uchidafirm さん プロフィール

  •  
uchidafirmさん: うちだファームの農作業日記 時々Run
ハンドル名uchidafirm さん
ブログタイトルうちだファームの農作業日記 時々Run
ブログURLhttps://ameblo.jp/uchidafirm/
サイト紹介文千葉県佐倉市で家業の農業を継ぐことになりました。日々の農作業について紹介していきます。
自由文2016年3月末に某銀行を退職し、千葉県佐倉市で家業の農業を継ぐことになりました。
主な生産品目は、メロン、トマトなどです。
日々の農作業を紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2016/04/19 00:02

uchidafirm さんのブログ記事

  • トマトの定植
  • 連日の猛暑で人間も作物もバテ気味です。特に、連日の暑さに加え、全く雨が降らないので、畑の乾燥がかなり危険水域です。 ビニールハウスでは、トマトの苗が大きくなって来たことから定植を始めました。トマトの苗も暑すぎて、茎が細くて徒長気味です。 日中は暑くてビニールハウスに入っていられないので、夕方になってから定植開始です。 抑制栽培のトマトは暑さとの戦いです。そのため、マルチは地温が過度に上昇しないように [続きを読む]
  • アライグマ捕獲
  • 毎日暑過ぎて本当に困っています。おまけに、雨もほとんど降らないため、畑も乾燥しきってかなりヤバいです。 最近は、ビニールハウスでトマトの定植準備の作業を行っています。しかし、猛暑で蒸し暑い上に、ビニールハウス内はさらに暑く、長時間作業は本当に生命の危機があるため、なかなか捗りません。いつまでこの暑さは続くんでしょうか? 暑いですが、朝は毎日スイートコーンの収穫です。夜明け前は、日中に比べれば、まだ比 [続きを読む]
  • 朝採りとうもろこし
  • 毎日猛暑が続いており、日中の仕事がきつくなって来ました。余りの暑さに、日中の仕事は熱中症の恐れがあり、危険なため、お昼休憩を長めに取り、今後はお昼寝タイムを設ける予定です。 昼寝をしないと体がもたない理由は猛暑だけでなく、もう一つあります。露地栽培のとうもろこしの収穫を始めたため、毎朝4時半起をしなければならないのです。 まだ薄暗い、夜明け前のとうもろこし畑で、とうもろこしの朝採り作業です。 先日の強 [続きを読む]
  • トマトの苗の準備(移植)
  • 毎日暑い日が続いています。西日本は大雨で大変な状況になっておりますが、千葉県の特に我が家の周辺は、ほとんど雨が降りません。雨が少なすぎて本当に困っています。2日くらい前に纏まった雨が降り、畑も一息付けましたが、畑が乾燥する前に定期的に雨が降って欲しいです。 50年に一度の災害が毎年のように起こっており、農業をするには厳しい自然環境になったと毎日実感しています。 最近の仕事は、ビニールハウスではメロンの [続きを読む]
  • トマトの苗の準備
  • メロンの出荷はもう終盤で、残すは露地物のみとなりました。メロン関連の作業のピークは過ぎたため、メロンの後作のビニールハウスで栽培する抑制トマトの苗の準備を始めています。 6月25日に播いたトマトの種も、綺麗に出揃って来ました。今年もJAの共撰にも出荷するため、他の生産者と品種を合わせて、カネコ種苗の「いちふく」と言う品種です。「いちふく」は、抑制栽培に向いた品種で、果形も腰高で桃太郎系よりも見た目も良く [続きを読む]
  • 連日の猛暑と強風でトウモロコシがピンチ!
