鬼門だらけの阪神タイガース さん プロフィール

  •  
鬼門だらけの阪神タイガースさん: 鬼門だらけの阪神タイガース
ハンドル名鬼門だらけの阪神タイガース さん
ブログタイトル鬼門だらけの阪神タイガース
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/wakearibukken
サイト紹介文阪神タイガースの東京ドーム、神宮球場、横浜スタジアム、名古屋ドームでの悲惨な負け試合をアーカイブする
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供265回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2016/04/09 16:57

鬼門だらけの阪神タイガース さんのブログ記事

  • いつも謎に思う3番伊藤隼太・・・。
  • 福留を休ませるのはわかる。41歳のおっさんをフルに働かせるには休みが必要である。でも、なぜ、3番に伊藤隼太なのだろう。打率は250程度。本塁打1、打点10。投手が右の九里だから左バッターと思ったのだろうが左右関係なく、この程度の成績の打者を3番に置く意味がわからない。小学生でも、3番は同じ左打者のナバーロで6番当たりに中谷か高山を置くだろう。結局、3番の差で負けてしまった・・・当たり前だけど(笑)八 [続きを読む]
  • 結局、福留&糸井と代打原口頼み・・・俊介を先発させる意味ある?
  • 福留、糸井が打って選び、原口が勝負強くタイムリーを放つ。勝ちパターンが出来ているというと聞こえは良いが、ソフトボールの上野みたいなもので、他に決められる選手はいないのか?と思ってしまう。特に、5回裏、2点を勝ち越して、更に無死満塁となってから鳥谷セカンドゴロ俊介空振り三振梅野セカンドゴロに打ち取られて追加点が奪えなかったのは象徴的だ。次の6回表に、松山に同点の2ランを浴びたのも無関係ではないだろう [続きを読む]
  • 梅野が先発しないと厳しいのが、厳しい・・・。
  • 昨日、無死1・2塁から俊介が併殺打を放ちチャンスが萎みかけたところで2ランを放った梅野。濱口はさぞかし気落ちしたことだろう。先発の小野にも、しっかり緩急をつけたリードをして6勝目に貢献。基本、専属捕手であるメッセ相手と同じリードなのでお手のモノだろう。そんな梅野が、昨日の死球の影響かどうかはしらないが、先発を外れた途端、滅多打ちされた今日の3戦目。まあ、投手の力の問題もあるかもしれないが、阪神の場 [続きを読む]
  • 最速155キロの片りんもない馬場・・・。
  • 「最速155キロのドラフト1位」が聞いて呆れる・・・。球は遅いし、コントロールも悪い。久々に前評判倒れの選手ではなかろうか。大和なんて、150キロ以上のストレートがあればインハイに投げてアウトコースのボール球で確実に仕留められる安パイな選手である。が、ストレートの球速がせいぜい140キロ前半なのでそうもいかないのだろう。ましてやリードをもらっていながらピッチャーを含めて四死球を出した挙句、押し出し [続きを読む]
  • 鬼門どころか、天国のようなハマスタで今季9勝目!
