ぎゅっちゅん さん プロフィール

  •  
ぎゅっちゅんさん: ぎゅっちゅん日記 乳がん、発達障害、雑念、日記など
ハンドル名ぎゅっちゅん さん
ブログタイトルぎゅっちゅん日記 乳がん、発達障害、雑念、日記など
ブログURLhttps://ameblo.jp/gyuttyunn/
サイト紹介文毒親持ち発達障害、鬱病。乳癌一年生。ステージ2、グレード3。イラストレーター。独女。抗癌剤治療中。
自由文何となく受けた乳癌検診から、ガン告知、入院、手術、転移、抗癌剤治療、副作用(特に脱毛)まで。
発達障害や毒親による虐待、家族関係、人間関係、日常の事など備忘録と雑記も兼ねています。
どす黒い内容もあるので閲覧注意。
気が向くと絵もアップ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供321回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2016/04/15 01:17

ぎゅっちゅん さんのブログ記事

  • 劣悪な(笑)大阪宅へ戻った
  • 狭ええええ!帰宅しての第一声。 そして布団も風呂場も寒い。実家は古いがここよりは(放射能以外は)健康に良い環境が整っている。 急にあわてて家を出て新幹線に飛び乗ったので、ミネ水のペットボトルは出しっぱなしだしコップの水まで入れっぱなし。カビてる。冷蔵庫の食品は未開封のままカビてるものがある。 まあ、食品が全体的に傷んでいた。 余り眠れない。毎日途中覚醒。いい加減ぐっすり寝たい。ドスンは来なかった。--- [続きを読む]
  • 施設見学・一旦お別れ・同級生・大阪へ
  • 大阪へ帰る日だ。台風が来る。朝食と昼食、二回に分けて摂った食事九時半から施設の見学。U山さんも付き合ってくれる。手広く展開してる「めいと」シリーズの施設だ。スタッフが良さそう。古い独身寮を改造した建物。浴室も広い。介助さんとマンツーマンで入る。食事が良さそう部屋は収納がいっぱいの7畳ほどの部屋。窓から中庭が見える。三階からは富士山も見えるらしい。中庭平均年齢は81、介護度は2.8だという。母は退屈するか [続きを読む]
  • 形見が旅立った・雑用日記
  • ヘトヘトなのに眠れない。ドスンが来なかった。布団のお陰で間接の痛みが楽だ。朝食父や母の、使っていないのにただ年間費だけを払っていたカードが出てくる。全部解約した。チェスターに税金関係の書類の相談と画像の送信。朝、T(う★こ野郎)への宅急便が巣立っていった。お父さんの大切にしていたスーツが家をあとに行ってしまった。寂しい。残りは、高価なスーツ、コート類は2着だけになった。これは父の甥っ子Mっちゃんと、 [続きを読む]
  • 転院
  • 今日も寒い雨。12月中旬の温度らしい。救命ICU退院。転院。ストレッチャーで民間救急車を使う。新しい足立T病院は、交通の便が悪い、良くも悪くも普通の病院。新宿で雑用。チャイムの音がおかしかったのを直す。夕方E田さんが来て話す。これからはこの家の地震保険は私が支払うことになった。夜、不動産(三○)から電話。すでに家の事よく調べてくれてた。旭○成よりずっと親切だ。今日も長かった。食べ物記録朝食昼は外食。ピッ [続きを読む]
  • 家族は呪い・父の日記・保険・施設進捗
  • わたしは大阪に逃げた7年前まで、低脳な母の気分に振り回され、支配されて生きてきた。もう真っ平だ。もうこの先、自分を犠牲にしてまで母の幸せを考える必要が本当にあるのか?私は感情の強い人間で、一度その人が嫌いになると、とことんまで全て嫌になって嫌悪感を持ってしまう。なのに母には甘くなってしまう。尽くしてしまう。近づけば吸引される。家族というのはすごい。恐ろしい呪いだ。私は自分の身を守るために、母と距離 [続きを読む]
  • いさかいとワガママと殺意
