いたとり峠 さん プロフィール

  •  
いたとり峠さん: 渋海川恋歌 春
ハンドル名いたとり峠 さん
ブログタイトル渋海川恋歌 春
ブログURLhttp://tsukikagekun.hatenablog.jp/
サイト紹介文時々短歌を書きます。 社会的な時事問題についても取り扱う事があります。王朝和歌も大好きです。
自由文仲間がいないので書くエネルギーを維持するために来ていただけると嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/04/11 12:00

いたとり峠 さんのブログ記事

  • 東芝隠し?
  •  昨日の朝から浅田真央の引退がバカに大袈裟に報じられている。「引退会見でどんな発言がされるか注目される」なんて言ってるけど、格別変わった発言がなされるとは思えない。これって、ひょっとしたら東芝の決算発表、経営危機隠しなのかもね。NHKの経営委員の差し金鴨。 東芝はウエスティグハウスとは別に、負債7000億円を抱えた会社を260億円で買収したとか。詐偽に引っかかったようなものだ。身売りに成功した側は [続きを読む]
  • 真冬並みの気温に逆戻りという予報は当たらなかったが、一日中雨降りの荒れ模様という予報は当たりだった。 Tさんは今日入院らしい。手術はいつだろうか。病院とはいえ慣れない場所での生活は体にとってキツイものだ。健康な人でも病気っぽくなってしまうものである。痛みが生じてもガマンせざるを得ない。個室ならべつだが。個室に入れるのはよっぽど金とコネのある人だ。相部屋の人間関係も結構疲れる。療病にに専念させて [続きを読む]
  • 腰痛
  •  Tさんが腰痛の手術のために入院した。真夜中に救急車を呼ぶくらいだからよほどの酷さだったのだろう。医者不信、病院不信の私が案ずる結果に至らず、Tさんは病癒えて無事に退院されることだろう。だけどちょっとだけ心配だ。 Tさんのことを気に病んだせいか、きょうはなかなかの腹痛。下痢ではないが下痢気味。腹の中にあるものを全部出さないと済まないような感じだ。昨日今日と失敗の許されない仕事でストレスが溜まって [続きを読む]
  • 火葬
  • *今日の歌さくら見に行く人波に逆らひて 陰陰滅滅と歩く野良猫飼ひ猫を火葬にしたる帰途寄りし フードコートに引く椅子の脚 腹痛は二日で去った。仕事が忙しくて食事を抜いてしまったこと。ストレスが強かったことが腹痛の原因であったようだ。それと、きんぴら牛蒡を抜いたことも響いたようだ。一日一食。きんぴら牛蒡を必ず食べる。これを守れば大丈夫だということを確認できた。 「窮すれば鈍する」という言葉があるそ [続きを読む]
  •  * 今日の歌花辛夷は早や色あせて捨て得ざる レコード盤はやはりお荷物ラジヲからこの日も森友騒動の 質疑応答、鴉何故鳴く 久しぶりに本格的な腹痛。不規則な食事と、仕事面での若干のストレスが祟ったのかも。ひょっとしたら、午前中に昼飯を食ったのが良くなかったのかも知れない。 「ワッタ・チャンボリ」が今日で50話だ。残るは2話だ。果たしてボリとジェファとビダンは長嶺で田園生活を送ることになるのだろう [続きを読む]
  • 実名
  •  *今日の歌怖いもの見たさに実名でネット検索を することありぬ今宵もヨン・ミンジョン腫れし瞼の内側で グルグル回る二つの目玉 日曜日の夕方に仕事をするのがいやになって早めに切り上げ、酒を飲みながら韓流ドラマを見てしまったことが昨日、今日とがっつり祟ってきた。あした、あさってにも祟るのかも知れない。予想はしていたが恐ろしいことだ。 雪山登山をする人はしみじみ凄いと思う。重い荷物を背負って雪深い [続きを読む]
  • クロスワード
  •  *今日の歌①麺麭の耳がづしりと重ひポリ袋を 下げて弥生の空は朗らか 昨日銭湯で体重を量ってみたところ、53キロ弱。生涯平均体重54キロまであと一歩。腹痛が酷く、食欲もなかった去年の夏の45キロから8キロ近く回復している。一日一食なのに8キロ増えているのは愉快なことだ。体が一日一食に鳴れてきたせいだろうか。 *今日の歌②クロスワードのひとコマ残したままに 寝ねたる夜の夢の地吹雪 クロスワードに [続きを読む]
  • 抜き差し
