篠山ハム さん プロフィール

  •  
篠山ハムさん: 篠山ハム 食遊館 店主のつぶやき
ハンドル名篠山ハム さん
ブログタイトル篠山ハム 食遊館 店主のつぶやき
ブログURLhttps://ameblo.jp/sasayama86/
サイト紹介文〜 丹波の篠山にて、ぼちぼちお仕事中 … 〜
自由文兵庫県は篠山市にて、
自社製造のハム・ソーセージを
製造直売しています。
他にもスーパー等では
出会えないような加工品・
食肉などなど・・・
豊富に販売しております。
Webストアからもご購入頂けます。

その他SNS
 Facebook
 Twitter
 LINE
 #Cart

なども、日々更新しております!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/04/11 17:33

篠山ハム さんのブログ記事

  • 生ハムの整形
  •  皆様もグルメ番組でおなじみの、イタリア産、スペイン産の「モモ肉の生ハム」。 工場ではお客様の要望により、きれいに整形カットしてお届けしています。  先ずはすね肉を大胆に切り落とします、この部分はスジが多く硬いので製品にはなりません。 安全第一でステンレス製の手袋をはめてます。手前の断面がモモの付け根です。  2年間の乾燥と繰り返しのスモーク工程の為、スモーク成分が深く浸透しています。 もちろんきれ [続きを読む]
  • 桜咲く
  •  こちら丹波篠山は、やはり、、大阪、神戸と比べると気温が低いようで、桜の開花時期が毎年1週間遅いような感じがします。 更に篠山より北の方面に位置する場所の方が早く咲くようです。  今朝の城跡お堀端の様子です。まだ開花が始まったばかりです今日の陽気と明日の改正が続けばきれいになると思いま す。遊覧用のボートも準備万端です。篠山は4月7、8日に桜まつりが予定されています。それまでなんとか持ってください。 [続きを読む]
  • おかげさまで好評いいただいてます。
  •  今日午前中の店頭の様子です、いよいよ春の盛りですね日差しもなんとなく柔らかくなり、いつもは暗いと感じる店内はもち ろん、戸外もとても明るさを感じますね。ゴールデンウィークの時が一番とは思いますが。  お店の方も、おかげさまで「お花見フェアー」が好評をいただき、従業員一同感謝申し上げます。  テレビで「世界一入りにくい居酒屋」かなんかのタイトルで、世界各地の穴場的居酒屋さんを紹介してますが、当店も [続きを読む]
  • 篠山にも春の気配
  •   今朝は近畿圏のあちらこちらで、霧発生の情報が流れていましたが、丹波篠山も8時過ぎまで乳白色の切りに包まれてい ました。   10月下旬のコスモスが咲くころは、毎朝のように霧が出て運転もしづらくなりますが、反面篠山の黒豆とか山の 芋にとっては、寒暖の差が大きいといううことで、おいしくなるには必要不可欠の現象とも思われます。  久方ぶりの森田君は真冬でも半袖でがんばります。篠山の近所の中町から仕入れ [続きを読む]
  • 春が来た春が来た^^^どこに来た?
  •  急に温かくなりましたネ  そろそろお出掛けに最適のシーズンを迎えようとしてますね。 何といっても私は桜が待ち遠しいです。さてお知らせしましたように今週末よりイベントをおこないます。 店内の方も準備が進み色々な商品の陳列を行っています。  丹波猪のソフトサラミや鶏せせりや小肉のスモークなどちょっと珍しいものも、取り揃えています。 日によって変わりますがご試食の準備もいたします。味を確認してご購入いた [続きを読む]
  • イベントのお知らせNO2
  •   昨日に続きささやかながら、「お花見フェアー」」開催についてのPRです。 篠山ハムに併設の、手造りハムソーセージの直売店「食遊館」では、ご来店いただいたお客様に優待カードをお配りし、 次回ご来店時より割引カードとしてご利用いただいてます。  優待カードを2枚お使いいただけましたら、「プレミアムカード」をお渡しし、以後ずっと10%の特別割引で、お買い物して 頂いてます。おかげさまでプレミアム会員の方もか [続きを読む]
  • イベントのお知らせ  NO1
  •  本当に久しぶりですが、今月の17日、(土)から4月8日まで「お花見フェアー」と銘打ちまして開催します。 焼肉バーベキュー用食材 ・・・・・  骨付きカルビを中心に、スペアリブ、牛タン、ホルモンなど多数取り揃え、3パック                       1000円で提供いたします。  牛タンのスライス肉です塩タンでどうぞ。レモンをギュッと人絞り。  テッチャン、コテッチャン、マルチョウなど多数 [続きを読む]
  • プルードポーク 直売用
