cancerfighter18 さん プロフィール

  •  
cancerfighter18さん: 18歳でガンになったけど前向くしかないっしょ!
ハンドル名cancerfighter18 さん
ブログタイトル18歳でガンになったけど前向くしかないっしょ!
ブログURLhttp://cancerfighter18.blog.fc2.com/
サイト紹介文2016年春、18歳で悪性リンパ腫(T細胞性リンパ芽球性リンパ腫/白血病)に。ガンとの闘病日記です。
自由文卒業式を1週間後に控えたごく普通の高校生に告げられたのはまさかの癌宣告だった…
そこから始まる癌との闘いの日々の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/04/17 23:40

cancerfighter18 さんのブログ記事

  • お久しぶりです
  • お久しぶりです。N-tomoです。まずは、色々な方々から温かいお言葉をいただいていたにもかかわらず、ブログを完全放置してしまっていたことをお詫びします。本当に申し訳ありませんでした。ブログ初期の高い志は何処へやら時間が経つにつれて更新頻度がどんどん落ちていき、すっかりやる気を失うという体たらくです。自分も初期の頃色々な方々の闘病ブログを見て、更新が途絶えているのを見ると「もしやこの方は・・・」と思って激 [続きを読む]
  • メソトレキセート
  • メソトレキセートは、急性白血病の治療によく用いられる薬で結構メジャーな薬みたいです。僕も、寛解導入や地固めの違うクールで点滴として投与していました。通院治療では、メソトレキセートの錠剤を週1回飲んでいました。抗がん剤と言っても本当に多種多様で、点滴以外にも粉薬・注射など色々あるのですが、今回は錠剤です。大きさはビオフェルミンくらいで、色は真っ黄色です。それを6錠1週間に1度朝に飲みました。点滴でメ [続きを読む]
  • ロイケリンの投与
  • 70日間ロイケリン(粉薬の抗がん剤)を投与しましたが、一時期肝臓の値が悪くなり、休薬・減薬した時期がありました。GPTという肝障害を示す値が140という高い数値を示してしまったことから、1週間休薬→2週間量を半分に減らして様子見という処置でした。僕の場合は白血球は少なくとも2000ほどあったので、そちらが原因で治療がストップすることはありませんでした。ただ、大半の方はやはり肝臓や白血球の減少により休 [続きを読む]
  • ものすごく久々になってしまいました。。。
  • 物凄く久しぶりの更新になってしまいました・・・ちょっと放っておいたらブログの管理画面に入るためのパスワードがなぜか合わなくなり、さらに放置という悪循環です。すみませんでしたm(_ _)mと言いつつ、またすぐサボりそうなので先に宣言させていただくと大きな動きが何かあったら必ず書きます。こいつ全然更新しないなと思ったら何もない証拠だと思っていただいて大丈夫です。。。ということで、かれこれ2ヶ月弱も更新をして [続きを読む]
  • 髄液注射 2
  • 背骨から入れた抗がん剤は回りまわって脳まで到達するといった感じです。で、実際の治療はというと…?横向きに寝っ転がって背中の骨が浮き出るように丸くなる。?先生の合図と共に痛み止めの注射を打つ要は部分麻酔なのですが、一連の作業の中でこれが一番痛いです。先生は、せき髄の中まで注射針を刺すのでかなり深いところまで麻酔をかけないとダメです。なので、表面に1本&奥の方に1本麻酔を打ちます。どっちも同じくらい痛 [続きを読む]
  • 髄液注射1
  • このクールにやることの一つに「髄液注射」があります。背骨の中にある脊髄に針を刺し、抗がん剤を注入するという作業です。僕の場合、せき髄液の中にがん細胞が見つかったことはないのですが、このエリアに浸潤しやすい病気なので予防的に打っています。もうトータルで4回やり、今後も毎週やっていくことになります。人間便利なのか怖いのか分かりませんが、どんな事にも大概慣れていくもので髄液注射も数をこなしていくうちに割 [続きを読む]
  • ロイケリン散
  • 今回のクールで2か月間毎日飲み続ける予定なのが「ロイケリン散」という粉薬タイプの抗がん剤です。急性白血病や慢性骨髄性白血病の治療に使われる場合が多い様です。抗がん剤というと点滴で入れるイメージがありますが、この抗がん剤は飲み薬タイプです。↑ロイケリン散僕はロイケリン散を地固め療法第2クールで14日間飲みましたが、色々他の抗がん剤も同時にやっていたのでロイケリン散単体でどこまでの副作用があるのかはまだ未 [続きを読む]
  • 地固め療法 3クール目スタート
  • あっという間に9月が終わり10月に入ろうとしています。7月いっぱいまで入院をしていて、8月中が放射線治療の期間、9月が放射線治療の副作用の回復期間という予定でした。いよいよその9月が終わり…ということで丁度次のクールに移行しました。放射線治療は、一連の治療の流れからすると「番外編」のようなものだったのでまた血液内科の地固め療法のプロトコルに戻っていきます。地固め療法3クール目は、「通院治療による飲みの抗が [続きを読む]
