Shoe Scape さん プロフィール

  •  
Shoe Scapeさん: 革と音楽と、京都の暮らし 京都の革工房のブログ
ハンドル名Shoe Scape さん
ブログタイトル革と音楽と、京都の暮らし 京都の革工房のブログ
ブログURLhttp://blog.shoe-scape.com/
サイト紹介文京都でオーダー靴や革製品を作っています。革の話から趣味のサッカーや音楽、お酒の話まで気軽に綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/04/08 15:14

Shoe Scape さんのブログ記事

  • 市松鼻緒
  • 市松模様の鼻緒です。今回は青と黄の市松模様でのご依頼でした。これがどんな土台に挿げられるのか楽しみです☆そのうち「ヽや」さんに並んでいると思うのでお求めの方はぜひ「ヽや」さんへ! [続きを読む]
  • 特注品 鞄
  • 特注品の鞄です。鞄に入れる内容がしっかり決まっているお客様からのご依頼でした。雅楽の笛奏者ということで笛と譜面がおさまることが大前提。また、弁当箱や仕事用のA4サイズの書類、ボリュームのあるファスナー型財布など、入れる内容をどのように整理してフォルムをデザインしていくかがこの鞄の最も難しいところでした。鞄に入れる内容量が多いためどうしても大きくなりやすいので、内容物を積み木のように組み合わせ、どの組 [続きを読む]
  • 9月のMonthly Shoe Scapeと、今月の一枚。
  • 9月のMonthly Shoe Scapeも無事終りました。涼しくなって、過ごしやすい季節になりましたね。秋競馬に高校サッカー選手権予選、芸術の秋なので舞台鑑賞に…食欲の秋(笑)楽しい季節がやってきます。Monthly Shoe Scapeは月に一度、桔梗商店さんで催している「革製品の出張相談所」です。革製品の手入れや修理、ふと感じる分からないことなど気軽に相談にいらしてくださいね。さて、今月の一枚は荒井由実の「ひこうき雲」。 [続きを読む]
  • 包丁研ぎ
  • 包丁研ぎについて。僕らの仕事は包丁がとても大切です。靴作りの底付けにおいては特に。革小物用の革と違って分厚く堅い底材を包丁ひとつで切りまわしていかなければならないのでなおさらですね。包丁の切れが作業効率、仕事の仕上がりに大きく影響してきます。底付けの最初の仕事は包丁研ぎだと僕は思っています。靴を作り始めたときに買った包丁、独立の際にいただいた包丁、ナイフタイプや幅の違う種類などいろいろ思い入れのあ [続きを読む]
  • 特注品 レディースバッグ
  • 特注品のレディースバッグです。フォーマルな場で使える鞄を作りたいというご依頼でした。お客様が持っておられた使うシーンへの強いイメージを設計へと落とし込んでいきました。コンパクトなサイズですが面のしっかりした箱型の鞄です。ハンドバッグとしてもショルダーバッグとしても使える2wayタイプの鞄です。ナスカン付きのベルトを付けることでショルダーバッグになります。革はドイツ製の型押しレザー。繊維がとてもしっかり [続きを読む]
  • 8月のMonthly Shoe Scapeと、今月の一枚。
  • 8月のMonthly Shoe Scapeも無事に終わりました。盆も明けて、これから少しずつ秋に近づいていくのかな。…と思ってたけどそう簡単には涼しくならないですね(笑)秋へ向けて、いま抱えている制作と向き合っていきたいと思います。Monthly Shoe Scapeは月に一度、桔梗商店さんで催している「革製品の出張相談所」です。革製品の手入れや修理、ふと感じる分からないことなど気楽に相談にいらしてくださいね。さて、今月の一枚 [続きを読む]
  • 特注品 笛置き
  • 特注品の笛置きです。お稽古の合間であったり、ちょっと笛を手放す際にテーブルの上に置いたりします。大切な笛をテーブルの上にそのまま置くのを避けるため、笛置きを制作しました。形はシンプルに笹舟のような形を採用しました。笛の中心から支えるため、笛がテーブルに接地することはありません。笛の形に癖付けしているのでアールが笛をホールドし、布製の笛袋に入れてそのまま持ち運べます。 [続きを読む]
  • 京都府 E.T様の靴
  • 今回の特注品はオーダーメイドの靴です。お客様にとって、当工房で作る2足目の靴のデザインは京都靴八景の夏の靴、「羽織」を選んでいただきました。祇園祭はつい先日、終ってしまいましたが、暑い日がまだまだ続きますのでこれからの夏にこの「羽織」を活躍させてくださいね。木型、革、紐の組み合わせでまた印象が変わるものですね。個人的にも好みの真田紐の模様でしたが、うまく革と配色できたと思っています。以前作られた靴 [続きを読む]