  •  前回にご紹介した、アメリカの南部の方で人気のある、ファストフードの材料として開発したプルードポークですが、、 200〜300g位の小割パックにして店頭に並べます。    6時間以上も加熱してますのでです、柔らかくホロホロの状態です。中までしっかりと調味し表目には各種のスパイス を擦り込んでいます。  おそらく皆様にとって初めての風味だと思います、アメリカンテイストですね。  そのままスライスしてお召し上が [続きを読む]
  • 鴨ブイヨンの仕込み
  •  昨日準備した鴨ガラを寸胴に入れ、朝一からじっくりと時間をかけて煮出します。 ポイントは濁らせない事。  たっぷりの野菜で鴨ガラが隠れてますが、4ケース(およそ80羽分)も使ってます、。 とにかく優しい日加減で、丁寧にアクをとりながら温めます。  6時間くらい炊いたところでシノワで濾します。野菜は原形を保ってますが出がらしです。 デミグラスソースなどの仕込みであれば、もっと強い火力で野菜もまだ炊き込み [続きを読む]
  • プルードポーク
  •  何回か登場してますイギリス人のマシュー君のリクエストで、豚モモ肉を使用したプルードポークと言う商品にトライしました。 もちろんレストランさんの依頼で、香辛料などは輸入品の専用の物をもちろんレストランさんの依頼で、香辛料などは輸入品 の専用の物を使い6時間をかけて真空調理しました。    お店の方で再度加熱して、一皿の料理として提供されるようです。 香辛料はかなりたっぷりと摺り込みました。   冷却し [続きを読む]
  • すみません。  毎度の生肉写真
  •  オリンピックも残りあとわずかとなりましたが、私的には以前から、ゲームのルールとか、勝ち負けの決め方などは大体分かっ ているつもりでしたが、今回のオリンピックでほぼ完全に理解できると共に、面白さも分かったスポーツがカーリングです。  だいぶ前ですが本場カナダのブランドンと言う町で、取引先のカナダ人社長ご夫妻の招待で、一泊で観戦旅行したことがありましたが、 ゲームが理解できず、会場の盛り上がりが不思議 [続きを読む]
  • フランス直輸入のガルニチュール
  •  フランスやイタリアなどの輸入製品を一部販売してきましたが。今回は料理の付け合わせ(ガルニ)を3種類入荷しましたの でご紹介いたします。  左からマッシュルームフラン、キノコの香り豊かなパイグラタンです、真ん中がポルチーニ入りポテトグラタン、右端が地中海 野菜のポレンタです。すべての製品はパリのTrateur de parisブランド です。    本場のバターとクリームで仕上げた フワッとした食感が味わえます。 [続きを読む]
  • サラミと生ハム
  •  今日はいい天気ですね、一歩一歩すこしづつですが、ようやく春が近づいているのかなと感じますね。 生ハム、サラミには欠かせない熟成庫の方も、最近は次々と順番に製品が廻っていき、こちらもようやく稼働率がアップしてき ました。ホテル、レストランさんが主なお得意様ですが店頭でも並べています。  普通のソーセージとは違いカッティングの時に水分は加えません。練り上がってケーシングに充填したら、ひたすら 乾燥して [続きを読む]
  • おつまみ小袋
  •  遂に金メダル取りましたね、皆さんもそうでしょうがイヤー感動しましたね。 何回もしつこいくらい放送してましたね。  食遊館は地元のお客様はもちろんですが、大阪、神戸、京都などの近畿圏から日帰りドライブのついでにお寄りいただく お客様もたくさんいらっしゃいます。そんなお客様のお土産に、またお酒のおつまみに小さなパックの商品を準備しています。   猪肉のボロナタイプのスライス切り落としです。 ピリッとし [続きを読む]
  • テットドフロマージュ
  •  今日は寒気もゆるみ、ちょっとほっとした1日でしたね。 羽生結弦選手もショートプログラム1位で、皆様も感激されたんではないかと思います。   今日、ご紹介するのは、主にレストランに販売していますフランス風の煮凝りで「テットドフロマージュ」の製造工程です  おもな原料は豚の脚、豚の皮、、耳などです。 ブーケガルニと共にコトコトと2日に分けて煮込みます。骨がスルッと外れるくらいまで煮込みます。  熱々の内に [続きを読む]
  • 失礼いたしました。  
  •  本日社内より、「昨日のブログにおかしなところがある。」との御指摘を賜わり再読したところ 確かにタイトルと内容が一致してない事を確認いたしました。 丹波栗きん豚に関することが、ただの一行も書かれていませんでした。本日改めてご紹介いたします。   全国的にも有名な、丹波地方特産の栗を与えて育てた、その名も「丹波栗きん豚  卑弥呼」”  !! ちょっと長ったらしくてごめんなさいね。篠山ハムは原料が届いた [続きを読む]
  • 黒毛和牛と栗きん豚  卑弥呼
