鬼門だらけの阪神タイガース さん プロフィール

  •  
鬼門だらけの阪神タイガースさん: 鬼門だらけの阪神タイガース
ハンドル名鬼門だらけの阪神タイガース さん
ブログタイトル鬼門だらけの阪神タイガース
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/wakearibukken
サイト紹介文阪神タイガースの東京ドーム、神宮球場、横浜スタジアム、名古屋ドームでの悲惨な負け試合をアーカイブする
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供267回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2016/04/09 16:57

鬼門だらけの阪神タイガース さんのブログ記事

  • ガルシア獲る金があったら大物助っ人打者を獲れ!
  • 一番有効な補強は、手薄なポジションに力のある選手をもってくることだろう。5の力しかないところに10の力をもってくればパワーアップになるが、既に10の力があるところに(控えめにいって8の力があるところに)10の力をもってきてもさほどのパワーアップにならない。ローテ―ション投手だって限られているのだ。誰がどう見ても、外野手が手薄であり、強打の1塁手が足りないのだから、そこを埋めるのが先決だろう。左の先 [続きを読む]
  • メッセンジャーが10年続いた理由。
  • メッセンジャーが来季来日10年目を迎え日本人扱いで契約。居るのがすっかり当たり前のように感じるようになったのも当然か。むろん、成績が伴っているから長く居られるのは言うまでもない。249試合の登板で95勝77敗、防御率3.05。2010年5勝6敗2011年12勝7敗2012年10勝11敗2013年12勝8敗2014年13勝10敗2015年9勝12敗2016年12勝11敗2017年11勝5敗2018年 [続きを読む]
  • プロテクトリスト(打者編)
  • 投手と比べると魅力的な選手が少ないのが否めないが・・・守るべき選手はいる。1、<今後を担う主力選手>9人梅野(27)捕手、打率259、8本、47打点強肩強打がウリ。ゴールデングラブ賞もとれた。矢野には、坂本好きかもしれないが、梅野をしっかり育てて欲しい。糸原(26)セカンドorショート、打率286、1本、35打点高校時代、あの切腹発言監督に育てられただけあって、根性がある?!今シーズンは、安定感のあ [続きを読む]
  • プロテクトリスト(投手編)
  • オリックスが、高給のベテラン選手でもプロテクトから外れたら獲りにくると言っているらしい。まあ、それ位のことは言いたくなるだろう。関係なく、投手と野手ごとに考える。<投手編>計16人1、来季も先発主力 計6人藤浪(24歳)5勝3敗、防御率5.32才木(20歳)6勝10敗、防御率4.61小野(24歳)7勝7敗、防御率4.48岩貞(27歳)7勝10敗、防御率3.77秋山(27歳)5勝10敗、防御率3.8 [続きを読む]
  • オリックスへの選手プロテクトの方針を勝手に考える。
  • 西の入団が決定。きっとオリックスは人的補償を求めてくるだろう。プロテクトできる選手は28名。巨人のように獲った選手(大竹)より人的補償で獲られた選手(一岡)の方が活躍する事態は避けたいものだ。ただ、この28名という数は相当少ない。全体方針と思い切りがないと、活きの良い若手が獲られかねないのだ。阪神の場合、先発投手の世代交代が進み、かつてないほどに有望な若手が数多くいる。これはプロテクトしていくべき [続きを読む]
  • “西”と入力すると“阪神入団決断の”と付いてくるウイルスが蔓延?!
  • “西”と書くと、“阪神入団決断の”という枕詞がついてくるウイルスがスポーツ報知や讀賣新聞更には朝日新聞から共同通信、時事通信にまで感染する始末。明日からは、各社とも西の動向を追う度に枕詞がついて回るのだろうか。まあ、入団は間違いないだろう。そして、それなりのピッチングはしてくれるのだろう。が、今の打線では10勝も厳しいと言わざるを得ない。7勝11敗といったところか・・・。2003年の優勝時にはアリ [続きを読む]
  • 球団評価の低いドリスが可哀想?!
