きまま さん プロフィール

  •  
きままさん: きままな感想
ハンドル名きまま さん
ブログタイトルきままな感想
ブログURLhttp://hitoriyogaridesu.seesaa.net/
サイト紹介文日々の事件、芸能、出来事、映画(動画自宅鑑賞)の感想を自由きままに書いています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/04/12 02:17

きまま さんのブログ記事

  • 桐野夏生 ローズガーデン
  • 新装版 ローズガーデン (講談社文庫) - 引用元:Amazon高校二年生のあの日。薔薇が咲き乱れる自宅のベッドで、ミロの口から「義父と寝た」という驚くべき話を聞かされた。「俺」は激しい嫉妬に囚われ興奮した―。ジャカルタで自殺した前夫・博夫の視点で、村野ミロの妖艶な青春時代を描いた表題作など、4つの事件簿からなる短篇集。「ミロシリーズ」第3弾!引用元:Amazon最近、桐野夏生作品を片っ端から読み漁っていますが、先日 [続きを読む]
  • ザ・タウン
  • 引用元:YouTubeザ・タウン (字幕版) - 引用元:Amazon主演のベン・アフレックの監督作品。強盗団の悪を描いてはいるのだけれども、その中に生まれた時から背負う運命のような哀しいストーリーも垣間見えた。人は生まれた場所で、生まれた環境で人生が決まってしまう。現状を打破したくても、その町だからこそ生きていける、だからこそ抜け出す勇気がない。銃撃戦で無作為に乱射しまくるところなど、主人公たち強盗団に感情移入で [続きを読む]
  • 桐野夏生 緑の毒
  • 緑の毒 (角川文庫) - 引用元:Amazon39歳の開業医・川辺。妻は勤務医。一見満ち足りているが、その内面には浮気する妻への嫉妬と研究者や勤務医へのコンプレックスが充満し、水曜の夜ごと昏睡レイプを繰り返している。一方、被害者女性たちは二次被害への恐怖から口を閉ざしていたがネットを通じて奇跡的に繋がり合い、川辺に迫っていく―。底なしの邪心の蠢きと破壊された女性たちの痛みと闘いを描く衝撃作。引用元:Amazon最近ハ [続きを読む]
  • 結婚 ディーンフジオカ主演
  • 引用元:YouTube結婚 - 引用元:Amazonまず、ディーンフジオカの顔は文句なく美しい笑年齢も境遇も違う、様々な女たちの心の隙間に入り込み、その色気で翻弄していく結婚詐欺師・古海健児。ある時な小説家、またある時は空間コーディネーターと、次々と姿を変え、結婚詐欺を行っていく。騙された女たちは、ついに古海の相棒・千石るり子にたどり着くのだが・・・。「結婚」という魔物に騙された女たちと、騙した男にうごめく秘密と [続きを読む]
  • エージェント・ライアン
  • 引用元:YouTubeエージェント : ライアン(字幕版) - 引用元:AmazonCIAエージェント(1991年アカデミー賞受賞者 ケヴィン・コスナー)によってリクルートされたジャック・ライアン(クリス・パイン)は、ロシアの大物実業家(ケネス・ブラナー)の画策を暴こうと、何も知らない恋人(キーラ・ナイトレイ)をも巻き込み、陰謀とスパイ活動の渦の中に身を投じることになる。テロリストによるアメリカ崩壊のシナリオを阻止すべく、ジ [続きを読む]
  • GONINサーガ
  • 引用元:YouTubeGONINサーガ - 引用元:Amazonえっ?なになに?なんでこれ?そう、この間観た「スマグラー」の安藤政信みたさに見ただけ。感想?全然っ!!!安藤政信がカッコよくないっ!!!どうゆうこと?笑前作「GONIN」を見ていないと、話しが全然見えてこないかも。ってことでこちらも見ました。GONIN - 引用元:Amazonわかりませんっ!!!ラストシーンも(GONINサーガ)何がいいんだかよくわからない内に終わりました。前 [続きを読む]
  • tomoya naka 中 智彌
  • Rainy Song - 引用元:Amazon引用元:YouTube最近、彼のアルバムをよく聴いている。疲れているとき悲しみに浸りたいとき憂鬱な気分のとき心がくじけそうなときもう ” 頑張りたくない ” とき琴線に触れる彼の音楽を聴いていると、自分の心の中の ” 後悔 ” という呪縛から解放してくれる気がしている。ランキングに参加してます。ポチってしてもらえると励みになりますにほんブログ村 [続きを読む]
  • カットバンク
  • 引用元:YouTubeカットバンク(字幕版) - 引用元:Amazonモンタナ州カットバンク。ある日、郵便配達人ジョージ-が射殺される。目撃者はドウェインとカサンドラの若いカップル。しかし、配達トラックと共に死体は消え、残されたのはドウェインが撮影した動画のみ。それもそのはず、事件はドウェインとジョージ-が仕掛けた偽装殺人だったのだ。2人は情報提供の報奨金を手にするつもりだったが、事件に執着する変わり者ダービーが動 [続きを読む]
