囲気です。でも、研修医時代はと言うと……「私も昔はトリ先生みたいに黒髪ロングヘアだったのよね〜。長い付き合いの患者さんには昔は清楚な感じだったのにね!ってよく言われる(笑)」とのこと。「だって、切ったり染めたりする時間がなかったんだもん。も [続きを読む]
  • 医者的ウェザーリポート
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ 風が吹けば桶屋が儲かると言いますが、医療の世界にも似たような言い伝え(?)がいくつかあります。満月の夜にはお産が多いなんてのはよく耳にしますが、台風が来るとめまい患者が増えるというのもその一つ。(気圧の関係でしょうか)勢力の強い台風21号から一夜明けた今日。果たして……うちの病院の救急外来には、やはり「めまい」を訴える患者さんが列をなしました。あまりにも多いので、指導医 [続きを読む]
  • 本日発売!LINEスタンプ
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ いよいよ本日! LINEスタンプ「ひよっこドクター♪トリおんな」が発売されました。わーいわーい!学生時代のメルマガ連載からご縁のあった医学教育出版社様から、 「いっしょにLINEスタンプを作りましょう!」とお声かけいただき、数か月かけてせっせと作ってまいりました。 (仕事の合間のストレス発散になりました。うふふ) ラインナップの確認&ご購入はこちらからどうぞ。または、スタンプ [続きを読む]
  • アル中さまざま
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ 救急外来での当直中にけっこう多く運ばれてくるのが、急性アルコール中毒の患者さん。たいていの場合、若気の至り(?)でうっかり飲み過ぎただけで、命に別状はないことが多いです。そんな患者さんが運ばれてきたときは、血液中のアルコールを尿といっしょに早く体外へ出してしまうしかありません。点滴をつないで輸液をしながら、眠い目をこすりつつ、泥酔した患者さんが目覚めるのをひたすら待 [続きを読む]
  • マッスル!ハッスル!ドクターズ!
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ 心臓カテーテル室(カテ室)は、循環器内科の先生方のいわば「聖域」。昼間はいつだって、PCIやアブレーションなど、心臓にまつわるいろいろな治療が行われています。心筋梗塞の急患が来たときなどは、カテ室にどれだけ早く運び込み治療を始められるかが、生死を分けることも。まさに「命を救う最前線」、カテ室。そんなカテ室を、ある日の夕方(終業時間後)、用事があって訪ねました。すると、な [続きを読む]
  • 秒速ランチのススメ
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ 救急科ローテート中の私。(プルルルル、プルルルル♪)※PHSの着信音トリ「もしもし、トリおんなです」内線「今から5分後に救急車が来ます!70代女性の腹痛です。お願いします」トリ「はいっ、すぐ行きます!」目の前には、買ったばかりのホカホカのお弁当。あ、あ、あ……さらばお弁当泣潔くお弁当を諦め、階段を駆け下りて患者さんのもとへ向かいます。……ああ、なんだか私、今すごく「医者 [続きを読む]
  • 健康志向の落とし穴?
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ キケンなほど暑い、今年の夏。病院の救急外来には、けっこうな数の患者さんが熱中症で運ばれてきます。(以前の記事→真夏の救急外来)だるさや吐き気など、熱中症らしき症状の訴えがある場合、まずは問診です。トリ「お水はしっかり飲んでいましたか?」患者さん「はい」トリ「長時間、炎天下の屋外にいませんでしたか?」患者さん「いえ、ずっと部屋の中にいました」おやおや???熱中症じゃ [続きを読む]
  • 百発百中のオンナ
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ 近頃、ルート確保のスランプに陥っていた私。(ルート=静脈路。留置針を血管に刺して、点滴で輸液や薬を入れる「路(route)」を作る手技を「ルート確保」と呼びます)先週のある日の救急外来では、患者さんのルート確保に3人ほど連続で失敗してしまい……何度も針を刺されて痛がる患者さんに恐縮するやら、恥ずかしいやら。完全にテンパってしまいました。しかし!2年次研修医の先輩から「これく [続きを読む]
  • 電カル NG変換集!
