やーまん さん プロフィール

  •  
やーまんさん: やーまんぶろぐ
ハンドル名やーまん さん
ブログタイトルやーまんぶろぐ
ブログURLhttp://yamano3201.hatenablog.jp/
サイト紹介文プログラマーによる雑記ブログ。Ruby Node.js jQuery Heroku AWSなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/04/16 12:54

やーまん さんのブログ記事

  • Amazon GuardDuty 徹底調査!
  • Amazon GuardDutyについて調べたのでメモしておきます。非常に簡単に脅威検知が可能になるため、有効化必須のサービスといっても良いと思います。東京リージョンでも利用可能です。よくまとまったスライドがあるので一読すると概要が掴めると思います。 Amazon guard duty_security_recap from Tomoaki Sakatoku www.slideshare.net目次です。 GuardDutyとは 料金 GuardDutyのセットアップ 無料トライアル [続きを読む]
  • 2017/12/14 AWS re:Invent 2017 Security re:Cap 参加レポート
  • 今さらですが、AWS re:Invent 2017 Security re:Capの参加レポートになります。connpass.com公式の開催報告ブログがありました。資料もこちらから参照可能です。aws.typepad.com AWS Single Sign-On AWSソリューションアーキテクト 辻 義一さん AWS SSOを実現する3つの方法option1: Microsoft ADでオンプレミスのADと信頼関係を結ぶoption2: AD ConnectorでオンプレミスのADと接続するoption3: AWS Microsoft ADをスタンド [続きを読む]
  • 2017/09/30 TDDBC Tokyo 2017-09 参加レポート
  • 今さらですが、TDDBC Tokyoの参加レポートです。tddbc.connpass.com2011年にTDDBCに参加したときはRubyでした。Lambdaのテストの話はこれですね。https://t.co/kWJtACFKWg #tddbc— 山野 健太 (@yamano3201) 2017年9月30日AWS Summit でTestable Lambdaのセッションを聞いてから、なるべくLambdaのテストを書くようにしています。Lambdaの開発ではPythonを利用しているので、今回はPythonで受けてきました。ペアプロの成果物 [続きを読む]
  • 2017/09/05 Deep Security User Night #5 参加レポート
  • 今さらですが、Deep Security User Night #5の参加レポートです。dsun.connpass.com Google Cloud Japan Google Cloud Platformの紹介とセキュリティとDS on GCPの話 DeepSecurity聞きに来たけどGCPについての情報収集になってる・1IPでリージョン跨ぎの負荷分散・ロードバランサーの暖気申請いらず・ライブマイグレーションできるので再起動が必要なメンテがユーザ側で発生しない#dsun— 山野 健太 (@yamano3201) 201 [続きを読む]
  • 2017/08/24 Security-JAWS 【第6回】参加レポート
  • 今さらですが、Security-JAWS 【第6回】の参加レポートになります。s-jaws.doorkeeper.jp クラスメソッド株式会社 佐々木 大輔さん「ざっくりわかるAmazon Macie」 サービス発表されてすぐに大量の情報がまとめられているのはすごいですね。dev.classmethod.jpリスク分析の観点から全ユーザー有効にしたほうが良い。Amazon Macie #secjaws— 山野 健太 (@yamano3201) 2017年8月24日全てのバケットで有効にしたいけど、 [続きを読む]
  • 2017/06/01-02 AWS Summit Tokyo 2017 参加レポート
  • 今さらですが、AWS Summit Tokyo 2017の参加レポートになります。2日間参加しました。www.awssummit.tokyo今年はエンタープライズ向けのセッションが多かった気がします。資料は大量に公開されています。aws.amazon.com エンタープライズ・クラウドジャーニーの最新動向 SofA (Stages of Adoption)クラウド最適化大規模移行ハイブリッド化個別プロジェクトまずはハイブリットを目指したいところ。IT部門が実施すべきこと全体 [続きを読む]
  • 2017/03/11 JAWS DAYS 2017 参加レポート
  • 今さらですがJAWS DAYS 2017の参加レポートになります。jawsdays2017.jaws-ug.jp [DeepDive] 新訳 とあるアーキテクトのクラウドデザインパターン目録 by JAWS-UGアーキテクチャ専門支部 運用の話を混ぜながらクラウドデザインパターンの紹介というセッションでした。jawsdays2017.jaws-ug.jp業務そのもの = 運用フェーズ #jawsdays— 山野 健太 (@yamano3201) 2017年3月11日サービスやるなら運用大事。インターナルなE [続きを読む]
  • 2017/02/10 JAWS-UG横浜 #9 - Operational Excellence 参加レポート
  • 今さらですがJAWS-UG横浜 #9 - Operational Excellenceの参加レポートになります。jawsug-yokohama.connpass.comAWS Well-Architected Framework に2016年11月新章として「Operational Excellence」が追加されたことで、このようなタイトルになっていると思われます。AWS Well-Architected Framework とはセキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化、運用性のベストプラクティスをフレームワークとして提供している [続きを読む]
  • AWS Cloud9を使ったLambdaの開発環境を整える(Python3.6)
  • こないだのre Inventで発表のあったAWS Cloud9。クラウドベースのIDEでLambdaの開発が行えるというものです。さっそくAWS Cloud9を構築してLambdaの開発環境を整えてみました。 AWS Cloud9構築 構築は簡単でした。以下のリンクの手順に沿っていけば迷うことないと思います。dev.classmethod.jp Lambda関数作成 最初のコードはblueprintから簡単に構築できます。welcomeタブの「Create Lambda function」から構築しまし [続きを読む]
