住まいアドバイザー さん プロフィール

  •  
住まいアドバイザーさん: 住まい ・ 暮らし
ハンドル名住まいアドバイザー さん
ブログタイトル住まい ・ 暮らし
ブログURLhttp://hws06.osakazine.net/
サイト紹介文暮らしを楽み、住まいづくり活動中のブロガーの住宅情報満載
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供330回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2016/04/09 09:15

住まいアドバイザー さんのブログ記事

  • 家の健康は住宅メンテナンス診断士
  • インスペクションとメンテナンスの違いをご質問頂きました。私はインスペクションは、調査、診断で、売買やリフォームする前などにする人間で言えば、人間ドックの検査。メンテナンスは、毎日の歯磨きや健康に気を付ける体操やウォーキング、或いは、持病がひどくならないように専門家のアドバイスを受けて実行すること。メンテナンス診断士は、かかりつけの家庭医 身近にいらっしゃると嬉しいです。 [続きを読む]
  • 野鳥の飛来
  • いつもはリンゴのヘタを餌箱に入れているのですが、子供がたべ残したパンを入れて見ました。何と ヒヨドリの前にメジロが飛来、その次にモズが。ヒヨドリはその後で飛来。順序が良いですね。 [続きを読む]
  • 契約は誰とするの
  • 住宅相談を頂いた時、時々あるのが「契約はだれとするの」ということがあります。仲介業者やコンルタントのサポートを受けることが増えています。建築工事の請負契約や不動産物件の売買契約は誰とするのかを明確にして商談してください。目の前の方は契約主であればわかりやすいですが、その方は、「代理人」の場合は、その立ち位置をしっかり理解し責任の範囲を明確にして、契約を進めましょう。、 [続きを読む]
  • 見落としがちな点検口 
  • 長寿命住宅は、維持管理が当たり前ですが、維持管理の前に行う調査:インスペクションは調査人が基本床下に潜ります。その時、床下に入るための点検口は、一か所が一般的です。しかし、作業性を考えると、2ケ所あると良い住宅も多いです。特に、お風呂、洗面所、トイレ、キッチンなどの水回りの重点調査地点に近いことも作業性が上がります。色々なことを想定して点検口の場所を計画しましょう! [続きを読む]
  • シロアリ調査 
  • 新築以来16年目に本格的シロアリ調査を実施。調査後写真を見ながらシロアリ被害は見当たらずの報告にホット。次は一か月後に予防作業です。業者さんのお話しでは、暖かくなると土、日は殆ど予定が入っている状態です。もし気になるならお早めに。TEL:06-6941-2525 NPO法人住宅長期保証支援センターメール:info@hws.or.jp [続きを読む]
  • リフォームの見積もり 現場を知ると・・・
  • 試行事業でリフォームの見積もりに取り組んでいます。実際にするまでは、大変は大変ですが、多くの資料もあるので、2日もあればOKと考えていました。しかし、5,6人のチームで始めた仕事、間取りプラント、耐震改修設計は連動、又、補修リフォームプランと構造が連動、価値創造リフォームプランと補修プランの連動と、色々な動きが連動しているので、ネットワークは、結構大変です。又、見積もりとなると、現状の仕上げが何かでも工 [続きを読む]
  • 室内の乾燥対策 切り花、鉢植えも
  • 厳しい寒さが続いて、暖房機器がフル回転しています。暖房機は、水蒸気が出るものと出ないものがあり、どちらも過ぎると厄介で、空気の乾燥は、お肌に良くないだけでなく、風邪もひきやすくなります。水蒸気のコントロールはとても大事で、多いと結露やカビの被害が発生。室内に温湿度計を置いて湿度の見える化からスタートです。加湿する場合は、加湿器を選ぶ方も多いですが我が家は、切り花と植木鉢で加湿コントロールしています [続きを読む]
  • インスペクション依頼 2 報告書
  • 最近インスペクションの報告関係の相談が続き、そのなかで思った第一は、「インスペクション」の主目的のみに報告が使われることは少ないことです。報告書が、消費者(生活者)がサブ目的、多くの場合補修やリフォームの参考資料に使えるものであって欲しいです。例えば、中古住宅購入のためにインスペクションを依頼した場合、多くの場合、強弱はあるものの不具合が指摘されますが、多くの場合チェックリストや不具合一覧表に記載 [続きを読む]
  • インスペクション依頼 1 準備
  • ご自宅のインスペクションを依頼される前には、必ず以下のものを準備頂くことをお薦めします。1、平面図 出来れば立面図・・・新築時の図面でもOKです。2、これまでの補修、リフォーム歴・・・わかる範囲で補修、リフォーム歴は、口頭でお伝え頂くことが多いですが、調査する建築士は、書面を希望しています。日頃から記録を残す習慣があると、慌てなくても済みます。 [続きを読む]
  • 空き家相談はワンストップで
  • 昨日の続きです。空き家を何とか解決したいと思われている方は、単に「売りたい」だけでなく、「荷物がある」「持ち主は無くなった祖父」隣との境界が確定していない」「リフォームや解体のお金が無い」等、その上に「不動産業者から売れないと言われた」と色々なハードルがあることが良くあります。このような空き家を一人で解決するのはとても大変、司法書士、鑑定士、宅建主任士、建築士、施工管理士等々専門家集団で、ワンスト [続きを読む]
  • 空き家問題 解決順位
  • 空き家の相談が続きましたが、空き家の問題を解決するために行う順番を改めてお話しました。それを下記に書きます。空き家を売るか貸すかする場合、「契約」を交わします。この契約は、その不動産(土地や家)の権利を持っている生きている人間が出来ることで、亡くなった方は出来ません。亡くなっている方の名義のままでしたら先ずは、ここから進めて下さい。相談は、06-6941-2525 へ [続きを読む]
  • 素敵なポシェット
  • 事務所のパンフレットのイラストを描いて頂いた三木市の山本由美子さんにポシェットを作って頂きました。贈った妹とお嫁さんは大喜び、横からちゃっかり孫娘が自分の肩にかけていました。山本さんに依頼ご希望の方下記にメールを。info@hws.or.jp [続きを読む]
  • うれしい住宅相談
  • 先日空き家とリフォームの相談員を担当致しました。その方は、ご挨拶後直ぐに「話を聞いてください」と言われ、「① 相談の物件内容、②状況、、③これからその家をどうしたいか、④そのためのアドバイスが欲しい」ということを話されました。30分間で、自宅とご実家の二軒の相談を終了できました。ご相談者の準備が素晴らしく、効率的で、良い相談が出来ありがとうございました。写真は相談内容と関係がありません。 [続きを読む]