farmacia-yutaro さん プロフィール

  •  
farmacia-yutaroさん: がんサバイバーの私と台湾人の彼女
ハンドル名farmacia-yutaro さん
ブログタイトルがんサバイバーの私と台湾人の彼女
ブログURLhttps://ameblo.jp/farmacia-yutaro/
サイト紹介文性腺外胚細胞腫 後腹膜原発 彼女は台湾人
自由文2015年2月 28歳発病 現在30歳 性腺外胚細胞腫
後腹膜原発 多発性肺転移 脳転移20mm
ケモBEP4とTIP2とTIN2とIrN2&脳放射線24Gy定照射
ケモ入院10ヶ月と後腹膜リンパ節廓清手術
ベトナム旅行中に台湾人彼女と出会う
2017年2月 覚醒下開頭腫瘍摘出術
台湾人彼女交際 リハビリ中
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2016/04/19 23:07

farmacia-yutaro さんのブログ記事

  • 人事部面談&新ジム
  • 10月13日今日久々にスーツを着た。会社の人事部の方達と面談するためだ。5年前のジャケットを着て新しい革靴に無理やりサポーターを巻いた足を入れて忘れずにアレを装着し出陣だ。革靴が実に歩きにくい。もう真っ直ぐ歩けない。母親に無理言って車で駅前まで送ってもらった。面談場所は駅前の喫茶店である。10時集合にも関わらず09:30に席でスタンバイ。程よい緊張感の中待機していると2人の人事の方が現れた。話の内容は前半は私 [続きを読む]
  • 高雄筋トレ編⑤ 高雄の日常
  • 高雄生活も残すところ後2daysとなった。10/7-10は台湾の祝日なのでどこかの島に観光に行きたい所だがホテルや船を手配しようにもどこもfully bookedである。日本じゃ考えらないくらい人が集中しちゃう台湾国内外。皆一斉に何処かに行くのは日本もそうだがそれでも飛行機やホテルくらい探せばあるが台湾はそうも行かない。高雄の日常を振り返ってみようと思う。休日は10時くらいまで寝ている。平日毎朝06:20起きはキツイだろう。。 [続きを読む]
  • 高雄筋トレ編④ 行き尽くした先に見えた次の観光場所
  • いやもう10月入ってるのに30℃を越す残暑?というか夏がまだ続いているここ高雄。。筋トレに毎日励み腕p少し太くなったかなと思い始めた。先週末ついに観光に出掛けて来た。もう私は行くとこないんじゃないかと観光半ば諦めムードで来た台湾。まだ有ったのだ奥の手が。観光名所を行き尽くした先に辿り着いた目的地は、、、なんと、、、島!!!船に揺られてどんぶらこ20分くらいですかねあっちゅうまに着きました。小琉球という島 [続きを読む]
  • 高雄筋トレ編③ ドリームモール6F BEING SPORT GYM
  • Hit the gym!!一部の土日を除いて15日間ジムに通ってきたが筋トレに対するモチベーションが最初に比べて落ち始めている。中国語が話せれば筋トレフレンズが作れそうだが、どうしようそれに最近強烈な筋肉痛がない。程よいダルい筋肉痛なら24hあるんだが笑(朝方MAX)、恐らく筋肉が負荷に慣れてきたので、、これからはかなり追い込んで筋トレしなくちゃならなくなってきた。本気の追い込みは自分の精神が試される。辛くて辛くて今す [続きを読む]
  • 高雄筋トレ編② 台湾あるある気付いた事(2)
  • 未だに何処か観光に訪れる事もなく筋トレ生活をしている私だが、来週ようやく観光地に行くことになった。今日もジムで筋トレを済ませ休憩中にブログ更新。では前回に続けて台湾のあるある第2弾について簡単に記していこうと思う。①2輪が歩道を走って良い。歩行者からしたらまぢで危ない。一般道と同じスピードで走る輩もいるので当時私はとんでもない文化の国に来たもんだなとさえ思った。歩道の幅が日本の4倍〜5倍はあるので走 [続きを読む]
  • 高雄筋トレ編① 台湾あるある気づいた事
  • 土日以外9/11から今に至るまでジムへ通い3時間きっちりやって来たがもう毎日どこかが筋肉痛である。今日は広背筋と大胸筋が2日間経ったがまだ痛いままだ。筋肉痛になるだろうという所まで筋トレしてるから結果オーライなんだがな。台湾にいて気づいた事総綴り①台湾人が電車で良く席を譲り健常者の95%が優先座席に座らないので常に優先座席は空いている。この事実は台湾人にとって余りに当たり前過ぎて他の国に"これは誇れる事"、 [続きを読む]
  • 北海道⑥『飛行機欠航』