  • 早すぎる梅雨明けで非常に困っています。梅雨上げ後、急激に夜温が上昇したことで、日中と夜間の寒暖差が縮小し、メロンの糖度の乗りが悪くなりました。おまけに、千葉県は連日の猛暑と強風で畑はカラカラに乾燥しています。このまま雨がなければ、干ばつで露地野菜に深刻なダメージが起きそうです。幸い、数日後に雨の予報が出てくれたので、予報通り纏まった雨が欲しいところです。 いま一番の心配事は、露地栽培のトウモロコシ [続きを読む]
  • トウモロコシのアワノメイガ防除と追肥
  • 連日のメロンの収穫と、自宅に開設しているメロン直売所での販売でかなり疲れ気味の今日この頃。メロン関連の仕事が忙しすぎて、ブログの更新も畑の管理も放置プレイになってしまいました。 ハウス栽培のトウモロコシの方は終盤で、残りもあとわずか。昨年から栽培を始めた「甘々娘」もお客様から非常に好評で、商品が足りなくて折角買いに来てくれたお客様に、ご迷惑を掛けてしまっております。 今年は露地栽培でも、ハウス栽培と [続きを読む]
  • アムスメロン 収穫始まる
  • アムスメロンの収穫が始まりました。2月から準備を始め、4か月間掛けてようやく収穫に辿り着きました。暑さ寒さと、厳しい作業を乗り越え、長く、厳しい道のりでした。 アムスメロンは、完熟に近づくとメロンの近くの葉が枯れ始め、メロンの色も濃い緑から黄緑色に色付いて来ます。 アムスメロンの収穫判断は簡単で、ヘタの回りに離層が入ったら収穫します。離層が入るということは、メロンが完熟し、ツルから離れ、落下する準備を [続きを読む]
  • 憂鬱な梅雨入り
  • 忙しすぎてブログの更新が滞りがちですが、ここ数か月はほとんど休みなく働いています。少し疲れて来ましたが、メロン、トウモロコシの収穫が始まったため、当分休みが取れそうにありません。 憂鬱なのは忙しいことだけが原因ではなく、梅雨入りしたことで、雨が降るたびにメロンが割れたり、病気が蔓延したりしないか心配で、心が休まる暇がありません。 アムスメロンは、収穫直前に非常に割れが発生しやすい品種で、雨が降って雨 [続きを読む]
  • メロン、トウモロコシ 収穫間近
  • メロン、トウモロコシの収穫が近づいて来ました。 メロンは果実の肥大成熟に伴って葉のマグネシウムが果実へ転流し、マグネシウムが欠乏症することで結果枝の葉が黄化し、やがて枯れてきます。この葉の枯れが、成熟の目安になります。 早い区画では葉の枯れが発生して来ました。 あと10日位で収穫が始まるため、少し前から水遣りも控え、水切りをしてメロンの糖度を高める仕上げの段階に入っています。なお、アムスメロンは収穫直 [続きを読む]
  • 露地メロンの選果&皿敷き
  • 露地栽培のメロンが大きくなって来たことからメロンの選果と皿敷きを行いました。 メロンの栽培方法には、メロンのツルを地面に這わせる「地這栽培」と、メロンのツルを吊り上げる「立体栽培」があります。どちらの栽培方法も一長一短がありますが、一般的に立体栽培の方がメロンの品質(特に外観)は高くなる傾向があります。 露地メロンは、背の低いトンネルを使うので、必然的に地這栽培になります。地這栽培では、外観が立体栽 [続きを読む]
  • メロンの遊びヅル
  • 大変だったメロンの栽培も一段落し、収穫開始までカウントダウンに入りました。あと、2週間もすれば出荷開始出来そうです。 アムスメロンもネットがはっきり出て来ました。 今年は春先から気温が高かった影響で、3Lサイズが中心の大玉傾向です。例年そんなに多くは出ない4Lサイズの玉もかなり多く出そうです。 赤肉のルピアレッドも綺麗にネットが張って来ました。 小玉傾向でどうしようかと思っていたルピアレッドも、2L〜3L [続きを読む]
  • アムスメロンのネットが出始める
  • 今年は3月以降の好天と高めの気温を受け、メロンの生育は今のところ非常に順調です。 一番早い区画では、メロンの表面にネットが入り始めました。ネット系メロンでは、表面のネット入り具合により等級が決まるので、ネットは綺麗に出るかどうかが非常に重要です。 特にアムスメロンは、他のメロンに比べ、生育環境によって、ネットの発生が大きく左右され、扱いずらい厄介な品種です。なお、アムスメロンは、玉の成長が大体完了し [続きを読む]
  • トウモロコシの摘果
  • トウモロコシが順調に大きくなり、一番早い区画では受粉をしています。 今のところ生育は順調で、害虫の被害はありません。 今日は、より大きな実を採るため、2番目以降の雌穂を取り除きます。なお、品種によっては徐房をしなくても良いものもある様ですが、現在栽培している「甘々娘」に関しては、徐房をしないと第一果房が大きくなりません。念のため、昨年種苗メーカーに問い合わせをしたら、この品種は徐房をしないと駄目だと [続きを読む]
  • 露地メロン 整枝2回目
  • 露地メロンの2回目の整枝を行いました。前回の整枝では、4本出ている子ツルを2本に絞り込み、残した子ツルの4節までの側枝を欠いています。 今回は、5節〜8節の側枝を欠き採り、ツルを一定の方向に整列させます。 露地メロンでは、子ツル2本仕立ての4果採りのため、8節までの側枝を欠き採り、メロンは9節以降に着果させます。因みに、ビニールハウスの立体栽培では、親ツル1本仕立ての2果採りのため、13節以降に着果させます。 [続きを読む]
  • 土壌消毒
  • メロンの手入れが一段落してきたため、落花生、サツマイモ、里芋の植え付けの準備を始めました。 植え付け前に欠かせないのが土壌消毒です。露地野菜は、落花生を中心に、サツマイモ、里芋、白菜などを輪作し、畑を回しています。少ない品目で畑を回しているため、どうしても連作障害が発生します。 特定の作物ばかり作っていると、特定の線虫が増殖し、連作障害の一因になってしまいます。品目を増やした方が良いのですが、作業時 [続きを読む]
  • メロン 生育順調! 