  • 7月のMonthly Shoe Scapeと、今月の一枚。
  • 7月のMonthly Shoe Scapeも無事終りました。尋常じゃない暑さが続いている京都です。バテないように気をつけないとね。少しずつは慣れてきましたが、日中の直射日光は危険なレベルなのでできるだけ避けましょう。24日の還幸祭、28日の神輿洗いと祇園祭もまだ続くのでしっかり体調管理をしないといけないですね。さて、今月の一枚はジョー・ファレルの「MOON GERMS」です。ファレルの目玉のジャケットは僕の知る限りだとこれと「Can [続きを読む]
  • 今年も祇園祭
  • 祇園祭が始まりましたね☆今年も演奏します! 15日(日) 宵宮祭 18時〜20時45分頃まで八坂神社石段下 漢字ミュージアム前ステージにて※19時30分頃からと20時30分頃からの2回演奏八坂神社石段下から南座まで往復、四条通り練り歩き※18時頃から随時 16日(月) 龍池ゆかた祭 18時〜19時頃まで烏丸御池 マンガミュージアムにて※18時10分から練り歩き押小路室町から御池通を経由してマンガミュージアムまで※18時40分から19 [続きを読む]
  • 財布のメンテナンス
  • 財布がメンテナンスのため里帰りしてきました。油分をしっかり含んだ革なので使い込まれていい味が出てきています。大切に使ってくれてありがとうございます。革の汚れを落として、しっかり栄養補給。コバを整え直すと輪郭が際立ち、また丈夫に使えますよ。自分の使っている財布は毎月に一回、必ず磨くようにしています。ときどき革に栄養を与えて、状態を整えておいてやると綺麗に、長く大切に使えますよ☆ [続きを読む]
  • 6月のMonthly Shoe Scapeと今月の一枚。
  • 6月のMonthly Shoe Scapeも無事終りました。雨降りでのゆったりとした一日だったのでオーナーの高谷さんとW杯の話で盛り上がっていました(笑)もうあと1週間で祇園祭ですね。暑い夏が、熱い祭が始まる。この季節になるとワクワクします。今年の祇園祭も笛で完全燃焼したいと思います。Monthly Shoe Scapeは月に一度、桔梗商店さんで催している「革製品の出張相談所」です。革製品の手入れや修理、ふと感じるわからないことなど気 [続きを読む]
  • 生活デザイン科にて道具計画論2018
  • 滋賀県立大学の生活デザイン科で講義をする機会をいただきました。昨年に続いて2回目、講義の準備に少しだけ慣れたかな。オーダー靴や革製品を制作する仕事についてスライドで説明したり、吊り込みの実演をしながら道具について、作業の意味について話したりしました。今年は学生さんの参加型にして一枚の革の中での部位や繊維方向、パーツを切り出す型入れの方法などクイズ形式で説明しました。僕は教員ではなく制作現場の人間な [続きを読む]
  • 鞄の修理事例
  • 鞄の修理事例を紹介しますね。この手の修理は多いです。表革と裏革が接着だけの仕様でミシンがかけられていないもの。接着だけなので使っていると当然剥離してくるんですよ。普通はミシンかけますけどね、こういう仕様の鞄がたまにあります。デザインでステッチを入れたくなかったのかもしれないですけど革製品なので長く使うことを考えたうえで、仕様やデザインを考慮してくれたらと思います。ノリを入れてトップラインをぐるりと [続きを読む]
  • 5月のMonthly Shoe Scapeと今月の一枚。
  • 5月のMonthly Shoe Scapeも無事終りました。今年は暑くなったり寒くなったりなかなかに対応しにくい気候でしたがすっかり暑くなりました。6月に入るとじきにサッカーW杯ですね。W杯が始まるとあっという間に夏が、…忙しい季節がやってくる(笑)Monthly Shoe Scapeは月に一度、桔梗商店さんで開催している「革製品の出張相談所」です。革製品の手入れや修理、ふと感じる分からないことなど気軽に相談にいらしてくださいね。 [続きを読む]
  • 表札
  • Shoe Scapeの表札が出来上がりました。工房を立ち上げてもう8年経ちますが、いまさら工房の表札を作りました。もう使わなくなった、もともと祖母が使っていた表札がありまして、それを再利用することにしました。ずいぶん日焼けして、角が傷んでいましたが面を削り直し、角をとるとまだまだきれいに使えるんですよ。そこにレーザー彫刻でShoe Scapeのロゴを、表面をワックスがけして艶あり仕上げにしました。レーザー刻印はSyyson [続きを読む]
  • 観亀神社 宵宮祭