  • 実は9/7から高雄に来ている。今度の高雄は未だ行っていない台湾の観光を含めメインはジム通いと彼女に逢いに行くである。既にジムに通い3日が経った。筋肉痛と日々戦っている。この【高雄筋トレ編】もおいおい書いていけたらと思う笑。題名の通りなんだが北海道旅行最終日になんと大阪行きのジェットスターが欠航したのだ!!我々は札幌から新千歳空港へ向かっている最中で電車の中であった。電車に揺られてメールを確認している [続きを読む]
  • 北海道⑤『支笏湖満喫』
  • 積丹半島を満喫した我々は一旦札幌へ戻り、次の目的地である支笏湖へ行くために南千歳駅へと向かった。南千歳駅からは支笏湖行きのバスが出ており非常に便利である(新千歳駅からも出ている)。札幌から千歳駅へ向かう道中、バスの時刻表をふと確認して見ると最終バスが16:30(多分)、つまり早すぎるどう考えても最終に間に合わない。新千歳側も見たがより早い最終だ。私はこの時、「絶対に何か方法はあるはずだ!」という根拠のない [続きを読む]
  • 北海道④『遊覧船を追い掛けて来る鳥』
  • 帰りも必死で食らい付き神威岬を後にした我々は次に遊覧船に乗るためにバスである町まで戻ることに。実は札幌の海鮮市場で親しくなった親父から「積丹ブルーを見たいなら遊覧船に乗った方が良い。神威岬にも寄ると思うし寄ってみな」と言われていた。船着場に到着すると今まさに船が出発しようとしていたため極力全力で歩いて何とか間に合った。真ん中の席が空いていたため歩いて行くと案の定狭い通路かつ揺れているので他の客の [続きを読む]
  • 北海道③『積丹ブルーを求めて』
  • 南小樽での観光を終えた我々は小樽駅へと向かい次なる目的地、積丹余別を目指す!積丹もそうだが余別も初めて聞く地名だ。何やら積丹半島には神威岬という絶景が拝める場所があるらしい。行くしかない。ここまでは予定通りだ、今日は積丹余別で1泊して明日朝神威岬へアタックだ!積丹余別の宿を予約する際の話なんだが、積丹余別付近のホテルをbooking.comやhotel.comやagodaで検索するも全く引っかからなかった。こうなればgoogl [続きを読む]
  • 北海道②『灼熱の空間でグラス造り」
  • 札幌の次は小樽に来た。有名なルタオ?の本店で美味しいケーキとお茶を食し、気に入ったのでお土産でいくつか買い大阪へ直送した。それにしても中国人やら台湾人やら韓国人が目立つ。欧米人はどこへ行ったのか?北海道ではさっぱり観ていない。以前広島へ行った時は外国人の9割ほどが欧米人で逆にアジア人がいなかった。京都は半々くらいだった。この違いは何なんだろうか?注目のスポットがアジアと欧米で異なるのか?日本の注 [続きを読む]
  • あなたはタクシーで何を見るか
  • 私はGACKTさんのブログが好きである。文章の書き方、構成、表現に知的さが滲み出ているのもあるが、やはり読者をひきつける言い回しに私ははまっている。一見して見下した表現あるがそうではない事にも気づくし、平凡な記事に比べて非常に真理を捉えている。で、ここ数ヶ月拝見している中でここ数日旅行記事が多く目に止まっていた。中でも今回の記事は非常に世の真理を突いた話になっている。旅行好きとしてはとても興味深い内容 [続きを読む]
  • 北海道旅①『札幌では何をしたら良いのか??』
  • 早朝便にて新千歳に降り立つ。御手洗の水がキンキンに冷たく快適な旅になる予感しかしない。そう思った。。が実際札幌へ移動し地上に降り立つと予想以上に暑いっっ!!夏の北海道はこんなに暑いのか??皆んな半袖短パンやないか!!強烈な日差しに彼女は速攻日傘を差す。日差しは強く気温も27℃前後あるよう。しかし風が吹いていて尚且つ湿度が低いので大阪よりは全然OK。汗もそれほどかかずに済みそうだ笑札幌駅から徒歩10分ち [続きを読む]
  • 早朝便によりど深夜から空港へ
  • 最寄り駅からのリムジンバスがさすがに4時台は無く6時から運行なので仕方なく早朝便がある梅田へ終電で向かいそっからのリムジンバスで行こうと決意するも3時間以上どこかで時間潰せば良いという考えが一気に失せる眠気が襲う。高額割増増のタクシーで関空へ向かうことになった。運転手が高速をかっ飛ばしていく。彼女は爆睡しているがこういう時何故か起きておかねばという旅モードに入り外の夜景を楽しむ。ふと早いなすげえ飛ば [続きを読む]
  • 14kgのバックパック背負って腕立て伏せ開始
  • 普通に腕立てするよりも重りを背中に乗せてやっている人が多くいる中、私は節約のため年季の入ったバックパックにアルプスの天然水5本入れて総重量12kgを背負って腕立て。案外出来る。なのでもう2本増やすと足元がグラグラで担ぐ時点で転倒しそうで危ない笑。14kg背負って連続20回を5セットやると、その後はもう何もしたくなくなるぐらい息も絶え絶えだ。なぜ『in』がいるのか分からんにほんブログ村 [続きを読む]
  • Are you irritable??
