まきせんせい さん プロフィール

  •  
まきせんせいさん: 子育て奮闘
ハンドル名まきせんせい さん
ブログタイトル子育て奮闘
ブログURLhttps://ameblo.jp/esaka-sitida/
サイト紹介文子育ては楽しい反面、大変なことも・・・ そんなお母さんの参考に!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/04/06 12:21

まきせんせい さんのブログ記事

  • やっぱりね
  • 久々のブログです。忙しかったのか、悩んでいたのか?ぐうたらなのか!?自分のことながら、分かりませんが。書きたいことはいっぱい思いつきますが、なかなかブログを開けず!今日は書きまーす(^ω^)「やっぱりねっ」と思うこと。私の知り合いには、保育園、幼稚園、小学校、中学校、特別支援学校、高等学校、進学塾と身近に様々な教える立場の友達がいます。特に七田は0才〜12才までなので、私の知らない領域の、中学校、高等 [続きを読む]
  • 受け取り側の問題
  • 子育てで大切なのは「親の思い」を子がどう受け止めているか?いくら親に愛があっても、子どもがそれを「愛」感じて、うまくキャッチできていないと意味がないといいます。私も現場でいやと言うほど、受け取り下手な子どもを見てきました。もちろん親が、取りやすい球を投げている!という前提ですが。甘えベタちゃん。スネ夫君。疑い深い、疑いタガリータ。天性の天の邪鬼?どの子もちょっぴり愛の、受け取り方が下手です。投げ [続きを読む]
  • やる気スイッチの入れ方
  • 20日の日曜日に講師坂根先生による、「やる気スイッチの入れ方」についての講演会を開催しました。お休みのなか、たくさんの方のご参加、ありがとうございました。日曜日ということもあり、お父様にもたくさん出席いただきました。嬉しい限りですやる気スイッチを入れるためには、、、まずもって、やる気スイッチが子どものなかにあるのかどうか!?これが大切だということでした。子どもが親にたいして「不条理」を感じていると [続きを読む]
  • お盆あけ
  • お盆があけての初出勤電車がすいているお盆に仏壇の前に座り、手を合わせると、私の場合、一生懸命というか、自分に正直に生きていると、心がスーーーッと落ち着きます。そうでないときは、心がざわつきます。今回は、、、今のところスーーーッと落ち着きました(^ω^)97才まで生きた、私の祖母のことを思いながら手を合わせると、祖母の懐かしい口癖を思い出しました。お風呂に入ったときです。必ず「はぁー極楽極楽っ」て、す [続きを読む]
  • 人は人、自分は自分
  • 人は人、自分は自分!!なんだか子どもの頃よく母から言われた言葉です。きっと、私ばっかり??????とか、あの子はいいよなー??とか(笑)言ってたんでしょうね。水曜日に年中クラスのお母さんと話していて、私の夏休みの子育てが、下手な理由が分かっちゃったんです(笑)自分は仕事に行くのに、朝からバタバタとプラスアルファーなお弁当を作ったり、休み中に是非?と、両実家や子どものお友だちからイベント事が、わんさか [続きを読む]
  • 夏休みリサーチ
  • 夏休みに入って、お母様がたにリズムはどうですか!?とリサーチしたところ。楽しく過ごしていますよーという方と、もう既に、体力&気力が??限界を迎えています(笑)という方に別れます。私は、後者!!やっと、慣れた頃に夏休みが終わるパターンのお母さん(笑)です。「楽しくやってますよー」という方が以外に多くてビックリしています。楽しいという方に聞くと、お昼御飯は簡単に済ませたり、お友だちや実家を使って、家族ばか [続きを読む]
  • できる子とできない子
  • できる子とできない子の差は、、、やる子か、やらない子!!なのでしょうか?やる子はできる子へと駒を進めます。やらない子は落ちこぼれなのでしょうか?やらない子は、なぜやらないのか?なぜやれないのか?を指導者が考えるべきです。甘えなのか、サボりなのか。表面的ではなく、その奥にある感情が何なのかを探れる、、、願わくは、そんな指導者に子どもの内に出合って欲しいです。願わくは、親にこの力が装備されますように [続きを読む]
  • 最高の選択
  • 子育てや、仕事で、悩んだり、迷ったりする場面ってたくさんありますよね。昨日も友人と、そんな話をペチャクチャと話していました。そんなとき、私は「どちらの選択がより人生を豊かに彩ってくれるか」を、ひとつの判断基準において選択するようにしてるかなーというと、その言葉に、友人がそれはそれは、とても感動してくれました。自分の話に、こんなにも心を傾けて聞いてくれる友人に、感謝です。と同時に、どんな場面でも心 [続きを読む]
  • 快適温度
  • おはようございます!今日も素敵な一日を始めてやろうと思います(^ω^)今朝は5時半に起き、6時に長女を起こし、6時過ぎに次女が目覚め、6時30分に三女を起こし、いつもの朝が始まりました。一人起きてくる度に、部屋の温度が2度上がる??そんな気持ちが致します。なので、余分な不快感を生み出さないために、ピピッと!!少しの罪悪感と共に、「クーラーつけまぁーす??」宣言で、冷房をかけます。今日も快適温度で、快適なス [続きを読む]
  • 夏休み!心の準備!
