土手 さん プロフィール

  •  
土手さん: 鹿島土手クラブ
ハンドル名土手 さん
ブログタイトル鹿島土手クラブ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kashimadoteclub
サイト紹介文鹿島アントラーズのクラブハウスの土手に座って選手達を見守っているおっちゃんのブログです。
自由文鹿島アントラーズ以外にも日常の気になることをいろいろ書いてしまいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2016/04/11 18:53

土手 さんのブログ記事

  • 10.23 鹿島クラブハウス
  • 台風一過。練習はその後の15時からになりました。久しぶりの青い空になんだかほっとするのはオレだけでしょうか。ピッチも芝生が夕日に青々と栄え、キレイだったものです。15時45分頃行ったのですが、ピッチの中では一昨日のスタメン組以外の選手(但し、ソガは参加)でのミニゲームでした。6対6の激しい攻防です。合間、合間に入る笛とともに膝に手をあてる選手もいます。選手はGK陣の他はミツオ、ショーマ、ヤス、リョ [続きを読む]
  • 10.23 衆議院選挙(勝手な感想)
  • 森友、加計問題とそれにまつわる役所ぐるみの証拠隠滅とウソのオンパレード。その本質は権力を持つ者がその周りの人たちに不平等な特権を与え、税金供与をするということ(証拠隠滅と白を切り続けた役人は金融庁長官に出世)。これらはたまたま世の中に出たことであるが、ハインリッヒの法則(1つの重大事象現出の裏には300の軽い事例がある)を待つまでもなく、その裏には何百倍という同じような構造の権力による専横が行われ [続きを読む]
  • 10.21 鹿島 2−3 横浜FM
  • 1失点目はともかく、2失点目と3失点目はやられた感の無い失点だった。それでも失点は失点、怒涛の反撃でも2得点止まりだったことで敗者となってしまった。先発は木曜日の紅白戦のレギュラー組と同じメンバー。サブ組に攻め込まれる時間の多かったメンバーだ。先発のチョイスは難しい問題だが、最近は決して良い内容である訳でもないのでここらで昨年終盤のレギュラー組のショーマ、ミツオ、リョウタ、ヤスを使ってみても良いの [続きを読む]
  • 10.19 鹿島クラブハウス
  • 今日は強い雨の降る寒い日。でも、クラハでは紅白戦だ。ちょっと覗いてみた。熱心なサポが傘を持ちながら・・・あるいは土手(簡易スタンド)の座席の下にくぐって紅白戦を見ていた。中には見知った顔もある。アッ、NHK水戸の杉岡アナウンサーだけではなくNHK本社のスポーツ記者も来ている。やっぱ首位は違うなぁ・・・なんて思いながら土手に立った。ノンビブス組ソガ、ダイゴ、ナオ、ゲン、シュート、レオシルバ、ケント、 [続きを読む]
  • 10.17 鹿島クラブハウス
  • こちら鹿嶋は雨でしたが、クラハを覗いてみました。ピッチに近づくと激しい戦いの声が飛んでいるので「あれ?火曜日なのにゲームか?」と思いながら土手(簡易スタンド)に立ったのですが、正式なピッチよりも少し短めにゴールを設定して激しい試合形式の練習をしていました(雰囲気はほとんど紅白戦の感じ)。でも・・・チーム分けがなんだかバラバラな感じなので、いろいろ試している感じもしたものです(何本目かではヒロキがレ [続きを読む]
  • 10.14 鹿島 2−0 広島
  • 序盤、広島の外国人3人に結構手こずったし、あわや、という場面もあった。でも、落ち着いたデフェンスで守り切り前半30分にはシュート(山本)のボール奪取でこぼれたボールをケントが素早く縦パスで前線のショーマに渡し、そこからショーマがドリブルとフェイントで相手を翻弄しつつペナルティの少し内側からの豪快なシュート。ネットの天井を揺らした。こういうゴールは盛り上がる。ショーマがボールを持った時、ゴールへの道 [続きを読む]
  • 9.30 鹿島 0−1 鳥栖
  • ふぅー 監督交代以降初めての完封負け。しかも失点後に反撃の狼煙が上がるかと思ったが、それもなんだか不発気味で逆に相手に決定的な場面を作られる始末。これはソガがなんとかしのいだが、ロスタイムになってもなんとなく終わってしまったのが残念。G大阪戦の最後のような気迫のある戦いを見たかったけど・・・まあ、こういう試合もあるかな。反省の糧にして欲しいものです。何となくちょこちょことしたミスが多いですね。ボー [続きを読む]
  • 9.29 鹿島クラブハウス
