ヒロム さん プロフィール

  •  
ヒロムさん: うつ病と診断されたパパ
ハンドル名ヒロム さん
ブログタイトルうつ病と診断されたパパ
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/0616-0314k/
サイト紹介文二児のパパ。男の子二人の日常と日々の出来事を綴ります。4コマふうに漫画日記も書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/04/08 13:09

ヒロム さんのブログ記事

  • 次男の低身長と検査入院記録
  • ご訪問いただきありがとうございます。今回は次男の初めての入院を日記のような感じでご紹介させていただきます。まず初めに。次男は5歳になったばかりですが基準値より身長が小さいのです。この表には−2.5SDまでしか載っていませんが次男はその下の−3.0です。その原因としてまず親の私たちにもあります。身長は大きく遺伝します。私の身長 163cm(チビ)妻の身長 149cm(チビ)私の母の身長 148cm(チビ)チビ家系なんです。そ [続きを読む]
  • 鬱病の理解者
  • 鬱病には様々な原因があります。様々な病名もあります。まだ解明されていない事も多いです。また鬱病は薬の服用だけでは治りません。しっかりとしたカウンセリングとよき理解者が改善の鍵になります。しかし鬱病は1度発症すると一生治らない病気とも言われています。再発もあります。実際私自身も薬の服用は続けています。そしてよき理解者がいました。妻と母、それに同じ鬱病を発症した友達でした。突発性難聴になり車の運転が困 [続きを読む]
  • 死にたいと上司に相談したら
  • ご訪問いただきありがとうございます。本日も鬱病に関しての記事になります。また前の会社の体験談ですが、上司(直属ではないがよく相談させてもらっていた)に「死にたい」と言ったらあ、そうなの?そうなんだ〜なるほどね〜。とその場は去りましたが後々考えるとなんか腑に落ちない。「いやだって電通で過労自殺した女性めちゃめちゃ忙しかったよな……?」とか考えたり。結論。鬱病に関しては素人に相談してはならない。専門知 [続きを読む]
  • 鬱病と自宅療養を経験して
  • ご訪問いただきありがとうございます。まず初めに、鬱病は脳の病気です。心なんていう臓器はありません。様々な原因はありますが自律神経のバランスが崩れセロトニンの分泌量が著しく低下することにより起こる状態異常です。経験された方は言われた事があるかもしれません。「鬱病はただの甘え」「気の持ちようでどうにかなる」「精神力が弱いだけ」いいえ違います。最初に言いましたが脳の病気です。自分でも気づかないことが多 [続きを読む]
  • 匿名で叩く人について
  • ご訪問いただきありがとうございます。突然ですが私10年ぐらい前にバンド活動をしていました。自分たちはハードロックをやってたつもりが周囲からV系と呼ばれまあいっかみたいなノリで楽しく本気でやっていました。バンド当時の楽曲バンドではギター兼作詞作曲編曲していました。GLAYのTAKUROさんを尊敬しながら、少しでも自分の作った曲で誰かを救えたらいいなと思っていました。そんなある日、ライブハウスからV系のイベントに [続きを読む]
  • 上司について本気出して考えてみた
  • ご訪問頂きありがとうございます。前の会社で体験してきた事を元に上に立つ立場の人間について独断と偏見で書いていきます。1、部下との信頼関係まず第一に信頼関係。「人の上に立つ」という事は「下で支えている人間=部下」という事を忘れてはなりません。よって支えてくれている部下が崩れれば自ずと上に立つ人間もバランスを崩し崩れます。2、部下の指導適材適所という言葉があるように人それぞれ得意分野は違います。その部 [続きを読む]
  • アイロンビーズ
  • 6歳の長男がアイロンビーズで作りました。どうしていろんな色なの?と訊くと「いろんな人がいるから」と感慨深い答えが返ってきて泣きそうになった。そう、差別やいじめはあってはならないのだ。そう長男に教えられた気がしました。 [続きを読む]
  • 自宅療養生活日記
  • 俺「唇の下にニキビできて痛い」妻「あら、じゃあチューできないね」俺「痛くない」妻「さっき痛いって言わなかった?」俺「何の問題もない」妻「さっき痛いって言わなかった?」俺「うおおおおおおおおおおおおおおおニキビ治す薬ベタベタベタベタベタベタベタベタぬりぬりぬりぬりぬりぬ [続きを読む]
  • 自宅療養生活日記
  • 安全第一 身体が資本ダイエットも痩せる事より維持が大事 健康第一。仕事も体があるからお金が稼げる。過労死なんて身も蓋もない。アニメや映画もスマホやPCテレビがなければならない。何が言いたいのかというと本体が大事ってこと。 [続きを読む]