tao313 さん プロフィール

  •  
tao313さん: 介護離職からのおひとり様ローコスト生活
ハンドル名tao313 さん
ブログタイトル介護離職からのおひとり様ローコスト生活
ブログURLhttp://kaigoretire.blog.jp/
サイト紹介文両親の介護で建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2016/04/19 18:49

tao313 さんのブログ記事

  • もしも毒親だったら、野垂れ死にしていた可能性がある
  • 今日は親の話。父は、3年前に自宅でなくなり、母は、去年病院で亡くなりました。そして僕の実母は、僕が16のときに、亡くなりました。で、これは結果論ですが、失敗の多かった僕の人生で、親に恵まれたことだけは、ラッキーだったと思っています。世の中には毒親も多いと聞きますからね。父は放任主義、母は、再婚でしたから、義理の息子に多少は遠慮していて、そのうち、実の親子のように何でも言い合えるようになったのですが [続きを読む]
  • おひとり様に広い敷地や家は不要と言うかむしろ残酷
  • 僕の家の敷地は30坪。場所も埼玉県中西部の田舎なので、土地の固定資産税は5000円ほど。家のほうは、親の介護で建て替えたので、今年で築6年目。以前住んでいた駅前マンションと違い、木造の家の利点は、固定資産税の下げが早いこと。順調に、年々固定資産税が下がっています。このまま下がり続けて、ゆくゆくは、以前住んでいたマンションの毎月の管理費修繕積立金程度にまで、下がってくれたら御の字。持ち家の利点は、何 [続きを読む]
  • あなたの笑顔に何度助けられただろう
  • 人生の基本は苦。まあ、砂漠を歩くようなものだし、氷の世界を歩くようなものです。そんなことは、わかっているんです。でも、不平不満を言ったって、人生、一ミリも良くはなりません。だったら、明るく生きるしかないじゃないですか。だからこそ、歌が必要になります。僕は、自分を慰める歌を、たくさん知っています。KiroroのBest Friend もその一つ。だから僕は、なるべくニコニコするようにしています。「あなたの笑顔に何度 [続きを読む]
  • 大阪難波自由軒のカレーが届く
  • あの織田作之助も通い詰めたという、大阪難波の自由軒のカレーが届きました。この自由軒のカレーを店内で食べていて考えたというのが、彼の代表作、夫婦善哉。まあ、織田作之助と言えば、坂口安吾と双璧を成す無頼派。33歳の若さで死んだのは惜しまれます。で、このカレーは、株主優待でゲットしたのですが、所有銘柄の多くが値を下げている今、株主優待で細く長く損失を補填していく予定です。 [続きを読む]
  • 我以外皆師なり、底値を知ってローコスト生活
  • 椎茸さんのコメントで教えてもらい、今後は、ドラッグストアSEKIも選択肢に加わりました。選択肢が多いほうが有利なのは人生も同じ。底値を知って上手に買い物をすることで、年間にするとかなりの節約になります。今現在の僕の住宅ローンを除く生活費は6万円ほどですが、これは、さらにコストカットできると思っています。再現性のあるスキルの一つが、節約術。6万円の生活費を、仮に5万5千円にまで落とせれば、月にして500 [続きを読む]
  • 僕の町の4つのスーパーマーケットと、ちょっと悲しい出来事
  • 僕の住む町には、4つのスーパーマーケットがあります。ライフ、ヤオコー、いなげや、ベルクです。で、僕がメインに使っているのはライフ。理由は、こじんまりしていて、どこに何が置いてあるかがわかりやすい、という点と、土日に限り、2000円以上買い物をすると、自動的に100円券がもらえるからです。ところが、最近反省する出来事がありました。僕は、家でつくるカレーはジャワカレーのルーを使っているのですが、これま [続きを読む]
  • 日雇い派遣年収120万の兄と配当年収120万の弟の話の続き
  • 配当年収120万円の弟の方とは、今は付き合いはないのですが、彼の仕事は清掃員。僕は介護離職するまで新宿のホテルで働いていたのですが、彼は協力会社と言うか、そこの清掃員として長らく働いていたのですね。質素倹約を地で行く人で、僕も株式投資をするようになってから、少しずつ話をするようにはなりました。清掃員として堅実に暮らしながら投資をして、おそらく5000万前後の資産は築いたのだと思います。いくら持って [続きを読む]
  • 兄は日雇い派遣で年収120万、弟は早期リタイアで配当収入120万
