meee さん プロフィール

  •  
meeeさん: 閑話休題
ハンドル名meee さん
ブログタイトル閑話休題
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/chobaker/
サイト紹介文真面目に生きている会社員のちょっとした話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2016/04/15 17:46

meee さんのブログ記事

  • 気のおけない呑み
  • このビールを置いているお店にはなかなかお目にかかれなくて、私が知る限り、関西で数軒。置いてる店を知ってるよ、と言うとこのビールが好きな人とは呑みに行くことになります(笑)本当は「どて焼き」が食べたかったんやけど、これはこれで美味しい。 [続きを読む]
  • O阪堪能
  • やはり私にはO阪人の血が混じっているのね、と感じてしまう事。身に付けているものについて、「それいいですね」と言われたとき、「これ、安かったんですよ! ◯円でした!」と、聞かれもしないのに購入金額を伝えてしまう癖。注)見た目より安価で購入できたときに適用。逆に値段を聞くことはしない。ここが誤解されている部分(中にはそういう人もいる)。さて、週末の練習を終え帰宅すると、結構遅い時間になるので、よく食べてい [続きを読む]
  • 買い替えたB♭管
  • 買い替えたB♭管の続き:サラ(訳:新品)なので、ピカピカでテンションあがります。当たり前ですが、管の内部も腐食してません(笑)抜き差し管の動きもスムーズ。春に購入したロータリー管は、中古でラッカーは剥げていたし、内部も腐食があって、リペアに持っていって管内洗浄と接合部の調整をしてもらったし、慣れていないのもあって音のツボもなかなかつかめず苦労しました。しかし、一方でサラということは、音色ができていないと [続きを読む]
  • 買い替え
  • ついにB♭管を買い替えました。しかも江戸で。ちょっと吹くつもりが…気付いたら買ってました(笑)もっと他の楽器店や他の型番と比較するべきだったのかも知れませんが、ピンときちゃったのです。1人で試奏は不安だったのですが、選定品だったので選びやすかったです。選定品3本と未選定品1本、赤ベルも含めて4本吹き比べましたが、気になっていた精密加工版ではなく、何故か安いほうが気に入ったのが意外でした。他の試奏室からき [続きを読む]
  • 久しぶりに
  • たまにはB♭管吹いておこうかな、と学生時代からのをひっぱり出してきたのですが、、当面B♭管を吹くこともないだろう、とB♭(縦)管用のマウスピースで小ましなものを売っ払ったら手元にまともなマウスピースが残ってません(^_^;)楽器に付属されていたものは、何度も落として傷だらけでございます近々東京に行く機会があるので、時間があれば見てこようかな、と一瞬思ったのですが、もし次にB♭管を吹くときは、楽器も今のじゃなく [続きを読む]
  • アナタの色に染まります
  • 10日ほど前、ラッパをかつて吹いていた学生時代の先輩(私が入学したときはOBだったので、一緒には吹いたことがない)に会う機会があり、たまたま持っていたロータリーtpに興味をもたれていたので、「吹かれます?」軽い気持ちで貸しました。時間にして約10分。先輩は、ラッパ自体をかれこれ20年ぐらい吹いていないそうですが、普通に鳴らせていました。しかし、何か違和感が…。私「あ、言うの忘れてましたが、それ、C管です」←適 [続きを読む]
  • うどん
  • おばんです。おうどんは、大阪が一番美味しいと思っているmeeeです。帰省先は、いわゆる「味噌煮込みうどん」というのがある地域です。名古屋でも食べたのですけれど、あの麺の硬さがどうもダメ。あれはうどんではない(私見)。しかし本場では、うどんが硬くなかったら味噌煮込みうどんではない、と言うらしいですね。たまたま入ったお店(名古屋ではない)では、「麺柔らかめ」も選ぶことができたので、私は迷わずそれにしました(笑) [続きを読む]
  • 京都の変貌
  • かつての音楽仲間と呑んできました。行きたいお店が京都駅近くだったので、久しぶりに京都駅に行ったら、変貌ぶりに驚きました。小綺麗になっている。地下街もだけれど、北側の道路沿いとか。そして、駅の改札を出た瞬間、寒い。北陸人も寒いという京都の冬。THE 底冷え。そして風の冷たさが違う。聞いてはいたけれど、外国人観光客だらけで、地下街のWi-Fiの速度の速さに驚き、飲食店はチェーン店ばかりになっていました。京都タ [続きを読む]
