昭和な男 さん プロフィール

  •  
昭和な男さん: 昭和ノオト
ハンドル名昭和な男 さん
ブログタイトル昭和ノオト
ブログURLhttp://shikarare084.blog.fc2.com/
サイト紹介文昭和っぽい風景、駄菓子、自炊、自販機、スポーツ、散歩、二次元など雑多に。商店街の写真を撮るのが好き。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/04/06 18:10

昭和な男 さんのブログ記事

  • 岩山パークランドの迷路コーナー
  • 子供の頃、あちこちにあった巨大迷路。自らの足でゴールを目指す感覚は、独特の楽しさがありました。この失われつつある迷路文化に触れるべく、全国の迷路コーナー探訪が旅の目的になる事も。盛岡の「岩山パークランド」にそれがあるという情報をキャッチし、今回行ってきました。迷路入口。気分は無条件に高揚する。入場時、チケットをセルフで投入する仕様。迷路にいると、セガマークⅢ「ファンタシースター」のダンジョン曲が脳 [続きを読む]
  • 岩山パークランド
  • 子供の頃に「巨大迷路ブーム」というのがあって、茨城の地元にも数件あったんですよね。特によく行ったのが、ジャスコ敷地内の雑木林にできた迷路アトラクション。途中にアスレチックをはさむ仕様で。とかく面積が広大でやりごたえがあり、入場無料というのも嬉しかった。結局クリアできなかったんだっけ。当時の親としては、「とりあえず子供をここで遊ばせとけ」という気持ちだったのでしょう。今となってよくわかります(笑)そ [続きを読む]
  • 昭和56年のアニメージュ④
  • 自分の雑多な趣味を発表する場が欲しくて始めた当ブログ、書いてるうち「レトロ」という一本の軸が通ったのは大きな発見でした。昔から思いのまま集めていたグッズや写真は、漂ってくる懐かしい匂いに惹かれていたんだなと。中でも大切な宝物のひとつが、高校時代に古本屋で入手した昭和56年のアニメージュ。何度か引っ越しても捨てずに保管し、本棚の主として君臨しています。これまで当時のアニソン企画など紹介してきましたが [続きを読む]
  • シリーズ昭和な店がまえ 茨城県岩間駅の近辺(おかわり)
  • 年末掃除の一環で写真を整理してたら、趣味関係のものが大量に発掘され収拾つかない状態になりました。しかも興味の範囲がどんどん広がってるから、以前は撮らなかった被写体も数多い。よって本筋の自販機、昭和風景の写真がメモリの奥底に埋もれていました。今回アップする店がまえは、8月の帰省時に撮った茨城県岩間駅近辺のもの。前回紹介分からだいぶ間が空きました。夏の空気感も出てれば良かったけど、夕暮れ時で相殺されて [続きを読む]
  • セガマークⅢ「イース」の攻略本
  • ゲームは親の判断で任天堂ハードではなく、代々セガハードを買い与えられた少年時代。周りと違う不満はあまりなかったけど、RPG作品の少なさはちょっと気になる所でした。メガドライブ後期になると最も好きな「シャイニングフォース」「ラングリッサー」といった、シミュレーションRPGも充実してくる。しかしマークⅢではまだ時代が早かったのか、シューティングやパズルが主流を占めていました。それだけに「ファンタシース [続きを読む]
  • おじ散歩 〜南海鋼索線(高野山ケーブル)
  • 高野山へ行ってきたのは10月ですが、特別な空気感は今なお忘れられません。まずたどり着くまでに、鉄道で山深く分け入っていくのが楽しい。カーブやトンネルを抜けながら、ゆっくり勾配を稼いでいくんですよね。そして極めつけは、極楽橋駅から高野山駅を結ぶケーブルカー路線。約800mの路線を進む間に300m以上登るわけだから、かなりの角度になります。乗車時間は5分ほどだけど、非日常のアドベンチャーを堪能しました [続きを読む]
  • 自販機の世紀20 「ドライブイン七輿」の瓶コーラ+ピザトースト
  • JR駅からの距離読み違えで、約2時間ほど歩いてようやくたどり着いた「ドライブイン七輿」。苦労しただけに自販機チャーシューメンの味わいはまた格別でした。お腹には余裕があったので、締めにもう少し何か食べていこうと。豊富な選択肢から何を選ぼうかな?その前に・・・瓶コーラの自販機も発見!今はかなり希少ですよね。ゼロカロリーやHI−Cもあるけど、ここはスタンダードなコーラを選択。1本確保!王冠つきがまた嬉しい [続きを読む]