  •  森友騒動がどうも抜き差しならない問題に発展するようだ。新聞もテレビも見ないので、ことの経過については何も知らないと同然だったが、問題が明らかになったのは、なんと!阿部さんがハチャメチャ・トランプとの会談を成功裡に終わらせて羽田に戻った直後だったそうだ。 「森友スキャンダル」は米情報部による典型的な秘密工作。情報の出されかたが順序だてられて、しかも人々の関心が切れ目なく、次第に盛り上がってゆくよ [続きを読む]
  •  日曜日の疲労が意外に早く抜けてくれた。これくらいの体調なら将来に希望が持てる。 森友騒動が次第に劇場化の様相をみせている。首相夫人と稲田防衛大臣がかなりやばくなりつつあるようだが、 [続きを読む]
  •  日曜日の疲労がいつもより早く月曜に発生したせいか、今日は起きる時は多少きつかったが、仕事には差支えがなかった。どこといって特にきついところはない。この程度なら、まだまだ体力に関して悲観することはない。 森友学園騒動がけっこう長引いている。「普通だったら」こんな騒動にならずに闇から闇に消え去っていた問題なのだろうが、意外にしぶとい。情報の出方がなんとなく計画的な感じもする。誰が情報をコントロー [続きを読む]
  • 日曜日の疲労
  •  山武での草むしりと竹藪刈の疲労がお昼前から出始めた。いつもなら明日なのに、今回は翌日からだ。しばらく運動不足気味でもあったし、疲労の噴出が厳しくなることが予想されるが、それは仕方ないことだろう。 [緑ヶ丘団地」では外国人の入居が増えているみたいだ。知っているだけでも二軒、実際はもっと多いのかも知れない。時代を反映した現象だ。我が家もひょっとしたら彼らに買ってもらえるかも。期待しよう。 [続きを読む]
  • 悪意の地雷
  •  ゴアとブッシュが大統領選を争ったとき、ブッシュのアホさ加減に溜息をついてみせるゴアよりも、アホなブッシュにアメリカ国民は親近感を寄せてしまった。そしてブッシュが大統領になってしまった。溜息をつかなかったら大統領になっていたかも知れないゴア。「ゴアの溜息」として語り継がれていることだ。 スズキ自販で車の1年点検をやってもらっている間、町山智浩の「USA語録」を読んでいたら同様な記述があった。アメリ [続きを読む]
  • 失敗
  •  夕べは失敗だった。あまり面白くない「マンドク」を見始めたらこれが二話連続で、見終わったら11時を過ぎてしまって、おかげでブログの更新を断念せざるをえなかった。 飛び飛びに見ているせいか、どういうストーリーなのか伝わってこない。最初は東南アジアを又にかけて活躍する女商人の物語かと思ったのだが、どうやら舞台はもっぱら済州島のようだ。それはそれでいいのだが、主役のイ・ミョンはダメだ。全然なってない。  [続きを読む]
  • マイナンバー
  •  マイナンバーカードを受け取りに区役所に出かけた。途中ハナマサに寄って豚バラを買い、その隣のセルフスタンドで給油。区役所に行ったついでに役所内のATMで失念していた振り込みを済ませることができた。いろいろなことを一度に済ませることができた。車で回りながらでたいした労ではないはずなのだが、帰ったらぐったりして何もする気になれず、明日の仕事の準備だけをして、午後は何もしなかった。仕事が薄目なのがむしろ [続きを読む]
  • 悪役
  •  何かの手違いで「ワッタ・チャンボリ」を二話続けてみることになってしまった。二話ともなかなか秀逸であった。悪役ミジョン、イ・ユリの面目躍如の感があった。 やっぱりドラマの半分を過ぎる頃になると、ミジョンに対する見方が変わってくるみたいだ。なんて酷い女だという見方が次第に変化していることを認めざるを得ない。永遠の修羅を生きるミジョンへの思い入れが発生しているような気がする。 ミジョンに比べたらト・ボ [続きを読む]
  • ギャングの手下
  •  「メトロの中では、ギャングの手下が、てぐすね引いてる、無頼な都よ」というシャンソンの一節は今日も健在で、フランスではいまでもスリが多いそうだ。嬉しい話だ。紙屑入りの財布を詰め込んだ安物バッグを手に、パリをぶらついてみたら面白いかも。 いや、せっかくフランス、パリに出かけるのだから、そんなつまらないことは止めよう。ワインを飲みながらパンを食べ、それからミラボー橋の上から、セーヌ河を眺めよう。 「私 [続きを読む]
