まついのりこ さん プロフィール

  •  
まついのりこさん: あなたと子どもの乗り越える力を信じよう
ハンドル名まついのりこ さん
ブログタイトルあなたと子どもの乗り越える力を信じよう
ブログURLhttps://ameblo.jp/cameron-natural/
サイト紹介文ホメオパスまついのりこのブログ。自身の膠原病をホメオパシーや自然療法で治療中。日々自分と対話してます
自由文膠原病を発症しましたが、自分の体の力で治すことに決めました。
ホメオパシー、ハーブ、分子栄養学、免疫学、ヒーリングいろいろな視点から治療をしています。
まだ症状はあるし、不安になることもありますが、自分の体の力を信じたいと思っています。
膠原病は原因不明の病気ではありません。原因を知り、体を知り、自分で治療法を選択することが大切だと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/04/09 18:12

まついのりこ さんのブログ記事

  • 情報が先か?物質が先か?
  • 卵が先か?ニワトリが先か? みたいな話ですね。 この話、腑に落ちたのは、地下鉄の中だった のですが、その時、ぶっ飛びました(笑) またまたオタクな話ですが、お付き合いください。 全てのモノや生き物は、放射エネルギーを だしています。 人でいうと、オーラとか、 エーテル体、アストラル体などと言われることがあります。 わかりやすく人の場合で話をしますね。 肉体があって、何らかの放射エネルギー(電磁 [続きを読む]
  • びっくりしないでね、偽物です。
  • 次女がティッシュと口紅でつくった にせもの傷メークです(笑) 今日は、次女の小学校のお祭りでした。 小学生による、小学生のための イベントをちょろっとのぞいてきました。 次女のクラスは、お化け屋敷だったので、 前日に傷メークを練習した時の写真です。 ティッシュで作ると意外とリアルに できるんですね。 本番は、顔に傷をくっつけてました。 他のみんなも、統一性のない いろんなおばけになってました [続きを読む]
  • トキメク物は同化力が強い
  • 本質の科学の話、同化力について書いてます。 同化力というのは、人や物を一つの個として保持する力です。 前回、同化力が強いものほど、強いエネルギーを発します。というお話をしました。 人の同化力が強いとオーラが強いのですが、これは、人についてだけではないんです。 全てのものには命があるという記事にこんまりさんの事を書きました。 人がときめきを感じるものは、強い放射エネルギーをだしています。そし [続きを読む]
  • 目の前の人・事を鮮やかに見ていますか?
  • 高校2年生の長女が、小学6年の当時、とても衝撃的を受けたアニメがあります。 当時、勉強がイヤで、勉強したフリして、チャレンジについてきたパットでアニメを見まくっていたそうです。 チャレンジのパットって、インターネット見られるんですね、、(親がもうちょっとしっかりチェックしろ〜って感じですが) 我が家は父母ともに、「勉強しろ」って全く言わない親なのですが、自分で中学受験をすると決めた長女は勉強し [続きを読む]
  • 魂の重さ
  • 連続で「同化力」について書いてます。 同化力が強くなると生命力が強くなるというお話をしました。 なかなか理解するのが難しいという感想をいただいたので、ひとつひとつステップを踏んでわかりやすく説明するので、お付き合いくださいね。 地球上で一番大きな同化力は、地球の同化力です。これは、重力として現れるので、生命力が上がると体重が増えます。 生命力がある状態の反対はというと病気の状態です。同化する [続きを読む]
  • メイキング オブ ふんぱん写真
  • 無農薬の麻を原料とし、特別な作り方で織られた「満月の布」で作ったふんどしパンツのショップをしています。 とってもエネルギーの高い布で作られているので、自分で言うのもなんですが、すごいフンパンです。 MRA測定項目というエネルギーを測る方法があるのですが、満月の布は全ての項目で最高値21を出しています。(MRA項目については、またの機会に詳しく書きますね。) 沖縄に行った時、ふんぱんのイメージ写真を [続きを読む]
  • 同化力が上がると体重が増える?