  • かつて鬼門と言われた横浜スタジアムで今季9勝目(1敗)。甲子園のように3ボールになる度に「おいおい〜!」とざわつかれ、ミスでもしようものなら「死ね」と言われる環境ではないから、ノビノビ野球が出来るのだろう(笑)。中華も美味しいし〜。福留さんはお休みだったが、鳥谷、梅野、ロサリオ、ナバーロがしっかりと活躍。小野も、打率2割の大和にタイムリーを含む2安打される間抜けぶりながら、序盤3回をゼロ封したことが [続きを読む]
  • 申し訳ないくらい横浜に強いのは、メッセさんのお蔭〜。
  • なぜか横浜には相性が良い阪神。なんと11勝4敗。うち6勝は、メッセさんの先発勝利試合だ。お蔭様で、メッセさん自身も11勝目。その三分の一でも広島相手に勝ってくれればと思うが、お得意さんがあるだけマシと思うべきだろう。さりげなく3位に浮上。良いのか悪いのか。来季は、第一希望 ノムさん第二希望 岡田第三希望 矢野に監督をして欲しいのだが。むろん、片岡ヘッドコーチ兼打撃コーチには辞めてもらうとして・・・ [続きを読む]
  • 糸井が40本打たないのも不思議だが(笑)
  • 糸井の超特大ホームランが決勝点に!能美防災の看板下に謎のスタンド席があることに改めて気づかされた特大弾だった。(野球観ながら、キスとかしてそうな席だなあ・・・)あんな大きなホームランを見るのは、チーム関係なしに久々ではないだろうか。そんな糸井がシーズン20本以上放ったことがないのは不思議としか言いようがない・・・。まだ進化途中なのだろうか(笑)残念なのは、今日の3点を叩き出したのが福留、糸井、ナバー [続きを読む]
  • 福糸のどちらかが欠けると途端に・・・。才木は若くして岩田病?
  • 福留が休養で、ナバーロが3番に入った途端、貧弱な打線に。やはり、一発がないのは魅力も怖さもない。今の大山もそうだろう。去年見受けられた長打力やチャンス強さの欠片も感じない。陽川や鳥谷の方がまだ先発に相応しいだろう。野手の選手層の薄さが阪神の弱みに違いない。それにしても、才木は初回に点をとられ過ぎる。6回3失点といっても、初回に3失点では及第点とは言えないだろう。先発打線が貧弱だったとはいえ、防御率 [続きを読む]
  • ロサリオ祭りが続く・・・どこまで本塁打数が伸びるか?!
  • ロサリオが8号満塁本塁打で快勝!2打席目も外角の変化球を頑張って見送っていたが、大城の2度目の空振りアピールに、3塁塁審が手を廻してしまい、三振に。せっかく頑張ってバットを止めているのに気軽にアウトにしないで欲しいものだ・・・。それはともかくロサリオの上昇基調と糸井の復帰に合わせてチームも強くなってきた。当初構想で3・4番が復帰・復調したのだから当然といえば当然か(笑)ロサリオには、今シーズン、20 [続きを読む]
  • 苦手克服祭り?!ロサリオの外角球打ちから一気に逆転!
  • もう打てるようになったと言っても良いのではないだろうか。5回裏、今日も、ロサリオが外角球を素直に打ち返してフェンス直撃の2塁打。中谷の3塁打で同点となり、鳥谷のセカンドゴロで逆転である。昨日、今日と、ロサリオの苦手克服を皆がお祝いしているかのようだ。塁上で素直に喜びを表に出すロサリオも、苦手なピーマンやニンジンを克服した子供のようで、なんだか可愛らしい。そして、ドサクサに紛れて小野が勝利投手に。2 [続きを読む]
  • よもやのサヨナラ勝ちが新たなきっかけになるか・・・?!
