nasee さん プロフィール

  •  
naseeさん: ショパンを弾けるようになりたい ピアノ初心者
ハンドル名nasee さん
ブログタイトルショパンを弾けるようになりたい ピアノ初心者
ブログURLhttp://nathea.blog.fc2.com/
サイト紹介文60歳代から、ショパンが弾けたらと思い、始めたピアノの奮闘記です。
自由文ピアノ 認知症予防に効果があるかどうか、それは分からないが、少なくとも心は豊かになるのは間違いないかと。 そして音楽って夢を実現できる力になるのでは、と始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/04/13 20:31

nasee さんのブログ記事

  • 妹に続いて、母 逝く.
  • 先週末、母が亡くなる. 97歳. その数ヶ月前、妹が癌との闘病後、亡くなった. 今年1月末.妹が危篤、その病床で、Youtubeに投稿した私のショパン ノクターン2番を聞いていると、何かそれに反応していた. そのため、妹の連添いが、亡くなる寸前まで、ずーっとそれを聞かせていた. 先週末、母を見舞いに行く.この半年、点滴生活. 意識があるのかないのか分からず、それでも日本の昔の音楽を聞かせると何となく心地よいような表情をしている. やは [続きを読む]
  • ショパンノクターン20番 その後
  • 2ヶ月半振りの投稿.ショパンのノクターン20番を練習しながら、その間クーラウ、クレメンティのソナチネをレッスンで習う. 素晴らしい曲がたくさんあり、結構楽しんでいる. 当初は時間かせぎという意味合いもあったのだが.というのも、なかなかノクターン20番の出来栄えがぱっとせず、未だデビューが出来ないでいる.その最大の難所が下記、最後のスケールのところ、それでようやく弾けるようになったかもと思ったのが、下記プレイ.そしてプ [続きを読む]
  • 何となくうっとーしく思うピアノ練習
  • 今日は何もない、それで思い切りピアノ練習ができる、 と昨日は思っていた. いざ当日、 朝から、ピアノのそばには行かない. 庭に出たり、テレビを見たり、パソコンをいじったり、等々. もう少しあとからにしょう、 ちょっとこれを先にやらなくちゃ.買い物にもいかないと. 気がつくとソファで昼寝. 何となく避けているのである.ピアノに向かうのがうっとーしいのである. いざ練習となるとそれなりにエネルギーも使う. 何回やっても思い通 [続きを読む]
  • 次の課題曲 クーラウのソナチネ、これはいい
  • 次の課題曲に選ぶ. 本来の課題曲ショパンのノクターン20番がまだまだの出来、それでそれまで何とか時間稼ぎの曲を探す.そしてやっと見つけたのが クーラウのソナチネ、これは横内愛弓さんの最初のあこがれの曲だとのこと.楽譜も著作権が切れていることもあって、「ペトルッチ楽譜ライブラリー」から無料でダウンロード出来るのもいい.     にほんブログ村 [続きを読む]
  • ショパンノクターン 20番 遺作 難渋
  • やっぱりかなり難しい.この曲、5つのパートに分かれる. A: 序盤 最初の数小節 、和音が難しい. B: メインテーマ 何とか弾けるようになるが? C: 明るい調子 これも何とか. D: ここ、かなり難しい、マズルカ風だとか、特に左の3連符は超やっかい 左手はやっぱり右手に比べてかなり運動神経が鈍い. この不穏はテーマのあと、メインテーマA'に戻る E: そのあとのスケール、 超難解な部分、それで最初から取組んできた、 少し出来かかったかなあと思い、録音してプ [続きを読む]
  • ショパン ノクターン20番 牛歩の歩み
  • この曲は素晴らしい. 何とか弾けるようになりたい.その思いで、実力を顧みずトライしているのだが、進捗は牛歩にもいかない、ナメクジ並みの進捗.最後のスケールは、やはり難関、少しづつ、速く弾けるようになってきたように思ってはいるが?、目標レベルにはまだまだって感じである.最初のメインのパートは、それでも何とか弾けるようになってきたかと. 毎日練習していて、ちょっと弾けるかもと思えると、何となく楽しくなる. 反面、前よりひどくなって [続きを読む]
  • 次の大物曲に悩む
  • 次の大物曲に悩んでいる.私にとっての大物曲とは、難しいけれど、一度は弾いてみたい、弾けるようになりたいと思っている曲、弾いてみたい曲は山程あるが、いざ弾けるようになれるかもという曲となるとそれは限りなくゼロに近づくのである. そんな中で.中級クラスの初級に近い方を探し回っている. 延々と練習して、やっぱり無理・・・、なーんてなりたくない. それで数曲だが、その選曲に慎重になる. ネットで難易度も調べる. その中からYoutu [続きを読む]
  • 暗譜するってことは?
