やっほ の お散歩フォトと雑談 さん プロフィール

  •  
やっほ の お散歩フォトと雑談さん: いらっしゃいませ(^^♪  やっほ の お散歩フォトと雑
ハンドル名やっほ の お散歩フォトと雑談 さん
ブログタイトルいらっしゃいませ(^^♪  やっほ の お散歩フォトと雑
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/nase_daioh
サイト紹介文四季のお散歩写真と望遠鏡視点(◎◎)で尻軽雑話やら時事・社会問題など綴ります。文章・構成の見苦しい部
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/04/12 22:29

やっほ の お散歩フォトと雑談 さんのブログ記事

  • モリカケいつまでやりますか?
  • 小康状態の北問題を察するに・・・中国と北との最近の関係は良好ではない。中国は北の核兵器所有には断固反対姿勢である。米国は現在、空母三隻を日本海に展開中。いつでも攻撃できる体勢にある。中国は米国主導の北潰しには断固反対の様子。(韓国領土が広がる事への懸念)米軍が北に居座ることには容認できない。しかし米軍はいつでも北攻撃が可能。さて、どうする?中国北の次期指導者として保護していた正男氏。暗殺さ [続きを読む]
  • 銀杏並木の道を行く
  • 枯れ葉舞い散る昼下がり落葉ふみふみ晩秋のやがて来たるる冬したく。足元サラサラ人声遠し行き交う人の想いは遥かイチョウ並木の道を行く。なんちゃって歌詞でした(^^♪(昭和記念公園にて)1/52/53/54/55/5 公園駐車場にて [続きを読む]
  • これだけは言いたいな。
  • 今回の総選挙に於いて、議席を減らした、とある政党の委員長が国会前の街頭演説で『小選挙区制』の不満を囂々と述べていた。有権者には「比例区」で政党は選べてもその意中の政党から立候補者が不在の選挙区が多々発生する。そのような選挙区では白票を投じるしかないですね。それがこの小選挙区制の欠点かもしれません。しかし、小選挙区制に至るまでにはその背景と経緯があるわけで、それを忘れたかのように無視して選挙制度 [続きを読む]
  • この秋一番の晴れ日
  • 始めに、衆議員選挙の結果をうけて、戯言を箇条で述べてみる。・希望の人気急落は党首が放った「排除」が理由という。・「排除」された枝野新派。急遽結党した新党立憲民主が人気急浮上。選挙では遂に野党第一党に進出。・その立憲代表は理念が違う人は受け入れないという純化路線を行くという。これって、まさに「排除」の理論では・・・所詮政治家は、『こんな人達』の集まりです。おっと禁句の「こんな人達」って、ツイツ [続きを読む]
  • 雲の合間に薄日がさして。
  • カワセミ君から「エサ獲りショー」の招待を受けた。このところ台風発生に伴い、ずっと天気がすぐれない午前中には広がっていた青空が、午後からは憎いほどに、見る見る薄雲がひろがった。近年の台風は何かが狂っている。「嵐の前の静けさ」現象が無くなった。それだけに、この日の晴れ間を逃したくない。このあと台風が過ぎ去るまでは天候が荒れるという。まだ薄日が挿している間にと、ショー会場へ急いだ。会場に着くと多くの [続きを読む]
  • 「衆議院選」の投票を済ませました。
  • 日曜日だけあって小雨のなかでも大勢の人が投票所に列をつくっていた。投票所を出た所で出口調査の声を掛けられた。「〇同通信社です。」「簡単なアンケートにお答えいただけないでしょうか?」前回の参院選では好奇心から調査に応じた。その時の記憶では簡単と言うほど簡単なものでは無かった記憶がある。関連の質問がしつこくあった。担当者が傍に寄り添うかたちでペン先をじっと見ているのです。(そのような目線がヒシヒシと [続きを読む]
  • ノーベル賞に思うこと
  • 今年のノーベル受賞者に日本人が含まれていなかったことはちょっと残念なことであった。しかし日本にルーツを持つ英国籍のカズオ・イシグロ氏が「文学賞」の受賞が決まったことは我々日本人の誇りをくすぐる嬉しいニュースであった。期待のノーベル物理学賞は重力波検出の功績に対して授与された。いわゆる「神の数式」と言われる数式の正当性を実証するという、宇宙の謎の解明に大きく近づいた偉業だ。この研究には多くの日本人 [続きを読む]
  • 天高く・・・にほど遠い秋日が続いています。
  • 地域限定の天候なのでしょうか、すっきり青空が望めませぬ・・・そんな中、秋のパーツを求めてカワセミが来るいつもの公園に出掛けました。1/8 秋の霞に舞う止まり心地が悪いのだろうか何度も何度も飛び去っては戻るを繰り返していました。2/8 蒼もみじ、紅の出番はまだかいな。3/8 身だしなみに余念がありませんなぁ!4/8 昇り翡翠5/8 飛翔スタイル翡翠はギャラリーが大勢いる餌場が安心できるようです。 [続きを読む]
  • 北問題を「国難」だなんて、真に迫っておいて・・・
  • 国民から信用されていない総理がそれを言ってもただの煽りに過ぎないと多くの国民は思っているかも知れません。モリカケの騒動が公平な報道であったと信じている人があまりにも多いようです。交通事故と戦争は突然に起こる。(最近その交通事故に突然遭遇してしまいました。物損事故で済みましたしたが)「戦争は宣戦布告が必要だから突然には起こせない」そう思っていらっしゃる方が多いのでは、と思います。そんなことは無 [続きを読む]
  • 恐るべし策士、小池氏新党立ち上げ!