  • Googleの理念
  • Googleの理念の中でも特に好きな2つの理念を大事なのでメモ。英語でなんて言うかすぐに忘れてしまう。。中身は以下のリンクの引用です。https://www.rieti.go.jp/jp/events/bbl/12012701.html Think big but start small 志は大きくとも、とにかく小さいことから始めよう大きいことを最初から全部成し遂げようとすると、ゴール設定が難しくなったりモラルが下がったりします。Google Booksも元々は創業者が市販 [続きを読む]
  • AWS re:Invent 2017 で発表された新サービス
  • 11/27から12/1までラスベガスで開催されていたAWS re:Invent 2017。reinvent.awsevents.com基本クラスメソッドさんの記事を追っかけながら情報をキャッチアップしてました。毎度思いますが更新が早すぎです。dev.classmethod.jp今年もたくさん新サービスが発表されました。一覧は以下にまとまっています。dev.classmethod.jpdev.classmethod.jpここでは個人的に気になるサービスだけ抜き出してメモしておきます。Amazon Aurora Mul [続きを読む]
  • AWS 認定プログラムについて メモ
  • AWSの認定プログラムについてメモしておきます。aws.amazon.com公式でSlideShareに情報がまとめられています。 AWS Black Belt Online Seminar 2017 AWS 認定試験取得に向けて from Amazon Web Services Japan www.slideshare.net種類、試験料、勉強方法についてメモしておきます。 種類 現在、Specialtyの資格が増えて全部で7個の資格が存在します。AssociateSolution ArchitectDeveloperSysOps AdministratorProfessi [続きを読む]
  • Udemy Cyber Monday セール ほとんど1200円
  • 1万円から2万円ほどするオンライン学習動画が1200円で購入できるということで、普段勉強しないような分野から3つ購入しました。セキュリティの分野から1つ。www.udemy.com趣味でしか触ってないフロントエンドの勉強も兼ねて1つ。www.udemy.com勉強しようと思っていたけどなかなか手が出せていなかったReactで1つ。www.udemy.com他にも無料のものもあったのでAWS関連で2つ。www.udemy.comwww.udemy.com中身はまだ見てません。セール [続きを読む]
  • CloudFormationでクロススタック参照
  • まずCloudFormationを勉強したい場合は、「CloudFormation Getting Started with YAML」を読みましょう。とても参考になりました。 CloudFormation Getting Started with YAML from Yukitaka Ohmura www.slideshare.net後半ではWeb3階層アーキテクチャのテンプレート分割例が記載されています。テンプレート自体は記載されていなかったので、これを参考にWeb3階層アーキテクチャのテンプレートをクロススタック参照で以下のテ [続きを読む]
  • CloudFormerを使ってAWS CloudFormationのテンプレートを自動作成する
  • CloudFormerとは自分で構築したAWSリソースから、AWS CloudFormationのテンプレートを自動作成してくれるツールになります。自動で作成とは言ってもそのまま使いまわせるわけではないので注意が必要です。また、EC2上にCloudFormerを構築してブラウザアクセスして使用するというところが、他のAWSのサービスとは違うところだと感じました。 EC2上にCloudFormerを構築する まずはEC2上に構築します。公式で用意されているClou [続きを読む]
  • 踏み台サーバのCloudFormationテンプレートを実行してみる
  • 踏み台サーバの要件を洗い出してみたところ、ほとんどが提供されているCloudFormationのテンプレートでカバーできていることがわかったので、まずは実行してみることにしました。基本的には以下のサイトと同じです。dev.classmethod.jp 要件 テンプレートで実現できていることログインの証跡を残す証跡はS3に保存yum updateが定期的に走るオートスケールする(可能であればログインするときだけ起動するようにしたい)テンプレ [続きを読む]
  • RDSのread onlyのON/OFFをCLIで実行
  • こちらのAmazon RDS編 ~リードレプリカへの書き込み~ 記事を参考にread onlyのON/OFFをCLIで実行してみ
    ました。recipe.kc-cloud.jpパラメータグループのread_only のflagをONにすることで書き込みができなくな
    ります。read_only ON$ aws rds modify-db-parameter-group --db-parameter-group-name XXXX --parameters 'ParameterName=read_on
    ly,ParameterValue=1,ApplyMethod=immediate'反対にflagをOFFにすることで書き込みが可能 [続きを読む]
  • 仮想環境(venv)の使い方 Python3 メモ
  • macで以下の環境で実行しました。$ python3 -VPython 3.5.1Pythonの標準モジュールvenvを使うことで、プログラムごとに実行環境を分離できます。$ python3 -m venv hoge$ . hoge/bin/activate(hoge) $ python -VPython 3.5.1(hoge) $ deactivate$ バージョン番号を使わなくても、pythonコマンドで仮想環境に紐付けられたPythoランタイムを起動できます。 [続きを読む]
  • 英語で読み解く ドラッカー『イノベーションと起業家精神』 メモ
  • この本の中では「変化をチャンスと捉えて、その変化を活かして新しい価値を生むこと」をイノベーション、「そのイノベーションという手法を使って、新しい価値を生む事業を立ち上げる人がアントレプレナー(起業家)」としています。著書「イノベーションと起業家精神」を原文そのままで読むことで、ドラッカーの本当に伝えたかった意図に気づくことができる。というものです。キーセンテンスがまとまっているので、非常に読みやすい [続きを読む]