  • 小学1年生クラスの保護者勉強会で、7月月初に伝えたこと。親子ともに、小学生になって初めての夏休みです。夏にしかできない様々な遊びや体験を、計画されているご家庭も多いかと思いますが、幼稚園時の夏休みの過ごし方と大きく違う注意点はただひとつ!!!生活リズムを崩さないこと!特に午前中の過ごし方はとても大切です。早寝早起きから、しっかり朝食をとって、午前中にだらだら過ごすことのないよう、計画をたてつつ、家 [続きを読む]
  • 親として自信が持てない
  • 「愛」の話をするとそれぞれの育った環境の違いで、、、。そもそも、「愛」という言葉に抵抗のある人や、親から「愛」をもらった記憶のない人、「愛」をもらったとは思えない人、さまざまな方がおられます。言葉事態に抵抗がある方は、「認める」「受け入れる」「尊敬、尊重する」などご自身にしっくり合う捉え方ができるといいですね。わたし、親に「愛」された経験がない、「愛」に憧れはあるけれど愛され方、愛し方がわからな [続きを読む]
  • 愛を伝える方法
  • 親にたっぷりんこりんの愛があっても、恐ろしいことに子がそれを受け取っていなければ!愛欠乏症に(@_@)そこで、子育てがつまんない、しんどいと思っている方は、「愛の伝えかたを学ぶ」といいと思います。どんな場面でも愛は伝えられる!「相手の話をきく?」これも愛の伝えかたの高度テクニック?聞いて聞いて聞きまくるのです。マスコミのインタビュアーのように、根掘りはほり聞くのではなく、、、自然のなかで生活をする太陽 [続きを読む]
  • 愛があっても(@_@)
  • 七田でいう「愛」とは、見返りを求めない、親から子への無償の愛。つまり与えっぱなしの愛のこと。でも、ここで大切なのは「子が親の愛をしっかり受け取っているか!?」恐ろしいことに(@_@)親に、たっぷりんこりんの「愛」があっても!子が受け取っていなければ、その子は、愛情不足と感じながら 不安な毎日を送るかま知れません。夫婦関係にも友人関係にも、「夫婦愛」 、「友達愛」が伝わっていないと、ギクシャクしちゃいます [続きを読む]
  • 子育て三種の神器
  • 七田では、子育て三種の神器として「愛と厳しさと信頼」というお話をしています。江坂教室では、毎年、6月7月に学びます。10年学んでも、奥の深いテーマです。ここでいう、「愛」とは、親から子への無償の愛のこと。「無償の愛」とは、見返りを求めない与えっぱなしの愛のこと。まず見返りを求めない!!たいうことが母親の私にとって難しい┐('〜`;)┌無償の愛で能力アップ?!!なんて思っておる時点で(笑)ふふふ。器の小さ [続きを読む]
  • 梅雨入り
  • 関西でもそろそろでしょうか?梅雨の季節となりました。洗濯物は乾かない、ジメジメじとじとの時期がやってきます。でも、せっかく四季に加えて、梅雨まである日本にいるのですから、梅雨をも楽しみたいものです。元来子どもたちにとって、雨は決して嫌なものではないはず!!大人の常識を刷り込まず、一緒に雨を楽しみましょう。お気に入りの傘と、レインコート&ブーツでお散歩。霧雨なら傘なんていらないかも(^ω^)雨に濡れた [続きを読む]
  • トライアルレッスン
  • 7月8月に、4回コースの有料体験ができる、夏のトライアルレッスンの受付を始めています。50分レッスン、4回コース費用は、15120円(税込)夏のトライアルレッスンは、気軽ながらきちんと七田のレッスンを体感できます。お子さんの「今して欲しいこと」を逃さないためにも!!講師の技や、教室の様子、先輩七田っ子の話を聞ける絶好のチャンスかと思います。年代によっては、すでに締め切らないといけない学年もあります [続きを読む]
  • 小学1年生
  • 第5回目の小学生コースstep1(1年生)のレッスンの一コマ。テキストの1ページ目に「心を磨く魔法の言葉」というものがあります。今週は「ルール」について考えます。6才から7才の9人の子どもたちに向かって、なぜルールが必要か!?と問いかけました。みんなのため〜分かりやすくするため〜楽しくするため〜幸せにくらすため〜ケンカしないため〜と。天使か!?と思いました。天使ちゃんたち?どうか、このまま、すくすくと [続きを読む]
  • 優秀教室