  • 今日の画像はネタ切れにつき、急きょ近隣のキバナコスモスに戯れる蝶を撮ってきました。あっさりと、清々しい画像に仕上げました。今朝撮りです。1/5表題文です。今日は午後からメディアが大騒動です。小池代表の「希望の党」を立ち上げたという会見。どのメディアも歓迎の様子に、よくわかりません。安倍憎し、安倍降ろし優先の思考回路が働いているのでしょうか。2/5表題文続き小池氏の政治スタンスは本来反日メディアが [続きを読む]
  • 突然現れる”曼殊沙華”まるで忍者花。
  • 1日めに芽が出て、2日めで20cmの背丈になり、5日めにはつぼみが色づき、そして7日で開花する。このように曼殊沙華は影も形も無いところからなんと1週間で発芽から開花までしてしまう。ある時は”ヒガンバナ”ともいう!彼岸の日は年2回あるのに、こいつの出番は1回限り。なんでやろ〜〜やっほ〜〜^^/1/92/93/94/95/96/97/98/99/9 [続きを読む]
  • つかの間の平和な風景、米軍機が消えた・・・
  • 米軍の航空機が消えてここ厚木基地では静かな秋の空が広がっています。1/3 残された自衛隊機(基地近接多目的公園にて)2/3 のどかな秋の日先日9月8日にロナルド・レーガン米軍空母が横須賀母港から出港した模様です。それに伴い厚木基地で連日訓練を繰り広げていた米軍飛行機が一斉に消えました。3/3 白い一日公園のトランポリンで楽しく遊ぶ子供達米軍機が消えて、ここしばらくは平和な風景が戻った厚木基地 [続きを読む]
  • 日本も核シェルターが売れ行き順調のよう。
  • スイスの普及率はなんと100%を超えるそうですが、日本の普及率はというと、たったの0.02%だそうです。それに日本の核シェルター設置には建築基準法などの関係で申請から認可されるまでに4か月半は掛かるとのこと。このような規制はなんとかなりませんかねえ、業者と政治家の癒着がね。噂に上がるのがね。もう、政府の腰も上げ難いでしょう。日本は性善説が好きな国民性ですから、憲法で戦争放棄している日本を、まし [続きを読む]
  • 北朝鮮は核兵器を持ってはいけない?
  • こんな疑問を持った人はいませんか。だって、国連常任理事国は堂々と核兵器を持っているんですyo。米、露、英、仏、中の5カ国です。よく考えてみよう。。。1/3 河童の哲学者常泉寺(大和市)にてそして、この5か国以外は核兵器を開発してはならいとする。「核兵器不拡散条約」(NPT)という条約を国連で定めました。5カ国の戦勝国特権とでもいうのでしょうか。核兵器は所謂、世界の警察官として統制をとる為の必要な武 [続きを読む]
  • 厚木基地がこのところ騒々しい
  • 嫌でも戦争を意識させられます。1/9 実戦装備(4基のミサイル)厚木基地というと日本敗戦に伴いマッカーサー元帥が最初に降り立った場所である。2/9 戦争の匂いいつも観察している訳ではないが、これほど騒々しく軍用機が離発着を繰り返しているところを見る事はなかった。3/9 タッチの瞬間特に戦闘機と言われる攻撃機の離発着が異常に多いこと。いわゆる”タッチ・アンド・ゴー”というトンボが池の水面に足をつ [続きを読む]
  • 手を上げろ!ダルマさんニッポンを弄ぶ北
  • 北のミサイル発射問題に起因して憲法9条改正の声が上がるのは日本国民の当然の心情でしょう。手も足もない、もひとつ言うなら口も無いダルマさんニッポンですから・・・しかし、そんな状況を永久に維持しようという内外の運動がある。「日本国憲法9条をノーベル平和賞に」という「九条の会」なるものの存在です。ノーベル文学賞作家の大江健三郎氏らの文化人が結成したと言われています。氏は発足記念の講演で「日本が憲法9 [続きを読む]
  • 人影が消えた残暑ヨコハマの風景
  • 大桟橋とその周辺の画像です。5日前8月23日に撮影したものです。画像からは人影が見当たりませんが一時的に四次元の世界にトラバーユして頂きました。漫画みたいな屁理屈ですが・・・この写真はカメラのシャターをおよそ10秒間開きっ放しにした為、動くものは画像から消えてしまうという理屈を利用しました。初期の記念撮影でモデルの人は何分間も同じ姿勢で身動きできませんでした。それと同じ原理です。有名な写真、坂 [続きを読む]
  • 久しぶりに ? マークが点燈した日の記録です!
