青い花 さん プロフィール

  •  
青い花さん: 青い花束をどうぞ
ハンドル名青い花 さん
ブログタイトル青い花束をどうぞ
ブログURLhttp://teacupj.blog.fc2.com/
サイト紹介文季節の移り変わりと共に最近は何でもあり のブログになっております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供343回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2016/04/16 22:01

青い花 さんのブログ記事

  • マロウでハーブティー
  • スーパーの裏で盛大に咲いていたので早速コモン・マロウ(ウスベニアオイ)と言っていたけどプルーマロウとか言うようですね?乾燥させた花びらにお湯をそそいでハーブティーにしレモンを入れるとブルーに変わる・・・ことで知られています。家にはないので外で一度経験がありますがきれいな色がついているとなんだか心配にもなるけど大丈夫なんでしょうね。↓よろしくおねがいします! いつもありがとうございます! [続きを読む]
  • プログラム
  • 真夏日が続いていますねカラオケの発表会が近いので出来上がったらしいプログラムを受け取りにお世話になるお店へきのう行ってきました。お店には初めて見る先客が2名。「採点」ではおたまじゃくしはもちろん点まで出るので出さない時は「見るだけの・・・・・だと点は出ない」を教わりました。知らんかったな〜(^^;リモコンの機能をすべては使っていないものね。最近挑戦している↓↓よろしくおねがいします! いつもありが [続きを読む]
  • 煌めく函館
  • 頂上に着きました。陽も傾いてきました。トワイライトタイム大勢いましたがみな言葉もなく・・・・・・街側は外へ出られないのでガラスに写り込んでいます。世界三大夜景   函館山   香港   ナポリ↓よろしくおねがいします! いつもありがとうございます! [続きを読む]
  • 函館の街 ロープウエイより
  • 夕方近くロープウエイに乗るにはまだ時間があったのでまた海を見下ろす八幡坂を下りてベイエリアの金森倉庫へ中はそれぞれがお店になっていてここにはクレープやアイスクリームなどがありました。五稜郭にもあったミルキッシモ食べている人達がいて食べたくなった手焼きせんべい厚くて大きく硬くなくサックリしています。〇国の団体さんも一緒になって125人乗りw(゚o゚)w のロープウェイで上っています。遠くに見える白いタワーは [続きを読む]
  • 函館山ロープウェイ乗り場
  • 大変永らくお待たせいたしましたっ!(えっ 待っていなかった?)さて今日はいよいよこの旅のメインイベント函館山へ上ります。明るいうちから登るけどまだ時間があります。どこから乗るのか下見に・・・・と言っても坂を相当登るので上見しながらです(汗中にはラジオ局があって放送しているところでした。受付の女性に訊くと暮れるのは7時近いそうでまた今日は風が強いので強すぎるとロープウェイが中止になることがあります・ [続きを読む]
  • バラバラ
  • キャー雨の日に撮ったもの晴れの日に(薔薇の蕾は今日(^^;)撮ったものカメラもバラバラだーーーー水色のはず名前は忘れたオールドローズ花びらの数が多く香りが強いこういう編集は良くないですね。おまけに何倍か疲れました(つω-`。)↓よろしくおねがいします! いつもありがとうございます! [続きを読む]
  • 忙しい!!
  • 今日迎えの車を待って駅前のベンチで座っていると前をハトさんたちが行ったり来たり前といっても10mはありましたよ。コンデジで↓よろしくおねがいします! いつもありがとうございます! [続きを読む]
  • 風の立待岬
  • 坂を下るとようやく到着です。ただでさえ下を見ると怖いのにビュービューと強い風が沖から吹き付けて柵があっても下へ飛ばされそうで恐怖感がはんぱなかったです(≧▽≦)この台は初めの絵の三角屋根の前にあって沖を向いて立っています。5、 6人いた人たちもすぐ引き上げてしまいそして誰もいなくなりました(笑この強風の中に座って食べることはできません。売店があったので中のお兄さんに訊くとやっぱりこんな風はめずらしい [続きを読む]
  • 市電に乗って立待岬へ
  • 朝一で立待岬へ向います。昨日も使いましたが一日乗り放題の市電チケットが600円なので今日も車内で購入。十字街で函館どつく方面と立待岬の谷地頭方面と別れるので谷地頭行きに乗ります。谷地頭で下りてからは岬まで歩きです。あちらで食べようと傍のコンビニでおにぎりとおやつ、飲み物を買って道を訊きながら歩きますがなんだか風が強かったんですよね。上り坂の途中に啄木のお墓がありました。強風のせいか見下ろす海の色が [続きを読む]
  • 個室で食事
