からしまひろこ さん プロフィール

  •  
からしまひろこさん: からしまひろこの小春日和〜笑顔で波乱万丈!?〜
ハンドル名からしまひろこ さん
ブログタイトルからしまひろこの小春日和〜笑顔で波乱万丈!?〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/kohiro-palette/
サイト紹介文子育ての事、介護の事、アロマの事、メンタルケアの事、ほんわりと、でも、ズバッと 発信していきます。
自由文長年、子育てしながら義母や夫の家族介護に明け暮れてるうちに、介護が仕事になっちゃった介護福祉士 兼 アロマインストラクターです。心の不思議 身体の不思議 メンタルの事 似顔絵職人の仕事の事 いっぱい発信して行きます💖
どうぞ宜しくお願いします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/04/09 20:16

からしまひろこ さんのブログ記事

  • 偽コーチ が アスリートを語る?!
  • 最近、とっても大人だなあ〜と思う若いスポーツ選手が多くてちょっと前の平昌オリンピックに引き続き東京辰巳国際競技場で行われた水泳日本選手権を熱心に観戦しておりました。 お借りいたしました。池江璃花子選手が全出場種目で日本新を出すというのも感服しましたが、コメントも 大人だなあ〜今回の結果に舞い上がる所など一切なくてもう次の東京オリンピックを見据えそれまでに 世界新を出す目標とその為に [続きを読む]
  • 人の寿命と 魂の行き先
  • この春は、ちょっと急ぎ足の桜に 追い立てられデイサービスのみなさんを車に乗せお花見に連れて行ったり食事イベントをしては日々の買い出しに追われたり、、日によっては 運転手!日によっては調理員!さすがに疲れているのか、ブログ更新しようと座った途端目を開けたまま(おそらく)寝てばかり。。。みなさま、、すっかり ご無沙汰でした!そんな桜満開の季節、、エイプリルフールが誕生日という人生そのものが 冗談みたいな私 [続きを読む]
  • 怒りの波動で物が壊れる!
  • 前回、亡くなった元夫困ったオッちゃんの事を書きふっと 思い出した事があり荷物を整理してみると忘れていた オッちゃんの携帯電話やiPadなどが 一つの鞄にまとまっておりました。普段の生活の中で、オッちゃんの携帯を見ようと思った事はありませんでしたが、中を見なくては いけない状態になった事がありました。病気が末期になってきた頃の事……オッちゃんは全く 自分の病状を受け入れられず普段と同じように仕事をしようとし [続きを読む]
  • 震災の日に偲ぶもの
  • 3・11という震災の日は、胸が痛む忘れられない事ですが、ある事を、同時に思い出してしまいます。ポツポツとブログで書いてきましたが、3年前に亡くなった元夫の困ったオッちゃんはこの震災の時は、まだ元気に仕事をしておりました。でも…この震災の情報をテレビで観た時に、普段の 神経の太い 自分を中心に地球は回っている!というようなオッちゃんが珍しく、異常に動揺し津波の映像を正視できないという感じになったのです。 [続きを読む]
  • アスリート魂と、ちょっと親心
  • 平昌オリンピックで怪我にも負けず しっかりと復活して金メダルを獲得した羽生結弦君の演技をデイサービスで利用者さんたちと応援しながら観たのが つい先日の事ですが…羽生君のジャンプが決まる毎にギャーッと大騒ぎし拍手喝采みんな 親戚ですか羽生君は孫ですかと突っ込まれそうな位の応援団ぶりに笑ってしまいつつ……なかには、感動して号泣する おばあちゃんの涙を拭いてまわりつつ……そのわりに 、翌日その話しをすると [続きを読む]
  • 魂のメッセンジャー
  • 久々の更新となっております。今日は ちょっと不思議な話しです。今から 15年ほど前の事ですが、私は毎年クリスマスシーズンにある行事に通っていました。「生きがいの創造」で有名な飯田史彦先生の研究で知られている脳神経外科の奥山輝美先生のグループワークに通っていたのです。それは、毎年 色々な講演会とグループでの退行催眠というかなりスピリチュアルなワークでした。これは、何かの導きだったのか、偶然にも、娘が通い [続きを読む]
  • 私が誰なのか、、
  • 今 私は 自分の職場で改めて、認知症介護の実習中です。スタッフ全員で 、一人のモデルケースとなる 認知症の方を選び取り組んでいくのですが…私自身も長年にわたり この仕事を通して認知症の人と関わり姑や 元夫の家族介護を 通して 究極の認知症状と 格闘し、それでも ここまで一人の人の事を 、こんな深い見方はした事が なかったというくらい、深く 深く 人を 見ていかねばなりません。実習対象の モデルとして 選んだのは [続きを読む]
  • 闇を見た時代を忘れないこと
  • 今、仕事の関係で 認知症介護実践者研修 というものに通っています。子供の頃から、認知症の祖母と暮らしてきたり、20代では、重度の認知症の姑を 介護をしながらスタートした結婚生活。そして、、50歳すぎに亡くなった 元夫の困ったオッちゃんの 亡くなるまでの過程ではもともとの ひどいアルコール依存や、脳転移した癌細胞と抗ガン剤の影響で若年性認知症のような状態…仕事でも 沢山の重度認知症の利用者さんとの関わりがあ [続きを読む]
  • これでいいのだ!てんやわんやの年始
  • 正月明けから ちょっとてんやわんやの 出来事がありました。利用者さんを救急車で緊急搬送!デイサービスでの出来事です。昨日私はフロアで仕事をしていました。すると 風呂の当番のスタッフが介助中に ぎっくり腰になりました。 いつも、何があっても対応できるようにと私は、真冬でも UNIQLOの速乾性のTシャツや スポーツ用のパンツを身に付けています。急に 風呂の手伝いに入る場面が多いのでパッと 脱いだら 風呂の手伝 [続きを読む]
  • 一人寝正月に挑戦!