  • 放射線治療の色々
  • 何か書くことを見つけておかないとまた更新が滞りそうなので、色々と書いていきたいと思います汗放射線治療の大まかな流れに関しては前にブログでも書いた通りの流れの通りといった感じです。基本的に患者の僕がやっていることは診療台で横になっているだけです。放射線治療中に痛みは一切なかったですし、僕の場合は終わった後も特に何もなかったです(充てる放射線量が36グレイと普通の上皮がんに比べて少なかったのが原因かもし [続きを読む]
  • 放射線治療 終了
  • 更新が滞ってしまい、久しくなります。入院していた時は、やることがなかったこともあり順調に更新していたのですが、退院すると段々と怠慢になっていくのかもしれません…いろいろご心配をかけてしまったかもしれませんが、あれ以降特に大きな変化はなく生活しています。放射線治療は、あれよあれよという間に終了しました。あくまでも個人的な感想ですが、特に何もなかったです。最後の方になると食道炎を起こすかもしれない、と [続きを読む]
  • 放射線治療2
  • 退院したタイミングと大体同じくらいの丁度いいタイミングでリオオリンピックが始まってくれたおかげで退屈なく生活できています笑中高と卓球部に所属していたので、卓球をよく見てました!男女合わせて3つもメダルを取れて大コーフンでした!もう閉会式なのがただただ残念です。さて、放射線治療が始まってしばらく経っております。まだ体調的に特に大きな変化はありません。治療自体はもう少しで折り返しかなぁというところです [続きを読む]
  • 放射線治療
  • 前半部分の抗がん剤治療を終え、抗がん剤投与はしばしお休みしています。そんな中、始まったのが「放射線治療」です。がんの3大療法(抗がん剤・手術・放射線)の1つですが、歴史的には放射線治療の方があるようです。つまり、抗がん剤治療がまだない時代にも放射線治療は行われていたということです。てっきり、放射線治療は入院してないとできないものだと思っていましたが、そういう訳でもなく通院で治療している方はたくさん [続きを読む]
  • PETCTの結果
  • あれよあれよという間に時間が過ぎてしまい、気が付いたらこんな時期になってしまっていました。更新がなくてご心配をおかけしたかもしれないですが、特に大きな異常なく過ごしています。ノーマルなサボりです。すみませんm(__)m通院治療に切り替わったことですこし気が抜けているのかもしれません…さて、そんなこんなで通院治療が始まりました。本来、PET-CTは全ての治療が終了した段階(地固め療法完遂時)に撮るもので途中で撮 [続きを読む]
  • そして、退院。
  • 地固め療法2クール目を終え、ついに7月30日に退院することができました!!といっても、まだ「維持療法に移る」という意味での退院ではなく、地固め療法は継続するのですが、まぁ何はともあれ退院は退院です。今までの外泊とはやはり訳が違います。入院したのが、3月11日だったので病院や病棟の移動は途中であったものの、入院した日数としてはトータルで141日になりました。かなり長かったです…ここに来れたのは、本当に両親を始 [続きを読む]
  • 地固め療法 2クール目の結果
  • ずいぶんと更新が遅れてしまいました…まだ辞めたわけではありませんので…さて、そうこうしているうちに地固め療法の2クール目が終了しました。7月は、6月とやっていることがほぼ丸々一緒でした。(クリーンテントが付いたり部屋を移動したりということがありましたが…)地固め療法の2クール目はともかく長かったです。途中で外泊が入ることもなく、2か月間丸々入院でした。が、幸いにも治療自体を延期したり内容を変更するよう [続きを読む]
  • クリーンテント
  • 骨髄抑制の時期はどうしても感染症に罹りやすいです。この時期には、普段なら何ともない細かいチリや細菌の影響でも感染症を起こしてしまいます。前までは、クリーンルームという高性能な空気清浄機がついている部屋にいたのですが、保険適用のルールで入院後90日経過すると部屋を移らなくてはならず、クリーンルームから出ました。そうすると、空気清浄機も何もない部屋に入るわけですが、クリーンルームにいた時と治療が変わるわ [続きを読む]
  • 推移
  • 大分ブログの更新を怠ってしまいました…何だかんだ1週間くらい経ってしまいました汗さて、状況的には丁度先週の水曜日にキロサイドの7日間投与が終わり、今絶賛骨髄抑制中です。相変わらず、白血球を上げる注射を打ってはいるのですが過去の上がり具合的にみると今週末位に上がり始めるかんじかなぁ…といった具合です。早く反応してくれれば、明日ぐらいに上がってきてもおかしくはないのですが…ともかく、なるべく早く血球が回 [続きを読む]
  • 19歳になりました!
