uchidafirm さん プロフィール

  •  
uchidafirmさん: うちだファームの農作業日記 時々Run
ハンドル名uchidafirm さん
ブログタイトルうちだファームの農作業日記 時々Run
ブログURLhttps://ameblo.jp/uchidafirm/
サイト紹介文千葉県佐倉市で家業の農業を継ぐことになりました。日々の農作業について紹介していきます。
自由文2016年3月末に某銀行を退職し、千葉県佐倉市で家業の農業を継ぐことになりました。
主な生産品目は、メロン、トマトなどです。
日々の農作業を紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/04/19 00:02

uchidafirm さんのブログ記事

  • 白菜、台風から順調に回復
  • 台風で傷んだ白菜が順調に回復しています。幸い、海から遠く離れている地域だったことと、潮風が吹き付けてきた方向に雑木林が生えていたため風が遮られ、塩害は免れました。 【台風直後】 【今日の白菜の様子】所どころ欠株になっているのは、台風の影響で抜けてしまったためです。 早生品種の「黄ごころ65」は早くも巻き始めました。 「黄ごころ75」も同じく巻き始めました。黄ごころ65も黄ごころ75も、同じ黄ごころシリーズな [続きを読む]
  • 落花生掘り
  • 早生品種の落花生が収穫期を迎えました。台風の通過待ちをしていましたが、天候が回復したので、落花生掘りを行いました。 台風の影響で葉が吹き飛ばされ、茎だけになってしまいましたが、もう実は成熟しているので問題なし。 落花生の掘り取りには、トラクターに取り付けたアタッチメントで土ごと掘り起こします。土ごと掘り起こすので、根が切れて簡単に引き抜けるようになります。 掘り起こしたら土を良く払い、ひっくり返して [続きを読む]
  • 台風は大きな被害なし
  • 台風24号が通過しました。千葉県は中心から大きくズレていましたが、思ったより大きな風が吹きました。しかし、風の強さの割には被害が比較的軽微だったので、ほっとしています。 被害の状況は、ビニールハウスが何か所か切れてしまいました。 ビニールハウスが切れたところは、現在緑肥を植えているため、作物に被害は無いのですが、風がビニールハウス内に吹き込んで緑肥が倒れてしまいました。風の強さが分かります。 白菜も風 [続きを読む]
  • サツマイモ掘り
  • 学校給食用にサツマイモを出荷するために、紅あずまの収穫を始めました。 サツマイモは、紅あずま、紅はるか、シルクスイートの3種類を主に作っています。本格的な収穫はまだ1か月先ですが、学校給食に必要な分だけ少しずつ掘っています。 紅あずまは、生育が早い早生品種で、植え付け後90日程度で収穫できます。ほくほく系の品種のため、最近のしっとり系の焼き芋人気のために作付けは減っていますが、関東では依然主力品種で、一 [続きを読む]
  • トマトの裂果が止まらない!
  • トマトの裂果が止まらなくて非常に困っています。猛暑による花落ちや線虫の影響で収量が例年の半分以下に落ち込んでいるところに、裂果の多発でもう目も当てられない状態です。ひどい日には、3割以上割れが発生しています。 例年、裂果はある程度発生するのですが、大抵は収穫直前に発生します。しかし、今年は青いうちから大量に裂果しています。青いうちから亀裂が入っているところに、最近の長雨の影響で、余計に裂果が激増して [続きを読む]
  • 白菜の定植完了
  • 白菜の定植が完了しました。昨年は台風や寒波の影響で野菜全般に高く、非常に良い相場環境でした。白菜も全般的に品薄で、商品が足りなかったので昨年より栽培面積を増やしました。特に、年明け以降の出荷となる90日の中晩生品種を大幅に増やしています。 今年は3か所に分散して作付けしています。【1か所目】前半にトウモロコシの甘々娘を作った畑で、一部日当たりの悪い箇所があり、早生品種を中心に植えています。 【2か所目】 [続きを読む]
  • トマトの線虫被害
  • 今年のトマトの出来が良くないことは、先日のブログでも報告した通りですが、原因は猛暑だけでなく一部のビニールハウスでは線虫の被害が出てしまいました。 線虫被害が酷いビニールハウスは、12棟中の2棟ですが、早くも木が枯れて来てしまいました。 被害が拡大した区画は、定植直後から活着が悪く、初めは猛暑の影響かと思っていました。 その後、活着促進とビニールハウス内の気温を下げるために、水遣りを増やしても生育が改善 [続きを読む]
  • トマト、大不作!