  • 日曜日に七田の講師研究会がありました。今七田の卒業生がテレビやスポーツ会で活躍し、脚光を浴びるなか、各教室への問い合わせが増えているそうです。そんな中、江坂教室が前年度、七田式教育の普及に多大な貢献をしたとして、賞をいただきました。これは一重に、江坂教室に通ってくださる保護者さまと子どもたちのお陰だと思います。教室を作っているのは、プログラム、講師、そして他でもない生徒さんです。人間力の豊かな保 [続きを読む]
  • 涙が出る
  • 年少クラスのお母さん。3才の子が暗唱にチャレンジしていて、先週も先々週も、合格には届かず、それでも一生懸命練習して、今日合格しました。何項目もある中の、たった1つの通過点。その合格を見て「涙が出る」と、母。先生は感動しました。それを横でみていた、3才の男の子か、「ぼくもあんしょうやってみたい」と一言。私が、本当にしたいときは、自分でお母さんに(教材を)買ってくださいって言ってねと伝えると、「あんしょ [続きを読む]
  • やる気 いい感じ!
  • 4月に入って、少しづつ目標をもって、取り組めているお友達が増えています。ちょっと停滞ぎみだった、暗唱やプリントに取り組んでみたり、新たにスタートさせてみたりo(^o^)o自分のペースでかまいません!(一生を共にするわけでもありませんから(笑)お友だちに合わせたり、焦らされる必要はありません。)3日坊主でも大丈夫!!(3日坊主が5回続けば、15日もチャレンジできたことになります?)大切なのは、やってみよう!と思うこと [続きを読む]
  • 暗唱にチャレンジ
  • 3才クラスの後半以降あたりから、それぞれのレベルに合わせた暗唱にチャレンジしています。年中クラス以上では、坊っちゃんや、平家物語などの長文も入ってきます。25項目の暗唱が5周!!達成できたお友だちは、メダルがもらえます。。当然、4周目、5周目ともなると、完全暗唱を目指しますので、先生のジャッジも厳しくなります。その試練を乗り越えた人は、発表会の舞台の上で、メダルの授与式に参加します。小さな子どもにとっ [続きを読む]
  • 進級マジック?
  • 4月6日より新学年でのレッスンがスタートしています。1つ学年が上がった子どもたちは、どことなくお兄さん、お姉さんの顔になっています。まだまだ、「学年の上がったクラス名」の方が大きく、ブカブカの制服を着ているような子どもたちですが、それでも、「○才クラスの○○ちゃんだー」と言うとすごく誇らしげに目を輝かせてくれます。進級マジックですね?進級マジックはどんどん使ってほしいのですが、使い方がポイントで、 [続きを読む]
  • 早期教育の必要性
  • いずれ必ず分かるようになることを、早めに教える意味ってありますか?よくあるご質問です。とくに遠隔で、お父様からのご質問が多いかなー。色とか形とか!?0才から教える必要ある!?いずれ、放っておいても覚えるでしょ!ごもっとも!おっしゃる通りです。ただ、0才から色や形、数や文字に関わらせることで、知的好奇心が刺激されていたり、思考力や推理力が自然と標準装備されていくことを、、、ご存じでしたか?「見たい [続きを読む]
  • ママのストレス解消法②
  • またまた、昨日の勉強会でおもしろいストレス解消法を聞きましたのでお伝えします。3才、年少クラスのママさんに聞きました。とにかく脳が空っぽになるくらい、ボーーーーっとする。ヨガ、整骨院でリフレッシュ。ドラマのなかに架空の好きな人を作って、楽しむ‼お友だちと!ランチならぬ、モーニングを楽しむ。土曜日にパパに預けて、美容室へ混んでたという設定で、一人ランチを楽しんでから帰宅。どれもこれも可愛い発散方法 [続きを読む]
  • 頑張るママのストレス解消法
  • 今月の「学び」は、新年度で、子どもたちの心が不安定になる時期に、親がどっしり構え、我が子のピンチ!?を支えようというものです。親のポイントは、1・親がどっしり構える2・我が子を信じる3・親がストレスをためないの3点です。そこで、昨日は皆さんのストレス解消法を聞いてみました。1才くらすのママでは、パパに預けてちょっとだけお買い物へ行く甘いものを食べる本やマンガを見る友達、姉妹、母に(日頃の頑張ったを [続きを読む]