  • 今回のツアーは夕食はいつもバイキングでしたが2日目の夕食だけ個室で和食膳ということになっていました。でも大体今回のフリーのツアーもリーズナブルなものなので(^^さほどの期待はできませんでした。部屋は8階の角部屋の和洋室だったのでまぁ満足でしたけど新館ではなかった。フロントで教えられたようにあちらのエレベーターで上がってそちらへ行って着いた場所は暖簾がかかった小さな和室で足は楽な掘りごたつ風梅酒白湯スー [続きを読む]
  • 函館の赤レンガ倉庫へ
  • え えーーっと記憶は次第にというより確実に早く薄れていくのでそろそろ続きを書かないといけません(^^有名な八幡坂をのんびり下るとそこはベイエリアで遊覧船乗り場などがある函館港です。奥の船が函館港へ出ていくようです。そこに海に面して金森赤レンガ倉庫が並んでいます。横浜も素敵でしたが赤レンガ好きなので楽しみにしていました。海を見ながらゆっくりしているとそこへまた〇国?からの団体さんが途切れることなく現れ [続きを読む]
  • 華麗に♪
  • 薔薇の季節ですね。いつもの道のお宅前にあった薔薇 駅のホームから見えました(^^♪かれい…と書いたら 加齢 と変換この頃はそちらの方がお馴染み (-_-;)↓よろしくおねがいします! いつもありがとうございます! [続きを読む]
  • タヒチアンダンス
  • この長い連休中これといった出かける予定はなく・・・・まぁ人出が苦手なので家のことなどしようときめていたのに下着や今度のカラオケの発表会用にあれば・・・・とやっぱり出かけてきました(笑途中にある元気なこれトチノキ (栃ノ木) でしたね。まるでパイナップルのような花が見事です♪そしていつものスーパーへ行くとカルチャーの文化祭をしていてステージではコーラス、 その後フラダンス、 タヒチアンダンスなど披露 [続きを読む]
  • 函館をちょっとお休みして
  • 函館は途中ですがバタバタしているうちに異常に暑い気温と共に季節はどんどん進み 庭の花が咲き そして散り 忙しいことになっているので今鉢植えは少しだけでほとんどは地植えなので手がかかるものはなく水やりくらいで気楽なのですが(^^; シランとアカバナユウゲショウが我が物顔で咲いています。ねむの木の新芽がきれいだったので・・・・(でも設定が変だったのかきれいすぎる?(笑)なにわいばらこれも露出オーバー?でも [続きを読む]
  • 元町エリアのハリストス正教会他
  • 教会は函館山の麓 と言ってもまるで中腹で下から結構登らなければ行けません。 何本もの坂が海へと下っているので上るだけでも山へ登る‥‥と言う感覚で途中何度も休まないと無理でした(≧▽≦)もっとも絵になる八幡坂坂を下って海を見に行きます。↓よろしくおねがいします! いつもありがとうございます! [続きを読む]
  • 手作りキャンドルのお店へ
  • 市電を十字街で下りて最初の南部坂を上り始めたあたりで?道を渡ろうと押しボタンを押した時「あっ 違うっ!」と後ろから声が・・・・どうやら私は隣のボタンを押したらしくその女性は同じ方へ渡りながら「今函館山から下りて来たところなの」 歩いて登って来たそうで (*゚Q゚*) 『私は明日登ろうと思っているんですよね』それからの話でここで手作りキャンドルのお店を開いているので見ます?・・・・ってことになって彼女は帰 [続きを読む]
  • 函館朝市で海鮮丼♪
  • 五稜郭で市電に乗ったのはもうお昼を過ぎていたけど函館駅のそばの朝市へ行ってみることにしました。駅の観光案内所で聞いて行ってみるとさすがに午後なので屋内ですが終わってカバーがかけられているお店が多かったです。入口付近にも海鮮ものを食べさせるお店やテーブルがありましたがちょっとなんだかなぁ・・・・でそこを出てぶらぶら。でどんぶり横丁というところを覗くと奥が深く沢山のお店が入っていたのでサンプルやメニュ [続きを読む]
  • タワーと桜
  • 昨日と後先になりましたが公園へはここから入ります。見事に刈り込まれてきれいに維持されていますね。まもなく開花のようで大きなつぼみがいっぱいでした。↓よろしくおねがいします! いつもありがとうございます! [続きを読む]
  • 五稜郭(タワーと公園)
  • 五稜郭タワーの展望2階90mからびっしりと植えられている桜はあと2、 3日で咲きそうなほど蕾が大きくなっていてちょっと残念でした。中のアイス屋さん ミルキッシモ (MILKISSIMO)で抹茶とマンゴーとっても美味しかったです♪「鎖国」か「開国」かで幕府と打倒派が争ってここ五稜郭へ榎本武揚や土方歳三らを追い詰めた函館戦争(何度読んでもよく分かりません(+_+)公園内の石垣がきれいです。石垣って好きなんです(^^↓よ [続きを読む]
  • トラピスチヌ修道院へ
  • 翌日はまずトラピスチヌ修道院へ。市電は行っていないのでバスで・・・・ バスを降りると 向こうの建物らしいです。入口付近で観光客が戻ってくるのを待っていたガイドさんが案内して下さり訊くと入場は無料ですよ・・・と言われえ〜〜っと驚く。大天使聖ミカエル像中は枯れ葉一つ落ちていないほど掃き清められていて清浄な空気に満ちていました。世俗の汚れにまみれているワタシ恥ずかしかったです(-_-;)売店に修道女の方々が作 [続きを読む]