  • 今月の前半からトマトの収穫を始めています。 今年は猛暑や天候不順で全国的に野菜は不作ですが、我が家も例外ではなく、トマトが過去に例がないくらい不調です。 ここ数年、長年の連作がたたり、トマトの収量は年々落ちていたのですが、今年の暑すぎる猛暑が追い打ちをかけた感じです。猛暑の影響で、花落ちが激しく、着果数が著しく少ないです。 トマトの裂果も多く、比較的着果が良かった1段目は3割近く割れてしまいました。ま [続きを読む]
  • 緑肥作物の播種
  • ビニールハウスの連作障害対策のために、緑肥作物を導入しました。 ビニールハウスでは、毎年同じ作物を連作しているので、どうしても連作障害が出てしまいます。連作障害を回避するために、土壌消毒をしたり堆肥を入れたりして対策をしていますが、最近は長年の連作の影響から限界が来ています。 メロンは比較的連作に強く、今のところ土壌消毒で何とか栽培出来ていますが、トマトはかなり深刻な影響が出ています。対策として、ト [続きを読む]
  • 白菜の定植
  • 9月に入ってから苗が大きくなったものから白菜の定植を始めました。千葉県の我が家の周辺は、今年は極端に雨が少なく、9月に入ってからも干ばつ気味に推移して来ましたが、秋雨前線のお陰でようやく纏まった雨が降ってくれました。 1週間前に定植した白菜は、乾燥と暑さでヘロヘロになってしまいました。 しかし、ようやく降った雨のお陰で完全復活です植えた時より一回り大きくなりました。 白菜はそんなに作付け面積が多くなく、 [続きを読む]
  • 白菜の発芽不良
  • 台風21号の被害が関西で多く出ているようですが、幸い、千葉県は台風から遠く離れていたため、被害は無さそうです。これまで雨が少なく、干ばつ気味で推移していましたが、ようやく纏まった雨が降ってくれました。これで、白菜の定植が出来そうです。 先日撒いた白菜の種の発芽がいまいちです。 寒さに強い中晩生の90日の品種に欠株が多く出来てしまいました。原因は良く分かりませんが、8月末ごろの残暑の影響で暑さにやられたの [続きを読む]
  • トマト、復活の兆し!
  • 毎日暑い日が続き、外での農作業には厳しい天候です。早く涼しくなって欲しい・・・。おまけに我が家の周辺は纏まった雨がもう何日も降っていません。先日の台風で雨が降ることを期待していましたが、見事に空振りでした。 畑が乾燥しすぎて里芋の生育が明らかに悪いため、やむなく畑の水かけを開始しました。畑の水遣りは、スプリンクラーの配管などが非常に面倒で、おまけに農業用水の使用料が意外に高く、出来れば避けたかった [続きを読む]
  • 白菜の種蒔き開始
  • 白菜の種蒔きを開始しました。 今年も11月上旬から2月までのロングラン出荷をするために、複数品種でリレー栽培します。年内採りは、65日→75日→オレンジクイン→85日で繋ぎ、年明け以降は耐寒性の高い黄ごころ90日と冬月90で行きます。特に冬月90は、低温肥大性と耐寒性に優れ、昨年のような非常に寒い冬でも大きく育ち、寒さで傷まないので今年は栽培数を増やします。 黄ごころ65から少しずつ、時期をずらしながら種蒔きです。 [続きを読む]
  • トマトの定植
  • 連日の猛暑で人間も作物もバテ気味です。特に、連日の暑さに加え、全く雨が降らないので、畑の乾燥がかなり危険水域です。 ビニールハウスでは、トマトの苗が大きくなって来たことから定植を始めました。トマトの苗も暑すぎて、茎が細くて徒長気味です。 日中は暑くてビニールハウスに入っていられないので、夕方になってから定植開始です。 抑制栽培のトマトは暑さとの戦いです。そのため、マルチは地温が過度に上昇しないように [続きを読む]
  • アライグマ捕獲
  • 毎日暑過ぎて本当に困っています。おまけに、雨もほとんど降らないため、畑も乾燥しきってかなりヤバいです。 最近は、ビニールハウスでトマトの定植準備の作業を行っています。しかし、猛暑で蒸し暑い上に、ビニールハウス内はさらに暑く、長時間作業は本当に生命の危機があるため、なかなか捗りません。いつまでこの暑さは続くんでしょうか? 暑いですが、朝は毎日スイートコーンの収穫です。夜明け前は、日中に比べれば、まだ比 [続きを読む]
  • 朝採りとうもろこし
  • 毎日猛暑が続いており、日中の仕事がきつくなって来ました。余りの暑さに、日中の仕事は熱中症の恐れがあり、危険なため、お昼休憩を長めに取り、今後はお昼寝タイムを設ける予定です。 昼寝をしないと体がもたない理由は猛暑だけでなく、もう一つあります。露地栽培のとうもろこしの収穫を始めたため、毎朝4時半起をしなければならないのです。 まだ薄暗い、夜明け前のとうもろこし畑で、とうもろこしの朝採り作業です。 先日の強 [続きを読む]
  • トマトの苗の準備(移植)
  • 毎日暑い日が続いています。西日本は大雨で大変な状況になっておりますが、千葉県の特に我が家の周辺は、ほとんど雨が降りません。雨が少なすぎて本当に困っています。2日くらい前に纏まった雨が降り、畑も一息付けましたが、畑が乾燥する前に定期的に雨が降って欲しいです。 50年に一度の災害が毎年のように起こっており、農業をするには厳しい自然環境になったと毎日実感しています。 最近の仕事は、ビニールハウスではメロンの [続きを読む]
  • トマトの苗の準備
  • メロンの出荷はもう終盤で、残すは露地物のみとなりました。メロン関連の作業のピークは過ぎたため、メロンの後作のビニールハウスで栽培する抑制トマトの苗の準備を始めています。 6月25日に播いたトマトの種も、綺麗に出揃って来ました。今年もJAの共撰にも出荷するため、他の生産者と品種を合わせて、カネコ種苗の「いちふく」と言う品種です。「いちふく」は、抑制栽培に向いた品種で、果形も腰高で桃太郎系よりも見た目も良く [続きを読む]
  • 連日の猛暑と強風でトウモロコシがピンチ!
