股関節専門リハビリルーム 「リ・スマイル」 さん プロフィール

  •  
股関節専門リハビリルーム 「リ・スマイル」さん: 股関節専門情報発信ブログ
ハンドル名股関節専門リハビリルーム 「リ・スマイル」 さん
ブログタイトル股関節専門情報発信ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/ms-takasaki/
サイト紹介文先天性股関節脱臼、臼蓋形成不全、変形性股関節症、股関節手術後(自骨、人工関節等)の保存療法。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/04/08 23:34

股関節専門リハビリルーム 「リ・スマイル」 さんのブログ記事

  • 両側臼蓋形成不全、Kさん、看護師
  • ◆Kさん、両側臼蓋形成不全、30代、女性、職業:看護師彼女が手術を宣告されてから3年が経つ。現在、彼女は地域の訪問看護師として活躍されている。Kさん:「手術もいいけど、その前に手術以外の方法でなんとかしたい。」と、インターネットで検索し、当院をみつけてくれた。当時は30分くらい歩くと左股関節周囲に痛みが出ていたが、今、その悩みは解消された。左股関節周囲の痛みは、臼蓋形成不全に起因する股関節周囲の筋肉のオー [続きを読む]
  • 臼蓋形成不全、なぜ一番最初に○○に注目するのか?②
  • 前回のお話は、ザックリ言うと臼蓋形成不全の股関節周囲の筋肉は、オーバーワーク状態なんです!というお話しをしました。オーバーワーク=頑張り過ぎているそして、そのオーバーワークも最近始まったことではなく、経過、歴史があるオーバーワーク。よくあるのが、40〜50代で整形外科を受診し、そこで初めて臼蓋形成不全と診断されるケース。ここで知っておいて欲しいことがあるんです。臼蓋形成不全と診断されたのは初めてかもし [続きを読む]
  • 臼蓋形成不全、なぜ一番最初に○○に注目するのか?①
  • さてさて、以前にも同じようなお話をしたと思いますが、臼蓋形成不全については何度でも何回でも、シツコク(笑)お話しようかと思います。臼蓋形成不全とは、簡単に言うと、股関節の受け皿側である骨盤の屋根が標準よりカブリが浅い状態を言います。カブリの程度には個人差があります。病院でレントゲンを撮るとCE角やらSharp角やらが、「何度だね〜、浅いね〜。」と言われた経験があったりする方もいらっしゃると思います。単純 [続きを読む]
  • ワタシの自己紹介、いまさら(笑)②
  • さてさて、いまさら感満載(笑)の自己紹介。今日もいってみますワタシはファミコンなどのテレビゲームやゲームウォッチも大好きでしたが……実は、こんなゲームにもハマってました。コレッこれ、なんていうゲームでしたっけ……ゲームロボット9だそうなんです。これにメチャクチャハマってました。同時に当時大人気だった、ルービックキューブやスネークキューブにもハマっていましたが、それ以上にこれにハマってましたね写真は実 [続きを読む]
  • 靴に手がとどかないのよ〜〜
  • 股関節に痛みがあったり、股関節を曲げる動きに制限があったりすると、よく患者さんが「靴に手がとどかないのよ〜〜。何か良い対策ありますか?」って話になることが多い。そんなときに強い味方ジャジャ〜〜ンなんと、長さ約80cmの靴ベラです。これは木製なんですが、ワタシが開業した当初から使っているので、もうかれこれ8年以上は使っています。長持ちしてるなぁちなみにAmazonで購入しましたもち手の顔も可愛らしいですよなん [続きを読む]
  • チカラコブのように硬くなっている筋肉に筋トレ?
