ずらっぺ さん プロフィール

  •  
ずらっぺさん: ずらっぺの読了記録 洋書も和書も
ハンドル名ずらっぺ さん
ブログタイトルずらっぺの読了記録 洋書も和書も
ブログURLhttp://zurappe.blog.fc2.com/
サイト紹介文KindleとAudibleメインの読了記録です。(洋書中心)
自由文南の島在住20年。日本語の本より安いという理由で読み始めた洋書。今ではKindleとAudibleのおかげで読むのはほとんど洋書。時々は日本語も読みたいな。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2016/04/14 15:58

ずらっぺ さんのブログ記事

  • 【読了】Strike Your Heart
  • By Amelie Nothomb見つけちゃったかも知れない。新しく、好きな作家…アメリー・ノートン(フランス語では、アメリ・ノトンと発音するらしい)というこの作家、子供時代を5歳まで日本で過ごしたベルギー人で、作品はフランス語で書いて、フランス語圏ではかなり人気がある作家なようです。大人になってからも再来日して三井物産に1年間勤務したらしいです。(Wiki調べ)そんな事は全く知らずに、この作品を読みました。Jen C [続きを読む]
  • 私と英語の番外編5 南国で活躍する日本人
  • 私が働く会社の社長は日本人、上司にも1人日本人がいます。以前に勤めていたホテルにも数名日本人がいました。他社にも日本人だけれどもこちらで活躍している人はたくさんいます。英語でも活躍できる日本人達を観察しているとある特徴があります。もちろん中には英語が上手な人もいますが、全員がちゃんとした文法に基づいて英語を使ってはいる訳ではないという事を強調しておきます。中には英文メールなんかを読むとぶっ飛ぶほど [続きを読む]
  • 私と英語の番外編4 私の周りのバイリンガル(3)
  • 数年前に日本のインターナショナルスクールに通っていたというハーフに出会いました。会話は日本語だったし、何度かメールのやり取りもしましたが、日本語にもおかしな所はありませんでした。最近は何故か英語のメールも増えてきましたが。彼は日本語の方が優勢なのかと思っていたのですが、つい最近彼とスカイプ会議をしましたが、会議は英語の方が良いと言われました。会議参加者はほとんど日本人だったんだけどね。で、違った、 [続きを読む]
  • 私と英語の番外編3 私の周りのバイリンガル(2)
  • 今の私が働く会社にはグアム育ちの日系人が3人います。日本語レベルはそれぞれに違いますが、3人とも話せるのに読み書きが弱いです。話せるとは言ってもちょっと複雑な話になってくると耳が勝手にシャッターを閉めるらしいです。日本で育ってはいないので、テレビ番組の話とかタレントの話は通じません。3人とも英語は良くできます。3人とも地元の学校に行ってたからね。うち1人のTちゃんは大学から日本に行って、日本の会社を数年 [続きを読む]
  • 私と英語の番外編2 私の周りのバイリンガル
  • サイパン、グアム合わせて20年以上にもなると、バイリンガルの知り合いも多いです。色んなパターンのバイリンガルを知っています。但し、英語と日本語を同等レベルで読み書きできるレベルともなるとその数が激減します。そういう私もバイリンガルにカウントするとして、もちろん日本語の方が得意です。英語はペラペラですか?と言われれば、「ペラぺ〜です」と言い続けて何十年!?(仕事のemailは例外です。これは英語の方がスト [続きを読む]
  • 私と英語の番外編 息子と英語
  • うちの息子はグアム生まれです。現在6年生。幼稚園に入る前は家の近所のDay Care(保育園?)に通っていました。この頃の息子のメイン言語は英語。誰にしゃべる時でも英語でした。おばあちゃんと話す時も英語なので、間に入って通訳をしてあげないといけない状態になりました。こりゃいかん!って事で、年中さんからグアム日本人学校の幼稚部に入れました。入れて2ヶ月で日本語が優勢になりました。(子供ってすごい!)ここからず [続きを読む]
  • 私と英語(20) まとめ
  • 長々とシリーズで書いてきましたが、そろそろ終わりにします。英語学習に関して思った事を書きます。英語はコミュニケーションのツールなので日常生活で完璧に話す必要はないと思ってるんです、私。だって、言葉だもの。完璧である必要なんてある?日本語だって間違った語法や用法も入り乱れてしゃべってると思うんだよね。誤解しないでいただきたいのは、私が間違ってもいいと言ったからと言って、な〜んにもしないのは良くな [続きを読む]
  • 私と英語(19)そろそろまとめ!?