  • 兄弟で、年収は同じ120万円ですが、その内容が違います。兄のほうは、日雇い派遣で食いつなぎながらカツカツの生活。一方、弟のほうは資産を築き、早期リタイアして、配当収入だけで120万円。同じ親から生まれたのに、なぜこうも違うのか。僕は、その弟さんの方と知り合いだったので、話を聞いたことがありました。答えは、「すべては生活習慣の違い」だそうです。最初に就職した会社での給料は、むしろ兄のほうが多かったそ [続きを読む]
  • アルバイトの控室兼道具置き場の気温はマイナス4度
  • 僕たちアルバイトの高齢従業員の控室であり、道具置き場でもあり、ロッカールームでもある小屋内の今朝の温度は?マイナス4度でした。岡林信康の歌だったか、今日の仕事はつらかった、というのがありますが、今日の外作業はつらかった、といった感じでした。これはひたすら、寒さゆえのつらさですが、北風が昨日ほど吹いていなかったのが幸いでした。夏は暑さとの、そして冬は寒さとの兼ね合いが大切ですね。 [続きを読む]
  • 毎年、彼のもくろみを聞いているだけのような気もするが
  • 同じ出来事でも、視点が変わると違った風に見えるというのはよくある話。たとえば、韓国で大田万博があったのは、いつのことだったか、だいぶ前ですが、友人Oと2週間ほど、韓国を周遊したのですよ。で、帰国後思い出話をしたら、見ている風景が全然違っていました。お互いに、印象に残ったものが違うので、話がかみ合わないことしきり。つまり、着目点が違うので、同じ行動をしても、その視野に映るものや印象が違うのですね。で [続きを読む]
  • 一か月契約の仕事だけど、僕には向いている
  • 今月は午前勤務なので、家を出るのは6時ちょっと過ぎ。まだ、外は暗く、車のフロントガラスも、霜が降りています。で、職場に着くのは6時35分から40分。その時タイムカードを押すのですが、時給がカウントされるのは、7時10分から。これには理由があり、最寄り駅に向かってキャラバンを出発させるのが、7時10分と決まっているからです。つまり、キャラバンを発車させる時間が、勤務時間のスタートなのです。ただですね [続きを読む]
  • 年末年始休暇最後の日は思いがけず
  • 昨日は、正月ぐらい顔を出せということで午前中親戚の家に行き、長くなるかと思いきや、午前中に退散できたので、そのあと、花火師で投資家のSさん宅に行きました。前日、Sさんから、Sさんの投資の師匠であるTさんが来るのできませんか、という誘いを受けていたからです。Tさんの別荘には、これまで複数回行き、投資の話なども聞き、勉強させてもらい、また、行くたびにもてなしを受けているので、そしてさらに言うと、そのT [続きを読む]
  • 断捨離後の我が家に初老の男4人
  • 昨日は、不定期ながら、だいたい年に1度くらい集まる、懇親会が我が家で催されました。集合時間は10時。歴史研究会で世話になっているKM氏が、まず10時前に到着。その後、神奈川県から来てくれたMK氏が白い愛車で到着。さらにその後、同じく去年、歴研にも、参加したOY氏が到着。我が家の2階のほうが日当たりが良く暖かいのですが、大きなテーブルがあるのは一階、しかもキッチンが近いほうが都合が良いので、一階でゆ [続きを読む]
  • ろくでもない兄弟姉妹なら、いないほうが良くね
  • 昨日は、おひとり様のアドバンテージを含め、つらつらと書いてみましたが、僕にも弟がいましたが、彼は生まれてすぐに他界したので、実質上一人っ子として、育ちました。一人っ子の良い点悪い点を、書き出すと長くなるので省略し、ただ、今はおひとり様である事実だけを受け止め、その条件の中で、最大限楽しく生きることを志向しているのですね。で、思うのですが、ろくでもない兄弟や姉妹ならば、いないほうがいいのではないか、 [続きを読む]
  • ゆったりとしたリズムで自分自身に戻っていく
  • 今にして思えば、サラリーマン時代いろいろありましたが、一番苦しかったのは人間関係などではなく、自分自身のペースで生きられないことでした。働くことが嫌い、というよりも、自分のペースで生きられない、あるいは、自分のリズムで生活できないことが、ストレスなのだと、気づきました。逃げられるものなら仕事から逃げたい、と思っていましたが、資産もない凡夫が生きる道は、労働以外にはありません。で、その労働が嫌で、転 [続きを読む]
  • 冬の午後の幸福
  • 今日は午前10時に歯医者に行き、その後ライフの屋上駐車場に車を停めて、神社に行きました。今年最初の外出かと思いきや、実は昨日も、お雑煮用の鶏肉がないことが判明し、ライフに行きました。で、その前に、昨日は湖にも行ったのですが、その話は後日にでも。さて、その神社、氏神様なのだと思うのですが、歴史のある神社です。お正月の3日とは言え、神社前には人が並んでいたので、素通りして神社周りを一周。一周後、正式に [続きを読む]
  • 引きこもり生活から老後生活を予想してみる