  • この間の患者さんもそうだった。股関節が痛いと医療機関を受診し、全く触診もせず、レントゲン画像だけを見て、電子カルテにデータを打ち込むパソコンのモニターだけを見て、「痛いのは筋力が低下したからです。だから、筋トレしてください。」だって。その患者さん、言われた通り、その病院でもらったパンフレットに載ってる通り、横向きに寝て脚上げしたり、仰向けで脚上げしたりしたんですって。でも、痛みは軽くならない。軽く [続きを読む]
  • ワタシの自己紹介、いまさら(笑)①
  • タイトルの通り、自己紹介です。いまさら感満載(笑)ですが……みなさんに、ワタシがどんなヤツなのか知ってもらいたいので(笑)1974年4月29日、埼玉県蕨市にて、福島県出身の母と北海道出身の父との間に長男として生まれる。なので、出身は埼玉県蕨市です。一人っ子です。今の今までさみしいと思ったことは一度もありません。(両親に感謝)小さな頃から電車が大好きで、いつも近くの線路に行っては飽きずに、水色の京浜東北線を眺め [続きを読む]
  • ○○○法が合う合わないとか、効く効かないとか……
  • こんにちは3月も下旬になり、暖かな日が続くようになってきましたね。桜も咲きそうだし花粉症はキツいですけど……さてさて、ちまたでは股関節のトラブルに対して、いろいろな解決法、改善法が紹介されています。貧乏ゆすり、骨盤矯正、背骨の矯正、全身関節調整、筋肉ほぐし、深層筋ほぐし、筋膜ほぐし、筋膜リリース、内臓の調整、自律神経の調整、ストレッチ、ノルディックウォーキング、水中(プール)ウォーキング、関節包・靭 [続きを読む]
  • 駐車場ありますよ♪
  • 当院の専用駐車場は、17番になります。よろしくお願いいたしますその痛み、一緒に乗り越えましょう♪臼蓋形成不全、変形性股関節症、先天性股関節脱臼、股関節唇損傷、スポーツによる股関節のトラブル、股関節の痛みなど、股関節のことでお悩みの方。痛みを和らげ、股関節を長持ちさせる施術、セルフケア指導、運動指導、股関節に関する正しく、そして正確な情報の提供などを行っております。 股関節専門コンディショニングケアル [続きを読む]
  • Kさん、変形性股関節症
  • 先月から、こちらにいらっしゃっている患者さん。 【ご本人情報】Kさん、女性、50代、運動習慣はない。 【診断名】左変形性股関節症、両側変形性膝関節症 【既往】先天性股関節脱臼はない。10年ほど前に腰椎すべり症と言われた。腰痛がたまにある。内臓や内科的な病気はない。 【訴え】カラダを動かすのが怖い。左脚が棒のようで、痛くて、体重をかけるのが怖い。歩くことがわからない。 【歩行状態】左脚に体重を乗せると痛 [続きを読む]
  • たかが筋肉、されど筋肉
  • 股関節って、20個以上の筋肉に囲まれています。結構な数ですよね。下図は前側のみですが、前側だけでもこれだけあります。そして、股関節は関節自体が肩や肘や手首や膝などと違って、カラダの深いところに存在するため、そもそも関連している筋肉がとても厚いし、2重、3重と重なってるところがあります。ところで、筋肉って、そもそもどんな役割があるんでしょうか……。カラダを動かすことだけが役割?チカラを発揮することだけ? [続きを読む]
  • 股関節専門治療家の独り言(笑)
  • 股関節専門治療家の独り言(笑)私的には、あるあるな話なのですが……よく施術のアピールで、「押さない、揉まない、強くほぐさない、ボキボキしない施術。」とか、「ソフトな施術です。」とかとか、を売りにしているようなことを聞くことがあるけど、これ、いつも思うんだけど違和感ありありで。それこそカラダはいろいろな軟部組織から成り立っていて、皮膚、筋膜、脂肪、筋肉、靭帯、関節包、半月板、椎間板、軟骨、骨、神経、 [続きを読む]
  • 臼蓋形成不全、変形性股関節症と筋力低下②
  • 前回、臼蓋形成不全や変形性股関節症の方の筋力低下を考えるにあたり、経過と原因をしっかりと捉えていくことが大切だとお話しました。経過に関してですが、当院でもよくあるあるなお話が……何か股関節に違和感や痛みがあって医療機関を受診して、そのときに初めて臼蓋形成不全やら変形性股関節症と診断がつく。そのときに脚に力が入りづらいからという話から、とくだん特別な理由もなく、説明もなく、「筋力が低下しているから痛 [続きを読む]
  • 臼蓋形成不全、変形性股関節症と筋力低下①
  • 2018年に突入しましたね今年もどうぞよろしくお願いいたしますよく、臼蓋形成不全や変形性股関節症などで「筋力が弱くなっちゃって……」という声を聞きます。ウチにいらっしゃる患者さんからもよく聞きます。それで筋力が弱いからと、仰向けになったり、あるいは横向きに寝たりして脚の先に重りやらゴムバンドをつけて筋トレを指導されたりすることがあるんです。そして言われたとおりに一生懸命頑張る……確かにそれが必要なこと [続きを読む]
  • 必ず○○○になるって……
  • 率直に言っちゃいます。臼蓋形成不全→必ず変形性股関節症になる変形性股関節症→必ず末期まで進行する先天性股関節脱臼→必ず変形性股関節症になるこの、必ず〜の、そもそも的な、短絡的な、先入観的な考え方に問題があります。程度や個人差等々そのあたりの考慮がなく、ただ一辺倒に、必ず〜〜との発言。これが問題なんです。医師や理学療法士が読む医学書には、「必ずしも全てがそうなるとは限らない。」とハッキリ書いてありま [続きを読む]
  • 3Dジグリング(貧乏ゆすり)!