  • お盆からずっと ?/? ? であったのが、この日は気象庁お墨付きの ? マークなのだ!写真ネタも切れてしまった。「これは引きこもっている理由は無い」 という事で 満を持して出掛けました。サウナのように汗吹き出る中、横浜定番のスポットへ。光化学スモッグ情報のメールが我が秘書ともいうべきガラケーに届いていた。スモッグって過去の公害現象では無かったの?予報では晴天なのに薄日でモヤっている。排ガス規制も工 [続きを読む]
  • ノストラダムスの大予言は外れた?
  • ちょっと前置きの部分が長くなるが、このことは本来、我々学校で教わっていなければないことである。戦争は悲惨なもの、悪と言われ続けている。しかし戦わなければ国家・国民はそれ以上の悲惨な目に遭遇しなければならなかった。極東の小国、日本が生き残った(欧米の植民地にならなかった)理由は幾度かの国難に常に武器を取り、立ち向かったからであった。開戦前のアジアで、独立国は日本とタイだけであった。アジアにおけ [続きを読む]
  • 今回も動物の画像ですわ。雰囲気だけでも・・・
  • 東京は大井競馬場へ行きました。目的はあくまでも写真を撮る為です。入場料が百円でしたので、申し訳無く千円だけお付き合いしました。お馬さんが大好物の人参代にもなりませんね。競走馬の写真は初めての挑戦でした。ちょっと迫力に不満はあるものの、初心者なりに熟せたと思います?もう少し大迫力の画像に挑戦したくなりました。また機会をつくりたいと思います。(地方競馬・大井競馬場にて)1/10 デッドヒート! [続きを読む]
  • 短足ニャンコの ちゃま ♀ ちゃんです・・・
  • ウチの猫をブログにアップしてくれないか?息子家庭の飼い猫ちゃまちゃんのこと。休暇中ということで早速出かけた。なんでもマンチカンとか言う猫種だ。可哀そうなぐらいの短足、運動はお世辞にも得意とは言えないのです。おまけに人見知りが激しくて、馴れないとなかなか人を喜ばせる芸をしてくれそうも無い(*´з`)垣間見える愛らしい表情を捉えることに苦心をしたが、なんとか目的を果たすことが出来ました・・・です♪息 [続きを読む]
  • 帰省ラッシュ!日本の空の下
  • 帰省ラッシュの始まりは地方から、特に東北方面から東京へ集団就職した人達がお盆と正月に里帰りするとき、“北の玄関口”上野駅に集中した。帰省ラッシュの起源はその時ではなかろうかと思われる。高度成長期の昭和38年に東北から集団就職列車が初めて上野駅に到着した。とされています。「ああ上野駅」? どこかに故郷の 香りを乗せて 入る列車のなつかしさ・・・郷愁誘うこの歌は、この頃に大ヒットしました。今の時代 [続きを読む]
  • 座間市の五十万本 ひまわり まつり
  • (8月9日撮影記)向日葵まつりが8月10日から旧盆の期間中開催されるというので混雑を避け、前日に行く事にした。台風5号も通り過ぎて、きょうはカンカン照りの好天気。早朝に出掛けたが気温はぐんぐん上がりあっという間の炎天下!日陰の無い広大な農耕地は へとへとにバテ、相当に体力を消耗した。写真はアップで撮ればどこで撮っても同じようなものである筈なのだが、何故か現地に赴いてしまう心理は何故だろうか。 [続きを読む]
  • 壮大な宇宙の人類最後の謎
  • 宗教の話ではありません。NHKスペシャル「神の数式」より宇宙はなぜはじまったのか?気が遠くなる難問、実は人類はその答えに近づいているというのです。この世にもし創造主がいるとしたら、いったいどのような設計図に基づいて宇宙をつくり上げたのか?この世はいったい何から出来ているのか?そこには神の領域に踏み込もうとする物理学者たちの苦闘と挫折の飽くなき物語があった。アインシュタイン以来、物理学者たちは [続きを読む]