  • フィフティ・シェイズ・ダーカー
  • 引用元:YouTubeフィフティ・シェイズ・ダーカー (字幕版) - 引用元:Amazon” 世界中の女性を虜にした ”う〜ん……エロくないAVを見せられているような、あんまり内容がない気がしたけど……少女漫画に有りがちな「御曹司と一般庶民女性」の恋愛。って感じは全世界共通の憧れなのか?そこに過激な(映像的には別に過激じゃないけど)エロスをぶち込んだ。って感じです。でも日本人受けするエロスではないような気がする。特に [続きを読む]
  • きみが心に棲みついた 最終回ちょっと残念
  • 向井くんを選ばんかいっ!!!って思ったのもつかの間、あの殺人の話は余計だった。あの告白が入ることによって、星名への依存とかもうどうでもよくなって、吉崎一択の選択しかなくなる。殺人の罪の告白を、ドラマとはいえ、全てが微妙な流れを生み出してしまってた。重い過去を背負い、愛情不足、人間不信のような星名を包んであげたい派だった視聴者のほとんどが、この時点で受け入れがたい『星名』になってしまったのではないの [続きを読む]
  • 桐野夏生 天使に見捨てられた夜
  • 新装版 天使に見捨てられた夜 (講談社文庫) - 引用元:Amazon” グロテスク ”を読んでから、桐野夏生作品を何作か購入。今作品は探偵『村野ミロ』シリーズの2作目みたいですね。今回も一気に読破させられた。AVでレイプされ、失踪した一色リナの捜索依頼を受けた村野ミロは、行方を追ううちに業界の暗部に足を踏み入れた。女性依頼人が殺害され、自身に危険が及ぶ中、ようやくつかんだリナ出生の秘密が、事件を急展開させる。乱 [続きを読む]
  • ガール・オン・ザ・トレイン
  • ガール・オン・ザ・トレイン (字幕版) - 引用元:Amazon引用元:YouTube出だしは凄く鬱っぽい作品なんですけど、後半、結末は面白い作品だと思います。主人公が車窓から見るある一組の夫婦。元夫と暮らした家の2軒隣。内情を知る由もないその夫婦が彼女にとっての理想の夫婦像となり、アル中も加わって妄想、想像の世界を生み出す。その夫婦の奥さんが行方不明になったのをきっかけに、途切れ途切れになった自分の記憶の断片をパ [続きを読む]
  • ブラック・シー
  • 引用元:YouTubeブラック・シー(字幕版) - 引用元:Amazon内容はUボートに眠る金塊を頂く。っていうお約束の密室潜水艦パニックサスペンス。サスペンススリラーって映画紹介には書いてありましたが、パニックサスペンスの方がしっくりくる気がします。なかなかスリリングな展開で飽きることなく見られました。主演はジュード・ロウ。初めに見た時は、やっぱり〇げて老けたなぁ~って印象なんだけど、そこはやっぱりジュード・ロウ [続きを読む]
  • ダーク・プレイス
  • 引用元:YouTubeダーク・プレイス(字幕版) - 引用元:Amazon28年前の一家惨殺事件で唯一の生き残りである女性。犯人として逮捕されたのは兄。でもそこには隠された真実が……って感じのサスペンス映画でした。まず出だしでビックリしたのが、主演のシャーリーズ・セロン←Wikipediaでどうぞ……老けたなぁ〜この映画の撮影時は、39歳くらいなんだけどね。たぶんノーメークなんだろうな。でも、ラストシーンでの彼女は、すごく綺 [続きを読む]
  • トライアングル
  • 引用元:YouTubeトライアングル(字幕版) - 引用元:Amazonなかなか見ごたえあった作品。無限ループ作品なので好き嫌いは別れるかもしれないけど。ループを繰り返す作品なので、途中は流れを変えてタイムパラドックスオチになるのかと思ったのですが、結局ラスト主人公は無限ループを繰り返す選択をするんだよね。ラストにタクシー運転手(これは死神だったと自分なりに解釈してますが)に「戻りますか?」と聞かれて「戻るわ」と [続きを読む]
  • パーフェクト・ルーム
  • 引用元:YouTubeパーフェクト・ルーム(字幕版) - 引用元:Amazon邦題は『パーフェクト・ルーム』なんだけど、原題のままの THE LOFT の方がしっくりくる。途中までは結構スリリングな展開で面白かったです。ラスト真相が明かされ、そして更に真相が明かされる。っていうよく有りがちな展開なのですが、その本当のラストが明かされたときは、「あっ、そうなの」程度の感想でしかなかったのが残念。本当の真相前のラストの展開の [続きを読む]
  • 東電OL殺人事件 被害者は愛情に飢えていた