  • 当院で使用している股関節マシンの紹介です。股関節ケアには、いろいろな方法や技術がありますが、その中の方法のひとつとしてユラックスを活用することがあります。イブアイしずおかというテレビ番組で紹介されました。これは、股関節コンディショニングケアマシン「ユラックス」、といいます。まずカラダに対して基本的にどんな効果が期待できるか、カンタンに言うと、・股関節と腰椎(腰部分の背骨です)をつないでいるカラダの深 [続きを読む]
  • あと1年で歩けなくなるよ
  • 今日も患者さんとこんな会話になった。ここ何年かレントゲンを撮ってないので、自分の股関節の様子を知りたくて、整形外科を受診。レントゲンを撮る。レントゲン画像を見るやいなや、医師は開口一番、「これだと、あと1年で歩けなくなるね。治すなら手術しかないよ。」すかさず患者さんは、「まだ手術を考えてないので、他に方法はありませんか?」すかさずその医師は、「そんなもんないない。人工関節しかないよ。」と。患者さん [続きを読む]
  • 股関節専門、○○○専門とは言うものの!
  • 今日の独り言。股関節専門だから、股関節のことに関する知識やトラブルを解決する技術を身につけることはあたりまえだし、ワタシのライフワークです。しかし、股関節もカラダの一部分なワケで。股関節のことだけを知って、股関節専門と言うことはちょっと違うかなと思ってます。これは股関節専門に限らず、○○○専門……全てに言えると思ってます。なぜなら、カラダは全て繋がっているからです。この図は1つの例ですが、アシに関 [続きを読む]
  • 股関節って、ホントはどの辺?
  • 患者さんと問診で話をしているときに、「股関節って脚のツケ根のどのあたりにあると思います?」って必ず質問します。皆さんはどうですか?すぐに指でさせますか?ワタシはうしろ指さされてるかも(笑)わりとおしりの方をさしたり、おしりの横をさしたり、ツケ根のかなり内側をさしたり……さまざまな場所を皆さん指さします。ホントのところは、どの辺なんだろう。その前に、股関節の位置を知ることが、なぜ大切なのか?ご自身で [続きを読む]
  • 軟骨がスリ減る本当の理由
  • 股関節に限らず、軟骨には痛みを感じる神経もなければ、血管もない。血管がないなら、栄養である血液がこないわけで、そんなかんだで、関節は関節包という袋に包まれています。包まれたなかに、関節液という、潤滑や栄養補給をしてくれる液体が入っているんです。軟骨は、スポンジのように吸って吐いて、吸って吐いての繰り返しで関節液を吸収し栄養を得ているんです。それは動くことによって行われています。だから、動くことが大 [続きを読む]
  • 今日の愛犬モモタくん「いい顔してるわ〜(笑)」
  • 庭で遊んでいる愛犬モモタくんをパチリと撮ってみた なんだか、メチャイケメンに撮れた気がする(笑)親バカ(笑) その痛み、一緒に乗り越えるワン♪ グラグラしている股関節の安定感を高めてくれます。遠出をするときや、長く歩かなければいけない時などに活用すると、痛みを緩和したり、疲労感が軽減できると患者さんから好評です。また、医療保険にて作成した装具系だとゴツイとお悩みの方にも。(シーダブリューエックス)CW-X 股 [続きを読む]
  • 「うーん、去年とあまり変わらないですね。」
  • 今日は独り言ならぬ、患者さんと私の2人言。 Tさん。40代、女性。両側臼蓋形成不全、および変形性股関節症。先天性股関節脱臼あり、リーメンヒューゲル法によりギプス治療した) 先日、定期受診のため整形外科受診。 担当のドクターはレントゲン写真だけを見て、 「うーん、去年とあまり変わらないですね。」 と、あまり良くなってないかのような言い回しで、股関節を動かすこともなく……ようはTさんに触れることもなく診察終了 [続きを読む]