  • 暗譜するってことは.... 暗譜するって、楽譜を見なくて弾けるようになることかと. 一方、楽譜を見ながら弾く、いわゆるブラインドタッチと言われるもの、こちらが本流だと本に書いてあった. その理由は、常に楽譜を見ているので作曲者に忠実、そしてその先読みもでき、余裕を持って弾けるようになるとのこと. それでブラインドタッチの習得のため、世界一退屈だと言われるハノンの練習を始めた. 暗譜すれば演奏に専念出来るのではと思う [続きを読む]
  • ある日突然に1位の人がいなくなった
  • このブログ、やっていてよく分からないことが多い.つい先日まで、1位の方がおられたのが、突然いなくなられた.退会されたのかどうなのか、分からない.それだけでなく急にランキングや注目記事の上位にきたと思ったら、数日ではるか下の方に消えてしまう.また、未だにこのIN ポイントというのがよく分からない.自分のブログから、日本ブログ村に行った回数とかで、これがメインとのこと、何のことか理解できないでいる.まあいいか、自分と同じ [続きを読む]
  • 「めぐり逢い」 それなりに
  • あれほど苦労したのが、今週に入って、それなりに弾けるようになってきた.不思議なもの、 やはりひたすら練習しかないのかも. そうなるとちょっとはピアノも楽しくなる. それでショパンの 「ノクターン」に再チャレンジ、 あれだけ練習したこともあってか、再度チャレンジすると、それなりに弾けるようになるもの.そんな山あり 、谷あり (また谷あり) の、今日この頃、浮き沈みのあるピアノライフです.    にほんブログ村 [続きを読む]
  • 黒鍵へのトビ 難しい
  • 前回のレッスンが散々だったので、先週から毎日、「めぐり逢い」を3時間以上特訓、それでもまだ、まともに弾けない.同じところを何度もミスる、それだけならまだいい、その他はところかまわずランダムにミス、まるでもぐらたたき である.特に黒鍵へ指が飛ぶ場合(赤○) 、行き過ぎて隣をたたく、あるいは距離が足らなく手前に落ちる、運良く黒鍵の上に指がのったかと思うと、一瞬にしてどちらか左右に滑り落ちる 等々.「花の歌」の 最初の3連符も、 [続きを読む]
  • レッスン メチャクチャ
  • 予想はしていたのだが、案の定、今日のレッスンはひどかった. 課題曲は、アンドレギャニオンの 「めぐり逢い」、 ゆっくりした曲なので、同じようにゆっくり準備していたのだが、日が追うようになってあせる. 所詮、付け焼き刃で何とかなる曲ではなかった.じたばたしてもしょうがないと、レッスンに挑む. 通常かなり準備して、これならと思ってもうまくいかないのに、準備不足を分かりながらのレッスンに挑むのは、結構つらい. 行く前に楽譜を [続きを読む]
  • 和音を指に覚えさせるのは大変
  • 前回、思いもかけずランゲの「花の歌」を卒業、それゆえ次回の課題曲が間に合わず難儀している.次回は、アンドレギャニオンの「めぐり逢い」、 ゆっくりした曲なので、2週間あれば一応弾けるようになるかもと思いきや、それが思うようにならずあせっている.特に和音が中々覚えられないのである.一度に4つも5つも同時に弾く、これって中々大変、どうやって覚えられるのか、未だ分からない.旋律は何となくドレミで覚えられて楽譜を見なくてもそれ [続きを読む]
  • 音階の生い立ち
  • 音階(そのルールを決めているのが音律) はどうして出来たのだろう? ピアノをやり始めてときどき思う疑問. それで少し調べてみることにした. 最初に考えられたのは、紀元前の話、あの有名なピタゴラスが考え出したと言われるピタゴラス音律、それを改良したのが純正律、そして現在最も使われているのが、平均律とのことである.. 音階の発見とは昔から2つの音を重ねたとき、その2音の周波数比が簡単なほど響きがよい ということはよく知ら [続きを読む]
  • ピアノレッスンという拷問
  • この衝撃的なタイトルは、フランスで話題になっている本の副題、正式なタイトルは, "父の逸脱", 娘のピアノ教育に熱心の余り、体罰、食事抜き、暴言等を繰り返す児童虐待の実態が、生々しく描かれている。著者はセリーヌ ラファエル、自らの子供のときの体験を記録した実話である。彼女は、今や超有名になったランランや、辻井伸行らと国際ピアノコンクールに参加、優秀な成績を納めた。 それがさらに父親自身、自らの教育方針へ [続きを読む]
  • ピアノを愉しむ
  • この2年半、ひたすら新たな曲に挑戦してきた. そして既に30曲以上になったのだが、気がついてみると、そのどれも今は弾けないのである. 一応弾けるようになった曲はそれなりの自分の財産、それが弾けないのは、自分のものになっていない、 何のためのこれまでの努力かと、考えさせられた. それで今年からはせっかく、弾けた曲をさらに磨きをかける といえば格好いいのだが、愉しめたらといいかと思い、 再度チャレンジしている. それで、 ノ [続きを読む]
  • 自分の弾ける曲を
  • 今年は今まで弾けていた?と思われる好きな曲を、出来れば自分のレパートリーにしたいというのが目標です.昨年暮れ、ピアノ座談会に出席、そこで話題になったのは、この曲が弾けるようになったと言える、 それはどこまで弾けるようなったことなのか、取り敢えず弾けること、全くミスがなくなること、自ら納得出来るまでということ、それはプロでも結構難しい、そんなことを話し合っていました.確かに自らの演奏を自分でもなかなか満足出来ない、そんな [続きを読む]
  • 蝶って素晴らしい人生?