  • シリーズ昭和な店がまえ 栃木県氏家駅の近辺(おかわり)
  • レトロウォッチングの一環として続けている、昭和な店がまえ観察。東北本線沿線はやはり素敵な風景の宝庫で、写真に収めたまま紹介できなかったものが沢山。栃木県の氏家駅周辺について書いたのもだいぶ前ですが、ようやく2巡目のアップです。堂々たる建物に看板。勢いが食欲をそそる。パールライスも懐かしい響き。米屋さんって町に一軒はあった。緑+白+赤のフジカラーは目に馴染んだ色の組み合わせ。今の子はそうでもないのか [続きを読む]
  • おじ散歩 〜埼玉県立さきたま史跡の博物館
  • 自販機コーナーに古墳群、田んぼアートと盛り沢山だった行田市シリーズ。締めとして「埼玉県立さきたま史跡の博物館」を紹介します。鉄剣タローへ来訪した際「鉄剣って何ぞ?」と疑問を抱いたわけですが、その答えがここにあるようで。博物館の外観。地面に何やら熱きメッセージが。勾玉作りなど体験できるコーナー。小学生の実習にはうってつけですね。昭和の古墳周辺。バスや服装に時代を感じさせる。館内はフラッシュ無しなら撮 [続きを読む]
  • 自販機の世紀18 聖地「鉄剣タロー」訪問記(後編)
  • 埼玉県行田市の自販機聖地・鉄剣タロー。前回は昭和のムードが残る建物と、温かい雰囲気について紹介しました。そして今回はいよいよ自販機フード。昔から大好きなハンバーガーをいただきます。堂々たる看板。文字の縦線が剣をイメージさせてイカス。自販機とゲーム筐体が並ぶ店内。ここで一日中遊んでたいな。写真では画面が見えづらいけど、数十本入った昔のゲームをセレクトできる仕様。こちらは加齢による衰えを実感できる系の [続きを読む]
  • 自販機の世紀17 聖地「鉄剣タロー」訪問記(前編)
  • 昭和のオートコーナーの雰囲気を残し、聖地として有名な埼玉県行田市の「鉄剣タロー」。もう先月の話になりますが、訪問してきたのでレポートします。場所はパイパス沿いでわかりやすいけど、駅から2kmぐらいあって車がないとやや厳しい。今回は行田駅でレンタサイクルが借りられたので、だいぶ助かりました。田んぼの中に存在感ある看板が。ネーミングと書体が超クール。外観はこんな感じ。昔はこういうお店が沢山あったんだよ [続きを読む]
  • おじ散歩 〜白河小峰城
  • 福島県は会津若松の鶴ヶ城や二本松城といった、名城も多いですね。城下町は歴史ある風景、レトロスポットにも出会えるためよく訪問します。天守まで保存している所は多くありませんが、それでも当時のロマンを感じますね。さて、今回は白河市の白河小峰城。昭和な店がまえウォッチで立ち寄った町ですが、駅から立派な城が見えたので足を伸ばしました。普通はこっちが観光のメインなんですけどね。駅の周辺も良い雰囲気で、楽しい散 [続きを読む]
  • おやつ交響曲29 ムギムギ
  • 子供の頃おやつや朝食として、よく食べた覚えのあるムギムギ。私も兄も大好きで、テーブルに仲良く並んで味わうムギムギ兄弟でした。シリアルのように牛乳かけるのも定番だけど、固さの好みは違いましたね。兄は牛乳かけてすぐ食べる「サクサク派」で、私は柔らかくなるまで待つ「グニャグニャ派」。でも食べるスピードは私の方が圧倒的に速くて、ゴールがほぼ同時という奇妙なハンデ競争みたいになってました。最近になって無性に [続きを読む]
  • 自販機の世紀16 「オートパーラーAGEO」のコンビーフトースト
  • 都心から約1時間で行ける自販機コーナー、オートパーラーAGEO探訪記。前回は懐かしい瓶HI−Cを頂きました。自販機でよく冷えた瓶ジュースは、朝一番の乾いた喉にしみる。テンション上がったところで、すきっ腹も満たすとしましょう。定番のうどん蕎麦もいいけれど…朝食はやっぱりコレ!お店によってトーストの具が違うのも、聖地巡礼の中で発見したこと。鉄板のチーズハム+オリジナルメニューという構成が多い。コンビー [続きを読む]
  • 自販機の世紀15 「オートパーラーAGEO」の瓶HI−C
  • 都心に最も近いと言われる自販機コーナーが、今回紹介する「オートパーラーAGEO」。埼玉・群馬方面へのレトロ巡りに遠征する際、まず立ち寄るスポットとしても有名です。国道沿いに面しながら、最寄りの北上尾駅から徒歩約10分という好アクセスが魅力。建物に懐かしさを感じつつ、現役バリバリで稼働してる雰囲気が頼もしい。黄色とピンクがまぶしい外装。まだ朝の8時前だったため、私以外に訪問者はなし。店内にはかなり広 [続きを読む]
