西風 さん プロフィール

  •  
西風さん: つくば暮らし(隠居日記)
ハンドル名西風 さん
ブログタイトルつくば暮らし(隠居日記)
ブログURLhttps://ameblo.jp/nehangps/
サイト紹介文つくばでの暮らしを綴っています。趣味の旅行と映画に明け暮れる隠居生活です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/04/09 11:05

西風 さんのブログ記事

  • 研修講義(10月)
  • 東京都小平市の国土交通大学校へ講義に行った。昨年から始まった「GNSSの基線解析」という講義である。 基線解析というのは、衛星を使って位置を求める際に行う計算を表す専門用語です。国土交通大学校には国土地理院の研修用に普通課程コースと高等課程コースというのがあります。国土地理院に入った技術者は、最初1年間普通課程コースで測量・地図の基礎を勉強します。その後中堅クラスになると、選抜試験を経てさらに、数ヶ月 [続きを読む]
  • テラスのペンキ塗り
  • 25年前家を買ったとき、庭には何もなかった。角地だったので庭が2か所に分かれていた。南側は芝生を敷いてあり東側は砂利が敷いてあった。いずれの庭も出ていくためには1階の床面との段差60センチほどを降りていくようになっていた。そこでそれぞれ1階の床面と同じ高さにテラスを設け庭に出るの容易にすることにしました。まず簡単な設計図を引いて、必要な角材、板、コンクリートブロックの足支柱等をホームセンターで揃えた。 [続きを読む]
  • 美しきイタリア
  • 久しぶりに新書を買った。美術史家である池上英洋の「美しきイタリア 22の物語」である。この本はNHKのイタリア語講座のために書いたテキストをベースに加筆したものらしい。彼が訪れたイタリアの教会や宮殿、街の中から22を選びそれに纏わる歴史や文化を解説した軽い文章である。何ヶ所かは行ったこともあるが、多くはまだ訪れたことがなく、行って見たいなと思わせる場所が記されている。秋の午後、室内で寝転がって読むのに [続きを読む]
  • 菜園の衣替え
  • 1か月前プランターに種まきした大根が大きくなったので畑に移植した。大根は直播が一般的で移植すると根を痛めるのでよくないのですが、種まく時期にはまだ畑にトマトが植わっているので狭い畑ならではの窮余の方法です。一緒に白菜も植えて防虫ネットをかぶせた。昨年は途中まで大きく成長したのに虫と鳥に荒らされてしまった反省から今年はネットをした。プランターの方にはほうれん草の種を蒔いて、数種のレタスやネギ、ケール [続きを読む]
  • 9月の映画(2017)
  • 今月観た映画で印象に残った映画です。 「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」イギリスの実話に基づく映画です。ジャンキーとなり更生中のストリートミュージシャンが、ある日野良猫と出会う。野良猫と一緒に歌っているのが評判になり、ある出版社の薦めで本を書くことに。本はベストセラーになり男はその日暮らしから抜け出す。イギリスの社会福祉の現実が良く分かる面白い映画でした。 「ダンケルク」1940年ドイツがフランス [続きを読む]
  • 研修講義
  • JICAの研修が国土地理院で行われている。依頼されていた衛星測位(GNSS)の講義に行ってきた。7月に続いて今年2回目である。今回は「国家測量事業計画・管理」についての約4か月間の研修が行われている。アルバニア、バングラデシュ、ブータン、ブルキナファソ、ジブチ、エチアピア、タジキスタン、ジンバブエからの10人の研修生が来ている。地理院が何らかの援助に関係している国からの研修生である。 ジンバブエ以外は行ったこ [続きを読む]
  • 東京遊び(9月)
  • 定期健診で3か月ぶりに東京に行った。東京駅近くのクリニックで診察した。3か月前と数値に特に変わったこともなく安心した。クリニックのあと八重洲の地下街で昼食を摂った。その後近くの三菱ビルの美術館で「レオナルド×ミケランジェロ展」をやっていたので覗きました。ルネッサンスの両巨頭の素描が沢山展示されており、そのすばらしさに見とれました。昔の芸術家のデッサンのすごさに驚嘆しました。あまり宣伝してないのか混 [続きを読む]
  • パレオマニア
