HIRO さん プロフィール

  •  
HIROさん: 資格道
ハンドル名HIRO さん
ブログタイトル資格道
ブログURLhttp://heroooeees.seesaa.net/
サイト紹介文仕事をしながら、資格試験に合格するための効率的な学習法を伝授します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/04/11 18:03

HIRO さんのブログ記事

  • 作文・感想文必勝法(小中学校編)
  • 小学校、中学校。義務教育で作文・感想文は国語の授業として、宿題として避けることができないものです。私が試験というものにハマッたきっかけが、作文・感想文が高く評価され、有頂天になったことでした。そこで今回、小中学生が作文・感想文で高評価を得るための必勝法を伝授します。ポイントは3つです。僕は、私はといった書き出しは絶対にしないしっかりと段落をつくるテーマを絞り込む書き出しについて『僕は』、『私は』い [続きを読む]
  • 運転免許の更新
  • 資格試験とは意味合いが違いますが。運転免許の更新に行ってきました。運転免許こそ、基本であり重要な国家資格です!!以前は3年だったのが、今は5年。前回どんな手続きをしたのか、完全に忘れています。備忘録を兼ねて、復習しておこうと思います。案内状によると、受付時間は8:30〜11:00ということです。敢えて8:30に警察署に行きました。すると、予想どうり、すでに並んでいる人が10人程。やっぱりでした。順番がきて書類 [続きを読む]
  • 過去問演習法
  • 資格試験の難易度にもよりますが、過去問は最低でも過去3回分は必要です。まず、過去問にチャレンジしてください。最初は当然正解できません。それでいいのです。そこで一喜一憂している場合ではありません。どんな問題がでるのか、選択肢のパターン等の出題傾向を体験してください。この段階では、正誤は重要ではありません。解説を熟読しましょう。できるだけ1問ごとにです。正解した問題であっても、根拠なく正解したものは、 [続きを読む]
  • 情報の選択
  • 以前、このブログで『競争率に惑わされないように』ということを説明しました。受験生の困惑誰が受験するのかということを考慮しなければ、競争率など意味をなさないからです。同じような意味で、もうひとつ追加します。それは、『受験者の情報に惑わされるな!』です。試験によっては、同僚や先輩等が一緒に受験する場合があると思います。特に銀行検定などはそうでしょう。その場合、こういう分野が出題されるとか、こうした学習 [続きを読む]
  • 停滞期
  • 学習意欲が湧かない時があります。体調不良であったり、気候の問題であったり、嫌な出来事があったりとか。学習どころじゃない時ってあります。そういう時は、問題集や参考書をしまって、いっとき試験のことを忘れて『リフレッシュ』しましょう。そのほうが実際は効率的です。集中できない学習など、なんの意味もありません。好きな音楽を聴いたり、体を動かしたり、試験とは関係のない本を読んだり。私の場合は、とにかくネットカ [続きを読む]
  • 過去問の重要性
  • これまで繰り返し、しつこいほど主張してきたことですが・・・。とにかく『過去問の演習』です。資格試験は、本当に同じ傾向の問題が出題されます。それは、当然のことです。問題に対する解答。当たり前のことですが、誰もが納得するものでなくてはなりません。これは出題者の宿命です。受験者や予備校等からの異議申立がないことが前提なのです。とはいえ、一定の難易度は維持する必要があります。であれば、どうしても過去に出題 [続きを読む]
  • シーズン
  • カラッと晴れた日が続く今。まさに学習シーズンです。間もなくあの、梅雨の季節がやってきます。この時期は、空気が乾燥しているため、景色が鮮やかです。景色を絡めて覚える暗記法にはもってこいの時期です。この季節には、屋外で、例えば公園での学習もお薦めです。爽快な気分は、記憶を促進します。誘惑も多いと思いますが、今は学習に取組みましょう。但し、日焼けには注意してください。日焼けにいいことなどほとんどありませ [続きを読む]
  • 試験直前
  • 試験本番まで、1週間をきりました。学習時間が確保できず、焦っている人もいるかもしれません。でも・・・です。焦る必要はありません。この時期、苦手分野は見ないでください。これまでなんども正解した分野こそ、試験直前の今、総復習すべきです。あれもすべきだった、これもすべきだった・・・。誰もが思うことです。私もそうでした。しかしこの試験はなんとかなります。今頃あせってあたふたするよりは、当日、間違いなく試験 [続きを読む]
  • 必勝法
  • 仕事をしながら、資格試験に挑む皆様に。自分自身の反省を踏まえ、ここで断言します。『学習する時間と場所は自分でつくること!!』時間について今日は偶然スケジュールの変更があって時間を確保できた・・・。というのは、あくまでも『プラスアルファ』に過ぎません。朝。今日はいつ何を学習するか、必ず決めましょう。会社にむかう電車のなか、出勤前のコーヒーショップ。確実に時間を定めてください。絶対に使える時間があるは [続きを読む]
  • 記憶の最適化