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ 日々の業務に欠かせない、電子カルテ。とってもデキる子なのですが、意外に抜けているところもあって……。時おり「何じゃそりゃあー!?」と全力でツッコミたくなるような誤変換をやらかしてくれます。例①)「肝生検後(かんせいけんご)」↓↓「完成堅固」……ちがう、区切るのソコじゃなーい!「かんせい/ けんご」じゃなくて「かんせいけん/ご」ですから!例②)「頭痛時頓服(ずつうじとんぷ [続きを読む]
  • 腹のなかはお見通し♪
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ消化器内科の指導医の先生が、おもむろにこんなことを仰いました。「トリ先生、胃下垂でしょ〜」「いかすい?なっ、何でですか?」「だって、トリ先生みたいな痩せ型の女性って、腹単(※)が想像できちゃうもん」(※ふくたん=腹部単純X線写真。要するに、おなかのレントゲンです)「え?」「胃がドーンと下に落ちてて、その下に腸管が押しやられてる感じね〜。よく言われない?」「……先生。私、 [続きを読む]
  • 見えないオシャレは大事です
  • 研修医トリおんなのブログへようこそ前回記事に引き続き、当直帯の小ネタです。救急外来では、患者さんの心電図検査を行うことがしばしば。心電図検査のためには、シール状の電極を胸に貼る必要があります。そのために着ている服をめくり上げたり脱がせたりする際には、カーテンを閉めたりタオルで覆ったりして羞恥心に配慮するのが鉄則。でもそんなとき、同年代の女性患者さんの下着(不可抗力で見えてしまうのです)がオシャレだと [続きを読む]
  • 救急外来のベストドレッサー
  • 当直明けの疲れ……もとい、充実感が抜けきっていない頭でこの文を書いています。当直帯の救急外来には、老若男女問わずさまざまな患者さんが運ばれてきます。そんななか、時おり困るのが、女性の患者さんの「洋服モンダイ」です。心電図の電極を貼ったり、血ガスを取るために鼠径部から採血したりするとき、ワンピースやスキニーパンツだとどうしても手間取ってしまうのです。(めくり上げると下半身まで出ちゃう…)(ぴったりした [続きを読む]
  • 大切な〇〇のしまいかた
  • 皆さま、3連休いかがお過ごしでしたか?私はといえば、(1日に1回は病院に行って受け持ち患者さんの様子をチェックしますが)夏のバーゲンに繰り出したり、ごはんを食べに行ったり、録りためておいたドラマを見たり、のんびりまったりインドアな日々を過ごすことができました。大好きなミュージカルを観に行けたのはホントに嬉しかったー!さて。私には、最近ひそかに疑問に思っていることがあります。それは何かと言うと……?…… [続きを読む]
  • 思わぬごほうび♪
  • 先週末のこと。休日出勤したところ、デスクの上に何やら小さな紙包みが置かれていることに気がつきました。むむむ???何だろう〜?開けてみると、中身はこちら。↓↓じゃん。ご当地キティ、北海道限定・夕張メロンver!振り返れば、あれは1週間前。よく気にかけてくださる指導医の先生と、こんな会話をしていたのです。先生「こんど北海道に出張なんだよ〜」トリ「えー、それは遠くまで!お気をつけて♪」私が大のキティちゃん好 [続きを読む]
  • 回診のワナ
  • われわれ研修医にとって、朝夕のラウンド(回診)は、毎日のルーティン。 担当患者さんの病室を訪ね、体調の変化などを尋ねてまわります。もし大きなイベントが起こっていたら、経験豊富な上級医の先生にホウ・レン・ソウ!大切な仕事です。 そんなラウンド中のひとコマを特別にご紹介。 ある部屋では……。 「ヤマダさーん」 (トリ、ベッド周りのカーテンをシャッと開ける)「お変わりありませんか?」 「はい、変わりないでーす」 [続きを読む]
  • 真夏の救急外来
  • あたふた研修医生活を、ゆる〜いイラストとともにお届けしますトリおんなってこんな人→★2017.8-12 医学生向けメルマガで連載↓①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩書籍化するつもりでブログ更新中!いまお読みのあなた、お目が高い それでは本日の記事をどうぞ 当直で、気分不良を訴える患者さんが運ばれてきました。「昨日は寝不足だった」「今日は昼間、何時間もずっと公園にいた」「水分は、朝コーヒーを飲んだきり」この日の気温は、堂々30 [続きを読む]