  • 決して強くはない。エースのメッセが打たれ、抑えのドリスも打たれた。外国人投手のリードが取柄だったはずの梅野がこれでは来季、やはりFAでベテラン捕手を獲るべきかもしれない。但し、今日は6タコの中谷を除き野手が頑張った。奇跡の同点3塁打を放った糸原。サヨナラ犠飛の北條。先制2ランの福留。1点差に追い上げるタイムリーと一時逆転となる押し出し四球を選んだ糸井。同点打を放った陽川。しっかりアウトコースを打って [続きを読む]
  • 単独最下位!首脳陣への求心力のなさが、負の流れを呼んでいる・・・。
  • 勝手に四死球を出してチャンスをくれる松坂を攻めあぐねているうちに一発を効率よく浴びて完敗。投打の歯車が噛み合っていないというより、もはやチームの体をなしていない。金本の言うように「負の流れにのまれている」といった外的な要因ではなく「首脳陣に対して選手の心が完全に離れてしまった」ことが選手個々のプレーに顕れてしまっているということであろう。もはやこうなってまうとどうにもならない・・・。私を含め、多く [続きを読む]
  • 最下位・中日に横綱相撲をとられて完敗・・・。
  • 終わってみれば2対7の順当負けである。先制したものの、岩貞が4回途中4失点。ナゴヤドームで4点とられたらまず負けである。陽川が打たなくなって久しい。一瞬とはいえ4番を打つほど絶好調だったがパタリと当たりが止まってしまった・・・。確かに改めて配球などを工夫されることもあるのだろう。しかし、阪神の場合、陽川といい、大山といい高山、中谷といい、パタリと打てなくなる選手が多過ぎる。それは、自分で乗り越えな [続きを読む]
  • ヤクルト相手に無事勝ちました(笑)
  • メッセと石川では勝って当然。まあ、勝ち星は球児についたけど。とりあえずヤクルトの投手がヘボいのも合わさって野手はそれぞれ活躍したといえる。桑原、球児、ドリスもしっかり役割を果たした!まあ首脳陣が何もしなくともそれ位の活躍をする選手層はあるよね(笑)********************訳あり物件の見抜き方 (ポプラ新書)/ポプラ社¥842Amazon.co.jp******************** [続きを読む]
  • あと一本でないのは、半分自分たちの責任でしょ。
  • 「あと一本が」とむやみにつぶやく監督は自分が無能だということに気づかずに終わってしまうだろう。打順と起用メンバーは?(原口は岩貞と相性が良かったけど小野とは?)チーム全体での狙い球や捨て玉の指示は?盗塁やヒットエンドランは?そもそも、各選手の課題に対して何を指導しているの?戦術、指導がなく「自分で乗り越えるべき」という体のいい放任で選手がバラバラに打っているからまとまりのあるチームに勝てないのでは [続きを読む]
  • 訳のわからんトレードと大敗・・・。
  • 左ピッチャーが不足しているといっても、24歳の松田を出してまで獲るピッチャーだろうか。優勝争いしているのなら目先のことを考えて中継ぎ左腕を獲るのもわかるが、優勝が絶望的な今、やるべきことだろうか。むしろ、優勝しそうだけど投手に困っている西武に働きかけて、炭谷あたりと交換してほしかった。鶴岡がいなくなってすっかり勝てなくなった藤浪の再生には経験豊富な捕手が不可欠に思えるし、こちらの投手の実力と相手打 [続きを読む]
  • 広島に、しかも九里相手にやっとこさの勝利!!
  • 一昔前なら、広島戦で、相手の先発が九里なら楽勝だったのに・・・。今や、なんとか勝てるレベル。哀しい話だ。福留はお休みだし、糸井は、ここ一番の試合でチャンスに弱いし・・・。幸い北條がバカ当たり。伊藤隼太もタイムリーを放ち、ロサリオもなんとか四球を選んで、まだ阪神色に染まっていないナバーロも2点タイムリーを放つ。原口も相変わらずの勝負強さ。才木に3勝目がついたのはなによりに違いない。ただ、明日、藤浪で [続きを読む]
  • ファン1千万人の呟き・・・なぜ岩田??
  • 試合前、首位広島とは10ゲーム差で対戦成績も5連敗中。何か何でも初戦をとりその勢いで3連勝を目指すべきだろう。普通に考えれば勝てば本人にもチームにも勢いがつきそうな藤浪を先発させるのがおよそ通常一般人の発想のはずである。だが、金本先生ら阪神首脳陣の発想はさすが違う。なぜか、ベテラン岩田を先発させてしまうのだから(笑)。せめて能見なみに実績があれば、我慢もするがなぜ通算56勝73敗(試合前)で今季未 [続きを読む]
  • メッセさん10勝!投手も打者も彼の言葉を黙って聞くべき!!