  • 29日から念願の冬休みとなり、ほっとしたのもつかの間、もう今日で5日目。ということは、9日間ある冬休みの、今日は真ん中の日だ。なんてこった、もうそんなに経っているのか、と思いつつも、時は刻々と過ぎていき、もさもさしているとすぐに昼になってしまいます。で、今は、まだかろうじて午前中の9時台。これも、油断しているとすぐに昼になり、何となく過ごすうちに夕方となり、という感じ。そのようにまったり過ごすのは [続きを読む]
  • ますます引きこもりたがっている自分がいる
  • 年末は29日から休みに入り、今日は元旦なので、早4日目。年末は、多少、遠出しようと思っていたのですよ。まあ、今の僕にとっての遠出は、たとえば、父母の眠る墓のある入間市とか、その程度の距離なのですが、それさえも億劫に感じられて、結局行かずじまいでした。で、別にそのことを後悔もしていないのですが、年末に多少レジャーらしきことをしたと言ったら、29日に、友人Oと、隣町の田舎道を3時間ほど歩いたことくらい [続きを読む]
  • 大晦日の長い夜を僕と過ごしませんか
  • おひとり様にとっての、大晦日の夜。長かったりしませんか?そんな時、僕と過ごしませんか?僕は、孤独の達人ですから、あなたの支えになり得ますよ。で、そんな孤独に寄り添う曲を。僕の歌姫の一人、浅川マキの、「夜」が、あなたを慰めます。紅白もいいけど、そんな世間に背を向ける夜も、いいと思いませんか? [続きを読む]
  • 人間をやめてしまいたい、と思うことがある
  • 人間をやめると言っても、自殺願望があるとか、そういうことではありません。まあ、いろいろとめんどくさいと感じるときはありますが、幸いおひとり様なので、いろいろなしがらみからは比較的自由な立場にいます。クリスマスや年末年始は割と好きで、人々が浮かれているときというのは、僕はより自分を客体化できるので、その遊離感が人間というモノから離れられる気がするのです。たとえば、帰省ラッシュ。空の便も鉄道も高速道路 [続きを読む]
  • 滋賀県大津市生まれで山口県防府市育ち
  • 滋賀県大津市には行ったことがあるのですが、山口県では下関とかには行きましたが、防府市には、まだ行っていません。まあ、その前に、吉田松陰先生の萩市に行かねば。で、滋賀県大津市生まれで山口県防府市育ちは、山崎まさよしです。山崎まさよしは、声が良く、音楽のセンスも抜群。山下達郎には一歩及びませんが、得難い才能だと思っています。まあ、明日は明日の風が吹きますからね。イエス様も言っています。「明日のことを思 [続きを読む]
  • 生活保護について、もう少し言わせてください
  • 前回は、薬痴寺先輩にも登場していただいて、言及した生活保護ですが、確かに一般的なレベルの生活よりは少ない収入で暮らすことになります。そのため、多くの人からは、あの程度のお金で暮らしてくのは大変だろうとの認識はされているでしょう。しかし僕は、多くの現実と、また、生の肉声が吐露されている数多くのブログを徘徊して思うに、生活保護の生活扶助費よりも少ない、お金でやりくりしながら、そこから税金も払い、医療費 [続きを読む]
  • 生活保護のY氏に薬痴寺(やくちじ)先輩からも一言が
  • いやあ、生活がきつくてね、と、Y氏は言う。若い頃から仕事が長続きせず、厚生年金もどのくらい納めていたのか会社任せで記憶にない。どうやら、受給権利がないくらい少ない年数らしい。金があるときは、競馬に競艇、パチンコパチスロ、あとは風俗。不摂生がたたり、病気がちになり、働けなくなって、生活保護に。今度テレビを買い替えたいが、お金がなくてね(まあそのくらいの金はあるがそう言っておかないと世間がうるさいから [続きを読む]
  • 年金受給だけを目標にしていたKがついに力尽きる、節約疲れか
  • 会社員生活が嫌で早期退職したK氏が、40代の若さで力尽きました。周囲からは、節約疲れではないか、との噂が。K氏がリタイア生活中に唯一楽しみにしていたのは年金受給。それまでの長い年月は、ひたすら預貯金の目減りを抑えた節約生活。K氏によれば、働くことの苦しさに比べれば、節約など大したことはない、とのこと。しかしそのK氏、年金受給前に力尽きました。政府は、財政上の理由から、年金受給を70歳からとしていま [続きを読む]
  • パラダイスに突入、マジやばくね
  • このブログでは、何度も山下達郎の天才ぶりを紹介してきましたが、はっきり言って、ぶっちぎりです。彼に比肩しうるミュージシャンて、いるんでしょうか。桑田佳祐とか。忌野清志郎とか。うーん、やっぱ、山下達郎には一歩及びませんね。桑田佳祐は、めっちゃ好きなんですよ。それでも、山下達郎と比べると、あと一つ。名曲が100曲ぐらいありますが、Sparkleもその一つ。 [続きを読む]