  • 英語に初めて触れてから今までについて色々と書いてきました。英語に触れ始めたのはただただ話せるようになりたかったからだし、英語でコミュニケーションを取りたい!という気持ちが強かったので、机上での『英語』勉強が圧倒的に少なかったですね。学校の勉強はそれなりにやっては来たけどね。一応編入組だけど外大卒だし(笑)英語が何かに必要だから読んだりしなければいけない状態に陥って初めて辞書が大活躍する始末でした。 [続きを読む]
  • 【読了】The Book of Unnamed Midwife
  • By Meg Elison皆さんご存知の通り(?)、私はDystopian/Apocalyptic/Post-Apocalypticな本が好きです。何でだかは分からないけれど…サバイバルストーリーが好きなのかなぁ?なので、今まで結構このジャンルの本を読んできていますが、これはその中でもトップランクの面白さでした。Plague(疫病?)で人口の大半、特に女・子供が死んでしまった世界で、主人公のバイセクシャルの助産婦が、女だと知られると良い事は一つ [続きを読む]
  • 私と英語(18)私と洋書について簡単に
  • 洋書に傾倒したのは2004年です。なので、洋書歴は14年ですね。最初の3年は1年に50冊ぐらいのペースで読んでいました。読んでいた本はチックリット、コージーミステリー、ミドルグレードからYA本。多読という言葉は全く知らなかったし、Grade Readerというものがあるのも知りませんでした。途中、妊娠、出産もあって全く洋書が読めない時期もありましたが、息子が大きくなて来て少し余裕が出てきて、また洋書を読む日々が始まりまし [続きを読む]
  • 私と英語(17) グアムに来てから
  • グアムに越してきた当初ですが、妊娠6か月!という事もあって、仕事を探すのもためらわれ、しばらくは主婦してました。息子が生まれるまでは、洋書を読んで過ごす事が多く、この機会にJodi Picoultの出てる本を全部読んでやろう、と張り切っておりましたが、息子が1カ月も早く生まれてしまい、途中で断念。子供が生まれてからはしばらくは本も読めませんでしたわ。しかし、生活していく上でグアムはサイパンよりも英語が必須です。 [続きを読む]
  • 私と英語(16)英語を勉強するという事について
  • 翻訳を仕事にしている友人がいます。彼女がおススメしてくれた翻訳を勉強する本とか買った事があります。英文解釈とか構文の本とかも勧められて、そんなに良いんだったら買ってみるか!と。最初の1チャプターぐらいはどれも読んだりしていますが、どれも最後まで行った参考書はありません!!断言できる。さっき、本棚見てきたので間違いありません。唯一、サマセットモームの短編集を使った英文読解術の本(行方昭夫著)は、読み [続きを読む]
  • 私と英語(15) 飛躍的な英語力向上秘話
  • ここで、これについて書いておかないといけない!という事を思い出しました。もう過去の話しだし、そろそろ時効だろうから話しちゃいますね!この時、私の英語力が飛躍的に伸びたんじゃないか!?という秘話です!?サイパン時代、まだもちろん夫と知り合う前の話しですが、アメリカ人男性とお付き合いをしておりました。仮にDさんとしましょう。まだ若い頃に付き合ってた彼Pにも言われたんだけど、私の優先順位は「仕事、友 [続きを読む]
  • 私と英語(14)〜サイパン時代パート3
  • まだサイパンに行ったばかりの頃は、友人が日本からたくさん遊びに来てくれていたので、みんなが日本語の本を持ってきてくれていて読む本には苦労しなかったのですが、数年経つと友達もあまり来なくなりました。こんな時期、ハリーポッターが読めちゃったわけです。ここから洋書を読むようになるのは当然の成り行きかと…日本の本は日本のアマゾンから買えない事はないのですが、送料を入れると値段が倍ぐらいになります。その点、 [続きを読む]
  • 私と英語(13)〜サイパン時代パート2
  • Supervisor時代ですが、毎日が同じで、単調に感じ始めた時期がありました。その時にサイパンにあるCommunity Collageに英語のブラッシュアップ目的で通う事にしました。なんかのESLのクラスでも取れば時間も潰せて英語力の向上にもなるな!一石二鳥!のノリで。ホテルの仕事は土日も働いたり、妙な時間にもスケジュールされたりするので上手くやれば、週に数回、学校に通うのは楽勝でした。ここで、誤算が生じる事になるのです。ま [続きを読む]
  • 私と英語(12)〜サイパン時代パート1
  • まずサイパンに来て驚いたのは、ちゃんとした英語が通じない!でした。ホテルの部屋はオートロックだったのですが、英会話講師時代に教えていた「He locked himself out of the room.」が通じませんでした。これを、「He forgot the key in his room.」と言い換えて初めて通じました。衝撃でした。話していた相手はフィリピン人のおばちゃんでしたが、サイパンに住んでいるフィリピン人達にはこうやって簡単な英語で話した方が通じ [続きを読む]