  • メッセさん10勝おめでとう。投手はもちろん、打者もメッセさんの助言に耳を傾けるべきだ。投手では、特に藤浪。速くて重いストレートをコントロール良く決め、緩急の大きいスローカーブを投げるのがメッセの真骨頂。なぜ投手全員が真似しないのかわからない。小野は不完全ながら真似しているから去年より勝っている藤浪が真似できれば今からでも10勝以上するだろう。打者にしても、メッセはこんなアドバイスをするという(『週 [続きを読む]
  • 糸井&ロサリオにつられて、ナバーロ・陽川まで・・・!
  • 糸井ロサリオナバーロ陽川一発を打てそうな人が打ったという感じか。核になる二人が打ったお蔭でナバーロや陽川までホームランを放つ・・・。糸井、ロサリオがいない打線がいかにしょぼかったか改めて痛感させられる(笑)阪神にとって飛車角はまさに糸井とロサリオだろう。逆にいうと、福留はチャンスに強いが常時期待するのは年齢的にも既に酷になっているといわざるをえない。飛車角の二人がどこまで打線を牽引するかこれまでのリ [続きを読む]
  • 改めて片岡と金本の無能さが際立つロサリオ2連発!!
  • なぜ後半戦の初戦からロサリオを使わなかったのだろう。というか、オールスター前から使っていれば、後半戦からフルスロットルの活躍だったのではないか。そもそもロサリオが2軍生活を余儀なくされたのは片岡にコーチング能力がないからだろう。何度もいうが、なぜまだ残っているのかわからない。誰が見ても、無能なのにシーズン最後まで残すのなら、優勝出来なかった時、球団社長はもとより、阪急阪神HDのエンタテインメント・ [続きを読む]
  • 休養勧告試合!
  • 株の世界でいえば、退場勧告相場みたいなものだろう。唯一のお得意先である横浜にも完敗。優勝の望みもなくなり、指揮官の他人事みたいなぼやきと負け惜しみ発言に選手もファンも愛想をつかしていると言わざるをえない。金本も、これ以上監督を続けてダメな烙印を押されるのは本望ではないだろうし、誰もそんなことを望んでいない。選手としての輝かしい実績を汚す前にそろそろ本気で休養を考えてはどうだろうか。******** [続きを読む]
  • もしも明日から掛布監督に代わったら・・・
  • 名選手、名監督にあらず。外野手に名監督はいない。すっかり当て嵌まった金本がもし辞めて明日から掛布監督になったら・・・。藤浪は神がかったように勝ち星を挙げるだろう。鳥谷も打ちまくるだろう。ロサリオもホームランを打ちまくるだろう。中谷も打ち、陽川も更に打ちまくるだろう。ひょっとしたら優勝してしまうかもしれない。首位と9ゲーム差。どうせダメなら試しに掛布監督で残り試合を闘って欲しい!!********* [続きを読む]
  • 全てが遅すぎる・・・。
  • 後半戦始まってすぐにナバーロとロサリオのツープラトン先発で行くべきだったろう。今更ながら3戦目にロサリオを投入しても既に1、2戦をとって勢いに乗った巨人に勝てない・・・。too little too lateとはこのことだろう。先発ピッチャーは連敗中だから点をとられまいと、慎重になり過ぎて大量失点する悪いパターンに陥っている。打線は、ロサリオを入れても、相変わらずの水鉄砲打線。怪我の糸井がいないのは仕方ないが、だっ [続きを読む]
  • 岩田の引退試合?負けに行っているとしか思えない金本の謎起用・・・
  • 後半戦に向けたインタビューで「広島を追撃するぞ、キーマンはロサリオと藤浪だ」と金本は言っていたし、ファンも、その通り!と思っていたが、全くこの二人が出てこない。言行不一致とはこのことだろう。ロサリオは先発させない出会いがしらの一発を期待出来る中谷も出さない、挙句に、先発は岩田である(笑)。後半戦2試合目。秋山、岩貞、藤浪、小野、高橋、才木、馬場を差し置いて、岩田を先発させる理由を是非、教えて欲しい。 [続きを読む]