  • 明日、九州佐賀県の鳥栖での試合。今日は練習開始9時であれば、そろそろレクレーションゲームかな? と9時50分頃着いた時は思っていた。しかし・・・ピッチの中では激しい争いが繰り広げられていた。紅白戦だ。ノンビブススンテ、ダイゴ、ゲン、ナオ、シュート、リョータ、レオシルバ、レアンドロ、ヒロキ、ムウ、ペドロビブス川俣、ユキ、ブエノ、ケント、バチ、ミツオ、アツ、カズネ、ショーマ、タケシ、ユウマソガが休んで [続きを読む]
  • 9.28 鹿島クラブハウス
  • ちょっとだけクラブハウスを覗いてみました。今日は紅白戦と思っていましたが、7人ずつで3チームに分かれてのミニゲームでした。ゴールポスト無しで7対7でのボールの奪い合いやパス交換の回数を競う感じでした(実はルールが良く分からないが勝ち負けはあるみたいで、ワーとかギャーとかいろいろ声が出ていたものです)。そういう中でゲームの審判役のヤナギコーチの声が響きわたっていましたね。パス交換の回数を数えていたり [続きを読む]
  • 9.23 鹿島 2−1 G大阪
  • 開始7分・・・いきなりの失点だ。ほとんどシュートを打たせることもなく、安心して見ていたのだがゲンとの1対1でのちょっとした隙間から元韓国代表FWファンウィジョが振りぬいた一撃がソガのニア側を抜けてネットを揺らしていた。へッ?今のな〜に?って感じだった。後でビデオを見たら、ソガはデフェンス陣へ指示を出していて、さあ来い!と構えようと思ったらシュートを打たれていた。という感じに見えた。まあ、しょうがな [続きを読む]
  • 9.20天皇杯 鹿島 4−2 浦和
  • 試合開始早々にレオシルバからショーマ。そしてショーマからアツへのスルーパスで抜け出たアツが単独ドリブル。出て来たGKを引き付けて並走するムウにパスを出した時、誰でもが確信したゴール。前半はこの1点にとどまったが、後半早々にレアンドロがGKに足をひっかけられてPKをゲットし、PK職人のムウが決めた時試合が終わったと思った。同時に物足りないとも思った。だから、ズラタンがシュートを入れて2−1になった時 [続きを読む]
  • ガクのスーパーゴール
  • アントラーズネタではないけれどガク(テネリフェ)のバルサを相手に挙げたゴールが凄くてやっぱりちょっと書いておきます。スカパーでサッカーを見ている時はJリーグオンリーでしたが、DAZNになって世界中のサッカーを増額しないで見られるようになって、しかもいつでも見られることになって、ガクの話題を聞きDAZNで見てみました。背番号10番を付けているし、活躍しているという話でもあるが、実際に試合の様子を見て [続きを読む]
  • 9.16 鹿島 4−2 新潟
  • 前半 0−2  後半 4−0  合計4−2ちょっと大雑把な試合と云えばそうなのだろうが、少しハラハラ感も味わうオモシロイ試合でもあった。前半は入り方が悪く、戦えていなかったということではあるが新潟の二人のブラジル人選手の決定力が際立ち、チャンスを確実にモノにした感が強い(まぐれ感もあったが・・・)。後半に秘策を授けられた我が鹿島アントラーズはレアンドロが着々と得点を重ね、ハットトリックで逆転。ダメ [続きを読む]
  • 9.15 鹿島クラブハウス
  • ちょっとだけレクレーションゲームの時間帯に覗いてみた。ムウが奇声を上げながら元気に走り回っていた。あの仙台戦のPK献上から立ち直ったかどうか気になるユウトを見つめたが、なんとか元気にやっている感じだ。そういえば、どんなゲームでも張り切ってやっているユウマが見当たらない。どうしたんだろう。ひょっとしてケガか。ヤスもいないがヤスは前節でのケガ(腿裏の違和感?)という事だろう。少し離れて別メニューに力が [続きを読む]
  • 9.13 鹿島クラブハウス
  • 残暑も徐々に鳴りを潜め、秋風漂うクラブハウスに行ってみました。平日ですが多くの人々が土手(簡易スタンド)に集まっていました。10時半頃に着いたのですが、練習は攻撃の練習中でした。実戦を想定したCBやボランチからの組み立て。そしてサイドに振り、中に折り返す。跳ね返りをボランチ又はCBがロングシュート。次々来るシュートにGKも真剣そのものです。攻撃練習の後は守備に重点を置いた練習。これもまた実戦を想定 [続きを読む]
  • 9.9 鹿島 1−0 大宮
  • 序盤と終盤 押し込まれた。特に11分の左サイドからのクロスに敵FW(江坂)が至近距離から放ったヘディングはあわやの場面であったがソガが良く反応し左足で掻き出した。ソガ自身はこの場面だけが危うい場面と振り返ったが、オレら素人には終盤で打たれたミドルの強烈なシュートも良く反応してくれたと思ったものだったが、ソガにしてみればどうってことではない、という事のようだった。サスガ!さて、J1 2試合目の先発と [続きを読む]
  • 9.7 鹿島クラブハウス