  • 私と英語(11)〜英会話スクール講師をへてサイパンへ
  • 最終的に、英会話スクールでは楽しく講師を1年やりました。この頃、また何とかして海外に出てやろう!と模索していた時期でもありました。この頃かな?初めての洋書に挑戦したの!?メルギブソンとジョディーフォスターが主演のマーヴェリックという映画のノベライゼーションでした。映画が面白かったし、本も読めるかな?と誤解しました。 が、これ西部劇です。英語がとってもチャレンジングな上に、映画とちょっと話が違う!? [続きを読む]
  • 私と英語(10)〜大学卒業して社会人に
  • 1年の交換留学から帰ってきたのがもう日本では夏休みに入る頃でした。この時私は4回生(4年生)。完全に就職活動には乗り遅れました。英検の準1級を取ったのはこのあたりですが、大学時代だったか社会人一年生でとったのか?記憶があやふやです。短大の頃からこの頃にかけて翻訳・通訳の会社でアルバイトして、視力が低下しました。パソコンめ!しかし、ここでのバイトは英語のできる大人の中に紛れ込ませてもらって刺激も受けたし [続きを読む]
  • 私と英語(9)〜交換留学時代
  • 交換留学はユタ大学に行ったのですが勉強の前に例の2歳年下の従妹と、友人の3人でサンフランシスコとロス旅行に行き、メキシコとアメリカの国境に住む親戚に従妹と2人で会いに行きました。この時の英語力では従妹ちゃんよりは私が上。もちろん、ご指導させて頂きましたわよ〜。「チャイナタウンに行って卵買ってきて〜」とか、「フロントに行って、まな板と包丁借りてきて〜」とか。実践で使わないと英語力は伸びないからね!?( [続きを読む]
  • 12月の読む本(TBR)
  • もう今年も最後の月となりました。早いですよね〜。さて、いつもまともにTBRとして挙げた本を全部読む事はありませんが、一応今月に読む本を挙げておきたいと思います。今月の目標は読みかけている本をできるだけ終わらせるです。まずは、これ。Becoming By Michelle Obamaバラクが出てくるまで、あまり進まなかったのですが、今ちょうどバラクが政治家になりつつある所で面白くなって来たのでこれはもう直ぐ読み終われると思いま [続きを読む]
  • 私と英語(8)〜大学時代
  • 短大から大学に3年生で編入しました。目的はただ一つ!交換留学に行く事でした。そう、この大学を選んだのも留学に行きたいからでした。この大学には留学生別科というのがあって、交換留学で受け入れた外国人留学生(ほとんどがアメリカ人)がたくさんいました。大学の寮でこの子達と共同生活を送rる制度がありましたが、選抜試験がありました。成績の順番の上位者から数名ルームメイトとして1学期間だったかな?を留学生と生活が [続きを読む]
  • 11月のまとめ(Wrap Up)
  • 今月はTBRを決めたのに、なかなかその本を読み始めず、先月の名残で最初の方はずっとまだホラーを読んでました。では、今月読んだ本の発表です。The Traveling Vampire ShowBy Richard Laymonヴァンパイア?のホラーです。RedBy Jack Ketchum犬が殺された飼い主の話のホラーです。Seed By Anita Ahlbornデーモン、デビルのホラーです。The RetreatBy Mark Edwards行方不明の子供、川で死んじゃったお父さん。後味の悪いホラーです [続きを読む]
  • 私と英語(7)〜短大時代
  • 短大時代に1番頑張ったのは「スピーチ」です。単位がもらえないけど選抜された生徒だけが受けられる「スピーチ研究」というクラスがありました。このクラスがめっちゃ楽しかったんです。本物の帰国子女もいたし、皆それぞれに英語の発音がそれっぽい人ばかりが集まっていました。先生達も(3人の講師が入れ替わりで担当)スピーチ指導に力を入れている方々でした。このクラスにもDJコンテストに一緒に出たY代もいました。さて、当 [続きを読む]
  • 私と英語(6)〜高校から大学に
  • まずは、勘違いしてはいけないのは海外研修に短期間行ったからと言って、英語力上がるわけではないという事です。私の中で大きく変わったのは、とにかく英語でコミュニケーションが取れるようになりたい!という思いが大きくなっただけで、行く前と帰ってきてから変わった英語力なんて微々たるものなのです。我が家に初めてステレオ放送のテレビが来た日の事を覚えています。それまでは、洋画は実は多重放送をしていて、今見ている [続きを読む]
  • 私と英語(5)〜高校時代パート4
  • そう言えば、海外研修のお別れ会(sayonara party)の時にも英語劇をしました。演目は浦島太郎。私はまた主役をやりました。はい。浦島太郎役。高校の時の英語劇、主役しかやっていません。何ということだ!さて、クラスに英語のお勉強がよく出来るクラスメイトがおりました。彼女は、先生にも目をかけられていて、問題集を1冊与えられ1日に数ページやって来ては先生に添削してもらっていました。彼女は出来る子なので先生から提案 [続きを読む]