カチハヤ さん プロフィール

  •  
カチハヤさん: カチハヤのシナリオ日記
ハンドル名カチハヤ さん
ブログタイトルカチハヤのシナリオ日記
ブログURLhttp://kachihaya14.seesaa.net/
サイト紹介文BKラジオドラマ脚本懸賞入選。自作のシナリオや、映画・本・展覧会の感想をアップしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/04/10 19:40

カチハヤ さんのブログ記事

  • 【日記】 立川で映画を観て、今更ながら思ったことについて。
  • 前々から観たいと思っていた映画を立川シネマシティで観てきた。その映画とは、みんな大好き『 イコライザー2 』。(感想はまた後日)立川シネマシティは会員になれば、平日は1000円で鑑賞可能。それも入会した当日から1000円で鑑賞できるので、普通の映画館なら1800円するところが、初めて来た人でも入会費(半年は600円、一年だと1000円)と合わせて1600円で見ることができる。「それで儲かるの?」と思 [続きを読む]
  • 【面白い音楽の紹介】 ドレスコーズ 『 贅沢とユーモア 』
  • 今回紹介するのはドレスコーズの『 贅沢とユーモア 』。ドレスコーズは、2012年に毛皮のマリーズのヴォーカルだった志磨遼平を中心に4人組のロックバンドとして結成されたが、2014年からはバンド編成での活動を終了して志磨のソロプロジェクトになっている。毛皮のマリーズは『 ビューティフル 』のMVをYouTubeで見てから気にはなっていたんだけども、入れ込むほどではなかった。それがつい2、3日前、山田玲司のニコ生 [続きを読む]
  • 【面白いツイートの紹介】『 台湾の画家が〜 』
  • 今回紹介するのはツイート。正確には、僕がフォローしている奥山真司という地政学者が、ウィリアム・ヤンという人のツイートを和訳してRTしてくれたもの。地政学者がRTするだけあってちょいと政治的スパイスが効いていて、思わずニヤリとさせられる。台湾の画家が自分の作品が勝手に文具に使われて、それが中国本土のオークションサイトであるタオバオに出品されているのに気づいた。そこで少し考え、その製造者に訴訟を起こす代わ [続きを読む]
  • 【日記】 amazarashiの歌だけを歌う会
  • amazarashi というバンドをご存知だろうか。昨日(22日)、そのファンが集まり、『 amazarashiの歌だけを歌う会 』と称するカラオケオフ会の第3回が渋谷で開かれ、初めて僕も参加してきた。amazarashiというバンドの歌は、普通に皆でカラオケに行った際には(余程気心の知れた仲間でない限り)歌いづらいものが多い。たとえば、僕の好きな歌のひとつである『 穴を掘っている 』はこんな感じ。このように「カラオケでも行って盛 [続きを読む]
  • 【面白い動画の紹介】『 コスト最小の水害対策 』
  • 今回紹介するのは You Tube「アゴラチャンネル」より、『 コスト最小の水害対策 』という動画。アゴラ研究所所長で、経済学者の池田信夫が、先日の西日本豪雨による大きな被害を承けて水害対策について話している。知っている人もいるかもしれないが、池田信夫は毀誉褒貶の激しい人で、僕自身も彼の意見に「なるほど」と頷くときもあれば、「またこんなこと言ってやがる」と猫またぎすることもある。ただ、こういう人は、普通の人 [続きを読む]
  • 【面白い動画の紹介】『 いまさら聞けないスナイパー 』
  • 今回紹介するのは「WOWOWぷらすと」から『 いまさら聞けないスナイパー 』。「WOWOWぷらすと」は、WOWOWで放送される番組の解説や紹介をするための番組。本番組は、『 山猫は眠らない 』シリーズ7作品の一挙放送に伴って放送されたもので、出演者はMCの立川吉笑(落語家)をはじめ、松崎健夫(映画評論家)、国井咲也(兵器研究家)、梨衣名。あと、ちょいちょい画面外から話しかけているのは、構成作家の天明晃太郎。僕の映画の [続きを読む]
  • 【400字シナリオ】『 別れの理由 』
  • ◯ 小学校・4年生の教室   休み時間、生徒たちの談笑が喧しい。   隅に男子と女子。男子「引っ越すんだ」女子「寂しくなるね」◯ オフィス   PCに向かって黙々と仕事をしている女   性社員A。   隣席の女性社員Bも同様。   女性社員A、モニターに目をやったまま、  A「この間の彼どうした」B「辞めたらしいよ」A「なんで」B「いろいろあるんじゃない」にほんブログ村 [続きを読む]
  • 【面白い記事の紹介】『 死刑廃止論に徹底反論する無期懲役囚 』
  • 死刑廃止論に徹底反論する無期懲役囚今回紹介するのは デイリー新潮 の『 死刑廃止論に徹底反論する無期懲役囚 』という記事。スマホの SmartNews というアプリでたまたま目について、読んでみたらタイトルのインパクトに負けず劣らず、とても興味深い。この記事は、麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の死刑が執行されたことで掲載されたものであり、前段と後段で2つの論が展開されていて、前段は日弁連による死刑廃止の論。こちらは [続きを読む]