  • デリカシーのない人たち
  • 気持ちを大きく持つように務めておりますが、私にも沸点というものがありまして。年賀状だけの付き合いになっている、かつての同僚(女)より「結婚おめでとーーって、だいぶ遅いね…」↑と年賀状に書かれた。大して親しくない男性「お子さんはもう諦めています?まだギリギリ間に合うような気もしますが」大きなお世話!あぁこんなデリカシーのない人たちにならないように気をつけよう。 [続きを読む]
  • 手作りチキンナゲット
  • チキンナゲット好きなのですが、スーパーで売っているのは美味しくないし、ファーストフード店で買う気にもなれない…。そう思っていたら、TVで簡単に美味しいチキンナゲットが作れる方法を紹介していたので、作ってみました。メーカーの人にやめてくださいと言われそうですが、このコーヒーミルで食パンを細かくしました。そして鶏挽き肉がなかったので、むね肉をみじん切りにしました。顆粒コンソメもなかったので、これの袋を破 [続きを読む]
  • 中年のアップ
  • TVなどで、どう見ても「おじさん」という雰囲気の外見(ダンディという意味ではなく)で、自分より明らかに年上だと思った人の年齢で30代と表示されていてショックを受けることが多くなったmeeeです。自分の見た目も「おばちゃん」になっているんやろな、と自覚。ここ最近、若作りしたいとか、年寄り若く見られたいという願望はなくなりました。イキイキしているとか、楽しそう、とか輝いているなど、そういうのって、必ずしも若さ [続きを読む]
  • 1人の人間が音を出しているということ
  • 子供の頃に弦楽器を習った経験があります。今後、歯や体力の衰えなどで管楽器が吹けなくなったときのことも考えたのもありますが、violaの魅力に惹かれて、再び弦楽器も習いに行っています。今は時間があるので、練習時間は取れるはずなのに、毎日両方の練習を何時間もするつもりにはなれないです。どうしても日々どちらかに比重が片寄ります。どちらもさぼる日もあります。気がのらない日はやりません。仕事で無理をしてきたので [続きを読む]
  • さまざま重なり
  • 10日前に、何故か自宅の扉に顔をぶつけて左の下唇を切りました。唇も内出血していて、2日目に楽器を吹いたらまだ痛い。傷よりも青タンに圧力がかかって痛い。管楽器は歯も命だけれど、唇も命。そして、そのまま旅に出て風邪を引いて帰ってきました。疲れのためか風邪が長引き、やっと今日になって楽器を吹けるぐらいまで回復したので軽くウォームアップしたら、借りてきた唇みたい。。1週間空いただけで、ここまで退化するなんて。 [続きを読む]
  • 休暇旅行2 層雲峡〜札幌市内など
  • 北海道旅行 3日目。滝ハンターとしては、滝は外せません。これは、観光バスも停まるような、メジャーなほう。宿を出て朝一番で我々が向かったのは、層雲峡にいくつもある滝の中で足場の悪い道を700mぐらい歩いて行かないとお目にかかれない滝。道中、かなりきついです。興味を持たれたかたは、高齢者になる前に行っておきましょう。紅葉は終わってますが(笑)滝周辺の気温は2度ぐらい。指を水に浸けたら、血管が凍るかと思いました [続きを読む]
  • 休暇旅行 旭川〜富良野〜層雲峡
  • 職場で「連休」取得の義務があるという家人に付き合い、今回は北海道へ。私は、旅行として行くのは初めてでした。お昼時に新千歳に到着したので、空港でお昼ご飯。後日、札幌市内で味噌ラーメンを食べるつもりだったので、塩ラーメンにしました。序章としては、ちょうど良い感じ。レンタカーの受付を待っている間に地図をみてみる。どん。さすがに広い。まず旭川方面を目指しました。紅葉が始まっていますね。高速も一般道も雪かき [続きを読む]
  • 考えて話して
  • 今回は、ずっと感じていた違和感について書いてみます。「〜してもらっていいですか」いつからか、この言い回しが市民権を得て頻繁に耳にする機会が増えました。しかし結局これは、自分が「やりたいようにさせて」という意思表示であって、柔らかく相手を丸め込む言葉だと思うのです。先日も、私がエレベーターに乗っていたら自転車と一緒に乗り込んできた女性に、「そっち(扉前のボタンの前)行ってもらっていいですか」と言われま [続きを読む]