  • みなさま 新年明けましておめでとうございます。正月と言えば 元夫が 存命していた頃は飲んで飲んで 飲まれて飲んで酔いつぶれて 眠ってくれるならまだしも…事件 事件 また事件それに容赦なく自分の仕事も 年中無休状態で認知症独居の方の訪問もあれば、長男の嫁としての責任上来客のもてなしや姑の介護など色んな やらねば ねばねば…にベットベトに がんじがらめ。正直言って 私にとって正月は めでたくなーい!!大嫌いな [続きを読む]
  • 感謝をこめて、、
  • 今年も 今日で終わり!私にとって 怒涛のような忙しさの一年間でありました。仕事でも 大きな変化があり嫌でも 色んな覚悟をせざるを得ない重い立場になったり…(収入は減っとりますが)ブログでも ずっと書いてきましたが元夫の死後 一緒に協力して暮らしていた娘が 結婚したりいよいよ 一人きりの人生に踏み出す事になりました。家族という形を 一旦 卒業した自分にはこれからは また 違う役目があるのだろうと 思っております [続きを読む]
  • 前世療法で大爆睡!退行睡眠!
  • ある時期、クリスマス前の12月23日になると不思議な 巡り合わせでずっと 通っていた行事があります。それは、退行催眠ワークです。こう書くと、むちゃくちゃ怪しいのですが、ベストセラーの名作「生きがいの創造」の著書で有名な 福島大学の飯田史彦先生と共同研究をされていた 脳神経外科の奥山輝美先生が 開催されていたクリスマス恒例のイベント退行催眠のワークです。今はもう このイベントはされていませんが私にとっては恒 [続きを読む]
  • 酔っ払い失敗伝説! 魔界への不思議な入り口
  • 前回、魔の12月の 話を書いて、ちょっと ヘンテコリンな事を思い出しました。ヘンテコリンな話になりますが(いつもの事ですが…)お付き合い下さい。亡くなった元夫の困ったオッちゃんは大酒飲んでの失敗談の宝庫のような男でありまして酔っ払っての失敗伝説だけで延々と ブログを書けるくらいです。とくに 12月に入り 年末から正月はオッちゃんに 魔物が取り憑くのか大酒飲みの浮遊霊がウジャウジャと憑依して何人分もの大酒を飲 [続きを読む]
  • 縁起なんて気にしない! 〜離婚届の思い出〜
  • ちょっと ご無沙汰しておりました!最近 ブログを2、3行書いた途端居眠ってしまう日々が続き気付いたら日付が変わってた!という連続のまま、あっと言う間にまた今年も師走がやってまいりました。私にとって12月というのは、何かと事件が多い魔の12月!亡くなった元夫の困ったオッちゃんが大酒飲んで 事件を起こすのも大酒飲んで 大事故に遭ったのもそういえば、離婚届を提出したのもこの12月でした。離婚届を出したら何かが解決 [続きを読む]
  • はじめに礼儀ありき
  • 今日、通院介助のお仕事で大好きなYさんの付き添いをしながら待ち時間に 聞いたお話し。Yさん84歳 は 数々の病歴があり1年前に 一度 心肺停止されて緊急搬送され、蘇生した方です。ま、早い話しいっぺん死んで 生き返った おっちゃん。自分ではわし 地獄から 帰ってきてん!と 言っておられましてもう、あと どのくらい(命が)持つかわからんでえ〜〜 と 笑いながら通院を続け、うちの会社のデイサービスにも 通うようになられた [続きを読む]
  • 稔るほど頭を垂れる
  • 先日のテレビ A studio で村上ショージさんが 出ておられました。私が密かに 大好きな芸人さんです。(なんで 密かになんだ?)芸歴長いのに どことなーく今でも 若手芸人さんみたいなノリでみんなに いじられたりするあの スベリ芸にちょっとした 奥深さを感じてしまいます。 お借りしました。村上ショージさんと言えば明石家さんまさん…。私は 若かりし20代の頃とある 都心のホテルに勤めておりましたが、放送局が近かったので [続きを読む]
  • 私って運がいい!!!