  • 確かにドリスは32セーブながら7敗している。リリーフエースにしては防御率も2.85とイマイチだ。勝っても、ハラハラドキドキさせられたことは二度や三度ではない。けれども、ドリスが悪いのかというと必ずしもそうではないだろう。味方に得点力がないから1点リードされたら負け。勝っていても、同点にされたら負けが見えてしまう・・・。そんな劣悪な条件下で精神的に優位に立つ相手に投げるリリーフ投手の負担は、他球団の [続きを読む]
  • 多分割りに合わない?!金本の3倍の条件で巨人入りの丸!
  • 金本が阪神に入団した際の年俸は2億4千万円。巨人には、当然のようにはるか上の金額を提示されていたらしいが、星野監督に“脅されて”入団を決意してくれた。安定して3割、30本、90点の成績を残し続けていた金本ほどの選手が安い年俸で入ってくれたなあ〜とほぼ全ての阪神ファンは思ったし、阪神の選手も、思っただろう。実際、移籍後も安定して高い成績を残してくれたのでアホ、ボケ、カス、死ね!が日常用語の関西人から [続きを読む]
  • 西vsサンスポvs阪神
  • 一体、真実はどこにあるのだろう?!阪神入りを決意!とサンスポが書き、書かれた西は、まだ決めていないという。阪神球団は、動きはない、じっくり決めて欲しいという姿勢・・・。金本という全国区の有名人のトークを垂れ流していれば反響のあった去年までと違い、鉄人でもアニキでもない矢野のオーソドックスな言動(本来的には安心だが)だけではインパクトがない。阪神の記事しかまず売れない関西のスポーツ紙としては、一発当 [続きを読む]
  • 高山の嫌味に期待したい!!
  • 「体制も変わったし、来年は自信はある。目指す方向性が固まっている」600万ダウンの推定3200万の提示を受けた後の記者会見で放った言葉は、明らかに、金本や片岡への嫌味だろう。アベレージヒッターなのに長打を無理強いされてバッティングを狂わされたという恨み節。1年目、134試合、打率275、8本、65打点2年目、103試合、打率250、6本、24打点3年目、45試合打率172、1本、14打点他球団に研 [続きを読む]
  • 狙っていた外国人助っ人を巨人にさらわれるフロントの大失態!!
  • 巨人が、来季の新外国人選手として、パドレスのビヤヌエバ内野手(27)と基本合意したことを発表。1年契約で、推定年俸は契約金を含む総額200万ドル(約2億2500万円)。今季は打率・236、20本塁打、46打点。春先には、ナ・リーグの月間最優秀新人にも選ばれている。阪神が狙っていたのはご存知の通りである。そして、条件が高騰したからとフェードアウトしていったのも・・・。どこが高騰?西には、同じ額以上で [続きを読む]
  • かつての西武のような用意周到な楽天の浅村獲得!
  • GMに就任した石井一久は、浅村がプロ入りした2009年から5年間のチームメート。5年間、西武で一緒にプレーして公私で慕うらしい渡辺直人も今季から楽天に復帰している。西武からFA移籍した岸は今や楽天のエースだ。初めてみた親鳥と投打の親しい先輩がいれば安心なのかもしれない。単に金を出すだけではない。人でがんじがらめに・・・いや、用意周到な獲得の仕方だろう。他にも、見えないところで色んな条件が本人に提示 [続きを読む]
  • 金本の視線による硬直から解き放たれ?!のびのび15点大勝!