  • 桐野夏生の『グロテスク』を読んでから、実際にあった東電OL殺人事件についても色々と知りたくなった。東電OL殺人事件←詳細はWikipediaでどうぞ事件があってから3月19日で21年なんですね。被害者の方がもし生きていれば既に還暦。この時期って自分は仕事が忙しくって、ほとんどテレビを見ていなかったので、芸能ニュースや日々の出来事などのワイドショーも何も見ていなかったから、全くと言っていいほど詳細は知らなかった事件。 [続きを読む]
  • 明日の君がもっと好き ラストがクソつまらない
  • このドラマの市原隼人がクソ好きすぎたんだけど、それは3話目まで。その後はストーリーの唐突過ぎる展開も相まって、全く魅力のない男になっていったわ。ラスト前もクソつまんなかったけど、ラストなんてどっちらけっ!の怒りが沸くような展開。昨今問題になっている、幼児期の虐待、セクシュアリティ、軽く扱いすぎでしょ?過去持ち(不倫で痛い目あったり、付き合っている男を妹に取られたり)の女に、あんな何の葛藤もない展開 [続きを読む]
  • グロテスク
  • グロテスク 上下巻 セット - 引用元:Amazonもう12年前の作品だったんですけど、最近無性に読んでみたくなって購入しました。話題になっていただけあって一気に読まされる。上下巻だけど寝不足覚悟になるくらい2日で読破させられた。実際にあった東電OL殺人事件を連想させながらフィクションに仕立てているんですけど、全体的な語り部は「わたし」という名前もだされない女性。その「わたし」が語る悪意に満ちた言葉の数々。特に昼 [続きを読む]
  • そこのみにて光輝く
  • 引用元:YouTubeそこのみにて光輝く - 引用元:Amazonこれはごくごく普通の一般家庭で育った人にはわからない貧困の闇が……哀しすぎた。でも、綾野剛って今までカッコイイと思ったことなかったけど、この映画のラブシーンの綾野剛の艶っぽさは何なんだろうというくらいエロい魅力を感じさせる。主人公の千夏(池脇千鶴)の背負うもの全てが切なすぎて……そしてまたそれを見捨てることのできない千夏の運命が哀しすぎて……ラスト [続きを読む]
  • トドメの接吻
  • ドラマ「トドメの接吻」オリジナル・サウンドトラック - Ken Arai 引用元:Amazon今季のドラマ、ほとんど見逃し配信されているものは見ているけど、後半になっても毎週楽しみだったのは「トドメの接吻」この作品だけだったかな。日曜日で最終回でしたが、ラストまで良かったですね。一つ一つをよくよく考えてみていると、主人公が生きてきた過去は、リアルな世界の若者と比べたら、とても重く切ないのに、そこにサスペンス要素を [続きを読む]
  • フローズン・グラウンド
  • 引用元:YouTubeフローズン・グラウンド (字幕版) - 引用元:Amazonこの映画も実話をもとに作られた作品(連続殺人鬼、ロバート・ハンセン)犯人を突き止めるサスペンスというわけではなく、初めの方で犯人は分かっているんだけれども、その犯人を捕まえるための証拠を探していくという感じな気がする。なので、あまり緊迫感はないままに物語は進むし、犯人から唯一生還している(生存者)娼婦が、何度も警察から脱走するって話も [続きを読む]
  • ルーム
  • 引用元:YouTubeルーム(字幕版) - 引用元:Amazonいい映画でした。ものすごく重い題材なのに、とにかく子役の子の目線で語られる一つ一つの言葉と成長が、その重い題材を「人間の生命力」みたいなものに変換してくれた気がする。実話をもとに作られた映画です。実際の事件はもっとひどい内容だけどフリッツル事件リンク先:ウィキペディアこういう監禁事件が実際に起こるとよく「もっと早く逃げ出せたんじゃないの?逃げ出すチャ [続きを読む]
  • スノーボード男子ハーフパイプ 凄かった!!!
  • 日本の平野歩夢選手、銀メダルおめでとうございます!とにかく決勝は凄かった!!!あまりルールには詳しくなくて、五輪の時しか見てはいない競技なのですが……ここ最近の五輪の中でも最高の戦いだった気がします。平野選手……圧巻でしたっ! でも、ショーン・ホワイト選手は更に……超人でした。最終滑走であれ見せられたら仕方ないですね。でも、競技終了後の平野選手のインタビュー、勝者を称え、激闘を楽しめたという清々し [続きを読む]
  • 帝一の國
  • FODの無料お試し期間までに貯めたポイント利用で今回も見させていただきました。予告編だけ見た印象と本編ではだいぶ印象が違いました。ズバリ!!!面白かったです。すっごく楽しめました。始めはTBSドラマ「陸王」でファンになった竹内涼真くんが出演しているから見たかっただけだったけど、よくありがちなイケメン俳優だけ集めて作ってみました映画とは違って、演出も、それに主演の菅田将暉くん筆頭に実力あるイケメン若手 [続きを読む]