rennrennrenn さん プロフィール

  •  
rennrennrennさん: 裁縫男子♂〜学業に
ハンドル名rennrennrenn さん
ブログタイトル裁縫男子♂〜学業に"服飾"を選んだ男子高校生の話〜
ブログURLhttp://renn3m3renn.blog.fc2.com/
サイト紹介文服飾を学ぶ男子高校生。"女クラ"の中で共存する日常の話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/04/14 12:15

rennrennrenn さんのブログ記事

  • 対面式
  • 「ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ」「(((-д-´。)(。`-д-)))イヤーッッッ」「(/´△`\)ヤメテェェェ」僕のクラスから湧いたのは怒号だった……。他のクラスは歓声が上がっていたのに……。僕のクラスや特殊コースではクラス替えはない。よって担任や副担の先生が一新される対面式は期待しながら発表を待つ。しかし‼何も変わらなかった(゚Д゚;)マジデェー対面式後のホームルームで「ゴメンね、もう一年間担当するからね。でもねぇ、あの声は流石に傷付くわ [続きを読む]
  • 地味なイタズラ
  • “じゃ○りこ”をウインナーやコロッケに混入させてみた。何時もとは違う食感に驚きと不快感を体験するだろう。想定外の問題が発覚した。時間の経過とともに“じゃ○りこ”がしっとりとなってマッチングしてしまったのだ。特にコロッケは同化してしまった。故に、イタズラに気付かれないどころか、仕込んだ僕さうも分からなくなってしまった。あらたな改良を迫られる結果となった。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 後期選抜入学試験終了
  • 昨日と今日の二日間が公立高等学校の後期選抜試験が行われた。僕のホームタウンでは、両日ともに積雪となった。天候や体調に負けずに実力は出せただろうか。後期選抜最終日の夕方前のテレビ番組では後期選抜の標準解答速報の特番が放送された。昨年の僕は、解いたばかりの入試問題を広げて標準解答と照らし合わせて自己採点を繰り返していた。今年は、地震の被害を受けた地区や家庭からの学区外への進学率が低くなり地元の高校への [続きを読む]
  • 地震の被害 その13
  • 後期選抜の倍率が発表された。人気校の人気学科なのに定員割れが起こった。一方で、工業系の電気部門や農業系の食品部門や商業系の倍率が高かった。やはり、就職や収入に直結した進路を選ぶ傾向を見てとれた。しかし、そこには熊本地震の影響がより色濃く反映されている箇所を読み取ってほしい。学区外だ。ここ数年、学区外の受験生の頑張りで卒業中学校や進学先で学校全体の成績を良くしている。今年もその努力は繋がっているのだ [続きを読む]
  • 部員獲得大作戦! その①ビラ配り
  • 後期選抜入学試験が終わると前期選抜の合格内定者も含めた正式合格者発表が行われる。その発表日から数日後には新入生とその保護者は召集される。その時に初めて出会う学生は生徒会や部活動関係者だ。特に部活動関係者は目の色を変えて、てぐすね引いて待ち構えている。それは、本校舎入り口までの20m弱の通路の両脇に色とりどりの紙を持つ者やユニフォーム姿の者がずらーっと並んで新入学生や保護者にそれぞれの部活動のビラを配 [続きを読む]
  • 節分
  • 幼い時から年中行事は行っている。今年は、久々に近所のスーパーの節分の恒例行事に参加してきた。スーパーの店内では、店員さんが「鬼は外!福は内!」と言いながら豆菓子の小袋や雨や雑貨を撒く。撒かれる度に歓声が上がって賑やかなイベントだ。このイベントを毎年楽しみにしている人も少なくない。店内で竹馬の友に再会をした。久々に会えたこと加わってとても盛り上がった。僕が手にした菓子や雑貨の一部を友達やその兄弟に分 [続きを読む]
  • 県立高等学校入学者選抜試験(前期)
  • 公立高等学校の前期選抜試験だ。一年前、僕も受験した。結果は不合格。しかし、後期選抜試験で合格を勝ち取って今日に至る。前期=特色とは何か?それは、各高校が決めた観点や検査内容や審査基準で合格者(後期選抜合格者が確定するまでは内定者)を決めるのだ。分かりやすく言えば、校風に合った者や学業・専門技術で実績を残せる者等の入学者とする事を重視する。故に、学科試験の成績では望めない学校・学科へも調査書(内申書)や [続きを読む]
  • 僕らに続け!