  • 図書館で池澤夏樹の本を読んだ。思想的にはあまり好きな作家ではないが経歴に魅かれて図書館にある作家の随筆等をよく読む。今回「パレオマニア」という本を読んだ。 パレオマニアとは古代に魅入られたものというような意味である。池澤はギリシャやフランスに過去実際住んで作家活動をつづけて居る異色の作家である。最近は独自編集の日本文学全集が話題になっている。「パレオマニア」は、作家が大英博物館に通ってそこで魅か [続きを読む]
  • 8月の映画(2017)
  • 今月観た映画で印象に残ったものです。今月は夏休みということで新作公開は多かったのですが、見たい映画が少なく映画館に通う日も少なかったです。 「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」午前10時の映画祭で観ました。今脂ののっているマットデイモンやベンアフレックのデビューしたての頃の演技を懐かしく観ました。数学に天才的な能力を持っているが、どう生きて行ったらいいか迷っている青年役のマット・デイモンとこの青 [続きを読む]
  • 墓参り
  • 先週子供が帰ってきて恒例の墓参りに行った。牛久沼の高台にある墓苑まで車で20分のところである。墓を買った頃はまばらにしか墓石が無かったのに、今ではすっかり埋まってしまっている。家族連れが大勢お参りに来ていた。今の時期自宅の庭にわずかに咲いていた花を供えた。墓を建ててから27年になる。墓を建てるときあちこち墓地を探した。大分の実家の墓にしようかとも思ったが大分には戻らないと決めていたので近くに探した。 [続きを読む]
  • ジンバブエの滝
  • 7月のJICA研修の研修生の国で行ったことのあるもうひとつの国がジンバブエです。ジンバブエへはヴィクトリアの滝を見に行った時に訪れました。滝はザンビアとジンバブエの国境沿いにかかっており、両サイドから滝を見ました。 訪れたのは6年前です。アフリカまでは長時間の飛行機になるのでこのとき遊びでは初めてビジネスクラスの飛行機に乗りました。 マレーシア航空の安いビジネス便がありました。ヨハネスブルクで乗り換えて [続きを読む]
  • 小さな収穫
  • 5月に準備した家庭菜園が今夏豊作でした。トマトが沢山採れました。7月は暑い日が続きプランタ―の水やりは十分できなかったのですが地植えの大玉のトマトはすくすくと育ちました。  窓辺のプランタ―に植えたニガウリは立派に西日を防いでくれます。 今年もたくさん採れました。 庭のブドウも実りました。 もぎたてのトマトをふたつ朝の膳 藤島咲子 葉洩日に碧玉透けし葡萄かな 杉田久女 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 7月の映画(2017)
  • 今月観た映画で印象に残ったものです。 「ハクソーリッジ」ハクソーリッジってどこかと思ったら沖縄の激戦地に米軍がつけた地名でした。第2次大戦に沖縄に派遣された米軍の1衛生兵の実話に基づく映画です。兵役志願したがある理由で銃を手にすることを拒否する。同僚達からのけ者にされ軍法会議にかけられるが、結局衛生兵として銃なしでの従軍が認められる。皆から臆病者とおもわれていた彼はしかし戦場に取り残された仲間75名 [続きを読む]
  • ヨルダンの景色
  • JICAの研修でヨルダンから2人の研修生が来ていた。講義中、いろいろと質問してくるプライドの高そうな印象の研修生であった。研修生の国で自分が訪れたことがあるのはこのヨルダンとジンバブエだけである。ヨルダンは5年ほど前にツアーで行きました。本当はパルミラをみたかったのですが、シリアの内戦でパルミラのツアーは取りやめになっており、ヨルダンの死海とペトラ遺跡のツアーに変えたのでした。最初にヨルダン南部の世界 [続きを読む]
  • JICA研修
  • 国土地理院でJICAの研修が行われている。 1 か月余りの短期研修です。 先週、前から依頼されていたこの研修の講師として久しぶりに地理院に行きました。昔の職場の後輩たちに先月出版した本「測地学入門」の宣伝をついでにしてきました。今回の研修にはブータン、ヨルダン、ニジェール、フィリピン、ジンバブエ、バングラデシュの6か国から8人が来ていました。それぞれの国の測量局から派遣されてきた課長、部長といった管理職 [続きを読む]
  • グラウンド・ゼロ