  • 資格試験の直前期。ここですべきことは、『最適化』です。過去問で何度も間違った分野。これは基本に戻り、何度となく掘り返すことでしょう。常に正解する分野。問題なし。注意すべきは、得意分野と思いながら、なんとなく自信が持てない、正解することが多いけど記憶が混乱している、そんな分野です。どうしても、何度となく不正解となる分野の復習を優先しがちです。しかしその分野は、繰り返し学習したことで、いつしか得意分野 [続きを読む]
  • 試験対策
  • 試験対策。これまで何度も繰返し述べてきたことですが、言うまでもなく、『とにかく過去問に取組む!』『何をやろうか迷ったら過去問!』『設問・選択肢のパターンを覚える!』です。正解できなかった問題は、特に念入りに覚える。不正解した場合、それは『幸運』だと思ってください。その分野を改めて理解することにより『記憶』が促進されます。厄介なのは・・・。『得意分野なのに何故か不正解となる問題』です。これは、論点が [続きを読む]
  • 暗記法
  • 世の中には様々な暗記法、記憶法が存在します。語呂合わせだったり、マーカーを使ったり。私の場合、暗記・記憶には必ず景色や状況等の『環境』がリンクします。電車から見る風景や、自分の動作等。その内容を学習した場所や行動とは必ずしも一致しないようですが。いずれにしても、机上での学習では得られない暗記・記憶です。私も中学、高校では、机に座って一生懸命マーカーを使っていました。生真面目な私は、いつのまにかマー [続きを読む]
  • アメトーク
  • 日曜の特番を観ました。凄まじく参考になりました!『学習はどこでもできる』これはまさに核心です。机にかじりつくことこそが学習だという、古典的な考え方。これを忠実に守ったために失敗してきた人がどれだけ多いことか。但し、事前準備だけは絶対に必要です。電車では、『計算問題』は解けません。歯磨きしながらでは、『参考書』を開くことができません。その環境に合致した学習法を『準備』する必要があります。更には『スマ [続きを読む]
  • アイコス
  • 遂に購入しました・・・。アイコス。喫煙者としての生活をなんとかしたいと、常日頃から考えていた結論が、アイコスでした。4種類全て試しました、私の選択は『ミント』です。まず、『歯』がこころなしか白くなりました。家族が『臭くない』と言いました。以前に、いくつかの『電子タバコ』を試したことがありますが、『アイコス』は『煙草』です!以上です。ちなみにこの章は、『資格取得法』とはつながっていません。今のところ [続きを読む]
  • 融資
  • <保証・連帯保証>保証と連帯保証は、全くといっていいほど違います。その差異はしっかりとおさえるがあります。保証人には、債務の履行について、まずは債務者に請求を要求できる『催告の抗弁権』(民法452条)、強制執行について、債務者の財産に実行することを主張できる『検索の抗弁権』(民法453条)、保証人が複数いる場合に、分割した割合のみ負担する『分別の利益』(民法456・427条)が認められていますが、連帯保証人に [続きを読む]
  • 手形・小切手
  • <遡求権>支払呈示期間(満期日とそれに次ぐ2営業日)を経過してしまった場合、裏書人に対して遡求権を行使することはできません。(手形法77条)但し、『振出人の支払義務』は消滅時効(3年)までは有効です。支払呈示期間を経過したら、手形上の全ての権利を失ってしまうと思いがちですが、この問題はよく出ます。<裏書の連続>裏書きの連続については、外観的、形式的に判断されます。証明する必要はありません。(手形法 [続きを読む]
  • 預金
  • < 誤振込・誤入金>銀行の誤処理と、顧客の誤処理があります。銀行の誤処理の場合・・・誤って第3者の口座に振込処理してしまった等。この場合、預金契約は成立しません。預金契約が成立するのは、『真正なる手続き』が前提となるからです。(普通預金規定)そして、誤処理による誤記帳については、顧客(この場合第三者)による承諾は必要としません。顧客の誤処理・・・振込依頼書に誤った記入をしてしまった等。裏づけとなる取 [続きを読む]
  • 隙間学習法
  • 資格試験に『暗記』は欠かすことができません。語呂合わせとか、睡眠学習法とか、様々な方法があります。計算問題や論文形式の学習は、どうしても机上でする必要があるかもしれません。しかし、『暗記』はどこででもできます。通勤電車で、コーヒーショップで、あるいはトイレの中で・・・。また、まとまった時間が確保できなくても、10分、20分といったコマギレタイムでも。仕事をしていると、計画的に時間を確保できないことがあ [続きを読む]
  • コミュニケーション
  • 最近、『コミュニケーション能力が重要』と言われることが多い気がします。ビジネス本等には必ず記載されています。もっともだと思います。少なくともサラリーマンにとっては。取引先に対して、顧客に対して、更に社内において。営業成績にとどまらず、円滑に仕事を進めるうえで、コミュニケーション能力は欠かすことのできない重要な能力だと思います。この能力を高めるために、多くのビジネス本等の記載を要約すると、『相手の話 [続きを読む]
  • 記述式
  • 択一式問題は、傾向を掴み、『消去法』を駆使することで対処します。問題は『記述式』です。出題傾向は把握できますが、正解パターンが掴みずらいです。実績のある予備校に頼るのが確実ではあります。予備校に頼るにしても、『基本』はあります。考え方としては、『キーワード』の数で採点するのか、『ロジック』で採点するのか、ということ。文章の完成度が問われることはまずありません。傾向は上記2点です。しかし、どちらかに [続きを読む]