  • 既に入試を終え、進路が決まった者もいるが多くの中学三年生は、私立高校の専願.奨学選抜試験から緊張の数ヵ月間が始まる。先日開催された僕ら服飾の学習発表会にも受験生の姿があった。その中に男子中学生の姿もあった。そして、その子のお父さんが僕に声を掛けてきた。「まだ中学二年生ですが物を作るのが好きで、服飾にも興味があるので見に来ました。男子学生さんがいて希望がわきました。入学できるように家族で頑張ります。 [続きを読む]
  • 和紙の帽子
  • 妹は、『手でみる造形展』への出品作品を特殊加工されて破れなくなった和紙で帽子を作った。和紙なのに、布で作る場合と同じ工程で作られている。だから、ミシンや専用の芯も使う。和紙と言えば、熊本の『山鹿灯籠祭り 千人灯籠踊り』で頭に乗せている灯籠飾りも和紙で作られている。全て職人さんの手作りだ。何故、和紙で作られているのかというと、丈夫で軽くて優美な仕上がりになるからだそうだ。さて、妹の作品も山鹿灯籠飾り [続きを読む]
  • 僕の雨男っぷり衰えず。
  • 冬になるとホームタウンは雪景色だ。しかし、今週末から翌週にかけては雪とは疎遠の平野部でも雪の予報だ。それは、非常に困る(´-ω-`)週末は、服飾の学習発表会が開催予定だ。週明けからは、修学旅行が予定されている。僕が関わるイベントには必ず雨が降る。どうも僕が楽しみにするほど天気が悪くなる傾向がある。週明け、飛行機は飛ぶかな?あっ、( ̄O ̄)、楽しみしている自分発見(((o(*゚∀゚*)o)))にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 阪神淡路大震災から、熊本地震から。
  • 地震をきっかけに防災グッズが様変わりした。緊急時用の防災グッズではなく、日常に溶け込んだ防災グッズになった。それは、機能性にインテリア性もプラスされているので防災グッズに見えない。でも、それが非常事態の時の精神的な負担を軽減してくれる。“厳しい状況下においても楽しく逞しく生活を保たせるか”を重視するようになったのだ。僕は、阪神淡路大震災を教科書で学んだ世代だ。しかし、度重なる震災や熊本地震から様々 [続きを読む]
  • 七草
  • 春の七草 芹 薺 ゴギョウ ハコベラ  仏の座 鈴菜 スズシロ本来、七草とは秋の七草(女郎花、尾花、桔梗、撫子、フジバカナ、葛、萩)の草花をいう。また、初年の雪の中から若菜を摘む『若菜摘み』と言う古典的な習慣や小正月1月15日の『七種』と書いて“ななくさ”と読んでいた事などから春の七草の風習が定着したそうだ。食卓に春の訪れを届ける七草だが、七草粥は正月の宴で疲れた胃腸を調える為とか一年の無病を願うとか [続きを読む]
  • “福”が集まるとは!!( ; ロ)゚ ゚
  • この冬の『雪見だいふく』は、パッケージデザインが4種類で“ふく”の文字が大きくなっているそうだ。その中でも“福”と漢字表記されているデザインはレアらしい。近所のスーパーで見つけたレア物( ≧∀≦)ノそれも沢山!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚レアなんですかね(-ω- ?)パッケージよりレアなのは中に入っているフォークのデザイン。通常は、ハートが1〜3個で占いが出来る仕組みだ。レアは、ある動物がデザインされている。期間限定のフレ [続きを読む]
  • 障子の張替は“布張り”がお薦め
  • 縫製のプロの方から教えて貰った凄技だ。使用するのは両面テープとサイズ分の布、サイズを図る為のメジャーとはさみ。つまり、障子紙を“布”にするのだ。布障子の利点は、 お洒落指数アップ↑ヾ(≧∀≦*)ノ〃 強度アップ↑d( ;゚皿゚)」 水を使わないから作業時間短縮ヽ(^o^;)ノと、目から鱗のアイデアだ。デメリットは、 布の準備、面倒。 コスト高。 と、布から準備をする人には大変かも。実家の障子に使用した生地は、スト [続きを読む]
  • 4?のベーコン