  •  ついこの間正月を迎えたばかりなのに、すでに今年のおせちの商談が本格化しています。 でもテレビでやっていましたけど、再来年のおせちのメニューをオーダーしてました、遅れると数量が確保できないという 説明でしたね。  この商品も昨年納入したローストビーフが好評で、更にアイテムが増えてサンプルづくりをしました。   おせちの折りに盛り付けるので割と小さめのカットにします。 こういう商品が決まれば数量も多いの [続きを読む]
  • フランス風ソーセージNO2
  •  昨日に続き新商品のソーセージの紹介です。 フランスの街の名前のついた、ツールーズソーセージ、こちらは豚腸に詰めた超粗挽きソーセージ です。 メルゲーズと違い柔らかな香辛料の配合で、豚粗挽き肉の旨味がしっかりと味わえます。   生ソーセージタイプでこの形で急速凍結をかけます。  生のまま真空包装は出来ません、意外と手間ひまかかります。  一度70〜80℃位のお湯で温めてからフライパンで焼い色を付けるのが失 [続きを読む]
  • フレンチスタイルソーセージ
  •  英語でマークウェズソーセージ、日本のフレンチでは一般的にメルゲーズと呼ぶ、とても特徴的な香辛料配合の 粗挽き生ソーセージです。     唐辛子、パプリカその他たくさんの香辛料をふんだんに使います。 元々は北アフリカの方ではごく普通のソーセージとしてポピュラーで、もちろん焼いて食べるソーセージです。 ドイツ風のスパイス配合で作り馴れた我々にとっては、とても新鮮な出会いですね。 生ソーですから豚脂も多めの [続きを読む]
  • サラミ ソーセージ
  •  お店に並べてましたサラミが割合早くなくなりました。 おかげさまで好評のようです。昨日から準備していた2種類の原料で、 本日仕込みました。   こちらは猪肉の肩肉とモモ肉を主原料としたサラミのカッティングで す。0℃近辺の低温を保って手早くカットします。 練り上りでも必ず10℃以下で終了させます。  肉の赤味が出てくるまで室温で置いておきます。  皆様がお好きな「コラーゲン」のケーシングに定量充填完了。 先 [続きを読む]
  • 丹波の猪肉  煮込みハンバーグ
  • 丹波の猪肉のハンバーグを仕込みました。 別件で大阪梅田のデパートで販売する祭事用に、2回目のテスト製造 です。 今回は原料配合を改善しソフトでジューシーな仕上がりを目指 し、ほぼ満足のいく仕上がりになりました。  今回はソフトに焼き上げてソースと共に真空調理で製品にする予定 です。 計量整形してオーブンで焼色を付けソース充填します。 猪肉は皆様が想像されるよう臭味とか、独特のクセというような ものはな [続きを読む]
  • 自家製パンチェッタ
  •  今日が盆休後初出勤という方も多くいらっしゃると思いますし。 遥か遠くのグアムあたりで、まだ甲羅干しをされてる方もいらっしゃるで しょうね。 ようやくといいますか、やっとと言いますかぼつぼつと生ハム系統の 製品が店頭に並べられるようになってきました。  豚ロースの生ハムに続いて豚バラを使った「パンチェッタ」ができまし た、熟成風味の濃いいい香りが口いっぱいに広がります。 今日はスライスして明日サルティ [続きを読む]
  • お盆の前の駆け込み生産
  •  早い方で明日にでもお盆の休みに入られる方もいらっしゃるのでは ないでしょうか、我々は最後の追加注文をさばきます。 ビッグサイズのサルシッチャです、今年になって受注量が増えてソー セージも廻ってますが、私たちも作るのに目が廻りました。 豚腸使用の700〜800gサイズです、一人ではたべきれませんね。 こんな感じでみんなでワイワイ言いながら、ビールをグイグイいけた ら最高ですね。 こちらは新製品の牛肉のサラ [続きを読む]
  • イベリコペッパロールーの仕込み
  •   前回ご紹介したサンプル品のイベリコペッパーロールが、採用にな り400〜600kgの受注をしました。今回早めに100kg汾だけ先行納品の 為急ぎ製造します。  赤ピーマンと緑のピーマン、種を取って水洗いします。 3枚刃のカッターで粗みじんに切り、煮沸急速冷却してピーマンの殺 菌をします。 イベリコ豚バラ肉の入ったソーセージ生地にピーマンを混ぜ込みま す。肉の温度に注意が必要です。  ケーシングに定量充填し [続きを読む]
  • イベリコ豚のソーセージと丹波ポークの加工品
  •  本日試作したのはイベリコ豚使用の、パプリカ入りのボロナタイプのソーセージです。  おせち用で生産予定ですが、写真撮影の為早めのサンプル出荷となりました。 ちょっとピメントのメッシュが小さいのと半凍結状態の為、わかりにくいですが、赤と緑のピメントを10%位入れてます。   お客さんは他の食材も全て揃えて容器に詰め込み、チェックされると思います。ピーマンの嫌いな方はだめですね、結構香りが残ってますから [続きを読む]