  • 早すぎる梅雨明けで非常に困っています。梅雨上げ後、急激に夜温が上昇したことで、日中と夜間の寒暖差が縮小し、メロンの糖度の乗りが悪くなりました。おまけに、千葉県は連日の猛暑と強風で畑はカラカラに乾燥しています。このまま雨がなければ、干ばつで露地野菜に深刻なダメージが起きそうです。幸い、数日後に雨の予報が出てくれたので、予報通り纏まった雨が欲しいところです。 いま一番の心配事は、露地栽培のトウモロコシ [続きを読む]
  • トウモロコシのアワノメイガ防除と追肥
  • 連日のメロンの収穫と、自宅に開設しているメロン直売所での販売でかなり疲れ気味の今日この頃。メロン関連の仕事が忙しすぎて、ブログの更新も畑の管理も放置プレイになってしまいました。 ハウス栽培のトウモロコシの方は終盤で、残りもあとわずか。昨年から栽培を始めた「甘々娘」もお客様から非常に好評で、商品が足りなくて折角買いに来てくれたお客様に、ご迷惑を掛けてしまっております。 今年は露地栽培でも、ハウス栽培と [続きを読む]
  • アムスメロン 収穫始まる
  • アムスメロンの収穫が始まりました。2月から準備を始め、4か月間掛けてようやく収穫に辿り着きました。暑さ寒さと、厳しい作業を乗り越え、長く、厳しい道のりでした。 アムスメロンは、完熟に近づくとメロンの近くの葉が枯れ始め、メロンの色も濃い緑から黄緑色に色付いて来ます。 アムスメロンの収穫判断は簡単で、ヘタの回りに離層が入ったら収穫します。離層が入るということは、メロンが完熟し、ツルから離れ、落下する準備を [続きを読む]
  • 憂鬱な梅雨入り
  • 忙しすぎてブログの更新が滞りがちですが、ここ数か月はほとんど休みなく働いています。少し疲れて来ましたが、メロン、トウモロコシの収穫が始まったため、当分休みが取れそうにありません。 憂鬱なのは忙しいことだけが原因ではなく、梅雨入りしたことで、雨が降るたびにメロンが割れたり、病気が蔓延したりしないか心配で、心が休まる暇がありません。 アムスメロンは、収穫直前に非常に割れが発生しやすい品種で、雨が降って雨 [続きを読む]
  • メロン、トウモロコシ 収穫間近
  • メロン、トウモロコシの収穫が近づいて来ました。 メロンは果実の肥大成熟に伴って葉のマグネシウムが果実へ転流し、マグネシウムが欠乏症することで結果枝の葉が黄化し、やがて枯れてきます。この葉の枯れが、成熟の目安になります。 早い区画では葉の枯れが発生して来ました。 あと10日位で収穫が始まるため、少し前から水遣りも控え、水切りをしてメロンの糖度を高める仕上げの段階に入っています。なお、アムスメロンは収穫直 [続きを読む]
  • 露地メロンの選果&皿敷き
  • 露地栽培のメロンが大きくなって来たことからメロンの選果と皿敷きを行いました。 メロンの栽培方法には、メロンのツルを地面に這わせる「地這栽培」と、メロンのツルを吊り上げる「立体栽培」があります。どちらの栽培方法も一長一短がありますが、一般的に立体栽培の方がメロンの品質(特に外観)は高くなる傾向があります。 露地メロンは、背の低いトンネルを使うので、必然的に地這栽培になります。地這栽培では、外観が立体栽 [続きを読む]
  • メロンの遊びヅル
  • 大変だったメロンの栽培も一段落し、収穫開始までカウントダウンに入りました。あと、2週間もすれば出荷開始出来そうです。 アムスメロンもネットがはっきり出て来ました。 今年は春先から気温が高かった影響で、3Lサイズが中心の大玉傾向です。例年そんなに多くは出ない4Lサイズの玉もかなり多く出そうです。 赤肉のルピアレッドも綺麗にネットが張って来ました。 小玉傾向でどうしようかと思っていたルピアレッドも、2L〜3L [続きを読む]