  • 蝶の若い頃,芋虫や毛虫,決して感じのいい生き物と思えない. それがさなぎになり,そして大空に舞い上がるようになる. その一生の最後の姿が一番素晴らしい. 我が家では.道端で蠢いている幼虫を取って帰り,食草の中でさなぎから蝶に孵るのを楽しみにしている. 人の一生も蝶のように,最後の時が最も素晴らしい姿であればいいのにと思ったりしております.     にほんブログ村 [続きを読む]
  • 残された時間でどこまで?
  • ピアノを始めたのは,2年半前. それからは結構やりがいを感じたてきた というのも,昔からピアノが弾けたらという憧れ,それがこの歳になってようやく実現しつつある.こんな素晴らしいピアノ体験が出来るなんて,今まで余り思っていなかった.そして,ショパンのワルツや, ノクターン, そして乙女の祈りや渚のアデレーヌ 等々それなりに一応弾けるようになるなんて,何か信じられないようなことかと思っている.始めたのが60歳後半ゆえ,今 [続きを読む]
  • レパートリを持つことの難しさ
  • つい先日,ショパンのノクターンを卒業, そしてこの曲を自分のレパートリにと思っている.もうちょっと前,「乙女の祈り」もレパートリにと思っていたのだが,最近はほとんど弾いていない.自らのレパートリにするために,定期的に弾き直す必要があるとのこと. それが結構,大変なのである.卒業したらやれやれ, そしてそれまでそればっかり弾いていたので卒業したら,ちょっとしばらく一休み,そんな気持ちになるのである. それでちょっと遠ざ [続きを読む]
  • ショパンのノクターン2番 何とか弾く
  • 今年一杯かかるであろうと思っていた,ショパン のノクターン2番を先日卒業. 何とレッスン3回目. 余程,その日は先生の機嫌がよかったのではないかと思う.こんなことになると思っていなかったので,次の曲 ランゲの「花の歌」の準備が全く出来ていない. 今の状況では到底,次回のレッスンに間に合わないゆえ,急きょ,ブルクミュラーの「無邪気」を練習,これなら楽譜も1ページなので何とかなるかもと期待している.それにしてもこのショパ [続きを読む]
  • 悩みのたね ミスタッチ
  • 曲を一応弾けるようになると,次の目標はいかにミスタッチをなくすかということこれが最初の目標でもあり,いつまで経っても達成出来ない目標にもなる. ミスタッチはプロにでもあるとのこと. それよりも重要なことは表現能力と言われているのだが.そう言われても間違うと,表現どころではなくなるのが素人の宿命なのかも. 先日樹原涼子さんの「ピアノの常識」という本を読んでいたら,こう書いてあった. ミスは誰にでもある, 間違っても [続きを読む]
  • ショパン ノクターン 初日散々
  • 昨日は,ショパンのノクターンの初デビュー.それまでかなり練習してきた. そしてそれなりにかなり弾けるのではと期待していたのだが...当日, レッスンのグランドピアノがひどかったせいもあったかも,だけどそれでも弾き間違いが,8箇所もあった. ショパンは同じような旋律が出てきてもそのたびに微妙に弾き方が違う. それはある程度分かっていたつもりだった. それで楽譜を何度もチェックしていてその違いも分かっていた積りだった [続きを読む]
  • ピアノは何のため
  • 今さら人に感動を与えられるぐらいの演奏力はない。気をつけなければ周囲に騒音を撒き散らかしているのかも知れない。時間もかかるし、お金もかかる。 それでも弾いていてそれなりに楽しい. やっぱり自己満足の何者でもないのかも。というかそれしかないかも,またそれでいいかと思っている。 何とか弾けるようになったときの感動、そして自らかっこいいじゃんと思える瞬間、たまには自分の演奏にうっとりすることも(たまにしかな [続きを読む]