  • あしたは
  •  明日は山武の家に出かけなければならないから、今夜は早く寝よう。かれこれ3ヶ月は行ってない。 それにしても、出かけるのがほんとうに億劫になった。どこにも出かけたくない。しかし山武の家はできるだけ早く処分しなければならないから、行くのが嫌だなんて言ってられない。 不動産屋に売却を依頼して半年間たっても買い手がつかなかったら、お隣のYさんに無償でどうかと打診してみよう。日照を奪っている我が家と込みとい [続きを読む]
  •  アスクルの火事は鎮火したみたいだが、森友学園の火はいまだに燻り続けているようだ。決定的な事実がこれからあきらかになってくるということか。日本会議という団体名、人脈がしきりに出て来る。こんな団体が幅を利かすような世の中になると、水を飲むこともオシッコをすることもままならない世になる、ということなのかも知れない。 昨年後半の大不況に加えて今年は仕事場の家賃更新と、上の部屋の家賃更新が二つ重なる。仕 [続きを読む]
  • 89歳
  •  89歳の年寄りが、23歳の孫に金を奪われて、殺されたんだと。実に、気の毒な話だ。年金支給日になると金をせびりに来たという話だから、余計身につまされる。 金を借りるという行いは、たとえ親子、兄弟の関係にあってを強い緊張を強いられるものだ。無心に失敗したら、サラ金とか闇金とかの、恐ろしい人たちのいる扉をノックしなければならないのだから、声が震え、膝頭ががくがく震えたりする。金を借りるというのは恐ろし [続きを読む]
  • チェンジ
  •  経費節減のために2000mL税込1130円の「山田錦」から、1800mL税込721円の「端麗辛口」にチェンジした。安酒だからどうせ旨くはないだろう。安くてその上飲む気にもならないとなれば、経費節減効果は一層すすむと見込んだのだが、世の中はうまくゆかないもので、これが結構旨い。「鬼殺し」や「黄桜」なんかよりも断然旨い。こまったものだ。まあ、でも、税込みで721円なんだし、贅沢?は言ってられない。  [続きを読む]
  • 花札
  •  「花よりおじさん」の撮影スタッフ代表と、「おじさん」達の花札勝負がとても面白かった。ドラマ以上の面白さがあった。 撮影チームには女医が同行していたようだ。そりゃそうだよ。王様とか、会長などの御一行なのだから、「医女」が随行して当たり前だ。 女医が同行しているくらいだから、本当は食事係とかコックも同行していたのでは?イ・ソジンが食材をかき集めて調理をしているシーンはなんだか怪しい。 4日間の絶食以 [続きを読む]
  • 下痢
  •  私ではなく、Tさんが酷い下痢状態らしい。4日連続の下痢で、それもダダ漏れの状態。ダダ漏れは厳しい。今日病院へ精密検査に行ったようだが、ノロウイルスあたりで留まってくれたらいいのだが。心配だ。人間歳を取ると負の局面と正の局面が極端に現れるようだ。 アーミテージ、マイケル・グリーンなどのジャパン・ハンドラ―たちがハチャ・トラ政権によって粛清されつつあるらしい。めでたいことだ。日本の夜明けだ。ネオコン [続きを読む]
  • 春二番
  •  春二番が吹き荒れたあとは久しぶりの雨。体調も昨日よりはずっといい。牛乳を切らすといけないので、これから雨のなかを買い物に出なければならない。 [続きを読む]
  • 微痛
  •  腹に微痛を感じる。念のために夕食後正露丸を2粒服用。牛乳を切らしていて、夕方まで飲まなかったのが微痛の原因かも。牛乳は切らさないほうがいい。飲み過ぎ傾向なのは明らかだが、腹痛よりはまし。 今週中に確定申告の書類を用意せねば。売り上げ激減だから、今年の書類書きは超簡単だ。いいような、悪いような。 [続きを読む]
  • 正露丸
  •  富士薬品の勧めで、下剤として、正露丸を飲んでみたが、その効能にびっくり。初日に「用法及び用量」に従って3粒飲んでみたら、翌日はひどい下痢だった。1日3回服用していたら酷いことになっていただろう。これはヤバイということで1日1粒にしてみたらこれでも結構な効能。名称的にはいかにも穏やかそうな印象だが、劇薬であったのだ。 しかしまあこれで、便秘気味なときは正露丸1粒飲めばこと足りるわけだから、気分的に [続きを読む]