まついのりこ さん プロフィール

  •  
まついのりこさん: あなたと子どもの乗り越える力を信じよう
ハンドル名まついのりこ さん
ブログタイトルあなたと子どもの乗り越える力を信じよう
ブログURLhttps://ameblo.jp/cameron-natural/
サイト紹介文ホメオパスまついのりこのブログ。自身の膠原病をホメオパシーや自然療法で治療中。日々自分と対話してます
自由文膠原病を発症しましたが、自分の体の力で治すことに決めました。
ホメオパシー、ハーブ、分子栄養学、免疫学、ヒーリングいろいろな視点から治療をしています。
まだ症状はあるし、不安になることもありますが、自分の体の力を信じたいと思っています。
膠原病は原因不明の病気ではありません。原因を知り、体を知り、自分で治療法を選択することが大切だと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/04/09 18:12

まついのりこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 週末は家族みんなで「放射能対策の日」
  • 先日、次女が登校中に大量の鼻血を出しました。 あまりのすごい量の鼻血で、ご近所のママも びっくりでした。 今日は、放射能対策のホメオパシーについて 書きたいと思います。 たとえ、害を与えるものが体に入ってきたとしても、 それを体外に出そうとする力を私たちの体は持っています。 しかし、長期に渡り入り続けると、体はそれが異物という 認識を持たなくなってきます。 共存しようとすることで、体のエネルギーを温 [続きを読む]
  • 1+1=1。答えは2じゃないの?
  • 今日は算数ではない話をします。 算数では、1+1は2ですよね。 私たちが生きている世界は、1+1=1なんです。 全てのものには命があり、一つの個として存在しています。 そして、1と1が集まって、もう一つ上の段階の1をつくっています。 例えば、原子が集まって分子となる。 細胞が集まって、臓器をとなる。 臓器があつまって、身体になる。 おにぎり握ってみました。 米粒ひとつひとつが集まって、ひとつのお [続きを読む]
  • 全てのものは「自ずから然ある」
  • こんまりさんの本が大好きです。 恥ずかしながら、、私片付けがとても下手です。 でも、彼女の片付け本を読むと、 とてもよい気分になるので、ついつい片付ける手を 止めて、本を読んでしまいます(笑) なぜ好きかというと、彼女は物が持つスピリットに ついて書いていて、単なる片付け本ではないからです。 こんまりさんは、本を整理する前に、 手を叩いて本をおこすとか、 ものを磨くとうれしそうとか、 家には性 [続きを読む]
  • 本質の科学とは
  • 今の私にはやりたいことがいっぱいあります。 その中で一番にやりたいことは、 新しい概念の科学を分かりやすく、 みなさんにお伝えして、世の中に広めることです。 新しい概念というだけあり、なかなか受け入れることが 難しいかもしれないので、少しずつ 私も落とし込みながら書いていこうと思います。 健康に関わる業界にいることで、 たくさんの有益な情報を得ることができました。 しかし、それらの情報は、「これが [続きを読む]
  • 病気をやめる時期
  • この2年3ヶ月の間、病気と向き合ってきた経過を 書いています。 下記のような時期があったと書きました。 はじめに ① 病気をアイデンティティにしていた時期      ↓② 病気と共に歩み、病気に教えてもらっていた時期      ↓③ 病気をひみつ道具にしていた時期      ↓④ 病気を忘れるようになった時期      ↓⑤ 病気をやめる時期 今日は「病気をやめる時期」について書きたいと思います。 [続きを読む]
  • 病気を越えた先に(本当に伝えたいこと)
  • 私の病気との向き合い方を書いている途中ですが、 今日は、おおきな節目の新月だということなので、 違う記事を書くことにしました。 病気との向き合い方の最終回 「病気をやめる時期」で 書くつもりだったのですが、 連続記事を書き始めた時は、私はまだ 「病気を忘れる」と「病気をやめる」の中間でした。 でも、今は、「病気をやめました」 それは、心からやりたいと思うことを、やっていく覚悟ができた からです。 [続きを読む]
  • 病気を忘れるようになった時期
  • この2年3ヶ月の間、病気と向き合ってきた経過を 書いています。 下記のような時期があったと書きました。 ① 病気をアイデンティティにしていた時期      ↓② 病気と共に歩み、病気に教えてもらっていた時期      ↓③ 病気をひみつ道具にしていた時期      ↓④ 病気を忘れるようになった時期      ↓⑤ 病気をやめる時期 今日は、④の「病気を忘れるようになった時期」のことを 書きたいと [続きを読む]
  • 病気をひみつ道具にしていた時期
  • この2年3ヶ月の間、病気と向き合ってきた経過を 書いています。 下記のような時期があったと書きました。 ① 病気をアイデンティティにしていた時期      ↓② 病気と共に歩み、病気に教えてもらっていた時期      ↓③ 病気をひみつ道具にしていた時期      ↓④ 病気を忘れるようになった時期      ↓⑤ 病気をやめる時期 今日は、③の「病気をひみつ道具にしていた時期」のことを 書きたい [続きを読む]
  • 病気と共に歩み、病気に教えてもらっていた時期
  • 超スローペースの更新ですが、ペースを上げていきたいと思います。 この2年3ヶ月の間、病気と向き合ってきた経過を 書いています。 下記のような時期があったと書きました。 ① 病気をアイデンティティにしていた時期      ↓② 病気と共に歩み、病気に教えてもらっていた時期      ↓③ 病気をひみつ道具にしていた時期      ↓④ 病気を忘れるようになった時期      ↓⑤ 病気をやめる時期 [続きを読む]
  • 病気をアイデンティティにしていた時期
  • この2年3ヶ月の間、病気と向き合ってきた経過を 書こうと思います。 前回、下記のような時期があったと書きました。 ① 病気をアイデンティティにしていた時期      ↓② 病気と共に歩み、病気に教えてもらっていた時期      ↓③ 病気をひみつ道具にしていた時期      ↓④ 病気を忘れるようになった時期      ↓⑤ 病気をやめる時期 今日は、①の「病気をアイデンティティにしていた時期」 [続きを読む]
  • 病気をひみつ道具にしていませんか?