  • 4月にニューヨークに行ったときグラウンド・ゼロの跡地に行ってきました。昔40年前アメリカ留学時代、オハイオから車でニューヨークに行き、世界貿易センターのツインタワー屋上展望台に行ったことがあります。9.11でこのツインタワーが崩壊し、その映像をTVで見たときは衝撃でした。ちょうど家内が横浜にいて夜電話がかかってきました。TVを見てといったのでTVをつけるとツインタワーへ飛行機が衝突する画面が繰り返し映っていま [続きを読む]
  • 6月の映画
  • 今月観た映画で印象に残ったものです。 「家族はつらいよ2」山田監督のある意味限界を示すようなコメディー映画でした。 「ゴールド 金塊の行方」父親から鉱山事業を引き継いだが、事業は芳しくない。一発逆転を狙ってインドネシアの金鉱山事業に残り財産を賭けた山師の物語です。 ニューヨークの投資家やインドネシアで出会った謎の地質屋、スハルト大統領の息子等を巻き込んで投資は成功し、会社は上場するのだが、金鉱 [続きを読む]
  • 測地学入門
  • 隠居生活を始めて2冊目の本が出た。通算で8冊目の本になる。今回も原稿を朝倉や丸善といった大手の出版社に持ち込んだが、採算が取れないということで丁重に断られた。確かに出版不況の今日、マイナーな専門書では出版社も二の足を踏むであろう。幸い付き合いのある出版社が引き受けてくれ出版の運びとなった。 出版社から送られてきた贈呈本を手にした時が本を出した喜びを一番感じるときである。新しいインクの香りと紙の手触 [続きを読む]
  • どうしてGPSで位置が求まるのか
  • 今日、GPSはスマホにも用いられ、地球上どこであろうと現在地が分かるようになっています。GPSが出来たのは今から40年ほど前でアメリカの軍事用に作られました。それが民間でも使えるようになり、今やカーナビやスマホになくてはならないものになっています。どうしてGPSで位置が求まるのかということを知らなくてもスマホもカーナビも使えますが、GPSで位置が求まるしくみについて簡単に説明してみたいと思います。平面上のある [続きを読む]
  • 東京遊び(6月)
  • 3ヶ月毎の検診で東京へ出かけた。 東京駅近くのクリニックで受診した後、東京都美術館でのブリューゲル展を見るため上野に出ました。ボイマンス美術館所蔵のブリューゲルとヒロニムス・ボスの作品を中心にした展示でした。圧巻はブリューゲルの「バベルの塔」です。現代絵画といってもおかしくないような超精密画で、聖書に書かれた塔が描かれています。24年ぶりの来日だそうです。ブリューゲルの「バベルの塔」は違う図柄がもう [続きを読む]
  • 5月の映画(2017)
  • 今月観た映画で印象に残ったものです。今月の収穫は「人生フルーツ」です。理想の隠居生活が描かれていて参考になりました。 「カフェ・ソサエティ」ウッディ・アレンの新作です。 80歳を越えても相変わらず人を楽しませる映画を作るのが上手いです。 いつものユダヤネタを織り込みながら、1930年代のニューヨークとハリウッドを舞台にコメディーな恋愛映画を作っています。旬な女優を使うのが上手いで [続きを読む]
  • 残ったバラ
  • 20数年前家を買ったとき、うれしくて庭にパーゴラを作ったり、バラをたくさん育てた。千葉の専門店まで行きパーゴラ用につるバラ2本と鉢植え用に10数本のバラを買った。鉢植えのバラは毎年土を入れ替えたり、水やりや選定、消毒の手間で手入れが大変でした。5年ぐらいしたら手入れがいき届かなくなり、それ以降年々鉢数が減っていった。ついにはバラの鉢植えは止めてしまった。初めの頃はバラの季節には鉢植えの綺麗に咲いたバ [続きを読む]
  • GPS測量の始まり
  • GPSはアメリカ国防総省が世界各地に展開する艦船や航空機の位置決定のために開発した衛星システムである。これが民間にも開放されカーナビや携帯電話に広く使われるようになった。当初は位置精度は数十メートルであったが、現在は1メートルのオーダーで現在位置が求まるようになっている。このGPSをカーナビや携帯電話で使われてる受信機とは違うしくみの受信機を使って観測すると位置がミリメーターオーダーで求まるという新しい [続きを読む]
  • ヤンキースタジアム
  • ニューヨークで泊まったホテルが、グランドセントラル駅の近くだった。グランドセントラル駅はアムトラックの中央駅で多くの映画にも使われていて、絵になる大きな駅です。地下鉄もたくさん乗り入れていて便利でした。 旅行の後半いきたいところもほぼ見終えた時、地下鉄路線図を見ていてマンハッタンを出た北のブロンクス地区にヤンキースタディアム駅があるのが目についた。グランドセントラル駅から一本の地下鉄で行ける。  [続きを読む]