  • 母はどこででもいさかいを起こしていた。旅行先のエレベーターの中でさえ浴衣姿の他の男性客と怒鳴り合っていた。「なんだこの女」と言われていたのを幼な心にも覚えている。母は満員電車でちょっと肩が触れただけでもギッと相手を睨んだり、体を揺すって振り払ったりする人だったからエレベーターの中でも何か非常識でワガママなことをしたのだと思う。自分の「不快」感情をこれ見よがしにアピールすることで、他人を動かしてき [続きを読む]
  • 寝具は大事・クッキングスタジオ・老人ホーム計画
  • 今日も冷たい雨だ。11月下旬の陽気という。殿様布団は断然関節や肩の痛みが少ない。大阪でももっといい寝具で寝れば良かったんだ。家の布団をクリーニングに出して、防ダニ抗菌加工して大阪に配送してもらおう。ただ宅急便で送るのと劇的には値段が変わらない。朝食朝、U山さんと耐震性や不動産の話。雛人形の防虫剤も一緒に入れ換えた。母の食料の大量ストックを引き取ってもらう。母が全権を委ねていいと言ってた同級生のF井 [続きを読む]
  • ドスン・アクセス・鬼子母神・大道芸
  • 息が苦しい。夜中には必ず何回か起きてしまう。そのたびに微ドスン(理由の無い自動的な気持ちの落ち込み、絶望感、不安感からの動悸)は来る。ドスン>プチドスン>微ドスンと呼んでる。7年前に大阪に移ったあと、母に大切なものそっくり捨てられた時に激しくあった症状。今回の微ドスンは小さく1分ぐらいで消えていく。でも眠りから覚めて現実にかえる時に、一日毎回でも襲ってくる。精神的なものなのか、ホルモン剤の副作用か。 [続きを読む]
  • 今のわたしの状態・母の腹痛・食べ物記録
  • 母のことは許しがたいし、許す必要もないと思っている。でも話せるなら話せるうちに聞いておきたいことがたくさんある。昨夜はPTSDはそれほどなかった。比較的眠れた。わたしの中では昨日面会前までがこわばりMAXだった。今朝はホルモン剤の副作用の全身の痛みが緩和した。どうせ捨ててしまうのだからと試しにお客様用の良い布団を三枚も重ねて寝た。どこの殿様だというモコモコ状態になった。体の痛みは寝具を良いものにすること [続きを読む]
  • 決めたこと・お祓い・不動産・蜂の巣・母との会話
  • この家は解体して売却する方向にした。わたしがどこで暮らすかは決めていない。昨日、不動産のF井さんが見に来てくれて、この家はもうリフォームできないほど老朽化しているという。土地は借地だし、築は実際には50年位のようなので(32年前は建て替えだったようだ)、売っても大した金額にはならないだろう。父は生前、叔母(父の妹)にこう漏らしていた。「お母さんがホームに入ってくれたら俺も安心なんだけど、ワガママなとこがあ [続きを読む]
  • 尿路感染・もう他人と関わらないほうがいい・食べ物記録
  • ★ 尿路感染尿路感染↓寒気↓数日倒れて脱水症状↓腎不全(一時的)これが今の状態だ。尿路感染は老人には珍しくないことらしい。倒れていた日数ははっきりしない。火曜日にヘルパーさんが来ているからその後だ。金土日曜日と私が連絡を取っているのに出なかったからその時は倒れていた。それらからおそらく木曜日頃倒れたのではないかと思われる。4日間も水も食べ物も無しで人間が生きられると言うことに驚く。私は母を結果的に助 [続きを読む]
  • 旅後の体調の変化・音信不通・東京(実家)へ
  • ★旅後の体調の変化とにかく息が苦しい‼帰宅してからどんどん酷くなった。全身がバキバキにこってるのでマッサージ(鍼灸院など)に行きたくなるが、左腕をマッサージするとリンパ浮腫の前兆の痛みが出るとわかった。良かれと思って肩こりぐらいならと肩周辺は揉んでいたのだが、揉まずストレッチだけしてるほうがリンパ浮腫には一番良いらしい。どっちを取るか悩ましい。プチドスンと動悸はほぼ無い。お腹が緩い。スムージーやめ [続きを読む]
  • 豆とホルモン・食べ物記録
  • 足首が倍くらいに腫れてしまっておどろいた。息は苦しい。リンパ浮腫は全く痛くない。旅の間、禁止されていたリュックを長時間背負ってしまったのに。のどから気管支のチリチリは続いている。 朝食うめえ。。。自分の料理、うめえよ。味噌汁は出汁が効いてて深みがある。東北は味付けが強く、基本的に水?醤油で作られてる、舌に攻撃的な味だった。青い野菜が圧倒的に不足だった。昼食 夕食はクッキングスタジオ 茶碗蒸し、てん [続きを読む]