  • 今日も雨で寒かったですね。ここ数日の低温でメロンの生育も足踏み状態で、ようやくメロンの生育に作業が追い付いて来ました。毎日朝5時から暗くなるまで仕事して来ましたが、もうすぐ忙しさのピークも過ぎそうです。しかし、低温と長雨で、メロンの病気が発生しないか心配です。 今年は3月以降、高めの気温と晴天が続いたおかげで、メロンの生育は非常に順調です。玉の伸びも良く、順調に肥大していることから、3Lサイズを中心に [続きを読む]
  • トウモロコシの出穂
  • 今日は寒かったです。雨だったので、ビニールハウスで2番手グループのアムスメロンの選果をやっていましたが、ハウス内でも寒かったです。ビニールハウスでの作業で汗を全くかかなかったのは久しぶりです。 ビニールハウス栽培のトウモロコシの雄穂が出て来ました。今年は気温が高いため、昨年より生育が数日前進しています。まだ絹糸は所々しか出て来ていませんが、もう間もなく受粉の開始です。 露地栽培だと雄穂が出てくるとア [続きを読む]
  • 田植え完了
  • 今日はようやく田植えを行いました。 我が家は畑作中心の農家で、稲作はメイン作物では無いのですが、自宅用を中心に細々と田んぼもやっています。品種は、コシヒカリをメインに、もち米を少々。 今最盛期に忙しいメロンの手入れの合間を使い、代掻きを終わらせていた田んぼに田植え機で植え付けて行きます。 余り規模が大きくないので、我が家の田植え機は4条植えです。これで十分。 田植え自体は機械化が進んだこともあり、非常 [続きを読む]
  • メロンの玉吊り
  • 好天と高めの気温のお陰で、メロンも順調に生育しています。玉の肥大も進んできたことから、メロンの玉吊りを開始しました。 始めにメロンの玉吊りのためのビニールテープを配ります。 メロンの選果をして、玉を2つに絞り込みをしていることから、玉の成長速度も加速しています。また、玉の成長を促すために、ビニールハウス内の温度を高めにキープし、交配まで控えめにしていた水遣りも、水を多めに与えます。 メロンの玉をひとつ [続きを読む]
  • ハウス栽培 トウモロコシの生育状況
  • メロンの連作障害対策のために昨年から栽培を始めたハウス栽培のトウモロコシですが、こちらも今のところ順調です。 メロンの連作障害が出始めたビニールハウスで、何も作らず空けておくのはもったいないということで始めたトウモロコシです。収穫時期もメロンと重なるため、メロンを買いに来られたお客様に販売したところ、予想以上に好評で大成功でした。そこで今年もビニールハウス4棟で栽培しています。 因みに、昨年トウモロ [続きを読む]
  • メロンの選果
  • 最近の好天と高めの気温を反映し、メロンの成長も順調で、早い区画では選果を始めました。 アムスメロンの立体栽培では、1本の木から2個のメロンを収穫します。しかし、ミツバチ交配を行っているため、放っておくとミツバチが次々に受粉し、何個もメロンが着果してしまいます。 そこで、形が良く、将来大きくなりそうな実を2個だけ選んで、その他の実は取り除きます。 余り実が付きすぎると、選果で取り除くのが大変なのですが、か [続きを読む]
  • 露地メロンの定植完了
  • 懸案だった露地メロンの定植がようやく終わりました。 雨が降った翌日にマルチを張れたので、土壌の湿り気も十分確保出来ました。定植後に水遣りが出来ないので、水分確保が重要になります。 マルチを張ったら、トンネルの骨組みを作ります。 トンネルの骨組みを作った日は風が強かったので、ビニール張りは翌日に行いました。 トンネル作り完了後、地温も十分確保出来ていたので直ぐに定植開始です。株間は70cmにしました。地這 [続きを読む]
  • 恵みの雨
  • 久し振りに纏まった雨が降り、畑には恵みの雨になりました。これだけ降れば、地中奥深く水分が浸みたので、露地栽培のメロンのマルチ張りが出来そうです。 雨が降って畑には良かったのですが、天気が悪いとメロンの交配にはマイナスです。雨が降っていたため、ミツバチの動きは鈍かったですが、それでも一生懸命働いてくれているミツバチは何匹もいました。 交配が始まり4日目くらいですが、少しずつ交配に成功したメロンが膨ら [続きを読む]
  • 露地メロンの準備に一雨欲しい。
  • ハウス栽培のメロンは既に交配に入っていますが、露地栽培のメロンはまだ定植をしていません。 早く定植をしたいところですが、忙しくてなかなか着手出来ないのと、雨が少なすぎて畑の準備が出来ません。晴天が続くのは悪くないのですが、やはり時々は雨が降ってくれないと困ります。 前日に待望の雨が降ったことから、露地メロンのトンネル作りを開始しました。 2週間前に土壌燻蒸剤のD.Dで土壌消毒済の畑に肥料を散布し、トラク [続きを読む]