  • 同化力とは、自己の内部を一定に保とうとする力、個として強く成り立つ力というお話をしました。 同化力が強まると、発するエネルギーが上がります。 この力が強まると体重が増えるんです!! えー、困る?と思ったあなた、安心してください。体重は増えても、太りませんよ。 よく、赤ちゃんを抱っこした時、見た目は小さいけれど、ずっしり重い子いませんか?「中身がつまっているんだね〜」なんていったりして。 そん [続きを読む]
  • 個のちから
  • ブログをマイナーチェンジして、「地球からの応援を受け取る方法」というあやしい(笑)副題をつけました。 私自身が、国指定の難病を克服していく過程で、出会った考え方、や思いついた事をブログでシェアしていこうと思っています。 今日は「同化力」についてお話します。 先日簡単に同化について記事に書きました。 ボロボロのおにぎりの写真を載せましたが、しっかりしたおにぎりは「おにぎり」だけど、ボロボロしちゃ [続きを読む]
  • 旅先での実験 その3
  • 自分から楽しむ。 出来事や人の感情に反応しない実験を続けた結果だよ。 やっぱり旅の後半で、ちょっとしたトラブルが発生し、私の心はグラっとしました。 その時、「反応しない」「反応しない」って 思ったけど、いやー、そんなの無理だーって思った。 その時、ふと「捉え方を変えてみる」 という事を思い出しました。 出来事のとらえかたを変えるとか、解釈を変えるってよく言われるけど、具体的にどうしたらいいかわ [続きを読む]
  • 旅先での実験 その2
  • もう一つの実験は、自分が思っている事に片っ端から、オッケーを出してあげることです。今まで、そんなこと思っちゃダメだろうとか、無意識に思わないようにしていたことを一度言葉にしています。それについては、ジャッジなくただそう思ってるんだな〜って感じて、あとは海を見て、終わりです(笑)でも、不思議と心が緩む気がします。 [続きを読む]
  • 旅先での実験
  • 旅先で実験をしているので、ちょこちょこプログ書いてみようと思います。今回の旅では、いくつか自分のなかで試していることがあります。その一つは、自分から楽しむということです。旅の途中でトラブルがあっても、誰かが機嫌悪くなっても、それに大きく引っ張られることなく、自分の楽しいエネルギーをキープする実験反応が反応を呼ばないように。些細な実験ですが、楽しんでやってます。楽しんでると、なんだかハッピーなこと [続きを読む]
  • QX-SCIOの使い方講座に参加しました
  • QX-SCIO(キューエックススキオ)という機械の使い方セミナーに参加してきました。 QXコンシェルジュのピンクさんのセミナーは、マニュアルには載っていない内容盛りだくさんです。 QX-SCIOとは、弱冠18歳でアポロ13号帰還の立役者となった科学者ビルネルソン(ウィリアムネルソン)博士が開発したエネルギー測定修正システムです。量子電磁力学、生物物理学を駆使し、ホメオパシー理論をベースに開発したものです。 理論は [続きを読む]
  • 週末は家族みんなで「放射能対策の日」
  • 先日、次女が登校中に大量の鼻血を出しました。 あまりのすごい量の鼻血で、ご近所のママも びっくりでした。 今日は、放射能対策のホメオパシーについて 書きたいと思います。 たとえ、害を与えるものが体に入ってきたとしても、 それを体外に出そうとする力を私たちの体は持っています。 しかし、長期に渡り入り続けると、体はそれが異物という 認識を持たなくなってきます。 共存しようとすることで、体のエネルギーを温 [続きを読む]
  • 1+1=1。答えは2じゃないの?
  • 今日は算数ではない話をします。 算数では、1+1は2ですよね。 私たちが生きている世界は、1+1=1なんです。 全てのものには命があり、一つの個として存在しています。 そして、1と1が集まって、もう一つ上の段階の1をつくっています。 例えば、原子が集まって分子となる。 細胞が集まって、臓器をとなる。 臓器があつまって、身体になる。 おにぎり握ってみました。 米粒ひとつひとつが集まって、ひとつのお [続きを読む]
  • 全てのものは「自ずから然ある」
  • こんまりさんの本が大好きです。 恥ずかしながら、、私片付けがとても下手です。 でも、彼女の片付け本を読むと、 とてもよい気分になるので、ついつい片付ける手を 止めて、本を読んでしまいます(笑) なぜ好きかというと、彼女は物が持つスピリットに ついて書いていて、単なる片付け本ではないからです。 こんまりさんは、本を整理する前に、 手を叩いて本をおこすとか、 ものを磨くとうれしそうとか、 家には性 [続きを読む]
  • 本質の科学とは
  • 今の私にはやりたいことがいっぱいあります。 その中で一番にやりたいことは、 新しい概念の科学を分かりやすく、 みなさんにお伝えして、世の中に広めることです。 新しい概念というだけあり、なかなか受け入れることが 難しいかもしれないので、少しずつ 私も落とし込みながら書いていこうと思います。 健康に関わる業界にいることで、 たくさんの有益な情報を得ることができました。 しかし、それらの情報は、「これが [続きを読む]