  • 未だにキロサイドの点滴はつながったままですが、何とかエンドキサンによる副作用の山場を越えて今は比較的安定した状態が続いています。白血球の値も下がり気味ではあるのですが、食事制限がかかるほど低くはなっておらず、病院内をうろつくくらいなら特に問題がないレベルです。さて、そんな中今日7月4日は19歳の誕生日でした!病院でしかも抗がん剤がつながったままでのバースデーにはなりましたが、ひとまず無事にこの日を迎え [続きを読む]
  • 地固め療法 2クール目後半戦
  • 最近、更新頻度が落ちてしまってよくないですね…自分の体調に大きな変化があったり、治療的に重要な変化は逃さず書いているつもりではいるのですが、毎日更新とか言っておいて守っていないのはよろしゅうございません汗m(__)mm(__)m初期は意気込んでいたのですが長く続けるとなると毎日はネタ切れが半端無くなってしまうことにようやく気が付いたので「大体2日に一回位」を目途に長くやっていきたいと思います。すみませんm(__)m [続きを読む]
  • なんだかイマイチ
  • 地固め療法2クール目もそろそろ折り返し地点と言ったところです。今週も先週と同様水曜日にオンコビンの投与をしました。先週は、オンコビンを入れても特に変化がなかったのですが、今週はなんだか気だるい感じと食欲不振があります。まるでオンコビンじゃない違う抗がん剤を入れているかのような感じです。ちょっと変な感じです。でも、今のところ熱が出ている感じもなく多少気だるい感じはありますが、立ち上がるのも億劫なほど [続きを読む]
  • 90日ルール
  • ここ最近は37℃周辺の熱があるものの、比較的安定した日々を送っています。さて、僕はこれまで骨髄抑制の影響による感染症をなるべく避けるためにクリーンルームと呼ばれる部屋に入っていました。クリーンルームは、よくテレビドラマで見るようなガラスで囲われている部屋ではありません。天井に高性能な空気清浄機がついていて、衛生上部屋の壁がふけるように、壁一面壁紙ではなく真っ白なパネルで覆われている部屋です。面会等が [続きを読む]
  • オンコビン
  • 地固め療法1クール目も3週間目に入りました。今週と来週は、オンコビンという抗がん剤を週1で投与していきます。 オンコビンは前から打っている抗がん剤ではありますが、単体で使うのは初めてです。他の抗がん剤と違うのは、まず点滴じゃないというところです。20mlの注射器に入った抗がん剤なので入れるのは30秒ほどで終わってしまいます。(もちろん、注射と言っても針で腕を刺して入れる訳ではなく点滴の管から入れる訳で [続きを読む]
  • 結局発熱
  • 骨髄抑制の度に熱が出ないようにこの時期を過ぎられればいいなぁと思うのですが、結局のところ熱が出ずに済んだ試しがありません…今回も結局発熱してしまいました。とはいえ、38度台後半のような高熱が出たわけではありません。今回は37度台後半まで上がってそこで上げ止まりです。抗生剤を打ち始めたら37度前後まですぐに戻りました。毎回、(特にここ最近)骨髄抑制時の発熱は自覚症状がありません。午前の検温では通常値 [続きを読む]
  • 山場から山場へ
  • 地固め療法の第2クールが続いています。ようやく、昨日1週間続いたキロサイドの点滴が終わりこれからしばらくは「何もなければ点滴無し」の生活が続きます。24時間常にくっついていたキロサイドが取れるのは結構大きいです。夜寝ている間も常に点滴チューブが付いたままなので、寝返りを打つのもちょっと大変ですし…1週間の抗がん剤投与期間は副作用が実感できる形で出てきてしまいます…食欲不振や体のだるさがどうしても出 [続きを読む]
  • 抗がん剤と水分摂取
  • がんの種類がどんなものであれ抗がん剤によって破壊されたがん細胞は尿として排出されます。そうなると、特に抗がん剤を打っている間は排尿がとても大切になってきます。場合によりますが、大抵は体重測定を朝と夕方にやって、朝の分から夕方にかけて体重が急増していないか確認します。急増していたらちゃんとおしっこが出せていないということになって利尿剤を投入されて大変なことになります 汗もちろん、点滴を繋いだりもする [続きを読む]