  • 六日目(会津若松)
  • 父に会いたい。会って話をしたいことが一杯ある。幽霊でもいいから会いたい。青森の話をしたい。お父さんの中学の校歌、カッコいいね! 10時半就寝、6時半起床。 何度か起きたが直ぐに二度寝三度寝できた。ホテルのベッドが良かったらしく身体はあまり痛くない。起きたときの体の痛みはベッドのよしあしに比例するのか。 睡眠時間は理想的だ。しかし抗不安薬を飲んだにも関わらずプチドスンがきた。そういえば旅に出てからは [続きを読む]
  • 五日目(恐山・移動のみ)
  • 恐山には電波が来ていない。ほぼゼロ。ブログ更新はおろか、必要な調べものも出来なくて困った。夜10時消灯、午前3時起床。固い布団の影響で身体中の関節が痛い‼ホルモン剤を開始してからひどい関節痛になっているが、ここまでひどいの初めてだ。 30分ぐらい動けずストレッチ。夕食の時、お坊さんに「早寝して、できれば朝4時ぐらいに散策すると良い。違った風景が見られる」と言われたので、その通りにしたのだ。でも宿坊の中 [続きを読む]
  • 四日目(袰月[ほろつき]・恐山)
  • 午前3時就寝、午前5時起床。二時間しか眠れなかった。朝の風景朝食は叔母が作ってくれたおにぎりと、高野崎のラーメン屋さんでいただいたイカの残り。受付で浮き玉を販売してた。ここの人が網を編んだもの。浮き玉って、綺麗な魂みたい。現在はプラスチックの浮き玉を使っており、こちらで販売している浮き玉は古いものを漁師さんから譲り受けたもの。津軽弁は最初は外国語みたいだったが、数日いたらだんだん聞き取れるように [続きを読む]
  • 三日目(大泊・袰月(ほろつき))
  • 画家のFさんのブログが2ヶ月以上ぶりに更新されていた。愛する者の死を、一つでも辛いのに二つも覚悟しなくてはいけない、とても大変な状況だ。おそらく彼女は毎日崖の淵に立っているのではないか、ご自分のことは大丈夫だろうか。五時間弱眠り、大雨の音で起きる。父の写真を実家のお仏壇に届けるのが第一目的だったので、だいぶ肩の荷が下りたかんじ。今日は付近を散策したいので晴れてほしいものだ。旅をしてても癌であること [続きを読む]
  • 免疫治療について・二日目(三沢・青森・今別)
  • 旅の途中ですが勝俣先生が免疫治療について良い記事をツイートしてらしたのでリンクします。→○藁をもすがる思いで 免疫治療に 期待する気持ちはとてもよく分かるのです。それから 抗がん剤をしたくなくて悩む気持ちもよくわかるのです。私も散々悩みましたから。まだ答えは出ません。そして今も半信半疑になりながらたまにビタミン c 点滴の治療をしています。ーーーーーーーーーー雨が上がった。今朝は良い天気だねぇと連れて [続きを読む]
  • 1日目(三沢)
  • 朝食。一気に北上する。大阪から東京で東北新幹線に乗り継ぎ、八戸から在来線。朝5時に出発、13時着。合計8時間。やっと青森県三沢市の寺山修司記念館に着きました。コンビニも店もないため朝4時に食べたきり昼食は抜き。展示を懐中電灯で観られます。田園に死すで使われたと思われるオブジェ群。足元にも。。。エントランス。企画展は「寺山修司とマンガ」寺山修司とも関係の深い、花輪和一さんの生原稿もありました。上村一夫さ [続きを読む]
  • ただの日記
  • ただの日記です。兵庫医科大学病院に日を間違えて行ってしまう。完全に無駄足はいやなので、次回する予定だった採血だけして帰ってくる。 梅田阪急で白洲正子のきものを展示していたので寄る。お金がかかっているのはわかるし、贅沢なんですが、素敵なセンスを感じない、非常につまらないコーデだった。良さが全く分からなかった。 思い立って、明日遠出することにした。 食べ物記録 朝食 昼食は梅田阪急のいずみカレー。 夕食 [続きを読む]