  • 昭和56年のアニメージュ③
  • 高校時代に買った宝物、昭和56年3月号のアニメージュ。当時放映してたアニメをフィーチャーした前回、ガンダム&イデオン特集の前々回に続き、中身を少し紹介します。アニソンの歴史を振り返る企画。諸説あるんだろうけど鉄腕アトムやエイトマンの1963年をスタートにして数えると、アニソン誕生から今年で53年になるのか・・・。名作を手がけた作詞家の方々。ビッグネームが並びすぎて何が何だかもうわからない。写真が暗く [続きを読む]
  • 買いぐい日誌9 ニュータッチ凄麺シリーズ「京都背脂醤油味」
  • 時々無性に「濃いラーメン食べたいなー」ってなる時ありますよね。脂も塩分もたっぷりで健康によくないんだろうけど、背徳感も含めて身体が欲するというか。近くにそういう系統のラーメン屋がなかったり、一刻を争うテンションの場合はけっこう困りもの。そんな時の非常手段に、濃い系統のカップラーメンというのも有力な選択肢です。最近はスーパーでもコンビニでも、結構なクオリティのものが売ってますね。で、今回買ったのはニ [続きを読む]
  • おじ散歩 〜埼玉古墳群
  • 個人的な古墳ブームは、社会人になりたての頃。マイカー通勤のため祖母から車を譲り受け、行動範囲が飛躍的に広がったのがきっかけでした。地元だし普通は友達とドライブとかでしょうが、長年の不義理により声をかけられる存在もなく。そういうわけで休日は独りで目的もなく出かけ、気になった場所へ寄り道するパターン。運転初心者でも走りやすかったのは、茨城県北と栃木県の境目ぐらいのエリアでした。その辺にも渋いお寺とか城 [続きを読む]
  • シリーズ昭和な店がまえ 千葉県小見川駅の近辺(おかわり)
  • JR成田線の小見川駅近辺も、2巡目での紹介。前回のアップは先月だから、けっこうな間が空いてしまいました。撮った当時は早朝で短時間の探訪になりましたが、歴史と人情にあふれた雰囲気の町です。それでは以下、写真でご覧ください。建物の茶色と、ひさしの赤黄緑が絶妙なコントラスト。印房に呉服という、興味深い並び。祭りの朝に撮ったので屋台のテントが準備している。うおお!これは素晴らしい迫力。地域にどっしり根ざし [続きを読む]
  • 買いぐい日誌8 ぐんまちゃんヌードル
  • キャラクター人気をはかるバロメーターとして、グッズ展開がありますよね。とりわけハードル高いのが食品で、既に広く認知されていることが前提になる。ゆるキャラ界においても、食品として流通するのが一流の証と言えるでしょう。今や群馬県のアイコンとなった「ぐんまちゃん」、やはりありました。クッキーなどは比較的実現しやすいですが、ラーメンにまでなるとは実力のほどがうかがえる。志村けんの「ケンちゃんラーメン」(い [続きを読む]
  • 高校時代に原付で龍宮城へ行った話
  • 高校のサッカー部で結構なイジメにあって1年で辞めてから、私は教室でも基本的に心を閉ざしていました。休み時間は誰と話すでもなく、ひたすら文庫本を読んでやり過ごす日々。終礼のチャイムが鳴ったらさっと教室を抜けて、帰路へ着く。冴えない青春です。まあイジメ云々より、この辺の行動パターンに問題があると薄々わかってたんですが。ともかく家に帰っても漫画を読むかゲームをやるかの2択で、膨大な時間を持て余していた。 [続きを読む]
  • 買いぐい日誌7 崎陽軒の炒飯弁当
  • 見どころが多い横浜でも、抜群の知名度を誇る崎陽軒。北関東で生まれ育った私としては、CMが流れるたび気になる存在でした。「旨いんだろうなー」とその味を想像しつつ、実物を食べる機会にはなかなか恵まれず。何だかんだで初めて崎陽軒の弁当にありついたのは、社会人になってから。冷えてもジューシーなシウマイに、感動を覚えたものです。とはいえ今まで通算で食べたのは、4〜5回でしょうか。意外とタイミングが難しいんで [続きを読む]
  • シリーズ昭和な店がまえ 福島県二本松市(おかわり)
  • 子供のころ商店街で目にしたような、どこか懐かしい店の建物。以前撮った写真を何の気なしにツイッターへアップしたら、意外と反応あったのが事の始まりでした。その後は外出先で「昭和な店がまえ」を意図的に探すようになり、膨大な写真データが貯まっていった。ブログのコーナーを作って紹介しても一度じゃ終わらず、フォルダに眠る素晴らしい情景が沢山。そして今回ようやく、福島県二本松市での写真をおかわり(2巡目)できま [続きを読む]