べぇべぇべぇ さん プロフィール

  •  
べぇべぇべぇさん: バカも休み休み言え
ハンドル名べぇべぇべぇ さん
ブログタイトルバカも休み休み言え
ブログURLhttp://be1be2be3.blog.fc2.com/
サイト紹介文アジアの路地裏が舞台。そこで出会った人たちのことをしゃべりまくる、アナログ的な旅日記
自由文ベトナム・タイ・中国などを仕入れを通じて旅してます。いろんなとこ行けていいと思う反面、長期旅行やパッカー生活から遠ざかってしまっているのが悲しい。できればもう一度、ゲストハウスで出会った仲間と酒を飲んだりしてみたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/04/14 19:06

べぇべぇべぇ さんのブログ記事

  • 雲の中の少数民族(雲南省金平県の旅 最終回)
  • 2018年6月6日。昆明は寝るだけと豪語していた今回の旅は、正に行き帰りとも寝るだけの昆明となってしまった。昨晩は、大汗かきながらホテルに飛び込み、とりあえず飯とビールと思って外出したものの、入ったラーメン屋は回教徒の蘭州牛肉麺店であったため、アルコールは一切なし。完璧な選択ミスとなったが、それでもうまかったし、体はすでに酒を受け付けてはいなかったので、これでよかったのかも。フライトは早朝便のため [続きを読む]
  • 神に選ばれし棚田・元陽 / 雲の中の少数民族(雲南省金平県の旅?)
  • 2018年6月5日。翌朝は6時30分にはホテルを出た。すでに僕の旅はロスタイムに突入しており、本来であれば朝から昆明行きのバスに乗らねばいけないはずなのである。昆明までは8時間。夕方について宿を探し、最後の食事と足裏マッサージでも受けていれば、自然と寝る時間となるだろう。しかし考えてみれば、今の僕には昆明なんてそれくらいしかない町なのである。それより元陽で粘れるだけ粘って、昆明には夜着いていればか [続きを読む]
  • もうひとつの茶民族/ 雲の中の少数民族(雲南省金平県の旅⑱)
  • 2018年6月4日。ダンプはゆっくりと坂を下る。どこにいくのだろう。中には何を積んでいるのだろうか?と思いながら助手席に座り、姉ちゃんの運転をゆっくり見させてもらう。それにしても車幅は狭すぎだ。おそらく、ダンプが通れればそれでヨシといった設計でこの道路は作られたのではないかと思えるほど、ダンプ幅均一でくねくねと下り坂は続いた。ダンプ姉ちゃんはタバコに火をつけ、僕にも吸えと促した。僕は喫煙をしないが [続きを読む]
  • ダンプ姉ちゃんに拉致られる/ 雲の中の少数民族(雲南省金平県の旅⑰)
  • 2018年6月4日。一夜明けると、老集寨は雲の中であった。喉が渇くが、二日酔にはなっていないようだ。僕は早めの食事を摂り、水筒にお湯を注ぐ。予定では昼くらいまで老集寨の郊外を歩き、できればアール―族が暮らす村まで行ってみる計画だ。その後は最悪でも老モンまで、できれば元陽まで移動しなくてはならない。帰国が迫っているのだ。老集寨郊外に関しては資料を持ち合わせていないので、国際電話で妻と話をし、老集寨か [続きを読む]
  • カギのないホテルへようこそ / 雲の中の少数民族(雲南省金平県の旅⑮)
  • 2018年6月3日。僕は転がり込むようにして、老集寨行きの田舎バスに乗り込んだ。そこから先はそのバスでの体験である。やはり期待を裏切らない。まずはトイレタイムの時のトイレである。汚いのかと思いきや、川を利用しての24h天然水洗状態なため、落ちた物はすべて勢いよく流れる仕組みだ。そのため臭いもない。完璧なのだが、滝の音が気になってしまい、逆に足元がすくんでしまった。怖。バスは川に沿うように北上を続け [続きを読む]
  • 金平の定期市②・幻の酒に出会う / 雲の中の少数民族(雲南省金平県の旅⑧)
  • 2018年6月2日。この日は銅廠(銅厂・トンチャン)まで移動しなくてはならないが、金平の定期市がおもしろすぎて、時間ぎりぎりまで見学させてもらっていた。だが、時間がカウントダウンするにつれ、ゆっくり好きなように見るという感覚ではなくなり、知らず知らずのうちに1周するのが目標となり、ただただ歩いているだけの行動に陥ってしまった。例えばこんな失敗もある。下の写真は紅頭ヤオ族のお店だ。さりげなく尖がった [続きを読む]
  • 昆明から那発まで / 雲の中の少数民族(雲南省金平県の旅①)
  • 2018年5月31日。ホーチミン発MU2586便昆明行きは国際線だというのに、機体も思いのほか小さく、しかも予想通りベトナム人中国人以外の国民は僕ひとりであった。旅人が僕ひとりというのは、ハノイやバンコクからならいざ知らず、ホーチミンから昆明に移動するというのは、旅のルートから完全に外れてしまっているからかもしれない。しかも週4便なため、思えばこのフライトを利用するための日程調整はかなりたいへんで [続きを読む]
  • 雲の中の少数民族(2018年6月雲南省金平県の旅) INDEX
  • 昆明から那発まで / 雲の中の少数民族(2018年6月雲南省金平県の旅①)那発の定期市①・そこはヤオとハニの楽園であった / 雲の中の少数民族(2018年6月雲南省金平県の旅②)那発の定期市②・国境を越える沙ヤオ族の女性たち / 雲の中の少数民族(2018年6月雲南省金平県の旅③)那発郊外の村を訪ねる旅①・中国でスパイみたいな旅をするには・・ / 雲の中の少数民族(2018年6月雲南省金平県の旅④) [続きを読む]
  • アジアで酒場放浪記 INDEX
  • 幻の酒、ラオカーオを探す旅⑤−それは完全エコロジーの蒸留酒造であった−幻の酒、ラオカーオを探す旅④−おじさん銘酒、ここにあり−幻の酒、ラオカーオを探す旅③−杜氏氏語る−幻の酒、ラオカーオを探す旅②−酒蔵発見−幻の酒、ラオカーオを探す旅①アジアで酒場放浪記・ミャンマー シャン州編アジアで酒場放浪記・ハノイ編②アジアで酒場放浪記・ハノイ編① [続きを読む]
  • 旅の終わりは旅のはじまり
  • チェンライを去った後の行動だが、まずはバンコクで4時間くらい時間をもてあそび、適当に過ごした後、ホーチミンに向けてその日中に到着した。ホーチミンではいつもの如く雑貨の仕入れをしたのだが、妻は初ベトナムだったので、ずい分楽しそうであった。反面僕はいつも通りの行動であったため、なにがどうというのもなく、極めて日常的な時間を過ごした。あいかわらず路地裏が好きなので、当てもなくブラブラ歩いていたが、日常目 [続きを読む]