  • 韓国LGとの練習試合で15対5の大勝!勝ったことよりも内容が良い。8盗塁!!中谷、大山が本塁打!望月、才木、浜地が無失点!金本にじっと見られて硬直していた選手(まさに蛇に睨まれた蛙)が視線から解き放たれてのびのびと、走って打っている印象〜。それだけでも監督を代えた意味があるというものだ。これだけ走られると相手投手も、緩い変化球を投げづらいだろう。あとは、ストレート系の球を豪快にホームランにしてくれ [続きを読む]
  • 遅まきながら、ウエポン有難う!心強い限りです。
  • 気が付いたら見覚えのないひとけのない駅に。仕方なく行けるところまで終電に乗り、カラオケで朝まで・・・。いい歳して哀しくなる11月ですが、上本の残留は嬉しい限り。確かに、上本はさほど守備がうまくないが、大和と違って打てる。打てる以前に、粘れるのがいい。ホームベースを覆うように構える無茶苦茶な打撃フォームの為、投手からすると投げる的が小さい。挙句にカットがうまいのでこんな面倒な打者はいない。塁に出たら [続きを読む]
  • 日米野球の岩貞に安心する・・・。
  • 大して興味はないものの、たまたまついていたテレビで日米野球をやっていて、岩貞が投げていた。哀しいかな、やっぱり気になる。前回の登板でボコボコに打たれたらしいから猶更だ。急に招集されて、球が走っていないとか言い訳していたが・・・。幸いなんとか1回と3分の2を抑えてくれたので安心した。能見は先発としてはもはや年齢的に無理だろうが、逆に、中継ぎ左腕として欠かせない存在になりつつある。岩田は正直厳しいだろ [続きを読む]
  • FA宣言のオリックス西を高額で獲るべきでない3つの理由。
  • 意外に相思相愛らしい。だからと言って、4年20億で獲得にいくなど、とんでもない。百害あって一利なしとはこのことだろう。<理由1>そもそも、現状、そこ迄の選手ではない。プロ初勝利を挙げた3年目からの勝ち負けと防御率は以下の通りである。’11年、10勝7敗、3.03’12年、8勝3敗、2.78’13年、9勝8敗、3.63’14年、12勝10敗、3.29’15年、10勝6敗、2.38’16年、10勝12 [続きを読む]
  • 次元が違うソフトバンクの強さ・・・今の阪神では永遠に勝てない。
  • とにかく強かった。サファテはいない、デスパイネは途中からいない。それでも勝ってしまう。しかも、広島の弱点である投手陣がダメだったというより、シーズン中、理想的に思えた広島の攻撃陣が、ここ一番で盗塁死や外野手からの返球でアウトになって、気勢を削がれたのがこのシリーズの結果に繋がったといえるだろう。甲斐や上林の守備力が目立ったが、素材を集め、優れた施設と大量のコーチ陣でしっかり育て加えて、外国人助っ人 [続きを読む]
  • 浅村が3年15億、4年20億らしい・・・。
  • 浅村の評価が急上昇している。いくらなんでも高過ぎるだろう。年俸5億。だったら、バリバリの大リーガーを毎年とればいいと思う。或いは、インセンティブで15勝したら5億円40本打ったら5億円と謳えば良いと思う。思えば、4月20日時点で藤浪に岩田、島本もつけて西武の浅村と交換して欲しいと呟いたが、我ながら慧眼だったというべきか・・・。今時点では、藤浪+岩田+島本で浅村はくれないだろう。しかし、福原のお蔭で [続きを読む]
  • 総合的に判断して不要なのは、谷本球団本部長ほかフロント陣!
  • ロサリオが、総合的な判断で自由契約らしい。繰り返しになるが、打率2割4分2厘、8本塁打、40打点でダメ助っ人扱いされたロサリオだが、143試合中、75試合しか出場していない。打率は伊藤隼太と同程度。本塁打は、糸井16本、福留14本、大山11本に次ぐ4番目。41歳の福留に上がり目はないだろう。37歳の糸井も怪我がちだ。ロサリオが143試合出場すれば、糸井、福留よりは本塁打を打つのではないだろうか。大 [続きを読む]
  • ロサリオを残留させるかどうか・・・。
  • ロサリオが残留か解雇かで宙に浮いている。ロサリオ側は、今の年俸3億4千万の半分以下でも残留したいらしい。年俸1億円プラス最大インセンティブ1億2千万位でどうだろう。打率2割4分2厘、8本塁打、40打点でダメ助っ人扱いされているが、143試合中、75試合しか出場していない。打率は伊藤隼太と同程度。本塁打は、糸井16本、福留14本、大山11本に次ぐ4番目。41歳の福留に上がり目はないだろう。37歳の糸 [続きを読む]
  • 日本シリーズの裏側で進む阪神のコンバート。
  • 複数ポジション化。大山:サード⇒ショート。島田:ショート⇒外野。先発投手への転向。岩崎:中継ぎ⇒先発望月:中継ぎ⇒先発大山だけは疑問。ファーストに外国人ないし福留をコンバートするとして、大山はサードを陽川と争えば良い。それ以外は賛成。島田には、かつてのヤクルトの飯田みたいになってくれればなあと思う。岩崎は、相性の良い巨人や中日戦だけで先発すれば良いのでは?代わりは飯田が務められそうだ。能見もあと1 [続きを読む]