  • 今年もこの季節がやってきましたね。5月9日(水)に観亀神社の宵宮祭があります。芸妓さん、舞妓さんの提灯行列と共に祇園東界隈を練り歩きます。神社前の特設ビアカウンターでは芸舞妓さんとビールやソフトドリンクを楽しめますし、ゲームコーナーやお茶席もありますのでぜひ遊びにいらしてくださいね。詳しくはこちらから。宵宮祭は18時30分から22時まで。提灯行列と練り歩きは2回、18時45分からと20時からだと思います。今年も [続きを読む]
  • 4月のMonthly Shoe Scapeと今月の一枚。
  • 4月のMonthly Shoe Scapeも無事終りました。今回は鞄の修理の相談に来ていただきました。直し方をじっくり考えて、最善の方法を提案できたらと思います。いい天気が続いて連休の前半戦が終わりましたね。外に出るにも作業するにも過ごしやすい、気持ちのいい季節です。Monthly Shoe Scapeは月に一度、桔梗商店さんで開催している「革製品の出張相談所」です。革製品の手入れやメンテナンス、ふと感じる分からないことなど気軽に相 [続きを読む]
  • 特注品 メニューブック
  • 今回は少し珍しい特注品の制作を紹介します。イタリアンレストランからのご依頼。10周年に向けてメニューブックを作りたいということでした。ご依頼をいただいたお店は京都のイタリアンレストラン「ottimo(オッティモ)」さん。オッティモさんは、昔からずっと通っているお気に入りのお店なのでその10周年の節目にメニューブックの制作としてお声かけいただけたことはとてもうれしいことでした。メニューブックを作るのは初めてで [続きを読む]
  • 革、入荷☆
  • 来たきた☆新たな革が入荷しました☆展示会で観たときに心惹かれた革。おもしろい素材に出会うと心が躍るのはやっぱし制作者なんだろう。さっそく制作に入ります☆なにを作るかはもうしばらくお楽しみに。 [続きを読む]
  • 3月のMonthly Shoe Scapeと今月の一枚。
  • 3月のMonthly Shoe Scapeも無事に終わりました。もう春ですね。京都市内は今週の土日が桜のピークかもしれない。昨年は桜のピークのときに雨が続いたので、今年はいい天気のまま、花見を迎えたいなぁ。Monthly Shoe Scapeは月に一度、桔梗商店さんで催している「革製品の出張相談所」です。革製品の手入れや修理、ふと感じる分からないことなど気楽に相談にいらしてくださいね。さて、今月の一枚はジョン・コルトレーンの「Ole」で [続きを読む]
  • 設計と試作の日々
  • お久しぶりです。このところ新しい制作の研究でどたばたしていました。設計と試作の繰り返しでようやく、自分なりに少しずつ解けてきた気がします。まだこれから合わせてみないと自分なりの解答が正しかったかわからないのでこの制作に晴れ間が差したとは言えないんですけどね。今回の制作は自分の可能性を広げられるかもしれないとてもやりがいのある仕事です。その分大変ですけどね…。これまで作ってきた経験・技術を組み [続きを読む]
  • 2月のMonthly Shoe Scapeと今月の一枚。
  • 2月のMonthly Shoe Scapeも無事終りました。今回は大学のときの仲間がふらりと寄ってくれました☆来週友人の結婚式で会うんですけどね(笑)話しに来てくれるのはうれしいものです。4月から東京に転勤するそうで東京で住むならこのあたりがいいで、と引っ越しエリアをアドバイスしていました。いちおう東京は僕にとって第二の故郷なんでね(笑)とは言っても東京は日本の中心。どんどん町の景色が変わっていく。もう僕が住んでた頃 [続きを読む]
  • 愛知県 A.S様の靴
  • 今回の特注品はオーダーメイドの靴です。結婚を機会に靴を作りたいというご依頼でした。結婚式の新郎が履く靴といえばオペラパンプス、または内羽根のストレートチップが基本となります。しかし今回は式の後に使うことに比重を置いておられ、普段着で履きやすいものをお求めでしたので、外羽根のプレーントウで明るいめの茶色の革になりました。普段はデニムパンツを履くことが多いということでこの色を選ばれたのも納得できる、デ [続きを読む]
  • 1月のMonthly Shoe Scapeと今月の一枚。
  • 1月のMonthly Shoe Scapeも無事終りました。今年入って最初のマンスリーは…雪でした。雪道は京都靴八景の雪用の靴、「smile」が活躍してくれます。履きながら、京都靴景で季節に合わせた靴を創っておいてよかったなぁと実感しました。おそらく2月もまだ寒いだろうし「smile」ブーツを履いてマンスリーやってると思うのでまた遊びに寄ってくださいね☆さて、今月の一枚はZAZEN BOYSの「すとーりーず」です。そういえば昨年の [続きを読む]