  • 先程レアジョブ講師と『寝不足がもたらすデメリット』について熱く語った。生活習慣病との関連性と注意力散漫による交通事故の2点についてこちらが話し、講師からは「イライラする人もいるわね」と3つ目のデメリットを提示され、さらに「あなたも寝不足でイライラしますか?」という質問を頂いた。なので寝不足ではイライラしませんと答えようとすると、、隣で彼女が、、「You always get short tempered!!笑笑」私は、「I hard [続きを読む]
  • 京都祇園祭
  • 今日から京都は祇園祭編ということで実は生まれて初めて訪れた。言うまでもなくあの一画だけが(四方4kmくらい?)凄いケイオスな状態で盛り上がっており勿論地元の人々や観光客、外国人も多く訪れており、警官も盛り盛り導入され、どこを見ても必ず警官1人は交通整理している喧騒状態だ。まずは浴衣を烏丸付近でレンタルしにレッツゴー。浴衣を選び終え、言葉に困るだろうから彼女の着替えについて行こうとすると冷たくスタッフに [続きを読む]
  • 広島県③『厳島神社』
  • リアルタイムからかなりの時差が発生してますが、広島県のハイライト厳島神社での出来事を振りたいと思います。午前中に船に乗り宮島へ渡ります。もう2回目なので余裕があります。船から降りて歩き始めると待ってましたと言わんばかりの鹿達がレア感なく普通にいます笑。台湾のどっかの羊パークと大違いだな。動物とこうやって触れ合いながら観光するのって珍しいな。しかも普通にいて商売道具化していないと思ったら後で商売道具 [続きを読む]
  • 広島県③『鹿』
  • 後はここしかない。そう広島市主要観光も終われば後は宮島しかないのが現状。広島駅から宮島口駅までJRで30分くらいだ。その後は往復280円くらい(正確な運賃は忘れた)の船に乗って5分で到着。アクセス良すぎで余裕で辿り着ける。勝手にもっと秘境感あると思ってたがそうでもない笑いざ宮島に上陸し真っ暗な中、鳥居を目指しているとするといきなり鹿さんがお出迎えだ。余りにも普通にいるし観光客慣れし過ぎて触っても微動だにし [続きを読む]
  • 広島県②『市街周遊バスめいぷる〜ぷは9割外国人』
  • 広島県の市街にある観光名所を巡るなら1日乗車券400円の"めいぷる〜ぷ"というバスがオススメ。利用者の9割が外国人なので本当に観光の足に最適だ。めいぷる〜ぷにはオレンジラインとグリーンラインがありそれらを組み合わせて行きたい箇所を効率よく周れる。観光名所の一部である"お好み村"というお好み焼店のみがひしめ合うとあるビル前にも停まってくれるので有り難く、そのビルの近くにはおむすびで有名な"むさし"もあるのでこ [続きを読む]
  • 広島県①『ホテルと新幹線で一気に7万弱散財』
  • 7/7金曜日から広島県に人生2度目の上陸だ。とにかく彼女が"厳島神社"を見てあなご飯と牡蠣食うて、"お好み村"と"麗ちゃん"で広島焼爆食いして、ほんで"むさし"のうどんとおむすびも食うてお持ち帰りもしたい!!という事で行って来ました。新幹線で1時間15分くらいか?西に行くには久し振りで少しワクワクがあり、広島県のエスカレーターが大阪と逆だった事に少々びっくり!広島には小学校の修学旅行ではなく社会科見学で小2、3く [続きを読む]
  • 台湾にいる日本語教師にキレた日②
  • 書くの忘れかけていました笑笑キレましたね〜今回。興奮のあまり彼女に宥められました(´∀`)高雄修行も終わり彼女の日本語授業が終わる頃、彼女と教師とのあるやりとりを耳にしたんです。私が帰国してからもあの太っちょ教師が時間通りに授業を始める事は決してなく常に30分ビハインドだったそう。そしてそろそろ彼女も痺れを切らしたのか太っちょ教師のその怠慢な遅刻っぷりを指摘したそう!!やるじゃないか!そうだ年齢差な [続きを読む]
  • 彼女が家にやって来てますよ!!
  • 携帯のデータ容量が底を尽き低速化していたため更新が途絶えていましたが諦めて1Gだけ買いました1000円高っ!!そうそう6/30の夜に彼女が高雄から大阪にやって来ました。今の所炊事洗濯掃除は全て私がやってます!!っていうかいつもやってることをやってるだけでちょっと作る量が増える!ってくらい。あとここ1ヶ月本当に起床が早い。。。06:15俺起床、英語レッスン予約、レッスン予習、07:30レッスン1発目開始、08:00洗濯、08:1 [続きを読む]
  • 彼女に日本語を教えている台湾人講師①
  • 以前彼女に日本語を教えている台湾人講師について少しだけ触れたが最近ある出来事によって再び怒りが込み上げて来たので書こうと思う!!まぁまずは軽く他己紹介しとこう。この講師は見た目50代の実年齢60代のおばちゃんだ。日本語をバリバリ使っていた頃から約30年の月日が経っていると彼女から聞かされ私は驚いていたのを覚えている。高雄修行の際、彼女と講師の家へ同行するのだが第一回目の同行で私は既にキレていた。約束の [続きを読む]