  • 日々、高齢者の方と接していると激動の時代をくぐり抜けてきたたくましさを 感じる事が多いのです。ミチさん 83歳。台湾出身の とっても綺麗なおばあちゃんです。正直、おばあちゃんに見えません。もともと美人ですが肌の綺麗さ、張り、着ている服は 少々いや、、かなり ド派手な赤や ピンク。真っ赤なマニキュアに指輪がいっぱいの指。綺麗に染められた栗色のセミロングの髪。花に例えるなら大輪の薔薇という感じでしょうか…一 [続きを読む]
  • 罪を憎んでも 魂を憎まず
  • 福岡ソフトバンクの優勝をちょうどタイムリーに福岡から頂いた もつ鍋セットをグツグツ煮込みながら観ました。福岡は盛り上がっているでしょうね。この 頂き物の もつ鍋セットは、亡くなった 元夫困ったオッチャンの地元 福岡の同級生の みなさんからの 頂き物です。センスがないので ただのニラ鍋にしか見えませんねえ。。。実は、、、オッチャンの 高校時代のお仲間10名ほどが、大阪旅行に来ておられたのです。大人になった [続きを読む]
  • 負けるが勝ち!七転び八転び
  • ずいぶん前に 訪問介護させて頂き、デイサービスにも毎日来て頂くようになったK子さん93歳。この人のように なりたい と、思わせる 素敵な人なのです。どう 素敵かというと、、、外見や 持っておられる品位、もちろん それもありますが、この人の処世術……これは 長年生きてきた苦労の賜物?と思わせる 滑らかで 優しいでも、とっても強い世渡りの術です。 K子さんの作品デイサービスに…ある 怒りんぼの おばあちゃんが いま [続きを読む]
  • 桃李のように生きる
  • 仕事で 訪問している方のお昼の介護時間、連ドラを観ておられるので、何となく 私も 一緒に観るようになりました。今は、NHKの 「わろてんか」吉本新喜劇の創設者吉本せいさんを モデルにした小説といえば山岡豊子さんの「花のれん」も舞台が 大阪天満宮界隈だったり天満宮界隈は、私のテリトリーなのでありありと 情景が 思い浮かび何度もリピートして読む愛読書の一つとなってますが「わろてんか」は 今後どんな展開になるのか [続きを読む]
  • 自分の因果は自分で消す
  • 季節が巡るごとに思い起こされるシーンがあります。いい思い出だけでなく心に痛い思い出も沢山ありますがもしも タイムマシンに乗ってあの時に 戻ったとして私は、同じ行動をするだろうか?と、問いかけるとやはり 同じ行動をして同じセリフを 言うだろう。そして、私の行動や私の口から出た言葉は何か 目に見えない者から言わされて 動かされた。そんな不思議な感覚があります。前回の 、元夫 困ったオッちゃんとの離婚を決めた [続きを読む]
  • 離婚という人間関係の卒業〜霊界からの伝言?
  • ちょっとご無沙汰してしまいました。娘が結婚して 家を出て行って私は 独居老人……いやいや 独身貴族になって約1週間になりますが、寂しさに 枕を濡らして泣いております。と……言いたいところですが仕事の事でも 大きな転機を迎えてドタバタ生活の毎日です。忙しくて お留守番させてしまう時間が増えてしまう 我が家の老犬だけが 気になって、せめてもの 償いに朝晩の お散歩だけでもしっかりと!!と毎朝5時起きから 夜遅 [続きを読む]
  • 婚姻届と離婚届の はざまで。あの世から乱入?
  • この前 暑い暑いさなかに、お盆が過ぎた と思ったらもう お彼岸。。。お彼岸というのは、日本独自の 風習のようですが、あちらの世界である彼岸とこちらの世界の此岸(しがん)が繋がりやすい時期と言われています。盆の次は 彼岸。。。あの世との面会のゲート???が開く機会は 都度都度あるものです。なんちゅう喩え するねん。。。 と、自分でも 思いますがずっと 仏事と関わっているとちょっと そういう感覚を持ってしまう [続きを読む]
  • ある意味 終活?!
  • 娘の結婚に 伴い引っ越しの荷物整理を手伝う今日この頃ですが……日中は仕事で早朝から現場に出向くため…その時間に逆算して毎朝5時から、エッチラオッチラ最近 コロコロ丸く太ってきたトイプーの風の ダイエット散歩です……(いや、、私のダイエット??)ポテチ〜〜ンところが、毎朝早いのと、酷暑だった夏の炎天下の仕事の疲れも出てきたのか、さすがの 私も久々お疲れモードどうかすると 夜は早々と、夕飯食べながら、コック [続きを読む]
  • 娘の幼い日の想い出に涙涙?
  • ちょうど 秋桜の季節!山口百恵さんの 歌う秋桜では嫁ぐ前の娘と 母の何気ない日常が 唄われ娘との 別れを 切なく思い娘の幼い日のアルバムを見ては涙する母の事が 詩になっていますね…縁側でアルバムを開いては私の幼い日の想い出を何度もくりかえし 元気でと 独り言みたいに小さな声で…ふと、我に帰りよーく 考えてみますとこの状況、今の私やーん!!娘が 今月の秋分の日に入籍します。それから すぐ 引っ越して家を出て行 [続きを読む]