  • HSP
  • 最近、自分にHSPの傾向があることを知りました。子供の頃から夜泣きがひどかったり、すぐに泣いたり母親や周囲から「感受性が強い」と言われていました。自分でもそうだな、ぐらいに思っていたのですが、結婚して共同生活をするようになって、普通だと思っていたことが、世間の普通でないことに気付きました。私の場合、特に、強い光と音と匂いに敏感だとわかりました。(トラン◯ットなのに 笑)HSPとは…Highly Sensitive Person  [続きを読む]
  • わかる人はわかる
  • 吹いたことある人なら分かってもらえるのですが、ベト8って、ラッパが何気にキツいです。先生も仰っていましたが、7みたいな分かりやすいキツさじゃなくて、何というか、じわじわくるというか…。生気を吸いとられるというか…。pとかppが多いからかなぁ。他の楽器の人にはまったく理解されないのですが。4楽章→1楽章を何回も繰り返されると、くるものが…。その後、休憩10分挟んで別の交響曲。今度は音域は高くないけれど、管は [続きを読む]
  • 常備しているものとお取り寄せ
  • 朝晩が冷える季節になりましたね。季節の変わり目にすぐ風邪をひく人、いますよね。それは私です。食べるものとか気をつけているのだけれど。そういう訳で、我が家ではこれを常備しています。喉が痛くて、身体が熱っぽいときはこれ。節々の痛み、肩のこわばりや寒気があるときはこれ。鼻水用に、小青龍湯も常備したいところですが。何でも効く風邪薬って、どうしても仕事や大事な約束に行かないといかない時とかは速効性があって楽 [続きを読む]
  • 線が苦手
  • 日常生活でものすごく困るほどではないのですが、、「線」が苦手です。?説明するとですね…。同じ幅の線が複数あると、一段ずれてみてしまうときが、ままあるのです。なので、表も苦手です。物差しをひいたりして工夫していますが、苦痛です。仕事で注文表を読むのもストレスでした(10年近くやっていましたが…)自分でExcel表を作るときは、みやすいように横線を破線やグレー色にして工夫していました。子供の頃から五線譜を読ん [続きを読む]
  • 楽団の練習と飲み会など
  • 2つ目に所属したバンドHのtpメンバーとの思い出は、お師匠を慕って、新たにK兄が入団され、バンド全体も最初はアンサンブルに重きをおいていなかったのが、この頃からマメにパート練習(通称:パー練)もするようになり、あの時が一番楽しい時期でした。(目的は、私とI兄さんを鍛えるためだったのは明らかですが…)パー練後に、軽く飲んで食べながらくだらない話をするのも楽しみでした。I兄さんは飲めない方でしたが、本番が近くなっ [続きを読む]
  • お師匠のレッスン
  • レッスン初日。会うなり、プリントを渡されコピーするように言われました。それはお師匠が若かりし頃、「疲れ知らずで鳴るもんやから、調子に乗って吹きすぎてな」オーバーブロウで唇を潰し、その状態が回復しないまま、ある入団試験を受け一度は落とされたそうです。その時、審査員をしていた方に渡されたという練習メソッドでした。その後、そのメニューを取り入れることによって、コンディションを回復させ、試験に合格できたそ [続きを読む]
  • 社会人になってからのバンドライフ 〜その3
  • 二つ目のバンドHに入ってどれぐらい経ったか、本番が近付いてきた練習にKさんは突如現れました。すでに引退されたとはいえ、へっぽこだった私でも入団できるようなバンドになぜ元プロの方が在籍していたかというと、同級生だったバンマスの頼みでオブザーバー的に所属されていたのだと、後に聞きました。Kさんは、最初に挨拶した時の笑顔が今までみたことのないような太陽のような微笑み方をする方でした。後光がさしているように [続きを読む]
  • 社会人になってからのバンドライフ 〜その2
  • 1つ目のバンドをやめた後、仕事の悩みも重なり、私は体調をくずしました。仕事に行く以外はほぼ引きこもりになり、楽器をさわることもなくなりました。ここでおとなしく諦めておけばよかったのに、何年か経ったときに無性に合奏がしたくなりました。まずレッスンに行けばいいのに、何を思ったか、どうせなら誰も知り合いがいない社会人バンドに問い合わせしてそれで断られたら諦めようと思いました。次も打ちのめされるのは目に見 [続きを読む]