  • 土曜日にはJリーグが再開される。そして今日は紅白戦の日。久しぶりにクラハを覗いてみた。時間が早かったのでまだ選手達は出ていない。若い練習生のような選手が1名ヤナギコーチと話していた。練習に参加するようだが、どうにも体が小さい。和音と同じくらいか・・・そして選手が集まり軽い準備運動的なボールを使った練習から始まり、徐々にスピードを上げ、鳥かごに入った。練習生も一緒にやっている。サッカーって不思議だな [続きを読む]
  • 9.3 鹿島 3−2 仙台(ル杯)
  • ルヴァンカップ準々決勝敗退・・・繰り返された悲劇・・・だろうか。この日は所用があり、スタジアムに着いたのは前半が終わった時間だった。スタンドには入らずそのまま「もつ煮」で腹ごしらえ。腹が減っていたせいかいつにも増してウマイ。ど〜れ、19時にスタンドへ陣取ると勝っているはずのスコアが逆になっている。鹿島0−1仙台なのだ。ピッチサイドではユウマが審判団にお辞儀や握手をしてピッチに入っていった。どうやら [続きを読む]
  • 8.26 鹿島 1−0 C大阪
  • 前半の40分位から見たんですが、なんだか王者らしい勝ち方でしたね。攻められても堅守で跳ね返し、終盤に至るところで得点し、逃げ切る・・・と、結果だけ云えばカッコイイけど際どい場面も多くあった試合でした。こういう風に相手に力を出させておいて、そしてねじ伏せる。我々鹿島サポだけでなく、セレッソの選手達にもセレッソのサポーターにも、そしてサッカー解説とかマスコミ関係者にも「鹿島は強い」を見せつけた試合だっ [続きを読む]
  • 8.25 鹿島クラブハウス
  • 今日は明日に試合を控えた金曜日。で、あれば先発を想定した守備練習が見られるはずですが大分遅れて行ったためにクラハに着いたときには既にレクレーションゲームになっていました。今日は鹿嶋でも珍しく30℃超えの感じで土手にいても汗が噴き出してくるので、選手達は流石に暑いだろうし、レクレーションゲームも比較的動きの少ないものに思えたものです。レクレーションゲームの後はPKやFK、シュート練習をやる選手がいま [続きを読む]
  • ラ・リーガで10番を背負う男(ガク)
  • 今年の春さきにスペインへ渡り、なんとか2部リーグのテネリフェに入団したものの体調不良等により適応障害とかの名前を付けられて苦労していた男(ガク)が、シーズンの終わりに昇格争いを演じた相手チームのヘタフェに引き抜かれ、シーズン開始の夏からは1部リーグを戦場とすることになった。そのヘタフェで10番を付けていた。なんということだろう。半年前に想像できただろうか。どこまでも栄光を歩み続ける男ではあるが、そ [続きを読む]
  • 西馬音内盆踊り(秋田)
  • 8月16日  久しぶりに西馬音内(にしもない:秋田県羽後町)の盆踊りを見ました。日本三大盆踊り(阿波踊り、郡上踊り、西馬音内盆踊り)と云うのですが・・・全国的にはちょっとそんなに有名ではないようです。でも、結構優雅な踊りなんですよね。一方で盆唄の方は調子のいい「秋田音頭」がベースですので、ちょっとエッチな歌詞のこの盆唄に乗り、若い娘などがたおやかに踊るミスマッチめいたものがちょっと不思議な感じを与 [続きを読む]
  • 8.19 鹿島 2−0 清水
  • 試合終了と同時に降り出した大粒の雨・・・  逆に言えば試合終了まで待ってくれた天に感謝という感じでした。試合の方は早い時間で先制し、その後の清水の攻撃の芽も上手く刈り取る感じでボールを支配していたのでちょっと退屈な感じがしたものでした(昼に運動していたので疲れもあり、ちょっと眠ってしまったワイ)。でも、1−0ではいつ何かが起きて同点とされるか分からないし、このままの試合運びではツマラナイことこの上 [続きを読む]
  • 8.12 鹿島クラブハウス
  • 明日に川崎戦を控えた今日。昨日、ゲーム形式の練習をしなかった分、今日やるのだろうか?そんな思いも抱きながらクラハに向かったが、練習はいつもの試合前日の練習だった。まずはセットプレーでの守備練習ノンビブス(カッコ内はメンバー変更後)ソガ(川俣)、ダイゴ、ナオ(ブエノ)、ゲン、シュート、レオシルバ、ケント、ヤス、アツ(ショーマ)、レアンドロ、ムウ(ユウマ)むむむー レアンドロをFWで試すということか。 [続きを読む]
  • 8.11 鹿島クラブハウス
  • この日は3連休の初日。あいにくの天気ではあったが、鹿島のクラブハウス見学でもしよーっと。という人も多かったようで土手(簡易スタンド)はイッパイの人出だった。練習の方は日曜日に試合を控えた金曜日なので紅白戦とはいかないまでもミニゲーム形式での練習とかやるのではないかと思っていたが、全く違った。ボールを手で掴み、投げるバスケットボールのような感じだが、最後のシュートは頭でしか出来ない。そんなゲームをや [続きを読む]