  • ブログを再開して、最初に何を書こうかな?と 考えていました。 2年3ヶ月前に、難病と診断されました。 それから、現在まで、どのように経過してきたか、 病気との付き合い方を書こうと思いました。 これは、私の場合の話なので、他の方に当てはまるか わからないのですが、すこしでも、 今、病気に悩んでいる方の参考になったらうれしいです。 病気との付き合い方はいろいろな段階がありました。 ① 病気をアイデ [続きを読む]
  • 今年は出していきます
  • ひさしぶりのブログです。 ほぼ10ヶ月ブログを書いていませんでした。なにかエネルギーが出るまでは、なにも書けない、、という感じでしたが、やっと表現してみたいという気持ちになりました。 この二年間は病気のおかげもあって、いろいろな心の旅をしてきました。自分の感覚と向かい合う時間、その中で気付いたことは、宝の山でした。 学びもいっぱいやってきて、もうそろそろお腹もパンパンになってしまったので、ここか [続きを読む]
  • セッションまでの流れ
  • お問い合わせフォームより、申し込みをお願いします。             ↓ お返事をさせていただきます。質問表、同意書をメールにて送ります。(記入して当日お持ち下さい)             ↓ 当日「とらのこ会」に入会していただきます。(年会費2000円)             ↓ 健康相談会は、初回は90分、二回目以降は60分です。質問票のタイムライン、病歴、薬歴などを確認し、あなたに適切 [続きを読む]
  • 初めての方へ
  • ☆ホメオパシーとは 「ホメオパシー」という言葉を初めて聞く方も多いのではないかと思います。 日本では馴染みのない言葉ですが、海外では多くの人が使っている代替療法の一つです。 ホメオパシーは今から200年前にドイツの医師ハーネマンにより発見された自己治癒力を使う同種療法です。同種療法の起源は古代ギリシャのヒポクラテスまでさかのぼることができ、「症状を起こすものは、その症状を取り去るものになる」という「 [続きを読む]
  • ホメオパシー相談会
  • ホメオパシーを始めると、体調だけでなく、こころの在り方が変わってきます。相談会では、ゆっくりお話をお聞きして、あなたに合ったレメディをお選びします。 心理学、免疫学、生化学を学び、食生活、生活習慣のサポートと共に、 できるだけ好転反応の少ないホメオパシー治療を目指しています。 ★ホメオパシー相談会★初回     90分 2回目以降 60分        10,000円(税別)こんな方におすすめです。・慢性 [続きを読む]
  • アースワークで自分と対話したよ
  • こんにちは、ホメオパス まついのりこです。 今日のありママ?ラボは、ワタナベミホさんを講師にお迎えして、アース・ワークをやりました。 フルタイム勤務なのに会社を休んできてくださったおとうさん、おかあさんもいて、賑やかでした。みなさん、ご参加ありがとうございました 私自身も、今日を楽しみにしてました。 アースワークってどんなことをやるんだろう?と思っていましたが、 [続きを読む]
  • イモトの登山を見て、病気への向き合い方を考えてみた
  • こんにちは、ホメオパス まついのりこです。気づいたらブログ更新するのが三ヶ月ぶりでしたこの週末は、年に一度のホメオパシーコングレスに行ってきました。今年も、変わらずに全国のホメオパス仲間に会えたこと、本当にうれしかった。パワー充電してきました。そして、とらこ先生のクライアントさんが、自らの体験をお話してくださった内容はとても感動的でした。下半身不随のクライアントさんが、自分でベッドから起き上がれ [続きを読む]
  • クライアントさんが絵本を出しました
  • こんにちは、ホメオパス まついのりこです。先日と言ってもだいぶ前になってしまうのですが、ホメオパシー健康相談を受けてくださっているクライアントさんからうれしい報告をいただきました「念願の絵本を作ることができました」うわ〜。すごい!!この絵本は、川崎大空襲についての絵本です。戦争の悲惨さを伝えるために、どんな絵にするか悩まれたそうです。「あまりにも見ていて辛い絵では、子どもが手にとらない、しかし、 [続きを読む]
  • 子どもには、罰も脅しもいらない
  • こんにちは、ホメオパス まついのりこです。子どもが悪さをした時に、「それは悪いことだよ」と罰や脅しをして悪いことだと伝える必要があるでしょうか?私は、月に一度アドラー心理学の勉強会に参加しています。その中で、子どもが森に置き去りにされた事件についての意見交換があったので、紹介したいと思います。実在の事件を題材にしていますが、個人を非難するものではありません。私達の想像だと思っていただければと思い [続きを読む]
  • 過去の記事 …