  • 病気をやめる時期
  • この2年3ヶ月の間、病気と向き合ってきた経過を 書いています。 下記のような時期があったと書きました。 はじめに ① 病気をアイデンティティにしていた時期      ↓② 病気と共に歩み、病気に教えてもらっていた時期      ↓③ 病気をひみつ道具にしていた時期      ↓④ 病気を忘れるようになった時期      ↓⑤ 病気をやめる時期 今日は「病気をやめる時期」について書きたいと思います。 [続きを読む]
  • 病気を越えた先に(本当に伝えたいこと)
  • 私の病気との向き合い方を書いている途中ですが、 今日は、おおきな節目の新月だということなので、 違う記事を書くことにしました。 病気との向き合い方の最終回 「病気をやめる時期」で 書くつもりだったのですが、 連続記事を書き始めた時は、私はまだ 「病気を忘れる」と「病気をやめる」の中間でした。 でも、今は、「病気をやめました」 それは、心からやりたいと思うことを、やっていく覚悟ができた からです。 [続きを読む]
  • 病気を忘れるようになった時期
  • この2年3ヶ月の間、病気と向き合ってきた経過を 書いています。 下記のような時期があったと書きました。 ① 病気をアイデンティティにしていた時期      ↓② 病気と共に歩み、病気に教えてもらっていた時期      ↓③ 病気をひみつ道具にしていた時期      ↓④ 病気を忘れるようになった時期      ↓⑤ 病気をやめる時期 今日は、④の「病気を忘れるようになった時期」のことを 書きたいと [続きを読む]
  • 病気をひみつ道具にしていた時期
  • この2年3ヶ月の間、病気と向き合ってきた経過を 書いています。 下記のような時期があったと書きました。 ① 病気をアイデンティティにしていた時期      ↓② 病気と共に歩み、病気に教えてもらっていた時期      ↓③ 病気をひみつ道具にしていた時期      ↓④ 病気を忘れるようになった時期      ↓⑤ 病気をやめる時期 今日は、③の「病気をひみつ道具にしていた時期」のことを 書きたい [続きを読む]
  • 病気と共に歩み、病気に教えてもらっていた時期
  • 超スローペースの更新ですが、ペースを上げていきたいと思います。 この2年3ヶ月の間、病気と向き合ってきた経過を 書いています。 下記のような時期があったと書きました。 ① 病気をアイデンティティにしていた時期      ↓② 病気と共に歩み、病気に教えてもらっていた時期      ↓③ 病気をひみつ道具にしていた時期      ↓④ 病気を忘れるようになった時期      ↓⑤ 病気をやめる時期 [続きを読む]
  • 病気をアイデンティティにしていた時期
  • この2年3ヶ月の間、病気と向き合ってきた経過を 書こうと思います。 前回、下記のような時期があったと書きました。 ① 病気をアイデンティティにしていた時期      ↓② 病気と共に歩み、病気に教えてもらっていた時期      ↓③ 病気をひみつ道具にしていた時期      ↓④ 病気を忘れるようになった時期      ↓⑤ 病気をやめる時期 今日は、①の「病気をアイデンティティにしていた時期」 [続きを読む]
  • 病気をひみつ道具にしていませんか?
  • ブログを再開して、最初に何を書こうかな?と 考えていました。 2年3ヶ月前に、難病と診断されました。 それから、現在まで、どのように経過してきたか、 病気との付き合い方を書こうと思いました。 これは、私の場合の話なので、他の方に当てはまるか わからないのですが、すこしでも、 今、病気に悩んでいる方の参考になったらうれしいです。 病気との付き合い方はいろいろな段階がありました。 ① 病気をアイデ [続きを読む]
  • 今年は出していきます
  • ひさしぶりのブログです。 ほぼ10ヶ月ブログを書いていませんでした。なにかエネルギーが出るまでは、なにも書けない、、という感じでしたが、やっと表現してみたいという気持ちになりました。 この二年間は病気のおかげもあって、いろいろな心の旅をしてきました。自分の感覚と向かい合う時間、その中で気付いたことは、宝の山でした。 学びもいっぱいやってきて、もうそろそろお腹もパンパンになってしまったので、ここか [続きを読む]
  • セッションまでの流れ
  • お問い合わせフォームより、申し込みをお願いします。             ↓ お返事をさせていただきます。質問表、同意書をメールにて送ります。(記入して当日お持ち下さい)             ↓ 当日「とらのこ会」に入会していただきます。(年会費2000円)             ↓ 健康相談会は、初回は90分、二回目以降は60分です。質問票のタイムライン、病歴、薬歴などを確認し、あなたに適切 [続きを読む]