  • 年始用に特注していたベーコンだ。総数4?のベーコンは圧巻だ(*゚Д゚*)そのままは食べてもよし!な、ベーコンを贅沢に使ってベーコンステーキやオムレツ等を作って貰った(* ̄q ̄*)3学期のスタートに、特製サンドイッチを持って行こう(ノ゚∀゚)ノにほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 初詣〜熊本地震の爪痕〜
  • 楼門や社が崩れ、御神殿か露になっている。普段目にする事が出来ない貴重な神殿を拝見出来るのは有り難いのだが……。熊本地震直後から足を踏み入れてなかった場所だ。家の庭のような場所だったから変わり果てた姿を見るのは耐えられなかった。だから、避けてきた。広かった境内が仮設の祈祷処がたてられていたり、工事の足場が張り出していたりで狭く感じた。僕が登って怒られた塀や祭りの特等席の代わりにしていた石灯籠は撤去さ [続きを読む]
  • 初春のお喜び申し上げます
  • 2017年 今年も宜しくお願い致しますm(_ _)mホームタウンでの朴は、熱々の美味しいご飯三昧で太りそうです。折角、ジキュウソウトハンドボールと自転通学で痩せてきていたのに……(*T^T)新学期早々、女子に弄られるのは確定だ……(;゚∇゚)今年も既にスケジュールが詰まっている。ファッションショーや修学旅行、入試の準備、卒業式や入学式の準備、新入学生説明会の準備、体育祭の打ち合わせ、決算と予算書の説明会等と平行させなが [続きを読む]
  • 手でみる造形展
  • 妹が所属する美術部では、今年も『手でみる造形』への出展作品の製作が始まった。毎回、素材に拘る妹。日本の技術や伝統の融合から生まれた世界に誇る新たな日本の技も伝えられたらと考えているようだ。昨年は、『おりあみ』(金網の技術で作られた金属の折り紙)で変形するユニットを作り上げた。それは、話題になって盲学校の先生方からは、「形を変える事が出来る作品は初めてで大変斬新でした。只触るだけでなく自分で変形させる [続きを読む]
  • 続 ステンドグラスクッキー
  • 母のクッキー作りへの研究は続いていた事がわかった。ステンドグラスクッキーのステンドグラスになる部分の材料を変えたらどうなるのか?(・_・;?研究材料は、“ハイチュー”、“ミルキー”、“グミ”のソフトキャンディ。結果、改良点はあるものの味も食べやすさもソフトキャンディが良いらしい。僕のところへ実物を届けてください。にほんブログ村にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • ローゼンキューヒライン
  • 世界各地には、クリスマスシーズンに因んだお菓子がある。『ローゼンキューヒライン』は、スイス地方のお菓子だ。作り方は、専用の型にクレープ生地をつけて油で揚げる。仕上げに粉砂糖をまぶして出来上がり。手が込んで見えるが材料も作り方もシンプルなのだ。味は“甘い天かす”(≧▽≦)クラスメイトと先生方と他の学年やクラスの生徒達に“暮れの元気なご挨拶♀_(`O`)♪”として配った。既に次回も期待している奴が……!!( ; ロ) [続きを読む]
  • 僕からの……試作品完成
  • 久々にホームタウンへ帰省した。すると、またもや母の無駄にクオリティの高さを目の当たりにした。アイスボックスクッキーの生地作りのメリットの生地の保存期間と量産の可能性とステンドグラスクッキーの飴がガラスのようになって中に入れた飾りが動く楽しさを融合させたクッキーだった!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚これの量産を頼みました(。-人-。)出来るのか(-ω- ?)ローゼンキューヒラインにする?(・_・;?どれにしても無駄にクオリティが高 [続きを読む]
  • マシュディ
  • 今話題の新スィーツ『マシュディ』を母が作った。『マシュディ』とは、マシュマロを溶かして作るキャンディな様な物。塊で出来あがって、好きな厚さに切るので、金太郎飴のように同じ断面図が幾つもできあがるのだ。この材料をクッキーの生地に変えて、同じ様に作ると『アイスボックスクッキー』を作ることが出来る‼……、と熱弁する母だった。このマシュディ、実は失敗作なのだ。レシピの配合だと甘いので調整が必要らしい。そう [続きを読む]